2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »

2020年9月

2020年9月28日 (月)

鳴滝不動尊から札立山(サイクリング&ハイキング)

次の日曜日(10月4日)に仲間と山歩きで和歌山市の札立山に行きます。

その下見で予定のコースの一部を試し歩きしました。

先ず登山口となる鳴滝不動尊までがサイクリングで、Photo_20200928164001愛車で風を切ってやってきました。

鳴滝不動尊は役行者ゆかりの地で、Photo_20200928164501この不動の滝では白装束で滝行をしている人を良く見掛けます。ここは今年、日本遺産「日本遺産 葛城修験」として認定されたものです。

Photo_20200928165201滝のほとりには役行者像や不動明王像が並んでいます。

さて今日の私は鳴滝不動尊が目的地ではなく、ここから山歩きで札立山に登ることです。

ここから札立山登山は、コースとしては一応あるのですが、ガイドブックやwebでぴったりの案内はありません。道がちゃんとあるか?も、やや心配です。

そこで下見です。 

実は一昨日にもこの鳴滝不動まで来ていたのです。下見の下見というか道の様子見にカジュアルシューズでお散歩程度に歩いてみたのでした。

ところが道を間違え途中で引き返す、という冴えない結果になっていました。

今日は間違えたことを学習して、Photo_20200928170501ここから山に向かいました。

「私有地につき通行禁止」と書かれています、ただし歩行者はその限りにあらず、との注意書きがあります。

地図やネットの山行の記事などからここを通るのが正解と判断したんです。

以下写真は山道の紹介が続きます。Photo_20200928170901未だ登り口に近いところです。Photo_20200928170902草が生い茂ってきました。人の通行は少なそうです。

Photo_20200928171001ちょっと荒れてきました。Photo_20200928171101ブッシュですね。

Photo_20200928171102倒木もあります。Photo_20200928171201道は大丈夫かな?と心配になった辺りで赤テープがあり、これが道だと分かります。(赤テープが100%は信頼できないとも言われていますが、ほぼ大丈夫ですね)

少し荒れていても、道は道だと分かる範囲です。ただ蜘蛛の巣がやはり多いです。木の枝を拾って巣を払いながら進むのですが、時々は顔で巣を払うことになります。ギャっですけどしょうがない。

笹や草をかき分け、蜘蛛の巣にかかりながら、バランスを崩して手を着いたとき、Photo_20200928172201小枝が左手親指に刺さり、ちょっと痛かったです。絆創膏は持参すべきでした。

でも上に進めば頂上には至るもので…、登り始めて1時間ちょっとすると先ずはPhoto_20200928172401

「不動山」頂上(280.6m)に着きます。ここからは何も見晴らしが得られないです。

お茶のみ休憩だけで、先へ進みます。すると次の目印スポットのPhoto_20200928173101平井峠の分岐に至ります。

こういう風に途中で場所・方向の標識があるとホッとします。さあ札立山も間近になっている筈です。

平井峠からほぼ15分で、Photo_20200928173701札立山の山頂デス!349m

本番の山歩きは、ここから見返り山まで尾根道を進み、そこから岩神山の方に下り、鳴滝不動まで帰ってくるルートです。でもここから先の道は結構ハイカーが歩いていて道の整備状態も良さそうなので当日のぶっつけでも大丈夫だろうと思います。私は今日は昼食の用意もなくは短いコースで早く帰る予定ですからもと来た道を引き返しました。

ただ全く来た道をそのまま下るのも面白くないので、登り口付近で鳴滝川の右岸を登る道(今日の道)と左岸を通る道(ウェブでハイカーが通っていた道)があるので帰路は変えようかと思っていました。また、不動山への登り道で見掛けていた、Photo_20200928174801鉄塔道の選択もあるかなとも考えていました。(急坂というのはシンドイかも)

帰路、この地点でもう一回かんがえよう、と思っていましたが、この地点に気付かず元の道を降りていってました。(その積りでした)

ところが…、です。

帰りの下り道はえらく勾配がキツイな、との感がありました。また蜘蛛の巣が未だ結構あって、「ええっ、行き帰りの間に巣を張り直したの?」とビックリしていました。何か往路と違うという微かな感覚は生じ始めていました。

そして、Photo_20200928192201

ここを通るとき確信しました「この道は往路と違っている」と。

何と意識しないで帰りは「鉄塔道」を通っていたのです。 この道でも帰れることは分かっていますので焦らず、しかし間違えたことに驚き、下っていきました。

 

2020年9月23日 (水)

6台目のiPad

Ipad iPadが一杯ですね。

私のiPadの契約の更新期限となっており、「何もしないなら自動的に契約延長となる、」とお知らせがきていたので、契約の見直し条件等を検討するのにソフトバンクショップを訪問しました。

実はこれまで契約更新時に機種変更を行ってきていました。iPadを新機種に替えて支払い料金は殆ど変わらないという条件がいつもありました。

今日もその積りで行きました。そうするとちょうど、iPadの第8世代新製品が発売されたばかりのタイミングでした。

上の写真は今手元にあるiPadです。左端が今回ゲットした第8世代iPadです。少し画面が大きく、前の私の機種(右隣)より数グラム軽いです。

Ipad8これがiPad8の画面です。処理速度はCPUの性能アップで速くなっているとのことです。

iPad今家にあるのは写真の4台ですが、私が持ったのは他に2台あり、これで6台目です。いやあiPadばかり長年使い続けています。

iPadの背面写真は、Ipad_20200923200601こんなです。色として初期はシルバー、前回はゴールドそしえ今回は黒を選んでいます。

これまでの更新と違って少し新機種の料金が発生します。制度が変わったようです。新規加入で機種代金が実質ゼロ円、というシステムは批判されていたので、…。

さて、古いiPadの有効利用を考えないと…。 市場に出せば結構な値段が付く、という話を聞いたことあるが。この機種SIMを外すので、セルラーとしては使えないですが、WiFiとしては問題なく未だ使えるんですよ。

 

2020年9月22日 (火)

お散歩での写真

秋らしくなったから、と言う訳でもないですが朝のお散歩に時々出掛けるようになりました。

歩いていて見掛けるこの時期の花を撮ってみました。

Photo_20200922161501酔芙蓉。赤い部分は昨日の二日酔いか朝から酔いかけているのか…。

これは、Photo_20200922161701酔っぱらっているのでなく、ピ ンクの芙蓉だと思います。

そして、これはPhoto_20200922161901素面の酔芙蓉でなく白の芙蓉だと思います。

色が変わっていくのを見れば酔芙蓉は分かりますが、1色の花のある瞬間でどちらかって判断し難いです。

そして次の花は、Photo_20200922162201槿(ムクゲ)です。お散歩の公園では今、槿が最も威勢がいいです。

種類も何種類かあり、Photo_20200922162301これは全面ピンクですね。

そして、Photo_20200922162401白い花の中心が赤のものも。他に紫っぽい色もあります。

Photo_20200922162501全面白のみ、というのは少々珍しいかもしれません。

なお、ムクゲと芙蓉の見分け方とかいう記事が結構ありますが、私はムクゲと芙蓉を間違えることはない(積り)です。葉が違いますよね。

他にはPhoto_20200922162701サルスベリが写真は赤ですが、白もピンクも見られます。

でもサルスベリって始めは赤の種類だけだったんでしょうか?白い花に「百日紅」って名前はおかしいですよね。

しつこいようですが、もう少し続けます。実はPhoto_20200922163001季節外れでコブシ(シデコブシ)も咲いていました。

あと、Photo_20200922163101センニンソウらしいです。Photo_20200922163201アベリアの花もあります。

Photo_20200922163301キタキチョウがちょうど止まっていたので写してみました。

 

 

 

畑つくり

今日はお彼岸、朝夕は涼しくなりました。夜もタオルケットで寝ると寒く感じます。

さて家庭菜園の畑地作りのお手伝いをしました。今年はカミさんが園芸のTVを見たか何かで例年より若干変わったところがあります。

畑にする場所に、Photo_20200922152101 鍬を入れて耕すのはいつも通りですが…。

その後に例年は畝になるよう盛り土するのですが、今年はPhoto_20200922152301耕した(掘った)土を埋め戻して均します。トンボの用具は以前から家に有ったようです。

次にPhoto_20200922152401黒ビニールシートで覆います。Photo_20200922152501このまま暫く置いておきます。土の殺菌とかできるようです。

 カミさんはしばらく置いた後、シートを剥すと思っていたようですが、シートはそのままで種・苗を植える部分に穴を開けて使うようですね。 確かにそうすれば雑草の生えてくるのを抑えられますね。

これから何を植えるかはカミさんが決めることですが、グリーンピースは先ず植えますね。それ以外はどうなるでしょう。

昨年はキューリ、トマト、ケール、などでしたが…。キューリは納得の収穫でしたがトマトは良い味のものが得られませんでした。

収穫と食べることで、また私の出番がきます。

2020年9月19日 (土)

2匹のアゲハチョウ

猛暑日は少なくなりましたネ。もう彼岸ですしねえ。

22_20200919105801

何か家でくすぶっている感が拭えないこの頃ですが、久し振りに家に居て一眼望遠カメラを使ってみました。

ちょうどアゲハチョウが2匹(学術的には2頭と数えるらしいですが…)飛んできて、なんかじゃれ合っていたのを撮ったので紹介します。

連続写真風に、時系列にアップしますと;

24_20200919110001こんな感じで始まり、25_20200919110001となり…

26_20200919110101で、27こんな風にも

また、28だったりして、29 離れました。

210仲良く飛んで行きました。

チョウチョが♂と♀であることは間違いないかと思います。(最後の写真だと右側がメス)

 

2020年9月14日 (月)

万葉植物講座

13日(日)、5:00からのUSオープン決勝戦で大坂の優勝をWOWOWで観戦したあと、車で明日香村に向かいました。

行く先は、Photo_20200914082801犬養万葉記念館。明日香村の村内を散策して万葉植物を観察、また自然風景を楽しむ会の集合地です。Photo_20200914083001イベント内容は「万葉植物講座」。万葉仲間の場場さんが講師を務めています。この講座の歴史は古く、2000年からずっと年に2,3回(春、夏、秋)続けられているとのことです。

この日は前日の天気予報では雨、実際未明には雨・雷と荒れ模様だったですが、集合時刻には雨も止んでいました。

講座開始は、先ず記念館庭の万葉植物「あさざ、やまぶき、おみなえし、…」などの植物とそれを詠った万葉歌が説明されます。

Photo_20200914083901参加者はマスク着用、講師はさらにフェイスシールドの着用とコロナ対策を行っています。

記念館を出て村内の散策となりますが、飛鳥川の流れPhoto_20200914084101を楽しみ、

可愛い花を咲かせているのに、Photo_20200914084201「ヘクソカズラ」なんて可哀相な名前を付けられている万葉植物を確認したり、万葉歌碑をPhoto_20200914084301訪ねたり。楽しく歩きます。

この日は雨は降らずに良い天気で良かったですが…、結構蒸し暑かったです。シャツの中は汗びっしょり、マスク着用も暑苦しいものでした。(屋外だし、人と少し離れて歩く際はマスクを外していました)

多くの植物、景色について説明を受けましたが、一部写真で紹介します。

Photo_20200914084701ゲンノショウコは漢方薬草で有名な植物です。Photo_20200914084801 アカネは根が染料となります。葉が4枚出ていて、茎は四角形の角張ったものです。

 古墳Photo_20200914085001の見学もあります。都塚古墳が方墳(四角形)と説明されています。

ちょっと小高い場所に行くと、この辺りの集落の棚田がきれいに望めたり、遠くは生駒の山さらにその先に六甲の山も見晴らせて気持ち良かったですね。

写真をもう少し、Photo_20200914085301思ひ草(ナンバンキセル)はいつも見ている石舞台近くのカヤの茂みに今年は見つけられなかったのですが、帰り際に記念館の近くの民家の鉢で馬場講師が見つけました。

また石舞台近くの丘の上で少々高い所にPhoto_20200914085601万葉歌碑があり、これは見つけること行くことが大変な場所でした。

と、楽しく意義ある時間を過ごせました。

 

2020年9月13日 (日)

「浜のうたせ」、3度目

「浜のうたせ」とはPhoto_20200913034501箕島漁協直営の海鮮食堂および売店です。

ここの海鮮丼が評判になっているとかで、食べに行こうとしていたのですが…。

1回目(9月6日)はブドウ買いのドライブの帰りに寄ってみたら…Photo_20200913034901食堂部は完売で食べること出来ませんでした。(まっこの時は昼時をはるかに過ぎて、夕方近くなっていたので食事は無理でしたが)

この日は売店でシラスとマグロの味付け品Photo_20200913035201を買って帰ったのでした。

次に食堂部へのリベンジで9日(水)に再訪しました。しかし何とこの日はPhoto_20200913035701”定休日”というヘマなことであえなく撤退でした。

それで3度目の正直、12日(土)にまた行きました。11時過ぎに着いたのですが、駐車場がかなり満車で、Photo_20200913041101 「えらく客が多いな」と思いながら店に行くと、Photo_20200913040201食堂は満員で入店待ちの行列ができている。メニューはPhoto_20200913040301未だ売り切れは出ていないが、店の担当は「天丼はもうすぐ売り切れそう」との説明をしている。 オイオイ、今回カミさんが海鮮丼、私は太刀魚天丼を食べることにしていたのに…。

心配していたが、順番が来て中に入り、Photo_20200913040501無事それぞれの目的の食券が買えました。

店内はPhoto_20200913040601確かに満員です。一応相席とかは無しでテーブル間は通常よりスペースを空けている感じはありました。

注文品は先ずカミさんのPhoto_20200913040801海鮮丼が来ました。太刀魚がたっぷりです。

続いて、Photo_20200913040901太刀魚天丼も到着です。なかなか豪華ですよ。

美味しく頂きました。 で気分もゆっくりして売店を覗くと、前回は無かったPhoto_20200913041601太刀魚が「これでもか!」というほど沢山ありました。ここ太刀魚水揚げ量が日本一と謳っている漁港ですから。ほかにイカもPhoto_20200913041801新鮮で種類や大きさの違ったパックが売っていてかなり欲しかったですが、今回は置いて、

シラス、しらすぜんべいPhoto_20200913042001、マグロ味付け品などを購入しました。

これで一応、浜のうたせについては満足です。 1時間弱で行けるのでまた来てみることもあるでしょう。

カミさんは太刀魚天丼も食べてみたいと言ってたし。

 

 

2020年9月 9日 (水)

錦織ATP復帰初戦…勝てず

錦織、コロナ感染で全米オープンを棄権して、全仏を目指す中での復帰戦としてゼネラリオープン(オーストリア)に臨みました…。

Photo_20200909012301   (久々に見る錦織選手の姿です)

ケツマノビッチ選手を相手に、第1セットは50_20200909013101 いきなり5-0とリードする好調なスタートでした。でも、Photo_202009090125015-4と追い上げられやや苦しみます。実際ミスが増え、プレーの質が低下してきます。

それでも第1セットは6-4で取ります。この後第2は観戦していないですが4-6で落します。そしてファイナルセット

Photo_20200909013201先にリードされ苦しい展開。

そして、Photo_20200909013202もう後がないところに。ここから奇跡の逆転劇を演じる力はありませんでした。

結果はPhoto_20200909013301セットカウント1-2の逆転負けで1回戦で敗退でした。

復帰初戦は試合勘とか動きとか万全とはいかないでしょうし、次戦から調子を取り戻して欲しいですね。

現在、西岡が試合を行っています。第1セット3-5とリードされています。あっ今3-6で失いました。

西岡ガンバレ。

2020年9月 8日 (火)

浜のうたせ

連続して台風が近付いていました(9号、10号)。幸い和歌山市では被害が出るような影響はありませんでしたが、変な天候でした。お日様が出ていて青空も見えているのに、突然強風・豪雨に襲われたり…。

 色んな経緯で、Photo_20200908132801「浜のうたせ」という漁協のお店に行きました。

2日前、不安定なお天気でしたが有田川町の”巨峰村”までドライブがてらブドウを買いに出かけました。家を出て阪和高速に入る直前くらいから荒れ模様の天気となり始め、行くの止めようかな、との気持ちが過ぎりましたがそのまま進みました。

風雨が強くなり、正直なところ走るのが恐かったです。「何でこんな日に出掛けなきゃならないんだ」とボヤいていました。

ブドウは巨峰村の手前の農家直売所で購入しました。家庭用と贈答用と両方です。(贈答用はその場で宅配便を頼みます)

帰路になると風雨は大分治まり走り易くなりました、そこで最近オープンして興味があった、箕嶋漁港の海鮮のお店、”浜のうたせ”に寄って帰ることとしました。ブドウを買った場所から40分くらい、ちょっと遠回りの帰路になるだけです。

カーナビを頼りに辿り着いて中に入ると、Photo_20200908132901普通に海産物が売られていました。

この地の特産の、Photo_20200908133101太刀魚は獲れたて一匹モノは無くパックに入った切り身、シラスは色んな種類で新鮮そうなものが並べられています。太刀魚はこの前日、ご近所から「釣ってきたもの」を頂き塩焼きで食べたばかりでしたからスルーしてシラスを買いました。

行ってみたかったここの食堂では、Photo_20200908133401全て完売。というか営業時間を過ぎていました。

まあ仕方ないですね。もう夕方になっていましたから。シラスの他にPhoto_20200908133601マグロ煮込み、イカ入りせんべいなども買いました。店にはPhoto_20200908133701こんなカワイイシンボルパネルも置いてありました。

帰り際に気が付きましたが、ここはPhoto_20200908133801漁港なんですね。

今回、車で出たついでに寄った「浜のうたせ」ですが、場所はしっかり分かりました。別に高速を使わなくても1時間程度で来られます。

近いうちにここの食堂で海鮮丼か太刀魚丼を食べるために、再訪する積りです。

 

 

2020年9月 5日 (土)

USオープンテニス

プロテニス、無観客試合で全米オープンが始まっています。日本人選手では錦織が直前でコロナ陽性となり出場を断念してしまいました。

試合には男子では西岡、内山、杉田、ダニエル、添田。女子では土居、日比野、奈良、に大坂、と多数の選手が本戦出場していました。

Photo_20200905103601 (無観客試合はこんな感じ)

1回戦、西岡や内山、それに後で述べる土居選手はフルセットの激戦の末惜しくも敗退、他の選手は比較的あっさりと敗退で、日本語を喋る日本人選手は1回戦で消えてしまいました。  大坂選手だけが勝ち残っています。

 *”日本語を喋る日本人選手”という表現で大坂選手を批判したり、日本人選手に異議を唱える積りはありません。日本人選手として応援しています。 ただ、もう少し日本語を話せるようになってくれれば嬉しい、という気持ちはあります。

大坂のこれまでの戦いを軽くおさらいします。

1回戦は土居美咲とのいきなりの日本人対決。大坂圧勝かと思われていたんですが…。第1セットはPhoto_20200905103501 大坂楽に取れました。しかし土居の粘りは驚異的で、2_20200905103701 第2セットで逆襲。試合はファイナルセットに…。ファイナルでは流石に地力の差というか大坂が勝利しました。

2回戦は、強打が特徴のジョルジュ選手。ここは強打されても焦ることなく落ち着いて試合を運び、6-1、6-2と危なげない勝利。

3回戦は、伸びている若手ウクライナのコスチュク選手。現在のランキングは137位ですが全米で3回戦まで勝ち上がってくる選手です。

とにかくハードヒットの選手なんです。全球を全力で打ってくるという感じです。

ウィナーの数では大坂の倍あるのです、振りが速い、球が速い、大坂が追い付けないのです。

それでも当然ミスもあるので、第1セットのサマリーで、1_20200905104701特徴が分かるかと思います。

 サービスエース/ダブルフォールト、ウィナー/アンフォーストエラーが多いのです。

第2セットも大坂が先行したのですが、途中から流れがおかしくなってきて…。大坂はミスが出だす、1stサーブが入らない。相手は2ndサーブではリターンエースを狙って打ってくる(それが結構決まる)、ストローク戦でもウィナーを決められる。大坂にとってイライラの時間帯ですね。リードされたのを一旦持ち直しますが、タイブレークとなり落とします。

タイブレークでイライラを爆発させ、Photo_20200905105301ラケットに当たり散らします(ラケットを叩き付ける瞬間)、Photo_20200905105401コートに投げられたラケット。

この後、大坂はPhoto_20200905105501タオルを被って落ち着き・平常心・集中力を取り戻そうとしています。

ファイナルセットの出だしは相手の勢いが残っており大坂苦しい展開でしたが、ゲームカウント2-2の0-40というブレークされるピンチを何とか凌いでから流れが大きく変わりました。その次のコスチュク選手はダブルフォールトを繰り返しゲームを落とします。その後それまで入っていたストロークもウソみたいに入らなくなりポイントが取れなくなっていきました。Photo_20200905110201明らかに気落ちしているコスチュク。2-2から3-2となり、4-2、5-2とリードを拡げ、Photo_20200905110401マッチポイントに。これを一発で決めて、Photo_20200905110501 勝利(スコアは、6-3、6-7、6-2)。

主張が入ったマスクでPhoto_20200905110701インタビューを受けます。

毎試合ごとマスクを替えて、決勝戦まで種類があるとか、用意したマスクを全部披露するためには決勝戦まで行かなくちゃ。

勝ち残っている選手が観戦に来ている姿が映されていました。Photo_20200905111001これはケニン選手。他にアザレンカ選手も見ていました。

これから先、上位選手とレベルの高い戦いが展開されるでしょうね。

なお時差の関係で夜中に試合が多く私は、夜に眠れない日が多いです。このUSオープンの期間は…。

 

2020年9月 2日 (水)

裾バンドが一杯

私の自転車は2つあって、一つはPhoto_20200902162601ママチャリのちょっと高級っぽいタイプで、ギアに保護カバーが付いています。

もう一つがPhoto_20200902163101スポーツタイプのクロスバイクでこれはギアが露出です。

露出ギアではズボンの裾がヒラヒラしていると巻き込んでしまうことがあります。実際このくロスバイクの乗り始めのころはズボンの裾が巻き込まれて、自転車は急停車、ズボンには穴が開く、ということを経験しました。(学習能力が低く一度ならず経験しました ”泣き”)

そこで必要になってくるのが、Photo_20200902163601ズボンの「裾バンド」です。

Photo_20200902163701緑色の商品と赤の商品がありました。緑の方がお気に入りです。

この裾バンド時々失くしてしまうんです。それで予備を買っておいて…。要る時にどこに置いたか分からなくなって、また買って…。

をやってたようで、何故か先日Photo_20200902163901バンドが沢山見つかりました。

どこに有ったのでしょうか?色んなところから出てきたのです。もしかしたら未だどこかに有るかもしれません。

うちのカミさんがどこかに隠していた訳ではないようですし…。

まっ、100円ショップで買ったものだから(でもこれ確か200円だったように思いますが…)大して投資をしている訳ではありません。

最近自転車に乗る機会が少なくなってきているので、これを使い切るのには長期間掛かりますけど。

それに「チャリ族ファッション」というか短パンとタイツというのかレギンスというのか、まあそんな服装だと「裾ヒラ」とかないので裾バンドは不要ですねえ。でもチャリ族スタイルで決めようと思うと服装にかなりな出費になりますしね。

いずれ遠出が多くなれば、服装も”決めて”みたいですねえ。

 

 

2020年9月 1日 (火)

コロナ下での会合

私が関与する団体等での活動もコロナでの休止が続いていましたが、最近ボチボチとそろりと活動再開となっています。

現状での会合は会議室でのソーシャルディスタンスを確保するため、参加人数の倍以上の収容能力のある会議室を使用しないといけないです。

それは会議室利用の料金アップになりますし、広い会議室は数が少なく予約が取り難いことに繋がります。

会合の設定が大変となっています。

先日の会合ではマスク着用は必須なのは勿論、会場入り口で、手指の消毒、Photo_20200901103601体温チェック。

そして座席は、Photo_20200901103701 しっかりソーシャルディスタンスを確保してます。

で、スピーカーはマスクに加えてPhoto_20200901104001フェイスシールドも着用です。

このようにコロナ対策がしっかり行われていることもあり、和歌山県は感染者が少ないです。

« 2020年8月 | トップページ | 2020年10月 »