2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 家の花、ハナ、鼻 | トップページ | 糸我峠越え お花色々(桜以外) »

2019年4月 1日 (月)

糸我峠越え花見 1(桜)

今日は新元号の発表ですね。全く予想がつかないですし、予想しようとも思わないですが、どんな元号になるのでしょう。

TVは全局で特集番組ですね。

それはさておき、昨日糸我峠越えお花見ウォークの本番の日でした。

Photo_51   山桜や

Photo_52 ソメイヨシノを見てきました

お天気もよく、気持ち良いウォークができました。

集合地紀伊宮原駅に所定の時刻に集まったのは6名でした。

気軽でゆっくりと歩けるメンバーですね。

駅前のミカン無人販売で私は、1  デコポンを購入。同行の馬場さんは清見オレンジを選びました。お昼時に皆で食べようということです。

桜の開花状況ですが、先ずは、Photo_53 峠への登り口付近の民家の庭に咲いていた山桜です。

なかなか見事に咲いています。

Photo_54 糸我峠て前の雲雀山頂上での集合写真です。これが当日の全メンバーです。

雲雀山の頂上下には、中将姫の庵跡とか名号石があり、そこに行くのにショートカットの道を馬場さんが下見で見つけてくれていました。

ところがこの道はメインの雲雀山登山道からも、熊野古道糸我峠道からも外れている道だったので、通りすがりに出会った地元の農家さんが、「あんたらどこへ行くの?熊野古道のルートだったら道を間違えているよ」と声を掛けてくれました。

しかも最初に声を掛けられて少し後でまた別の方にも同じように声を掛けられました。 通常ルートでないため親切に心配してくれたのですね。地元の方の暖かさを感じました。

この先に冒頭の山桜が一杯見える地点を過ぎて糸我峠(峠の茶屋跡)に至ります。

峠の山桜は残念ながら終わっていました。ここでは、下見の水曜日にPhoto_56 この程度桜が、

日曜日の同じ木でPhoto_57 この程度に 咲いていました。

峠を越えてからはソメイヨシノが多くなってきます。

栖原の海が見えるようになり、Photo_58 明恵上人修行の地で岩に登って周りを見ます。

施無畏寺まで降りると、Photo_52 ソメイヨシノがきれいです。この写真の右方は山桜が散って葉桜になっています。

施無畏寺への裏道(山道)では昨年秋の台風の影響なんでしょうけど桜の木が何本か倒れていました。

倒木が道を塞いでいて、Photo_59 下をくぐり抜けることが必要でした。

台風の影響は未だあちらこちらに残っていますね。

 *桜以外でも花・植物で興味あるものがありました。それは別ブログで紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

« 家の花、ハナ、鼻 | トップページ | 糸我峠越え お花色々(桜以外) »