2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月17日 (金)

家庭菜園

カミさんが世話している家庭菜園ですが、豆(エンドウ豆、スナップエンドウ)は収穫を終え、Photo_236

茎は全て引っこ抜きました。豆の茎は次の作物の肥料となります。

そして、これが最後の収穫物Photo_237 です。エンドウ豆のように見えますが、実はPhoto_238 採り遅れたスナップエンドウなんです。ここまでくると、莢付きで食べるのを諦めて豆を剥いて食べることになります。豆も冷凍保存により1年で食べきれないくらい採れています。

次は、Photo_239 こんな感じで植えています。(カミさんが)

私は、Photo_240 畑用の土地を掘り返すことを担当しました。

ここに豆の茎、施肥を行い土を被せ、上の苗を植える写真に繋がるのです。

今回の作物は、Photo_241 ミニトマトとY 桃太郎トマトとトマトが2種。

それと、Photo_242 キュウリもPhoto_243 2種類です。

他に種で植えているのがオクラとかあるらしいです。

順調に育ってくれて収穫が楽しみです。  (私、食べる人、ですけど)

2019年5月14日 (火)

賽銭箱の再設置

朝のお散歩で通る道の途中に、Img_20190513_071513 庚申さんがあります。

無人のお社ですが、近所の方が 掃除や花のお供えをしてきれいに管理されています。ここの賽銭箱がこの暫くは、取り払われていました。

先日のお散歩で、Img_20190513_071156 新しい賽銭箱が設置されていました。

この庚申さん、以前(1年くらい前まで)は、Img_20181005_063133 こんな状態でお社の格子戸の中に賽銭箱が置いてありました。訪れる人も多いとは思われず、お賽銭が沢山貯まっていることはない筈です。

でも、賽銭泥棒に逢ったんでしょうね、去年の秋ごろに、Photo_234 格子戸と中の賽銭箱に「鍵」が付けられました。

ところがそれでも不十分だったのでしょうか、その後Photo_235 全面的な補修が行われ、

社の中の賽銭箱が撤収された状態が続いていました。

今回、新しい賽銭箱が作られ、社のなかに置かれています。

私どもも散歩の途中に寄って僅かな小銭を収めるだけですが、「在るべきものが在る」状態が安心できますね。

それにしても、こんなところのお賽銭まで盗もうとするのは一体どんな輩なんでしょうね。僅かなお金が欲しい、生活困窮者なのか、イタズラの意味なのか。酷い人間です。

でも先日の保護司研修で、事例として「刑務所を出所して就職先が見つからない中、お金欲しさに無人の神社の賽銭泥棒を試みた。(結果的には未遂となったようですが)

金額の多寡ではなく、捕まる危険が少なくと現金が得られそう、ということでお賽銭というのは狙い易いのかもしれませんね。

 突然話の調子が変わりますが、(私自身も想定外)、犯罪を犯した過去を持つ人が仕事をしたいと希望しても職が得られないために、賽銭泥棒他窃盗等に橋ってしまう、ということを避けられるような社会が大事ですね。

 

2019年5月12日 (日)

暑い日々 町内側溝清掃

暑い日が続いています。 この先が思いやられます。暑い、熱い夏になりそうで…。

さて、タイトルの内容に入る前にブログを少しサボっていたので、この間のことを

テニスでは、マドリードオープン大坂・錦織ともに初戦突破で好成績が期待されていました。

で、2_5 パソコン(DAZN)で大坂の試合を、TV(NHK-BS)で錦織の試合を実況で見ていたりしました。

そして、待ちかねたPhoto_232 大リーグでの大谷の復帰。(8日)

未だ苦労していますが、少しずつ打てるようになっていると思えます。Photo_233 これは初ヒットの写真です。今日(12日)もヒット2本出ました。(未だ打率は2割に少し足りないですが)これから、これから。

ええ、タイトルの話題に入ります。

今日は、側溝清掃なんです。和歌山市市役所からのお知らせでは

『和歌山市では、まちの環境美化の促進及び美観の保護を図るため、旧市街地25地区において、各連合自治会が中心となり、毎年5月に町内側溝清掃を実施しています。 平成31年度 実施日程  5月12日(日曜日) 湊、松江、…』となっており、私の地区は本日です。

実は今日は、万葉植物野外講座が明日香村であるし、和歌山の”和歌祭り”もある日なんです。

Resize2425 こんな風に側溝のヘドロを浚えます。

町内会でやる、と言ってもResize2427 若い人は少ないし、男手も少ないのが実情です。

私は貴重な男性参加者です。Resize2428 こちらの側溝はほぼドライでドブにはなっていません。

でも土が溜まっていて、やはりこれを除くことが必要です。

我が家は角々に位置しており、側溝に面する長さが長いので大変です。溝蓋の上げ下ろしも力要ります。ご近所の方の応援を頂き何とか今年の作業を終えました。 未だこの辺りは、地域の共同・共生が生きています。

かなり疲れました。 腰が大丈夫かなあ…。

 

 

 

 

2019年5月 8日 (水)

女子テニスをDZNで見る

  WTAマドリードオープン、大坂の試合を見たさにDAZNの登録しました。

DAZN独占のため、他の方法では見られません。NHKもWOWOWもGAORAもダメですし…。

で、Dazn DAZN視聴開始。 大坂を画面で見るのは久し振りです。

この日の大坂、以前のように”一人相撲”的に試合を行っています。

ポイントの動きは、大坂がウィナーを決めて取る、大坂のアンフォーストエラーで失う、というものです。

ウィナーを決めてサービスブレークしてリードするも、すぐにミスでブレークバックされるという展開で、

Photo_223 アーあ、またミスった。というシーンが多いです。

第1セット途中ですが、大坂のウィナーが12に対して相手(ソリベス・トルモ)のウィナーは3と大差です。

ただ、ウィナー以上のエラーを出しポイントを失っていきます。

で、Photo_224 第1セットはタイブレークに突入。

ここで5-1と圧倒的優位になったのですが、5-4まで追いつかれ、結果的には7-5でセットを取ります。

コーチが、Photo_225 助言します。サーシャじゃないけど多分「ナオミは強い、自信もって」とか言ってるんじゃないかと思われます。 英語がチラとは聞こえましたが分からなかったです。

第2セットも攻めて/ミスって、…ストレスが溜まって、落としてしまいます。

ファイナルセットでやっと大坂の本領発揮。Photo_226 強打がさく裂。Photo_227 カメラの列。

ミスが減少。こうなれば相手にチャンスはなくなります。

スコアは、Photo_228 大きく開いて、マッチポイントが来ます。

Photo_229 このサーブがエースとなり試合終了です。

7-6,3-6,6-0での勝利です。途中崩れてしまわなかったので良かった。

Photo_230 この総合スコアで解るようにウィナーもエラーも大坂が圧倒的に多いですよね。

試合後は、Photo_231 スマホでの自撮りです。

でも、ファンのスマホで撮ってたようです。ファンも写っているのかも。

 

 

2019年5月 6日 (月)

お茶・コーヒーの購入

タイトルと関係ないですが、庭のお花紹介。Photo_219 グラジオラスです。

本題です。お茶やコーヒーは結構沢山置いてある(購入が主体、貰ったものもある)ので購入する機会は多くないです。

  あっ、ペットボトル飲料ではありませんよ。リーフティかコーヒー豆の話です。

コーヒーは、Photo_216 今回なぜかスターバックスで豆を買いました。

自宅から歩いて行ける総合スーパー(ガーデンパーク)内にあるスタバです。

実は私はこの店に入ったのは初めてです。ここでコーヒーを飲んだことはないのですが、豆を売っていたので買ってみました。

 今未だ、コーヒー豆を購入する店を探索中なんです。

紅茶は、Photo_217 イオンモール和歌山店内の「ルピシア」に買いに行きました。

以前は吉祥寺にあるお店と、埼玉県の店とでネット通販で買っていましたが、最近はこのリアル店舗で買うことが多いです。

ルピシアからの顧客向け便りで、”ダージリン・ファーストフラッシュ”が5月始めに入荷する、とのお知らせがあったので行きました。

農園限定のファーストフラッシュは1種類だけ入っていました。他は未だ5月中旬の入荷になるようです。

まっ、プレミアムブレンドとサングマ農園の2つを買ったので、先ずは十分です。

 他に台湾ウーロン茶の新茶(春摘)も買いました。

日本茶も右治の新茶と、Photo_218 少量パックで10品種のセットをゲットしています。

これは長男夫婦が帰省のとき、宇治に寄って買って来たものです。

紅茶、コーヒー、日本茶と中国茶(台湾茶)をそれぞれ場面に応じて味わうのは、気分がゆったりできます。

庭の花、Photo_220 「イチハツ」という名のようです。

あと、Photo_221 これや、Photo_222 これも咲いていました。

 

 

2019年5月 4日 (土)

金剛山ハイキング 花色々

連休後半となった5月3日、先の金剛山ハイキングからほぼ半月、「お花の様子が変わっているから行ってみませんか?ニリンソウが咲き誇っていますよ」とお誘いを受け、喜んで出掛けました。

今回は、Photo_202 このお得な切符を購入しました。

前回のように平日と違って今回はハイキングシーズンで連休の中の休日ということで、登山口行のバスもPhoto_203 満員、積み残しあり。で、臨時バスがドンドン出ます。

1バス待って次に乗りました。

今回ブログは花の紹介が基本です。 では行きます。

ニリンソウの前に見つけたのは、1_2 イチリンソウでした。

ニリンソウは2_4 本当に最盛期ですね。中には3輪となっているのも見られました。

3 ニリンソウのお花畑状態の場所は本当に沢山のニリンソウと沢山の人が出ていました。

この辺、管理者からは通行不可とされているところですが、注意して通行すれば問題なく、こんな花がきれいなところに「行っちゃいけない」なんていうのが無理ですね。 ニリンソウの群生は大満足でした。

他の花に行きます。植物に詳しいリーダーに花の名前を聞きながら写真撮ってきたのですが、なかなか憶えられず間違ってるかもしれないのですが…。

それでも今回は写真を撮って、花の名前をボイスレコーダーでメモ録音して…、家で再現してで大分正確さを増している筈。

Photo_204 ミツバツツジ、一応この花は前から知っていました。

クリンソウはPhoto_205 残念ながら未だ蕾でした。上に登ったところに群生している場所があるのですが、そこはこの蕾状態にもなっていなかったです。因みにクリンソウは、Photo_206 こんな花らしいです。

そして、6 これはチゴユリ。下から撮るときれいに撮れるのでしょうね。

Photo_207 ジロボウエンゴサク。Photo_208 ハイキシキミ。

10 キランソウ。それから、11 一人静。

12 ユキザサは可憐ですね。注意していないと見逃してしまいます。

13 これはツクバネウツギ。ウツギですから幹が中空になっているのでしょうね。

花は咲いてないですが、こんなところに14 ワサビがありました。谷川の水がきれいですから。

山頂の8 金剛桜が少し咲き始めていました。

15 ツルカノコソウ。

山について少し言えば、Photo_209 かなりな急坂がありますし、さらに厳しい下りの急坂もあります。

また、Photo_210 こんなとか、Photo_211 こんなとか、道が崩れている箇所もあり、管理者が通行禁止とするのも分かります。誰でもが行ってるとちょっと危ないですよね。

この日の金剛山頂はPhoto_212 何かお祭りがあり賑やかでした。

山登り、自然を楽しむ、とはちょっと違いますね。

撮って帰った写真で名前が分からない花は、Photo_213 これとか、

Photo_214 これとかあります。実は他にもありますが、ここまでで…。

恒例の反省会は、Photo_215 すっかりいい気分になったのですが、お店から出ると未だ明るい時間でした。

いいハイキングでした。

 

 

2019年5月 2日 (木)

丼まつり(和歌浦漁港)

改元のカウントダウンも過ぎて、令和の時代が始まりました。

取り敢えずおめでたいことと思います。

ゴールデンウィークといっても、”毎日が日曜日”の私にはピンとこない10連休の真ん中くらいになってますね。

5月1日は和歌浦/玉津島で万葉の行事があり、参加する積りでしたが…。

雨が降ってバイクでの移動が困難ということなどで、長男夫婦のアテンドの両立が難しくなり、万葉行事をサボりました。

さて、食べ物の話題が多いですが、Photo_195 令和が始まった昨日、左のポスターのイベントで丼を食べに出掛けました。

 長男夫婦は、「和歌山ラーメンが食べたい」というので、Photo_196 このお店で車から降ろし、私とカミさんは和歌浦漁港に向かいました。

Photo_197 メニュー表を見るとこんな感じで、いつもよりは丼の種類が多いです。

普通に定番で食べているのは、Photo_198  「しらす丼」なのですが、今回は

Photo_199 これにしました。Photo_200 旬天丼です。

さらに、Photo_201 しらすの天ぷらも単品で注文してアツアツを食べました。

連休でかなりウェイトが増えそう。 (ヤバっ)

この後、和歌山ラーメンを食べてた長男夫婦をまたピックアップして、「埼玉県人で海をあまり見たことない」お嫁さんに海を見せようと雑賀崎までドライブしました。雨で見通しが良くなかったのでちょっと残念でした。

 

 

高野山にドライブ

  平成最後の日となった4月30日。

新婚さんの長男夫婦が帰ってきて「どこか 和歌山観光を」というので、”白浜か高野山”を考えた結果、自宅からの距離、混み具合等勘案して高野山に行くことに決定。

 *高野山に公共交通機関で行くのはかなり時間が掛かります。車が圧倒的に便利かと思われます。

自宅から、阪和道・京奈和道路を走り、かつらぎ西インターで下りて、380号線で高野山へ。道路が便利になりました格別な渋滞区間もなく、2時間掛からず着きました。

でも、駐車場が結構満杯で探さなければならなかったです。

結果的には、 Photo_185 高野山町役場の駐車場が無料開放されていて、そこを利用させてもらいました。役場ではさらにトイレも借りました。  街を訪問する人に対し優しいですね。

ところで、これまで高野山には”歩いて”登ってくることが大半で、高野山の街中は大門から奥の院へ、或いは逆に奥の院から大門へと仏教施設を見学して回ってました。

長男夫婦とうちのカミさんの4人連れで、あまり歩き回らせる訳にもいかないなか、適当にブラブラして写真は少ないです。

山内寺院のPhoto_186 枝垂れ桜を撮ったり、

Photo_187 取り敢えず金剛峯寺山門で1一枚撮ったりしてました。

写真数が多いのは、Photo_188 食べ物です。左の「あんぷ」は高野山にくる度買って帰るものです。

そして、濱田屋のPhoto_189 胡麻豆腐も、ここに来ないと買えないものなので…買うのが楽しみです。

他にも、Photo_190 お菓子を眺めて、適当に選びます。焼き餅を買います。食べながら歩きます。

お昼ご飯は近くで開いている店を探してヒョイと入った店が、Photo_191 連休中は限定メニューで選択幅がなく、「がっかりかな」、と思いながら「精進料理」を注文しました。

1_1  出された料理は、これでした。

結構豪華、味も良し。満足でした。他に店がなく何となく入った店でしたが、Photo_192 雑誌で紹介されているようなお店でした。お店選び、正解でした。

食べ物紹介だけでなく…、奥の院の墓地群も案内しました。大名、企業、著名人、あらゆるお墓があります。

Photo_193 古くて大きな墓ですよね。

中に、Photo_194  木綿家の墓があるのです。といっても、我が木綿家ではなく、親戚筋ですが。

客人の旅の疲れも感じられたので、早めに散策を切り上げ帰途につきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »