2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 護摩壇山ハイキング | トップページ | チョウチョの写真 »

2019年8月 5日 (月)

文楽鑑賞 (オマケとして立ち食い寿司)

  【文楽)

少し前のことですが7月23日(火)に、年に数回のほぼ恒例となっている古典芸能鑑賞(文楽だったり落語だったり)に行ってました。

メンバーは私の大学時代の友人二人とウチのカミさん。

演目は、Photo_20190805132501 仮名手本忠臣蔵。4月に第1回を見て、3ヵ月ぶりでこの日が2度目。

南海難波の駅から地下鉄日本橋駅方面に地下道を歩きます、駅出口にはPhoto_20190805132801 ポスターがドンと貼り出されています。

国立文楽劇場Photo_20190805132901 に入ると 今日の演目がPhoto_20190805133001 看板で表示されています。

中で私はPhoto_20190805133201 テキスト解説書を購入 、カミさんはイアホンガイドを借ります。

どうもイアホンガイドの方が、より役に立つようです。

さて「忠臣蔵」というと「浅野内匠頭/大石蔵之介」の出てくる、”赤穂浪士”モノのストーリーに馴染んでいて、「塩谷判官/大星由良助」が出る浄瑠璃もののストーリー差について実は詳しくは知らなかったです。

でも、文楽のストーリーも面白いです。今回「おかる・勘平」物語として知られているが赤穂浪士では、格別な話となっていないですよね。

でもおかる・勘平の話も充分盛り上がりますね、文楽では。

【立ち食い寿司】

文楽と関係ないですが、この日昼食を難波地下街のPhoto_20190805135001 「立ち食い寿司」のお店で食べました。

お店にPhoto_20190805135101 イスは無く、客は立ったまま寿司を食べています。

駅に立ち食い蕎麦は結構ありますが、その感じです。私が食べたのは、Photo_20190805135301 寿司ランチ(800円)です。美味しかったです。カミさんはPhoto_20190805135501 ランチ海鮮丼を選びました

このお店、ネタは悪くなくお値段も回る寿司屋さんよりは高目かと思いますが、味は良いです。

お気に入りの店になりそう。 友達にこの店のことを話すと、もともと「江戸前寿司」というのは立ち食いだったから、悪くない訳だよ。と説明を受けました。

 

« 護摩壇山ハイキング | トップページ | チョウチョの写真 »