2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月29日 (月)

丹波篠山 白髪岳ハイキング

  少し前の話題ですが、ブログアップ出来ていなかったことがらを遅れてアップします。

7月21日(日)万葉玉手箱行事を無事に終えてほっとした翌日です。

ハイキング準備が十分でない中、Photo_20190729080801 朝7:02の電車に乗るのは少しシンドかったです。

まずJR線で大阪経由で、Photo_20190729081001 宝塚線の古市駅で下車です。

JR宝塚線って実は知らなかったです。”福知山線”の一部区間をこう呼ぶらしいですね。脱線事故があったので、福知山線という名を変えた訳ではないようです。

駅から歩き始めると、途中にPhoto_20190729081301 今日の目的白髪岳・松尾山への案内板があります。

そして、歩く前方に2_20190729081501 白髪岳の山容が見えてきます。

******* ちょっと話題が変わりますが…  ********

この辺りは、「丹波篠山」と言われる地域で、色々ブランド農作物があります。

先ずは、Photo_20190729081801 丹波黒豆の畑です。枝豆で9月の収穫、黒豆は10月頃収穫らしいです。

Photo_20190729081901 そして、この歩いている道の両側は”丹波栗”の栗林です。青いイガが着いていました。

さらに、今回知ったのですが、Photo_20190729082101 これは「ゴボウ」です。

”住山ゴボウ”というブランドで高級品らしいです。畑の畝で育てるので小さいです。美味しいかもと思いました。

***************

ハイキングの話に戻ります。

登山口までの途中で、Photo_20190729082401 こんな標識がありました。えっ、車って「ポイ捨て」の対象なの?ってちょっとびっくりでした。

また、私たち一行を追い越した車の方が何か言ってたんですが、歩いている先の家に入り、なんとPhoto_20190729082601 プラムを差し入れてくれました。嬉しかったですねえ。休憩して美味しく頂きました。

そういえば、熊野古道を歩いている時なんかも山でミカンの作業をしている方が、ミカンを下さったこともあります。地元の人とコミュニケーションが出来て、また人の温かさが感じられて、ハイキングの別の意味での喜びですね。

山は標高722mと高い山ではないですが、山頂付近の道は狭くキツイ坂で最後には、  Photo_20190729083401 ロープ・鎖が頼りの厳しい岩場の登りがあります。正直恐い感じもあります。(今更引き返せないですが)

Photo_20190729083701 私の姿も写されていました。恐々登っているのがバレてしまいそうな恰好ですね。

でも無事に、Photo_20190729083801 頂上には辿り着き、Photo_20190729083901 セルフタイマーで集合写真を撮りました。やっぱり、「山頂に至る」と良いものですねえ。

引き続いて、隣のPhoto_20190729085401 松尾山でも山頂での集合写真です。

因みに同行のメンバーに「松尾さん」が居て、「この山の山主さんでしょう」とか言いながら歩きました。

Photo_20190729085601 リュックを外して休憩中に、私のリュックにチョウチョが止まったので急いでパチリと写真に収めました。買ったばかりのチョウの本で見ると、「クモガタヒョウモン」という種類のチョウに似ています。

ところでこの日、暑くてすごく汗を掻いたのに持参の飲料水が少なくて(お茶、イオン飲料、自家製梅ジュースで約1.3リットル)節約しながら咽喉を潤していたのですが、脱水&熱中症になったか、山を下りて駅までの緩やかな道を歩く中休憩しようと思い座りかけたとたんに、両足太もものケイレン・引き付けを起こし、固まったまま動けなくなってしまいました。動こうとすると筋肉に痛みが走りどうしようもない状態です。塩分不足を考え、岩塩の飲んだり、同行のメンバーに芍薬甘草湯を貰って飲んだり(自分でも用意していたのですが貰った方が手早かったので)、そうっとストレッチをしてもらったり、自分の飲料を空になるまで飲んで、追加の飲料を分けて貰ったり、かなり迷惑・心配を掛けてしまいました。両足痙攣、息も出来なくなる、と我ながら驚き、恐かったです。

休憩と飲料の補いで何とか落ち着き、駅の時間待ちの間に、汗ぐっしょりの衣類に対し着替えを行います。

Photo_20190729091501 上半身は下着・Tシャツともに着替えてすっきりします。

でもズボン・パンツの替えを持参していませんでしたから汗で濡れたままの恰好となります。

このままでは電車のシートに座れないです。(シートがはっきり濡れてしまいます)

で、持参のPhoto_20190729091701 レジャーシート (昼食時などの使用が主目的)を

Photo_20190729091901 列車に置いてこの上に座ります。これで列車シートを防水します。

両足痙攣など起こしてヨレヨレだったんですが、電車で1時間座って休養がとれたか、大阪ではPhoto_20190729092301 しっかり反省会に参加しました。痙攣への反省が無いと言われるかもしれませんが…。

キツイ思いもしましたがやっぱり楽しかったです。飲料はゆとりを持って持参するのが必須ですね。これは間違いなく反省しています。

私の場合汗の量が半端でないので、夏場は2リットル以上の飲料を用意しないといけないです。

リュックが重くなりますが。

 なお事後談ですが、26日(金)に和歌山市の名草山に行った時は、低い山だったですがしっかり2リットル超の飲料を用意していきました。

結果的に500ml以上の飲料が残りましたが、それは使い切らずに良かったと思います。

 

 

 

 

 

2019年7月26日 (金)

暑い中ウォーク下見で名草山に

梅雨が明けると一気に真夏になってしまいました。セミは朝から暑さを増してくれるように鳴くし…。

寒暖計(この言葉を使うと年が知れるとか)の水銀柱(アルコール柱もありますが)もうなぎ上りとなっています。

今日は飲料で、Photo_20190726205301 こんだけ持参していました。ペット飲料が3本、パウチのイオン飲料と水筒の中は自家製梅ジュース。総量では2リットルと言ったところです。

実は21日(日)に丹波篠山 白髪岳ハイキングに行った時、持参の飲料不足が主な原因で、脱水・熱中症症状か、両足太ももの引き付け・痙攣を起こし、大変だった経験があり、今日は近くの低山ですが一応ゆとりある飲料持参でした。写真のように麦茶のペットだけは口付かずで終わりました。

 

ウォークコースの予定は紀三井寺に参詣して名草山を通り(山頂まで行くかが問題)、竈山神社まで行くことになります。

80歳を過ぎた方も参加されると思われますので、登頂しないコースも企画が必要かと思われます。

ともかく、Photo_20190726210301 紀三井寺参詣です。

この階段は231段あり、これを登だけでも結構キツイと感じますねぇ。

紀三井寺と言えば、「絶景の宝庫・和歌の浦」でも日本遺産を構成する施設ですし、「最近西国三十三番巡礼地」としても最近日本遺産に指定され、ダブルの日本遺産地ですので、ここは是非目玉のコース要素としたいです。 万葉歌碑もここにあります。

紀三井寺の名前の由来に関する、Photo_20190726210601 3つの井戸があります。

これも訪問スポットとしましょう。なお3つの井戸の内2つはこの境内にあり、3つ目は外になりますが、当日のウォークで行くか、近くまで行き説明することになります。

一旦紀三井寺を出て、名草山に向かいます、途中Photo_20190726214801 ガマの生えた湿地や、Photo_20190726214901 へくそかずらを見掛けました。

正行寺というお寺を登り口にして登り始めるコースを候補と考えています。

途中のPhoto_20190726215401 一本松という地点で休憩します。

で、ここで山頂を目指すグループと登頂を諦め山の反対側に下るグループとに分かれることになる予定です。

ここから山頂の往復は1時間くらいかかります。Photo_20190726215601 取り敢えず山頂には行ってきました。

眺望は良いですよ。眼下に和歌の浦、Photo_20190726215701 玉津島 島嶼群が見えます。

また、遠くはPhoto_20190726215801 淡路島・四国まで見渡せます。

この後は下って、安原方面でPhoto_20190726220001 中言神社へと降ります。

Photo_20190726220501 この下りの道が少々荒れているのが気懸りですが、危険はないですね。

なおこの写真で前方を歩いているのが、今日の下見の同行者・万葉の会の馬場さんです。植物動物に詳しく、万葉歌を犬養調(犬養孝先生の読み方)で朗誦してくれます。

中言神社を出ると山すそを通り、Photo_20190726220101 女郎花 の花を見たり、Photo_20190726220102

ちょっと変わった赤い池のそばを通り、竈山神社に向かいます。

ここは、神武天皇の兄・彦五瀬命が落命した地であり、Photo_20190726220401 御陵もひっそりとあります。

あとは和歌山電鉄の竈山駅まで歩き、和歌山駅まで帰ってきます。

暑いけど無事に下見を終わりました。

実はチョウチョを撮るべくカメラを用意して行ってました。チョウチョの写真は別途アップします。

 

 

2019年7月23日 (火)

万葉玉手箱

 万葉玉手箱と題する行事を行っています。

Photo_20190723092701 左のタイトルの内容で 7月20日に行いました。

今回、当日参加者に配布する資料の印刷、会場との折衝(部屋、機器の借用)など結構事前の準備が手間がかかりました。

Photo_20190723093101 開場前の準備です。机の配置、受付名簿、配布資料、関連行事のチラシなどを用意します。

会のメンバーが分担します。

当会 会長の第1講が始まる頃は、Photo_20190723093401 会場は満席となっています。

Photo_20190723093402 令和と万葉集について万葉歌、中国の文献等くわしく解説されます

第2講は、大宰府の梅花の宴などについてスライドでPhoto_20190723093801 の説明です。

雅な世界が感じられました。

3番目は、 Photo_20190723094002 私のパワーポイントでの発表です。

「令」と「和」についてちょっとオタクっぽい調査です。Photo_20190723094301 ここでは、

使ったスライド20枚の一部を抜粋の形で紹介しています。

第4講は、Photo_20190723094601 元号に関するもろもろのお話でした。

令和に関して、当会メンバーが色んな観点からの話題を提供させて頂きました。

発表後は、会場とのPhoto_20190723094801 質疑応答、意見交換も活発に行えて、まずまず納得の万葉行事が行えました。

終了後、数年ぶりの会員募集を行ったところ、予想以上の会員申し込みがあり、ちょっと嬉しかったです。

 

 

 

2019年7月17日 (水)

オクラ

今年は家庭菜園で初めて「オクラ」を育てています。(私が、ではなくカミさんが、ですけども😃)

で、Photo_20190717000901 花が咲いたのが7月8日 でした。

これが、14日にはPhoto_20190717001901 実が育ってきてました(オクラの”実”って言うんですかね?)

で本日(16日)には、Photo_20190717002101 収穫しました。(1本だけですが…)

そしてこれが、Photo_20190717002201 夕食の食卓に上がりました。

ええっ、私の食卓です。カミさんと1本を分けるのか、と思ってましたがカミさんは気前よく私に1本出してくれました。

今、子どものオクラが大分出来ていますので、2人で食べるのももうすぐです。

なお、今の菜園では、キューリ、トマトは時々食べられるくらいに実を付けています。

あと、Photo_20190717002701 ツルムラサキはカミさんがお浸しか何かで食べるのと、バナナやリンゴと併せてジュースになっています。

アスパラガスは鉢の苗を、Photo_20190717002901 地植えに植え替えて育てています。これは何時になれば収穫できるのでしょうかね。

 

2019年7月16日 (火)

万葉講演会

新聞のイベント紹介で、Photo_20190716114201 こんな記事が有ったので参加申し込みの連絡Telしたのですが、締め切りの1Week以上前でしたが、既に定員オーバーで受付終了とのことでした。

ちょっと残念かな、と思っていたのですが、主催の方から「キャンセルが出たので参加可能となった」との連絡を頂きました。

それなら、ということで参加しました。

会場に行って、Photo_20190716114701 立派な チラシも作っていたことが分かりました。

講師先生のメインの話題は「万葉集の世界へのいざない」で、万葉集入門的な講演だったようですが、「元号 令和」の話題の追加を依頼されたようで、「こんなん話していたら時間が足りなくなる」と言われながら、令和と万葉集特に出典となった巻5の梅花の歌三十二首について話して頂きました。

分かり易く丁寧に解説されました。

本論の万葉集へのいざない部分では、万葉集の概要(成立、構成、時代、表記法、歌人、代表作、…)

などについて、万葉集への愛情が聞く者に伝わってくるほど熱く語ってくれました。

脇道の話題ですが講師の永廣先生、講演前夜のテニス試合(ウィンブルドン 男子決勝戦)を見ていたようで、ファイナルセットの途中まで見ていて、夜中の1時過ぎくらいで最後までみること諦めたようです。

私は最後まで見ました。フェデラー惜しかったです。

でも、月曜日は流石に眠かったです

2019年7月14日 (日)

緑花センターへ蓮の花を撮りに

岩出市にある県の緑花センター、今蓮の花の見頃です。

そして、Photo_20190714131001 今日は早朝開園日。蓮の花が”ポンっ”と音を立てて咲く瞬間が見られたら、との期待を持って出掛けました。 雨も小止み状態で傘無しで園内を歩ける程度でした。

園内に入ると、先ずPhoto_20190714131701 季節の花の花壇を通って蓮の池の方へ進みます。Photo_20190714131801 ここの花もきれいです。

さて蓮の池に着くと、カメラをしっかり構え;Photo_20190714131901 ピンクのハスや、Photo_20190714132001 白い蓮を撮ります。

後は、Photo_20190714132901 ちょっと様子が違っていたり、2_20190714132901 花が連なっていたりなどを色々撮ってみます。

蓮の葉上の水玉Resize2930 は写真で見ると…、別にきれいとも思えないです。残念

  ”露を玉と欺く”という歌が古今集にありますが、この見え方では玉と欺かれないですねえ。

Resize2918 写真をもう少し続けます。Resize2922

Resize2851

因みにカメラはソニーα5100にF20mmの広角の単焦点レンズと、α6400にF50-210mmの望遠ズーム付きの2台を使いました。

どうもカメラ差が分かり難いです。 望遠側は、被写界深度が低いので焦点を合わせた対象以外はぼける傾向は出ているのですが…。

まっ、素人ながら、色々楽しんでます。レンズの焦点距離の基本とかズームレンズと単焦点レンズの特性・使い分けとか、未だ分かっていないです。

蓮以外、Photo_20190714135201 とかPhoto_20190714135202 色々目を楽しませてくれます。

 

 

桃を買いに

桃の季節になりました。

ドライブがてら紀の川市の桃農家さんまで行ってきました。

昨年の台風で被害を受けて、今年は桃の収穫が少ないと聞いていましたが、

桃の売店に桃があまり置いていなかったです。

もっとも、理由として

 行った時間が遅く(17時近く)もう店じまいに入っていた。(この日の分は売り切ってしまった)

 桃の品種により収穫期は異なるので、未だ出していない品種を作っている農家がある。

 出せる桃が作れていない

  などが考えられます。

これまでに買いに行ったことある農家さんの1軒を訪れ、「買い物で留守している」というのを帰るのを待って買った桃が

Photo_20190714102101 これです。

大きさが不揃い、少し表面に傷みがある、などの難点があるということで「家庭用グレード」です。

で、この1箱でいくらでしょう?

   答えは、500円です。 桃山町の「荒川の桃」として有名な桃がこの値段です。

でも農家さんは、「今年は極端に出来が少なくて、家庭用も馴染みのお客さんに限定数量だけ買って貰っている状況」とのこと。

1箱500円で安いから、「もう1箱」というのは堪忍して下さい。と言われました。

贈答用グレードの桃は、何とか品数を確保できているので、それは用意できる、と言われました。この日はブラっとドライブで、贈答での送り先の住所録を持ってなかったので、贈答用は改めて、来る前に電話してから買いにくることにしました。

葡萄を買う別の農家さん(和歌山市)に連絡入れると、「デラウェア」で、今月20日過ぎから販売する。とのこと「巨峰は」8月に入ってになるでしょう。

夏の果物を農家さんに買いに行く季節となりました。

桃は直接行く農家さんが3軒あり、それぞれ品種と時期を考えて買うことになりますね

 

2019年7月12日 (金)

夏が来た? カメラテスト

セミが鳴き、空は青く、雲はモクモク。Photo_20190712233701

そして水面では、Photo_20190712233601 水上スポーツ。 夏が来た! ような感じです。

夏を写しに、…。の積りでPhoto_20190712233901 カメラを用意して出掛けました。

どこへ?Photo_20190712234001 自転車と歩きの運動も兼ねて、和歌浦天満宮から高津子山へと行ってきました。

上の自撮り写真はスマホを使ってです。

山からは定番のPhoto_20190712234301 和歌浦・片男波・名草山方面と、

つい先日国の史跡に指定された、Photo_20190712234401 水軒堤防方面をパチリとやっておきます。

で「夏っぽい何か」を撮りたかったですが、なかなか難しくて…、目の前にヒラヒラ飛んできた、

Photo_20190712234701 チョウチョウをせっせと追いかけることになりました。

Photo_20190712234801 とかPhoto_20190712234901 こんな感じで。

他に、Photo_20190712235001Photo_20190712235002

それに、Photo_20190712235102Photo_20190712235101 これ。

までいっちゃうと、Photo_20190712235202Photo_20190712235201 これ。

いやあピント合わせが難しいです。飛んでるのにはムチャクチャにシャッターを押したのですが、一枚もまともには写っていなかったです。

フルオートモードでなく、スポーツモードとかシャッタースピードを上げて撮ることが要るんでしょうね。

カメラテストと思って出たのですが、カメラ変えたり、現場で交換レンズを取り換えたり、そんな面倒なことはなかなか出来ないですね。

殆どの写真をα6400に望遠ズームを付けた状態で撮りました。

 

 

 

2019年7月10日 (水)

カメラテスト 動物撮影

カメラに関する話題のその2

和歌山城動物園に動物撮影に行ってきました。

私のニューカメラ「α6400」の新機能(好評)である、「リアルタイム瞳AF」が動物写真でも効果を発揮する、と言う声を聞いていたからです。

写真ファイルのオリジナルサイズではメモリーを食いすぎるので、縮小化してアップするので、写真のきれいさとかは分からないでしょうけど、

取り敢えず本日撮影の動物を紹介します。

Resize2686 先ずはクジャク。きれいに見えると良いけど。

次はResize2671 ペンギンと、Resize2688 オウム。

オウムは前の金網にフォーカスされたりで焦点は合わせ難かったです。

Resize2676 鹿と、Resize2680 ヤギ。

Resize2691 フラミンゴとResize2693 ペリカン

今回アップの写真は撮影後のトリミングは一切行っていません。

コンデジと写り具合が違っているかどうか分かりません。

少なくとも、瞳AFが有効に機能しているようには思えないです。

カメラ扱いって難しい。

それに今回、初めて単焦点レンズを購入したのですが、「ズームより明るいし、いい写真が撮れる」という話を聞いていたのですが…

今のところ扱いが難しく、いい写真が撮れるには至っていません。

ズームレンズだと撮る範囲を自分は動かないで、ズーム比で変えられるんですが、単焦点レンズはファインダー(or液晶画面)に入る範囲を変えようとすると、自分が動いて写真範囲を選ばないといけないです。

いやあ難しいです。

 

 

 

 

カメラ遊び

  何故かカメラを色々持ってます。腕はサッパリな癖に…。😖

遊びとしては贅沢かもしれないですけど。

少し前には、Resize2670 こんなカメラを買ったばかりです。

それでソニーのミラーレス一眼が、Resize2668 2つになってしまいました。

元のα5100ダブルズームキットに新しくα6400ボディと28mm単焦点レンズが加わりました。

交換レンズを取り換えて見ると、 Resize2699_20190710174301 こんなイメージです。

この2台のカメラの差異と使い分けについて実はあまり詳しいイメージを持たないで買っちゃいました。

また今手元にあるカメラを紹介すると、Resize2698 こんなのもあります。ニコン5100です。

今は退役してしまっていますが…。 *10円玉はサイズの標準です

他にコンパクトデジカメでは、Resize2700 ルミックス新旧の2台があります。この2つは、大きさの違い(重さの違い)が使い分けの基本となっています。臙脂の小さめのヤツは本来カミさん用なんですが、2台とも私の管理下にあります。

さらに、写真を撮るのにスマホとiPadもよく使います。

写真の勉強をしないといけないですねえ。

特に、α5100のアップグレードの意味で買ったα6400をうまく使いこなさないと情けないです。

6400は超人気機種、超売れ筋製品と聞いているし、優れたカメラの筈ですが…。

今のところ、前から持ってる5100に比べて特に優れていると納得することが出来ていません。

写したものをパソコンで見る程度なら差は分からないとは思います。少なくとも2L以上の大きさでプリントしてみるとか…

で、今日はカメラテストもあって「動物写真」を撮りに和歌山城内の動物園に行ってました。

その写真を次のブログでアップします。

 

 

 

 

朝採れ野菜

蒸し暑い日が続きます。

今朝の食卓には、 野菜が 出されていました。Photo_20190710072001

これは、Photo_20190710072101 我が家の庭で出来たPhoto_20190710072102 ものです。

新鮮でした。 でも毎日収穫というほどには実っていません。

次はPhoto_20190710072301 ボチボチこの作物が収穫になると期待です。

 

2019年7月 5日 (金)

花の話題ですが

梅雨に入り雨が多くなりました。ただ、しとしとと降る雨でなく九州を中心の記録的な豪雨となったり、自然はままならないです。

我が家の庭も花の移り変わりが見られます。

今目を引くのは、Photo_20190705114301 グロリオーサがあります。

Cu なかなか華やかな花ですが、切り花では水持ちが良くないので庭で見るだけです。

アガパンサスPhoto_20190705114701 も今の季節の花ですね。

Photo_20190705114801 この花は以前名前を調べたのですが、忘れてしまいました。

グラジオラスと違うのかな?ってカミさんに言うと、グラジオラスとは違う!と明確に否定されてしまいました。

じゃ、何て花だ? ウーン、「グラジオラスに似た花」で検索すると、ヒットしましたよ。

「ワトソニア」という名でした。(和名はヒオウギスイセンです)。そんな名前の花があったと思い出しました。花期は5-6月ということで、今咲いているのは遅いですね。自分のブログをワトソニアで検索すると、昔の記事が見つかりました。嘗ては5月にこの花を書いていました。

 イチハツとかいうアヤメの種類と同時期に咲いていたのでした。

花期の説明通りに咲いていたのですね、しかも別の色(白)もあったのです。今は白は咲かないです。

 ”ワトソニア”今度はしっかり憶えよう。

庭には他に、Photo_20190705115801 アストロメリアが開花期間が長く、未だ咲き残っているのがあります。

そして、Photo_20190705115901 フウセントウワタもあちこちで繁殖が拡がっています。鑑賞用ではないですが、Photo_20190705120001 キューリや、Photo_20190705120101 トマトも花を咲かせています

それに、Photo_20190705120102 毎年、長期間咲くのですが、名前を知らない花があります。

梅雨入りで確かに雨が多くなり、湿度が高いので嫌になってしまいます。

 

 

 

2019年7月 2日 (火)

社会を明るくする運動

7月1日は「社会を明るくする運動 強調月間」での行事が行われます。 

毎年実施されており、今年は第69回となっています。 社会を明るくする運動は長い言葉なので、関係者では”社明(シャメイ)”と略されています。

何をするのか?  JR和歌山駅前で、Photo_20190702145001 総理大臣メッセージの伝達式がメインの式典が駅地下広場で行われます。 大臣から知事へのメッセージ、また知事から和歌山市長へのメッセージが、社会を明るくする大使である”桂枝曽丸師匠”から伝達されます。色んな人の挨拶があり、Photo_20190702145901 枝曽丸さんの大使としてのスピーチがあります。
式典が終わると…、街頭啓発活動として駅前でのパンフレット・グッズの配布に向かいます。

Photo_20190702150101 駅に出入りする人をターゲット(?)にグッズを渡すのです。和歌山駅頭で100人をはるかに超える運動参加者が各自手に配布用グッズを持って待ち構えています。通行人より物を渡す人の方が圧倒的に人数が多いです。

生憎の雨のお天気で、駅前といえど屋根のある範囲を越えてオープン空間での活動は困難でした。

この写真のように、Photo_20190702150401 配布物を受け取って貰うとホッとします。

受け取ることをかたくなに拒否される人もかなり居ます。中には何層にも重なる関所の如くグッズを渡す人のアプローチにより後の方でグッズを受け取る人も居ますが。 グッズを差し出されたのを”迷惑そうな”顔付されるとがっかりですし、こちらも”ムスっ”としてしまいます。

Photo_20190702150801 刑務所や和歌山県、薬物乱用防止などのマスコットキャラも応援に駆けつけています。

この日は蒸し暑かったので着ぐるみの中は大変だったでしょうね。

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »