2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 緊急事態宣言の解除 | トップページ | メタボ対策(ダイエット)奮戦記 »

2020年5月22日 (金)

粉河寺周辺ウォーク

ボチボチ、ウォークに良い季節となっています。

Jr_20200522102701JR和歌山線に乗りました。奈良行ですが、奈良まで行くと県境を越えるのでそれは未だ許されていないです。で、今回行先は「粉河駅」です。

久し振りに和歌山線に乗ると、粉川駅がIcICチケット利用可能な改札があります、ウレシイ!

なお、和歌山線全般で車内でIC乗車券のタッチパネルがあります。  和歌山駅からICOCAで乗ってしまって下車駅で出られない、という話は過去のことになっているようです。

この日は、KIGAグループのウォークに参加して粉河寺周辺の寺社・歴史スポットを歩きました。

集合時刻より早く着いて、粉河寺境内をブラブラしてみました。粉河寺、歴史街道ウォークで来た時は境内散策の時間はあまり取らなかったので久し振りの感じでした。Photo_20200522104201大門は大きいし、荘厳です。

Photo_20200522104601中門は重々しさを感じます。中門にはPhoto_20200522104901 四天王が四方を守護しています。(門の左右、表裏) これがまた、年代を感じるもので見応えあります。

また、Photo_20200522105201仏足石があります。

さてグループに合流して、寺近くの秋葉山に行きます。ここは粉河寺の僧兵が山城を建てて籠もっていたようです。秀吉に攻め落とされて後、藤堂高虎が城主として入ったことが知られています。山は公園になっていて、Photo_20200522105901城跡の碑が残っています。秋葉山、比高25mと低い山ですがここからは粉河の市街がPhoto_20200522110001よく見下ろせます。

再度寺の境内を散策して、修験道の役行者ゆかりの「桧木宿の跡」に向かいます。ちょっと登坂が続いてました。

高速道が走っていたりする辺りにPhoto_20200522110901宿跡の碑が立っていました。

この辺の道を葛城修験の行者さんが歩いて中津川行者堂に向っていたのでしょうね。

ここで昼食休憩の後、U-ターン気味に引き返して次にはPhoto_20200522111701気比神社を訪問です。

「気比」ですが、この神社は「きび」神社と称しています。「気比神社」って各地にあるようですが、敦賀では、「ケヒ神社」です。甲子園に出場する「敦賀気比高校」ってありましたね。また佐渡では「キヒ神社」となっているようです。面白いです。

なお、キビというと通常は「吉備」の字の表記となっていると思うのですが。

この先「毘沙門寺」という寺跡(寺が焼失して再建されていない。墓は残っているが…)を通って長田観音に到着です。ここの山門はPhoto_20200522112801中国風な造りでした。ウォークコースとしては、ここから粉河まで戻るのが予定でしたが、私は、ウォークとしてはここで切り上げて、この観音さんのすぐ近くのPhoto_20200522113001

紀伊長田駅に出て、帰宅させてもらいました。 この日の歩数は、22,519歩でした。

 

 

 

 

 

 

« 緊急事態宣言の解除 | トップページ | メタボ対策(ダイエット)奮戦記 »