2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 公園、大坂ナオミ、カメラ修理 | トップページ | 私はイベント屋さんか? »

2018年10月14日 (日)

紀伊万葉ウォーク

ブログ記事ちょっとお休みになっていました。

再開します。(どれくらいの頻度で記事アップできるか分かりませんが…)

昨10月13日(土)は「絶景の宝庫 和歌の浦を歩く」と題して紀伊万葉ウォークを行いました。 

Photo チラシを作り知人に配ったり公的機関(図書館等)に配架をお願いしたり、地方紙にイベント紹介の記事掲載をお願いしたり、広報活動も頑張ったのですが、東京、新潟、奈良、福岡(福岡の方は残念ながら急な都合で不参加となりました)などからの参加申し込みもあり盛況なウォークとなりました。

集合地の雑賀崎遊園バス停には、JR和歌山駅から1時間に1本のバスで集まられる方が多いだろうと予想されました。で、駅前でPhoto_2 私ともう一人のメンバーがこの紀伊万葉のフラッグと手製の案内表示を持ってバスまでの案内を行いました。

 (結果的にはこのバスを使わないで直接集合地まで来られた方の方が多かったですが)

参加者は約40名です。私は今回のコース、日頃よりお気に入りで良く訪れていところですし、10月3日にも会社OBのグループを案内し、下見などを含めると9月末から6回くらい訪れてるところです。

ウォークはお天気に恵まれ、快適に楽しく行うことが出来ました。

ウォーク開始後最初の立ち寄りは「東組」という会社の駐車場です、ここでやや下の方を振り返ってみますと「水軒堤防」が良く見えるスポットなのです。何度もこの辺りを通って見つけていました。 事前にこの会社に連絡を入れて、「景観の説明に駐車場に入らせてもらう」ことの了解は得てあります。

  (ここでは私自身が説明を行いましたので写真はありません)

次の訪問は、トンガの鼻(台場跡)で、江戸時代の海防地です。

ここでは、Resize1369 この台場跡発見の歴史から、台場の構造などについて、この地の保全と研究の活動を行っている「トンガの鼻自然クラブ」の方から説明を受けます。

和歌山市内に在住で、雑賀崎にも何度か来たことある、と言っていた方でも、「こんなところがあることは知らなかった、興味あるところですね」と喜んで貰えました。

Resize1366 雑賀の海を少し違った角度から見ることになります。

次は灯台に行きます。少し雨が降った後での晴天で、空気がきれいで見通しも良かったです。右方向では加太・友が島方面から淡路島その先の神戸方面の薄い島影。正面と少し左には淡路島とその端の「沼島」、とその奥の四国が薄くですがはっきりと見られました。

さらに左の対岸は海南・大崎方面です。熊野古道でも知られ、万葉でもなじみのある、藤白坂の辺りも説明されます。

Resize1375 灯台からの景色全般については、語り部さんで万葉グループの仲間から説明されます。

この気持ちの良い場所で昼食タイムとなります。

食後は雑賀崎の集落を急傾斜の道を雑賀崎漁港まで降ります。

途中のResize1379衣美須(エビス)神社で地元の方から説明を受けます。

この後は海岸沿いの道(一般道)を歩き、Resize1381今通ってきた雑賀崎の集落が異国っぽく見える(紀州のアマルフィと自称してPRしていますが…)スポットで写真タイムです。

ここから、本来なら海沿いに「海岸遊歩道」があるのですが、1本は春頃に道の上の崖の崩落で通行止め、そこに続くもう1本の道は台風21号時の高潮で海側の手すりや道の舗石が損傷を受けて通行止め。残念ながら快適に海沿いを歩くことは出来ませんでした。

海岸道から一般のバス道に出たところで、山登りコース(高津子山に登る)と山登りをしないコースとに分かれます。

 ここまでのウォークでお疲れの方、山登りは体力的にちょっと、と言う方は平坦地コースとなります。  私は平坦地コースの方をご案内することとなりました。

その後、和歌浦天満宮Resize1384次いで玉津島神社に詣でて行程を終えました。

 高津子山コースの一行は少し時間が遅れるので解散はそれぞれの一行ごとの解散となりました。

 高津子山コースの一行も少し時間がずれた程度で全員無事に行程を終えることができました。

良かったです。 ホッとしました。

昨夜はいつもよりビールが美味しく、量も少し多く飲みました。













« 公園、大坂ナオミ、カメラ修理 | トップページ | 私はイベント屋さんか? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/67272746

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊万葉ウォーク:

« 公園、大坂ナオミ、カメラ修理 | トップページ | 私はイベント屋さんか? »