2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 社会を明るくする運動 | トップページ | 朝採れ野菜 »

2019年7月 5日 (金)

花の話題ですが

梅雨に入り雨が多くなりました。ただ、しとしとと降る雨でなく九州を中心の記録的な豪雨となったり、自然はままならないです。

我が家の庭も花の移り変わりが見られます。

今目を引くのは、Photo_20190705114301 グロリオーサがあります。

Cu なかなか華やかな花ですが、切り花では水持ちが良くないので庭で見るだけです。

アガパンサスPhoto_20190705114701 も今の季節の花ですね。

Photo_20190705114801 この花は以前名前を調べたのですが、忘れてしまいました。

グラジオラスと違うのかな?ってカミさんに言うと、グラジオラスとは違う!と明確に否定されてしまいました。

じゃ、何て花だ? ウーン、「グラジオラスに似た花」で検索すると、ヒットしましたよ。

「ワトソニア」という名でした。(和名はヒオウギスイセンです)。そんな名前の花があったと思い出しました。花期は5-6月ということで、今咲いているのは遅いですね。自分のブログをワトソニアで検索すると、昔の記事が見つかりました。嘗ては5月にこの花を書いていました。

 イチハツとかいうアヤメの種類と同時期に咲いていたのでした。

花期の説明通りに咲いていたのですね、しかも別の色(白)もあったのです。今は白は咲かないです。

 ”ワトソニア”今度はしっかり憶えよう。

庭には他に、Photo_20190705115801 アストロメリアが開花期間が長く、未だ咲き残っているのがあります。

そして、Photo_20190705115901 フウセントウワタもあちこちで繁殖が拡がっています。鑑賞用ではないですが、Photo_20190705120001 キューリや、Photo_20190705120101 トマトも花を咲かせています

それに、Photo_20190705120102 毎年、長期間咲くのですが、名前を知らない花があります。

梅雨入りで確かに雨が多くなり、湿度が高いので嫌になってしまいます。

 

 

 

« 社会を明るくする運動 | トップページ | 朝採れ野菜 »