2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 正月明けに食べたい料理 | トップページ | 高級食パン「乃が美」 »

2019年1月14日 (月)

初歩きは大和三山へ

昨日は会社OB会の初歩きで大和三山巡りに行ってきました。

良いお天気で気持ちよく歩けました。

Photo 集合は近鉄樫原神宮前駅です。

集まったメンバーは10人久し振りに二桁の参加者となりました。

駅前に万葉歌碑がある筈ですが、見落としてしまいました。

歌碑とは別に、こんな変わったものPhoto_2 がありました。「幸せを届ける黄色いポスト」らしいです。へーえ。

初歩きということで、先ずはPhoto_3神社への参詣を済ませました。

そして三山の内、Photo_4 畝傍山から登り始めます。 ”登る”というほどの高さがある訳ではないですが、大和三山の最高峰で標高199mです。 低い山ですが、ここに登るので結構汗をかいてしまいました。

Photo_5 畝傍山頂のマークです。

そして畝傍山から見る、Photo_6 耳成山です。

こう見ると、平地の中にぽっこりとした山ですね。

畝傍の次は香久山に向かいます。

田園地帯をゆったりと歩いて行くと、民家の庭にロウバイが咲き・ほのかな香りが漂っていました。7年前にもここを通ったのでした。

やがて、Photo_7 香久山が眼前に現れます。

その途中、Photo_8 分かり難いですが万葉歌碑があります。などれば何とか読めますが、歌碑隣の説明板を見ると、Photo_9  大伴旅人の忘れ草の歌(巻3-334)ですね。

 忘れ草 吾が紐に付く 香具山の 故りにし里を 忘れむがため

そして香具山にも上ります。Photo_10 山頂のマークを写してきます。

ここで少し遅くなった昼食です。  私はアルミワンカップに入れた大吟醸酒をしっかり飲みます。 燗にしてマホービンに入れて持参することも考えたのですが、そこまでは…。

前回の大和三山巡りの時(7年前)は、お燗機能付きのワンカップを持参していたのですが、これは販売を止めてしまっているので冷で飲みます。

香具山での万葉歌碑はPhoto_16 これ

ひさかたの 天の香具山 この夕 霞たなびく 春立つらしも (柿本人麻呂 巻10-1812)

と、次        

Photo_11 舒明天皇の国見の歌万葉歌碑は香久山の麓にあります。

香具山の次は今回の三山の最後となる、耳成山に向かいます。

途中の藤原宮跡では、Photo_12 建物跡(柱跡)を示す構造物があります。写真は朝堂院東門の部分です。

耳成山のふもとの耳成公園にもPhoto_13万葉歌碑があります。

  耳成の 池し恨めし 吾妹子が 来つつ潜かば 水は涸れなむ  (巻16-3788)

耳成山の山頂マークPhoto_14を写しておきます。

三山のどの山からでも、Photo_15 二上山はきれいに見えます。 これは耳成山から見たものです。

耳成を済ませて、あとはPhoto_17 今回ウォークのゴール大和八木駅に到着です。

距離的にはかなり歩きました。






























« 正月明けに食べたい料理 | トップページ | 高級食パン「乃が美」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初歩きは大和三山へ:

« 正月明けに食べたい料理 | トップページ | 高級食パン「乃が美」 »