2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 果物が一杯 | トップページ | 市場まつり »

2018年12月 2日 (日)

高野山町石道を歩く

師走に入りましたね。昨日(12月1日)、良いお天気のなか高野山町石道を歩きました。

Photo


「町石道を歩いた」と言っても今回はフルに歩き通した訳ではなく、上の方六十町石から先の1/3を歩いただけですけど…。

次の日曜日の歩こう会のコースの下見という意味合いのウォークでした。

71 出発はJR和歌山駅。7:41発の和歌山線の王寺行に乗ります。 電車の発車待ちのときに、Photo_2 和歌山電鉄のラッピング電車が入ってきました。 この10月から走り始めた「チャギントン」列車です。

JR橋本駅で、Photo_3 近鉄高野線の電車に乗り換えです。ところで橋本駅前には、Photo_4 万葉歌碑があるので撮っておきました。

電車を紀伊細川駅で降りて、近畿自然歩道を不動谷川に沿って歩きます。

Photo_5 (紀伊細川駅から下の集落を眺めます)

Photo_6 不動谷川・出会い橋を渡り、ほぼ川沿いに登ります(近畿自然歩道といっても、殆どは舗装道路です)

途中案内板は無く、道の分岐は少しありますが、常識的に「こちらだろう」という道を選べば間違っていませんでした。

谷川というか、Photo_7 側溝なのか小さな流れに、小さな紅葉が生えていました、小さくても木であり葉っぱも可愛かったです。

Photo_8 ススキの原の先に紅葉の山筋が見えたり、ところどころ目を楽しませてくれる景色があります。

駅を出て一時間弱で、Photo_9 「矢立」に着きます。

ここで名物の焼き餅を食べ、お茶を一杯頂いて、さあ町石道に入ります。Photo_10 矢立は60町石の場所にあり、これは59町石です。慈尊院が180町石ですから、本日は上1/3だけを歩くことになります。

結構キツイ登りが多いです。途中、袈裟懸け石とか、鏡石とか名前を付けられた岩石があります。

Photo_11 杉林の中をフィトンチッドを浴びながら気持ちよく歩きます。 でも、Photo_12 こんな杉の大木が倒れている箇所もあります。

町石の数が一つずつ減っていくのを励みに、「あといくつ」と勘定しながら進みます。

大門手前は良く知られているキツい登坂です。 この日私の体調が万全でなかった所為もあり、残りの100mくらいを歩くのに何度も立ち止まり、休み休みでないと動かなくなってしまいました。

そして、Ipa 大門到着!

紀伊細川駅から3時間半弱の時間が掛かりました。

この日は奥の院までは行かず、取敢えず金剛峯寺までが歩いてあとはお土産(自分への)にお菓子を買いました。(笹まきあんふ)は店を見つけられなくて買い損ねてしまいました)

帰りは通常ならケーブルカーに乗るのですが、今ストップしているので、代替輸送はPhoto_14 橋本駅行の直行バスが出ています。

曲がりくねった山道を下っていくので、少しバス酔いしちゃいました。

帰宅して第一に風呂に入り、風呂上がりのビール一杯を済ませておもむろに夕食に向かいました。(カミさんが外出のため近くのサイゼリアへ)

で、Photo_15 一人宴会で本日を締めました。

 *サイゼリアはワインが安いですねえ。














 



















« 果物が一杯 | トップページ | 市場まつり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/67441176

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山町石道を歩く:

« 果物が一杯 | トップページ | 市場まつり »