2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 柿を買いに九度山町へ | トップページ | 万葉植物野外講座 »

2020年11月23日 (月)

今年撮ったチョウチョ写真のまとめ(1)

3連休と言っても私は毎日が日曜日でピンと来ない面もありますが、世間はgo to トラベルとコロナ感染拡大の間で揺れています。

そんなことと関係ない話で恐縮ですが、本年に私が撮ったチョウチョの写真を振り返ってみたいと思います。

その1は、アゲハチョウ関係です。

アゲハチョウは華やかですし、見て楽しく、撮れると何か嬉しくなっていました。

写真を挙げていきます。

我が家にもよく飛んで来たのは、Photo_20201123105301アゲハチョウ、です。これは止まっていた花から離れて飛び立つ瞬間です。アゲハチョウとキアゲハはよく似ていて私には区別が難しく、特に飛んでいる状態では判別できません。写真に撮ってガイドブックで確認してやって判別しています。アゲハチョウではPhoto_20201123105601こんな感じでランデブーの写真も撮れました。

1_20201123105701アオスジアゲハも普通に見掛け、シャッターチャンスも多くありました。Photo_20201123111101

次は、Photo_20201123105901ジャコウアゲハのメス、オスPhoto_20201123110101 とは翅の色が違っています。 ジャコウアゲハは初夏に紀の川河口付近の河川敷に群生していました。何日かカメラを持って撮りに行きました。

よくお散歩する公園では5_20201123110401ナガサキアゲハを撮りました。(画面が暗いですね)

ナガサキアゲハは尾状突起がないことが特徴です。

秋葉山にも何度か行き、Photo_20201123110501モンキアゲハをカメラニ収めました。結構高い所を飛んでいて木に止まってくれないので見掛けた回数の割には写真は少ないです。

ほかにキアゲハ、カラスアゲハは「見掛けた」筈ですが、撮れていないです。

チョウチョに興味を持ち、カメラで追っかけている内に、チョウチョの種類についてもっと知らなければならないと実感しました。また止まっている内にピントを合せておき、飛び立つ瞬間にシャッターを押すとほぼピントが合ったままで飛翔中の写真が撮れることが分かったり。

チョウチョも奥が深いです。

チョウチョのまとめの次回は、中小型のチョウ、これまで興味を持っていなかったし名前も知らなかったチョウを紹介します。

 

 

« 柿を買いに九度山町へ | トップページ | 万葉植物野外講座 »