2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 錦織惜敗 一方大谷は爆発! | トップページ | 伊吹山の花 »

2018年8月 6日 (月)

伊吹山に行ってました

8月5日(日)、会社OB仲間で伊吹山散策に行ってきました。

今回移動に使ったのは、Photo 青春18きっぷです!

私としては初めての利用です。古希過ぎて”青春”できるとは良いですね。wink

切符を細かく見れば分かるかもしれませんが、赤いハンコは8月5日で和歌山駅が1つ、熊取駅が3つあります。(説明は省きますが、そういう乗り方をしました)

JRではPhoto_2 関ケ原駅まで行きます。(この駅で降りたのは初めてです) ここから伊吹山までバスを使います。

Photo_3 発車時刻前から、バス待ちの行列が出来ています。積み残されると1時間後のバスまで待たねばなりません。写真を撮った時間で私たちは列の最後部に近く、乗れるかどうかやや心配…。

結果的に補助席まで使い、積み残しなしでバス待ちの人は全員乗れました。

Photo_4 JR線で窓外に見える伊吹山と、

バスでドライブウェーを登りながら見えるPhoto_5伊吹山です。

バス終点は頂上に近い駐車場です。ここで、集合写真をセルフタイマーで撮りPhoto_6 (顔にモザイク掛けはしてないです)

山頂への散策になります。Photo_7 山頂へは混み合った行列が続いています。 ビックリです。山がこんなに混んでるとは!

でも同行のベテランが「ここは来易いし、この時期ならこれが当たり前」と言ってました。

そうですねえ、あまり人里離れていなくて、マイカーやバスでほぼ頂上まで来られるので人気なんでしょうね。(花・植物も豊富ですし)

伊吹山のガイドで、駐車場から頂上まで標高差110m程度、「山頂周遊道」などの説明があったの、サンダル/ハイヒールでも登れるような楽な山、のような印象で出かけましたが、Photo_8 荒ぶるやまとも言われていた山です。

道はそんなに歩き易い道ではなかったです。

眺望は、Photo_9琵琶湖が少し霞んで見えており、遠くを見るには少し難がありました。

山頂には、Photo_10 日本武尊の像があり、

Photo_11 1377mの頂上標識があります。

(三角点はここと別に少し離れたところにあります)

頂上でお楽しみのPhoto_12 昼食タイムです。

良く冷えたのを、”プシューっ”と開けてグビグビ…、美味しいです。

伊吹山は植物種類が豊富なことで知られています。写真はシモツケソウのお花畑です。

かつては、もっともっと群生していたらしいですが、最近は減ってきており、保護されているようです。Photo_13

植物について、前の北岳のときと違い、カメラ持参&撮影の実行しています。

クガイソウ、ルリトラノオ、イブキジャコウソウ、メタカラコウ、コオニユリ、ホタルブクロ、シシウドなどの花を教えて貰い撮ってきています。

 (花編は別の記事としてアップします)

他に、空を見上げるとPhoto_14 パラグライダーに乗った人がゆっくり優雅に空の漫遊をしていたり、

Photo_15 小鳥の囀りをカメラに収めたり。

帰りのバスの窓から、Photo_16 何を狙ってか高級カメラ(超望遠装備)の列を見掛けました。

と、なかなか充実した歩きの会でした。





























« 錦織惜敗 一方大谷は爆発! | トップページ | 伊吹山の花 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/67026550

この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山に行ってました:

« 錦織惜敗 一方大谷は爆発! | トップページ | 伊吹山の花 »