2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020年8月

2020年8月30日 (日)

オンラインお茶会

コロナ騒ぎもあり、お盆に帰省しなかった長男(埼玉在住、東京勤務)から、「”Zoom”でオンライン帰省しよう」と連絡が入りました。

で、ZoomスマホとiPadにzoomアプリをインストールして長男からの連絡を待ちます。

オンラインのテーマは「美味しいお菓子を食べて語る」という感じで、長男から宅配便で送ってきた有名店のお菓子(チーズケーキ)を両方で食べながらそれぞれの家族で歓談することです。

お菓子は、Photo_20200830110901CRIOLLOというお店のもので確かに東京辺りで評判のようです。

Photo_20200830111302 ケーキの箱とPhoto_20200830111401 ケーキです。

ほんとに美味しいケーキでした。口の中でとろける感じ。

zoom画像はZoom_20200830111501こんな感じで結構まともに相手が見えます。

コロナ下での近況を報告してお互いコロナに感染することなく何とか元気にやってることが確認できました。

 

2020年8月26日 (水)

早朝からスポーツ観戦

大リーグ野球、プロテニスなど無観客ながらTV観戦できるスポーツ番組を楽しめるようになりました。

今朝は、4時からWTAの全米前哨戦(W&Sオープン)で大坂の試合、Photo_20200826074901

5時からは大リーグで大谷の出るエンジェルスVSアストロズの試合。

【テニス】今日は3回戦、相手は第16シードのヤムストレムスカ。(大坂の前のコーチだったサーシャが今コーチしている選手)

大坂、第1セットを6-3で危うげなく取ると、第2セットも相手を圧倒、Photo_20200826075501マッチポイントとなります。ここで予想外の結末に…。このポイントでヤムストレムスカのセカンドサーブ、大坂のコートに入り大坂もリターンしたのですが、ゲームがストップ。審判の「フットフォールト」の声が聞こえる。何とセカンドサーブでのフットフォールト、これでポイントを失いゲームセット。まさかフットフォールトでゲームセットとは…。その宣告を受けたヤムストレムスカの情けなさそうな、納得できない様子の顔。一方大阪は、「えっ、これで終わりなの?」とこれも不完全燃焼感を表していた。

なおテニスと野球が同時進行の時間帯があり、Pctv

テニスはパソコンで(DAZN)観戦、野球はTV(BS1)で同時に観戦をしていました。

大リーグ野球は、エンゼルスが弱過ぎます。 情けない。1回でいきなり5点のビハインド。よく打たれるワ。

投手復活の大谷が先発陣の一翼を担う予定が、開幕早々の故障でチームとして大きな誤算となったのは分かるが。

打者大谷も、調子が悪過ぎ。今日の試合でも、Photo_20200826080701第1打席は2ストライク後に高目のボール球に釣られて空振り三振。2打席目は四球を選んで出塁したが三打席目では、Photo_20200826080901一塁ゴロで今日もノーヒット。この打撃フォームでは腰が引けているのでまともに前に飛ぶのは無理ですねえ。振り遅れ気味、腰が早く引けるなど、打席で自信のなさが感じられる。  早く本来の能力が発揮できるようになって欲しいですねえ

 

2020年8月25日 (火)

暑いけど軽いお散歩

連日猛暑ですが、少しは体を動かすべくカミさんとお散歩もしています。

1.一昨日は、ドライブ&お散歩で、県の緑花センターへ、Photo_20200825165301花壇にはラベンダーが。

時期は過ぎていると思いながら、Photo_20200825165302蓮の池に行ってみると、やはり花は終わっています。

ここの早朝ハス見物の時期は1ヶ月以上前ですから、当然ですね。でもPhoto_20200825165501一つだけ蕾で残っているのがありました。翌日朝くらいには咲くのでしょうか。

 ところで、このセンターを歩いている間に、チョウを全く見掛けませんでした。飛んでいるのを見ても写真には収められないことは多いですが、こんな花木のある公園で全く見ないのは驚きでした。

2.昨日は家の近くの早朝お散歩公園を歩きました。

 猛烈な暑さが続いている所為か、Photo_20200825170001桜の葉は季節外れに黄葉・落葉していました。

また、低木もPhoto_20200825170101ちょっと病的に葉枯れを起こしていました。

この時期の花として、槿と酔芙蓉は普通に咲いていました。またPhoto_20200825170301ノウゼンカズラは頑張って咲き残っているのがありました。

朝が涼しくなった日もあったのですが、未だ簡単には猛暑の夏が終わってくれそうにないです。

2020年8月21日 (金)

暑いけどちょっと外出

連日暑いです。昼間にちょっと戸外に出るとぶっ倒れそうです。

しかし、家で冷房の部屋に居るだけでは気持ちが落ち着きません。

で、今日はImg_20200821_152259ここに出掛けました。家から片道7,8Kmのようです。

Photo_20200821223801 サイクルコンピュータが不調で始めの2.2Kmしか記録が残っていません。

紀伊風土記の丘は、ウォーキング&チョウチョ撮影に期待していたのですが…。チョウチョはPhoto_20200821224001

この写真だけです。

でも色々飛んでるチョウは見掛けたのですよ。アオスジアゲハ、黄色いチョウ(多分キタキチョウ)、白いチョウ(多分モンシロチョウ)、ゴマダラチョウ、黒い大きいアゲハチョウ(殆ど黒ばかりでした。クロアゲハだったかも)

いつもより散策で疲れを感じたので、長く歩かずに退散しました。涼みがてら資料館の展示物を見て回りPhoto_20200821224901ました。

帰ってみると、郵便受けにPhoto_20200821225001こんなメモが入っていました。

おおっ!初めての宅配ボックスの利用です。

昨年末に、家庭用宅配ボックスを購入・セットして以来未だ実際に使われたことがなかったですが、今日はPhoto_20200821225501ボックスに宅配物が入っていました。ほっ、役に立った。

因みに今日は自転車が多分16Kmくらいの走行で、歩いたのはPhoto_20200821225701このていどの歩数でした。

結構汗は掻いたので、カロリーの消費・明日の体重減に期待です。

2020年8月10日 (月)

山歩き:高野三山

昨日(9日)も暑い日でした。でも目的があると暑さにも負けずに行動します。

昨日コースはPhoto_20200810140501高野三山巡りです。

高野山中心部や弘法大師の奥の院は女人禁制のため、女性はその周辺を環状に巡り奥の院を遥拝していたのですが、その女人道に高野三山と呼ばれれる、摩尼山・楊柳山・転軸山があります。 いずれも標高ほぼ1,000m程度の山です。

まずは、JR和歌山駅をPhoto_202008101413017:41発の電車で橋本駅まで。橋本から南海高野線に乗り換え、Photo_20200810141501ちょっと山の中へと入っていきます。電車の終点極楽橋駅は既に標高で

539mあります539mここからもう少しケーブルカーで高野山駅まで行きます。

そしてバスでPhoto_20200810141801高野山奥の院まで。歴史上の有名人から現代まで、色んな人の墓所があります。

でも私たちは奥の院詣でが目的ではなく、奥の院からは外れた道にいきます。Photo_20200810142101周辺道は静かで厳かな印象ですね。ほどなく一般道からも外れ、2_20200810142301登山道の入り口に来ます。ここで集合写真。顔をモザイク処理しなくてもクレームの出ないメンバーです。(当日メンバーはこの写真を撮ったメンバーを入れて6名でした)ここからPhoto_20200810142501山道になります。

意外とPhoto_20200810142601急傾斜の坂道もあり体力を少し消耗しちゃいます。

最初の山、摩尼山Photo_20200810142801の頂上はこの看板があるだけです。お地蔵さんの社も祠もありましたね。

摩尼山の標高1004m。辛うじて1000m超の山です。標高と気温の関係からすると、平地より6℃ほど涼しい筈ですけど…。

確かに下界より気温は低いのでしょうけど、涼しいと言えるほどではなかったです。”雲上”も暑いですね。風があると気持ち良かったですね。

摩尼山を後にして次は楊柳山に向かいます、この山の山頂は標高1008m、高野三山の最高峰ですが、ここもPhoto_20200810152701ここが楊柳山であることの標識はありますがアッサリしていますね。祠は

結構荒れていますよねPhoto_20200810152901。 摩尼山まではガイドブックの所要時間の倍くらいかかるペースで心配でしたが、それ以降はコースタイム通りくらいで進んでいます。無事帰り着けそうですねえ。

さて次は三山最後の転軸山に向かいます。ガイドブック的にはあまり上りはない筈でしたが、そこはマア、平坦に行けるということは無いですネ。Photo_20200810153501転軸山頂の標識では、かつてハイキングコースであった奥の院への近道コースに×マークが入っているのが気になりましたが時間も急いでいたし、近道ルートを取りました。

確かに、Photo_20200810153801最近は通る人が少ないのか荒れた道となっていました。

ただ別に危険とかはなくて奥の院まで普通に降りられました。

これで三山登山は終わりですが、ちょっと咽喉を潤し、ちょっとお腹を満たしてから帰ろうと思ったのですが、空いているお店を探すこと、かつ、グッと1杯飲めることという条件を満たすお店はなかなかありませんでした。この時期なのか、高野山のお店は4時過ぎに大半は閉まってしまいます。

それでも甘味喫茶で、辛うじてビールにあり付け、お腹にはカレーとピザを入れることができ、満足しました。

もう少しだけ続きます。

ケーブル高野山駅の待ち時間で展望所(2階)に行くと、室内に迷い込んで外に出られなくなったか、アゲハチョウが弱ってフラフラ状態でした、Photo_20200810154901私の登山靴の上で小休止を取ってました。尾状突起の一方は取れていますね、可哀相です。このチョウは「クロがベースの翅に白い斑点があり、尾状突起を持つ」ということで”モンキアゲハ”と判断されます。先日和歌山市の秋葉山で写真に撮った種類の蝶です。この山歩きではチョウの撮影は断念していて蝶用のカメラは持参していませんでした。

見掛けたチョウとして、黒色の大きなアゲハチョウでブルーの鮮やかな色が翅に見えたのが居まして、帰宅後図鑑で調べて見ると、カラスアゲハまたはミヤマカラスアゲハのどちらかと思われます。ウーン写真に収めたかったですねえ。まっ蝶用カメラを持参していても高い所を飛んでいるのを見ただけでしたから写真は撮れなかったですが。

さて高野線で橋本に向かう帰りの電車では、Photo_20200810161301とかPhoto_20200810161401とか瞼が下がってくるのでした。

橋本から和歌山までのJR電車はPhoto_20200810161501ガラガラでした。

なおこの日の歩数は、2_20200810161601この程度でした。良い運動でしたね。

 

 

 

2020年8月 8日 (土)

洗えるマスク

今日は家でじっとしています。部屋を一部片付けたり。失せモノを探したり。

大リーグ野球の様子をチェックしたり。ヤンキース田中は好投しましたが勝敗つかず(チームは敗け)、大谷は打者専任の復帰戦でホームランを打つなど、活躍が期待されていますが今日は4打数ノーヒット3三振とさっぱりでした。

さて私のマスクは何種類か持っており、Photo_20200808132801 数は充分足りていますが、いずれも不織布の使い捨てマスクです。 今周りを見るとデザイン性のある、布製のように洗えるマスクが多くなっています。

それに機能性や快適性を訴求している製品も沢山出てるようです。ユニクロのマスクも評判になっていましたが、お店に行っても買えなかったです。それに通気性とか良いらしいですが、決して涼しいモノではないと聞いています。

で、ネットで買ってみました。一応冷感ありと謳っているヤツで、Photo_20200808133301こんなのと、Photo_20200808133302こんなのです。白は昨日着用して見ました。Photo_20200808133401 全然「冷感」とか感じなかったです。顔にフィットはするのですが、逆に暑く感じました。

グレーの品物を次回着用してみます。  でも…、あまり期待できそうにないです。

スポーツ用品会社の製品では、かなり良い品物もあるようです。お値段もかなりのようですし、買い方が分からないです。

ところでうちのカミさんは、日にちと時間を掛けて手製マスクにチャレンジしているようです。Photo_20200808133901 でも未だ本人が着用している姿は見たことないです。完成しているのか途中なのかも分かりません。

ただ、私の分まで作る、って予定はなさそうです。 

2020年8月 7日 (金)

チョウを撮りたいと思って出ても…

先日はちょっと出掛けて、アオスジアゲハのランデブー飛行とか、モンキアゲハとかチョウチョの写真が撮れたのですが、行先によってはチョウチョが殆ど居ない場所に行ってしまうこともあります。

1.昨日(6日)に行ったのは、

Photo_20200807230001コアラ像が草むらに取り残されているような、「和歌山市森林公園」でした。「山の中」ではありますが、チョウチョには恵まれませんでした。チョウチョの写真を撮ることでは空振りになる訳です。

チョウチョに詳しい方であれば、「どこに行けばどんな種類のチョウが居るか」についてある程度分かっているようですが、私の場合「何か自然のあるところならチョウチョも居るんでは?」くらいの感覚でチョウチョ探しをしています。

秋葉山とか名草山では、取敢えず何種類かのチョウを見掛けて、写真に収めるチャンスも結構ありますネ。

昨日行った和歌山市加太の森林公園にはサイクリングで行くと良い運動になる距離という感じでしたが、カミさんを誘って車を使って行きました。 あまり人が訪れる場所には思えなかったですね。

 大きな望遠レンズを付けた高級そうなカメラを構えて折り畳みチェアに座っていたオジサンが一人いました。野鳥を追っ掛けているのでしょうね。私は蝶を求めて歩いていると、チョウには会えなかったですが、Photo_20200807230901墓地がありました。

夜だったら気味悪かったかもですね「旧 深山要塞重砲兵聯隊 陸軍墓地」という比較的新しい表示板が立てられていました。

チョウチョは、Photo_20200807231301取り敢えずキタキチョウだけ撮ることができました。特に珍しくもない種類です。

ここで空を見上げると、Photo_20200807231501関西国際空港に向っているらしい飛行機をカメラに収めました。

なお、森林公園を来た道と逆方向に抜けると加太休暇村付近に出ます。ここでアゲハチョウが飛んでいるのを見掛けましたが、遠くのままで、写真が撮れたのは、ここでもPhoto_20200807231701キタキチョウだけでした。

ここでは、Photo_20200807231801こんなものを見掛けました。木にクッキー(オレオのような)を突き刺しているのかと思うものです。白色ベースと茶色ベースがありますね。

2.次に今日(8月7日)は和歌山城近辺をぶらついてみました。

これは空振りでした。お城近くの丘公園ではチョウの写真ゼロ。ただここの池にはカワセミが飛んでくるらしく、この日も大きな望遠レンズ付きカメラと三脚等の道具を持ってオジサンが来ていました。 私はここから、お城に移動しましたが、こちらでも一瞬遠くを飛んでいるチョウを見掛けたくらいで、写真は無し。シャッターを押したのは、2_20200807232601これです。トンボが2匹じゃれ合っていました。青いトンボと尾っぽに黄色い部分のあるトンボです。分かりますか?

こちらは2_20200807232801殆ど重なっています。青の下に黄色のシッポ部分が見えています。これは紅葉渓庭園の池での写真です。

 

さて近場でチョウ撮影の候補は、紀伊風土記の丘、緑花センター、が残っていますが、どうしよう?

暑いですし、年寄りが外を出歩いて、熱中症で倒れたりすると物笑いですしねえ。

 

 

2020年8月 4日 (火)

サイクリング&蝶の撮影

8月3日(月)すごく暑かったですが昼から自転車に乗ってどこかへ、出来ればチョウチョを写しにと。

当初、紀伊風土記の丘か、四季の郷公園を考えたのですが、結構遠いかなと思い近場の秋葉山に行ってみました。

ヘルメットを被り、背中のリュックにカメラを入れて、という姿でのお出掛けです。

未だ見たことがなかったチョウを撮れた訳ではないですが、秋葉山はそれなりにチョウが居ますね。

紹介していきます。(蝶の名前は私の推定です、間違っているのもあるかもしれません、教えて下さい)

1.黒いアゲハチョウ

Photo_20200804103601 Photo_20200804103602

かなり大きいチョウで、翅に白い斑点が特徴で当初は「ナガサキアゲハ」と思い込んでいましたが、尾状突起がないのでこれは「モンキアゲハ」だろうと判断しています。モンキアゲハの方がナガサキアゲハより少しだけ珍しいチョウでこれが撮れたことは嬉しいです。

2.小さいチョウ

小さいチョウの代表みたいな、Photo_20200804104401 ヤマトシジミ。家の庭でもいつも見掛けます。

Photo_20200804104501ベニシジミかと思います。そしてこれはPhoto_20200804104601ツマグロヒョウモンに似ているのですが、この辺は似たチョウが多いですから自信はないです。

黄色いチョウは、Photo_20200804104701キタキチョウのようです。私は黄色のチョウでキタキチョウ以外のチョウを撮れていないです。モンキチョウとかウスキシロチョウなどと出くわしても良さそうなんですが…。

そしてこれは片男波の万葉館の庭に居た、2_20200804105301 4_20200804105301ゴマダラチョウです。

3.アオスジアゲハのランデブー

私としては複数のチョウをクリアに撮れることは少ないですが、今回まずまずの写真(連続写真)が撮れました。

1_20200804105601 22続きます

23_20200804105701 24 もう少し

25_20200804105901 26 ここまで。

もっとくっ付いている動きもあったんですが、カメラには収まっていなかったです。

でも何となくチョウの動きが分かる感じでしょう?

4.他

2_20200804110501蝉は写真の対象としてはあんまり興味が強くないです。ニイニイゼミかと思います

また、Photo_20200804110701片男波海水浴場はそれなりに楽しんでいる人たちがいました。

 

 

 

サイクリング&蝶の撮影 (その1)

梅雨が明けると、真夏ですね。新型コロナも未だ拡大しています。

暑い!&コロナウィルスが恐い!  家に籠もっているのが妥当なんでしょうけど…。

家から出ないと、結構イラついてきます。そこで密でないところへサイクリングに。

出来ればチョウチョが居て、写真を撮れればとも思いながら…。  8月2日のことです。

当日の説明は後に文章が続くのですが、写真の部分だけ先に記載しますと;

 行先は結果的に磯ノ浦となり、Photo_20200804101301チョウチョは写すことが出来ず、磯ノ浦土産に地元の「シラス」を買って帰りました。

帰り道を迷い、行き止まりに突き当たったのですが、そこは自転車の強み、Photo_20200804101501

この部分で自転車を抱えて線路を越えることにより大きな道に繋がることができました。

この日の行動で写真はこの2枚だけ撮ってました。  以下は文章だけの説明が続きます、退屈でしょうが興味あればお読みください。

***************

8月2日(日) どこへ行くか決められずとにかくリュックを背負い、ヘルメットを被って自転車に乗りました。

既に午後3時を回っていたので、あまり遠くまでは行けません。和歌山市加太の森林公園はどうかなと思いつつ、先ずは河西緩衝緑地を抜けて行こうと自転車を進めました。朝のお散歩でも良く来ているところです。

松江のテニスコートの付近で結構チョウチョが見られるので先ずそちらに行きました。暑い中テニスをやってる人が居ました。

ここでアゲハチョウ、黒いアゲハチョウが飛んでいるのを見掛けましたが、残念ながら遠くを飛んでいるだけでカメラに収めることは出来ませんでした。

 さて、次に森林公園を目指そうか、と考えましたが、「あそこは結構遠い。こんな時間に出発したら帰れなくなりそう」との判断で緩衝緑地を河西公園まで行ってみることに…。

でも河西公園は木は多いけど花が少なく、チョウチョはあまり期待出来ないんですけど。

案の定、たまにチョウチョも見かけましたが撮影できないままでした。そこで自転車だと道を選ばずでどこへでも行けるという強みを生かし、磯ノ浦まで進めました。

磯ノ浦の浜の手前の駐車場には沢山の車が停められていました。人も大勢来ているようです。

ここでシラス屋さんが開いていたので、家へのお土産に購入しました。 (写真アップ済)見た目もきれいでしたし、美味しかったです。

磯ノ浦からの帰りは公園を戻らず、住宅地を通りました。この地区は道が分かり難い所なんです。狭い(車だとすれ違いが出来ない)、行き止まりの道が時々ある、他車で来ると泣きそうになったこともあります。

今回も道が行き止まりになっていました。でもそこは自転車である強み。自転車を抱えて線路を越えることによりメイン道路に移ることが出来ました。(写真アップ済) まっ、単にサイクリングを楽しんだ、と思えば満足です。

サイクリングも久し振りで良かったです。 

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »