2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年振返り(前半) | トップページ | 部分日食 »

2019年1月 4日 (金)

長閑

 遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、正月三が日も過ぎました。孫たちが帰省するという小台風はありましたが、お天気も穏やかで、なんとなくボーっと過ぎていきました。 これからゆるゆると”通常の”生活に戻っていきます。

今日は紀の川河口部をお散歩しました。ブログタイトルの『長閑』を感じました。

Resize2103 右手は紀ノ川の堤防です。写真の場所は、私の住む和歌山市湊地区ですが、紀ノ川と土入川に挟まれた”中州”と呼ばれてきた地域です。 ここからして、のどかな雰囲気が漂っています。

この堤防を越えると、Resize2114 紀の川河口部の河川敷となっています。良いお天気、風もなく春かと思わせるくらいの陽気でした。

河川敷では、サイクリングする人、散歩する人、犬の散歩する人に加え、

Resize2116 ドッグランで犬を遊ばせる人、釣りをする人など三が日を過ぎても未だ正月休みの人たちがくつろいでいました。

紀の川の河口から僅かのところに、土入川が紀ノ川に合流します。ここには、

Resize2110 「河川管理境界」という標識があります。紀ノ川と土入川の境界、ここで管理者が国と県とに分かれます。堤防の石垣の作りも差が出ます。国管理の方が立派です。

いつもはこの辺で散歩コースは引き返しになるのですが、今日は少しだけ川上の方に歩いてみました。

Resize2106 水辺のブロックでスズメが遊んでいたり、さらにResize2120 ツグミも日光浴を楽しんでいました。

橋の工事の現場も河川敷から眺めると、Resize2118
 こんな風です。左側が新しい橋で、橋脚が出来つつありますね。今の橋と比べて桁違いに頑丈そうですねえ。

こうやって気持ちよく歩いていたのですが、Resize2123 がっかりなものも見てしまいました。写真は誰かがたき火して火を始末せずに放置していたのを、河川パトロールの方がResize2124 バケツで水をかけて消火しているところです。 川岸でたき火するということ自体不届きなことなのに、火の始末をしないで放置して帰るなんてあまりに非常識な。

 こんな作業をさせられて管理者も大変です。立腹してました。







« 2018年振返り(前半) | トップページ | 部分日食 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長閑:

« 2018年振返り(前半) | トップページ | 部分日食 »