2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« チェンソー | トップページ | やってきましたジャム作りの季節が »

2019年4月19日 (金)

金剛山 春の花を見る登山

 昨18日(木)、好天のもと金剛山ハイキングでした。

「カタクリの花が咲いている季節だし、ニリンソウもあるし、春の金剛山ハイキングに行こう」

と元会社の先輩からお誘いを受けて都合のつく仲間で出掛けました。

 *カタクリ:古名は「かたかご(堅香子)」、万葉集に1首だけ詠われています。

2_3  昨日写したカタカゴ(カタクリ)の花です

 

早起きして、朝7時前の電車に乗ってPhoto_106 南海電車河内長野駅に集合しました。

ここからバスで「金剛山登山口」まで行きます。平日だというのにバスは座れない人が出るほどの混雑でした。

登山口では、 Photo_108 未だ桜が満開でした。少し標高があるので遅いのでしょうね。

金剛山は登山ルートが沢山あるのですが、台風とかの影響で崩れたりして危険な場所が結構あるようです。

で、ルート案内と植物(花)の説明は誘って頂いた「×本さん」にお任せです。

結構厳しいコースでしたが、沢山の花を見ることができました。

花を見つける都度に名前を教えて貰うのですが、憶えきれなくて…

  *写真と花の名前、間違っているかもしれません。😖

登りだして直ぐに、Photo_109 ミヤマカタバミが見られます。

ケマンという花もありました。でもケマンで色違いとかエンゴサクとかどうも見分けが難しいです。

Photo_110 とかPhoto_111 黄色のタイプも

ところで道は、Photo_112 ここは車止めですから登山者は通行OKですが。

荒れているところも多く、Photo_113 

Photo_114  道も行き止まりです。 ここでは崩落部分を巻いて通ります。

詳しく知っているリーダーが居なかったら引き返しですね。こんなところを登り切ると、そこはPhoto_115 実は通行禁止の道だったり…(汗;) ただ、管理者が責任上「通らないで」と表示してもかなりの人は通っていましたね。

山に慣れた人には、「注意して行けば大して危険はないのに簡単に通行禁止とか言わないで」との気持ちもあるでしょうね。

花を紹介していきましょう。

カタクリは   堪能するくらい見ることができました。Photo_118

なおカタクリ(堅香子)の万葉歌は;

もののふの 八十娘子らが 汲みまがふ 寺井の上の かたかごの花 (大伴家持 巻十九・4143番)

 

それとこの時期の金剛山を代表する花として、Photo_120 ニリンソウがありますね。

少し咲いているところを先ず見つけましたが、その内Photo_121 沢山咲いているところもありました。

ほかに、Photo_98 ヤマルリソウだったと思うのですが。

Photo_97  教えて貰ったけど忘れてしまいました。

Photo_101 これも、Photo_102 バイケイソウは未だ花が咲く季節ではありません。

Photo_103 フクジュソウ。Photo_99 やま シャクヤクは蕾となっていました。

ちょっと書ききれないですね。

頂上でのお昼時となりますが、Photo_107

お弁当はPhoto_116 この日はコンビニでなく、家から持参です。前日にたけのこご飯だったので、それをお握りとしてもらいました。酒アルミカップもありますネ。

ここでは小鳥が馴れていて近くまでやってきます。Photo_119   こんな感じで。

結構疲れましたが、楽しいハイキングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« チェンソー | トップページ | やってきましたジャム作りの季節が »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チェンソー | トップページ | やってきましたジャム作りの季節が »