2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山登りのリハビリ | トップページ | 暑い、熱い »

2018年7月16日 (月)

高野山女人道歩き

良いお天気で暑かったです。

今日は会社のOB仲間で高野山女人道歩きでした。

これまで「高野山に登る」と言って麓から歩いて登っていたのですが、今回は南海高野線とケーブルカーで高野山の上まで行って、高野山周辺を歩くという、標高差の少ないコースです。

Resize0935 林間バスの女人堂バス停にある女人堂です。

高野山が女人禁制時代に、高野山に入るいくつかの道の入り口に女人堂(ここまでは女性でも来られる)が置かれ、その女人堂を巡る道が女人道でした。

ここが今日のウォークの出発点です。Resize0938女人道の①番ポイントです。

ここから弁天岳までが本日で1番の上り坂でResize0939 こんな感じの山道です。 ところで高野山は標高と樹木で下界より5℃くらいは気温が低いです。この無茶苦茶暑い時期にはちょっと嬉しいです。(涼しい、というほどではないですが)

Resize0941 弁天岳頂上は神社があります。984mの三角点もあります。ここを過ぎると、Resize0945
大門に至ります。女人道はこの中に入らず、側を通っています。

Resize0940 このルートのところどころに、「女人堂跡」との標識があります。女人堂そのものが残っているは稀で、今は「跡」だけです。

会社OB会でのウォークは昼食が楽しみです。

Resize0951 弁当の隣にあるのがお楽しみ。

この1年以上、お昼は日本酒アルミ容器を冬でも夏でも持参していましたが、今回久し振りにビール持参に挑戦です。ビールは昼食時に飲み頃の冷え具合にするのが結構大変なんです。私は出発前に冷凍庫で凍らせておいて、昼までに氷が溶けて飲み頃になる、というやり方なんです。 あまりガチガチに凍ってしまうと、昼食時でも未だ凍ったビールが残っていて大変ですし、冷やし方が足りなくて昼食時にぬるくなってしまっては美味しくないですし…。

夜中に冷凍庫から取り出し、一部解凍が始まる程度にしておいて、保冷パックに入れてリュックに収める。保冷についても断熱シートをどう使うかとか…。

今回、昼食時に”良く冷えた”状態となっておりやれやれでした。

なお、ビール持参の他のお仲間は、「冷凍までしなくても、冷えたビールを保冷パックと保冷剤の使用で十分いける」とのことでした。 なるほど、次はその方法を試みよう。

 保冷剤には、お茶(またはイオン飲料)の冷凍品を使うこともできるようで、これが実用的ですねえ。

女人道は、Resize0954熊野参詣道(小辺路)と一部重複、交差して続きます。

そして、Resize0963 女人道としての終点、奥の院前バス停の駐車場に出ます。

暑い中、標高差が少ないとはいえ、それなりに上り下りを経て無事たどり着きました。

お疲れさん会は、この地に「飲み屋」さんがある訳ではないので、土産物店・食堂で、天ぷら(ソバ、ウドン)の、麺類を注文して、Resize0965 何はともあれビールです。

この日の歩数は、Photo 2万歩には届かなかったです。






















« 山登りのリハビリ | トップページ | 暑い、熱い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野山女人道歩き:

« 山登りのリハビリ | トップページ | 暑い、熱い »