2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

お散歩公園は花盛り

大谷選手、打者でのメジャーデビュー、初打席初球打ちのヒットと、話題性ありましたねえ。

あっちこっちと出歩いていたせいもあり、朝のお散歩がほぼ2週間ぶりにとなりました。

Photo ソメイヨシノが満開ですね。


今どきの公園は桜が主役ですが、他にも色んな花が咲き誇っていました。

桜だけでも、Photo_2オオシマザクラがあり、

Photo_12 ヤマザクラがあり、


Photo_3枝垂桜もあります。

花が散ってしばらくは、Photo_9 花びら絨毯もきれいです。

サトザクラ(八重)は、Photo_4未だ蕾が出始めている状態ですが。

桜以外を紹介しますと;

Photo_5花桃(照手)の白と

Photo_6 ピンク

そして、Photo_7コブシがあり、

Photo_8 シデコブシがあります。

正直なところ、コブシ、シデコブシ、モクレンの区別が十分にできません。

白い花では、Photo_10サイブリボクがあり、また

Photo_11 ユキヤナギも咲いています。

未だまだ咲いていますよ。Photo_13これはジンチョウゲです。

Photo_14 この花は、実は今まであまり印象に残っていませんでした。木を見ると、どう考えてもネムノキなんですけど…。

ネムノキの花とは違いますよね。ウーン、調べてみると”ミモザ”と思われます。

  そうなんだァ。

黄色い花では、Photo_15とか

Photo_16 など。 レンギョウ系だと思われますが。

Photo_17  ボケも三色(白、赤、ピンク)あります。

で、椿も、Photo_18 オトメツバキと、

Photo_19 赤の八重の大輪種があります。

他に、普通の椿や山茶花も咲いています。

また花壇にはスミレ等の草花ももちろんあります。(私はこの公園で花壇の花は基本的に撮影しません)

何にしろ、ちょっとお散歩して、色んな花を楽しめる、って良いですねえ。
























2018年3月30日 (金)

よく歩きました

ブログ更新を大分サボっていました。

結構あっちこっちへと出掛けていました。そしてよく動きました。

この間の概要を述べますと;

18日:万葉の大和路を歩く会。

    近鉄/JR吉野口付近で歴史と万葉スポット散策

   その後大和二見駅までJRで、真土山超えてJR隅田駅までウォーク

19日:東京に出て、美術館巡り(パナソニック、国立新美術館)、子供(長男・長女)と食事。

Photo  国立新美術館のチケットです


Dsc_2472 子供たちとの食事で


20日~22日:千葉/御宿町にて高校時代の同級生でテニス合宿  

     (計 3泊4日)

Photo_2 テニス合宿は雨に祟られたんですが、最終日はいいお天気となりました。

25日:紀伊万葉ウォーク 糸我峠越で山桜鑑賞

26日~28日:熊野三山詣でと熊野古道大雲取・小雲取越え(2泊3日)

で、歩行数が、

 25日:26292歩、26日:17143歩、27日:362265歩、28日:28492歩

この4日間で10万8千歩になります。我ながら良く歩きました。

26日からの古道ウォークは別途報告しますが、まずは25日の糸我峠越を記事とします。

この日、紀伊宮原駅に集まった万葉仲間は11名。

先ずは、Photo_3得生寺にて万葉歌碑に出会います。 犬養孝先生の揮毫の碑です

 足代過ぎて 糸鹿の山の 桜花 散らずもあらなむ 帰り来るまで
    (万葉集 巻7-1212)
 原文:足代過而 絲鹿乃山之 櫻花 不散在南 還来万代
で実際の糸我峠に行くと、Photo_4しっかり山桜が咲いています。写真右はソメイヨシノも見えています。
Photo_5上とは別の木ですが桜のアップ。
途中では、Photo_6早咲きの河津桜の咲き残りもありました。
栖原海岸に向かって降りて行くと、Photo_7施無畏寺の桜もきれいに咲いていました。
取り敢えず今日の記事アップはここまでで。
テニス合宿の始末記と、熊野ウォークは後日アップします。












2018年3月14日 (水)

テニス/風邪/荒療治/洗濯

今日は暖かい、というか暑いくらいの日でした。

で、12月半ばから冬眠していたテニスが始まることになりました。

Photo久々にテニスコートに来ました。

これは、Photo_2マイラケットです。ウィルソンのラケットをYONEXのケースに入れていますが…。プレーする人と写真撮る人が同じなので、プレー中の写真というのは撮れませんです。

さてテニスは3か月ぶりで楽しみにしていたのですが…。

実は信貴山ハイキングから帰ってから、ずっと風邪気味だったんです。 

鼻水・鼻詰まり症状から、咽喉の痛み、発熱へときていました。

で、Photo_3のど飴を色々買ってみて…、

さらに、Photo_4風邪薬も服用して対応していました。

この日は朝から発熱があり、下着が汗ばみ何度も下着シャツを着替えていました。

汗が出るくらい発熱すれば、後は熱も引き楽になるだろう、と勝手に考えていました。

テニスが出来るのか?とは思いましたが、何せ3ヵ月ぶりのテニスで、メンバーが4人しかいないので、私が今日になって突然「風邪気味だから出来ない」なんて言ったら、かなりヤバいですよね。

テニスが始まれば、普通に動けて普通にプレーできました。ただ、ここでは発熱ではなく、純粋に気温が高く体を動かせて汗が出ていました。いつもより汗で濡れたシャツでプレーするのが嫌で、プレー中2度シャツを着替えました。(シャツはちゃんと用意していましたから)

身体を動かせば風邪も飛んでいくだろう、ここは荒療治で良いんじゃないか、なんて思ったのですが、テニスから帰ると決して風邪が治っている訳ではないです。

咽喉が痛い、熱っぽい、はあります。  でも、不思議なことに症状が悪くなった、ということでもありません。

明日の朝どうなっているでしょう?

上に書いたように、今日はシャツを6枚も替えたので、Photo_5濡れたシャツを放置するのは嫌なので、洗濯しておきました。ポロシャツも何枚も着替えちゃってましたし。

最後になりましたが、テニスといえば、現在行われているBNPパリバ大会で、大坂なおみ選手が快進撃ですね。自身初の8強まで行ってます。

この大会、GAORAで実況放送してるんですが、男子のゲーム優先で女子は放送していないんです。大坂の試合はパソコンのライブスコアで追っかけています。男子では、ダニエル太郎がジョコビッチに勝った試合は丁度ライブで見ていました。頑張りましたねえ。次の試合では負けてしまいましたが。ジョコビッチも本調子ではないですね。

ファイナルセットに入ったころから、走ってボールは追っかけるのが出来ていなかったです。

錦織もエントリーしていたのに風邪だったか、欠場で…、彼の復活も遠いですねえ。





2018年3月13日 (火)

小鳥を撮る

最近、近くで写した小鳥を紹介します。

先ず、今の時期よく見るのはPhotoメジロ、ですね。

少し前に撮った別の写真では、1こんなのも。

Photo_2これは、「あれっ、メジロともスズメとも違うな」って思って取り敢えずシャッターを押していたものです。 たぶん、ショウビタキかと思います。

こちらもよく見る小鳥で、Photo_3ツグミくんです。

そしてかわいい小鳥とは思わないですが、Bird2ヒヨドリは悪役っぽい顔付ですよね。

ついでにかなり前の写真も出しちゃうと、

Photo_4紀ノ川の河川敷に居た、「モズ」と思っている小鳥です。モズは子供のころはもこそこ見かけたのですが、最近はこの写真以降モズと判断できる鳥は見ていません。

で、次も小鳥として可愛いとは思えないのですが、この写真は、まあ気に入っている、というのが、Photo_52羽のムクドリが何かお話しているように感じたもので…。

Photo_6水鳥も写真に収めやすい鳥です。

小鳥を写したいと、望遠レンズと三脚を用意していたこともありますが、根気よく待つのが大変です。

コンパクトデジカメではシャッターを押した積りの瞬間から現実にシャッターが作動するまでの時間(短時間でも結構致命的)のせいで、鳥やチョウチョの写真は失敗が多いです。

ピント合わせとシャッター反応が素早いことから、ソニーのミラーレスカメラも買ったのですが、小鳥のように遠くに居るものを写そうとするとズームを掛ける時間が必要となり、このためにシャッターチャンスを失うことも多いです。

上手な方からコツを教わらないといけないですね。

鳥の写真のオマケは、

Photo_7これと

Photo_9これ。

これはかなり昔の写真がパソコンに残ってました。私も、うちのカミさんも髪の毛が未だ黒いです。 懐かしいですねえ、こんな時期もあったんですよね。

家に小鳥が迷い込んで来たのでした。慌ててカメラを持ってきて写しました。

で、この小鳥の名前は分かりません。




























2018年3月12日 (月)

信貴山ハイキング

10日(土)の明日香村散策に続いて、11日(日)は、信貴山ハイキングに出かけました。

会社のOB仲間で、顔見知りばかりのメンバーです。

集合地は、Photo近鉄線恩智駅。ここに来るのは初めてです。

Photo_2このマップを参考に、駅から山方向に向かい、だらだら坂道を恩智神社まで進みます。

この辺は初めてなので、Photo_3マンホールの写真も撮っておきます。八尾市のマンホール蓋は糸(木綿)を紡いでいるデザインです。

ここが河内木綿の伝承地らしいです。

Photo_4恩智神社は由緒ありそうな神社です。

ここから登山口があります。Photo_5ちょっと行くと、

Photo_6山道となります。

途中の木の上に、Photo_7こんなものがあり、(わかりますか、枝の出ている付け根あたり丸いもの)、近くには

Photo_8こんな注意書きがあります。

エッ、スズメバチの巣?  でかい巣ですよ。 ただ、この巣は廃巣なんです。

でも怖いですよね。スズメバチの巣がいくつか有りそうで…。

上に上っていくと、”高安山霊園”というかなり大規模な霊園があり、その近くには”のどか村”という農業公園があり、かなりの人・車が訪れています。

驚きました、「こんな山の中に、こんなに沢山の人が集まってくるのか」と。

一行はこの辺りで昼食ですPhoto_9久しぶりにドリンク付きランチとなりました。会社OBでのハイキングはこれが出来るのが嬉しいです。

ここからもう少し上ると、朝護孫子寺(信貴山寺)の寺域に着きます。

Photo_10本堂や

多宝塔、Photo_11のほか色んな寺施設、神社施設があります。

適当に拝観して、Photo_12信貴山頂上へと向かいます。

因みにお寺の山門の少し手前では、バンジージャンプ台があり、

若い人がチャレンジしていました。Photo_13飛び降りるまでが見ていてもスリルを感じます。飛んだら、一瞬で写真のようになります。

山からの下りは、Photo_14ケーブル跡の道を通ります。

下に下りて団地の中を駅に向かいますが、Photo_15こんな名前のバス停があったり、通りの表示が1条通り、2条通、とかあり、この地が古のゆかりの地かと、も思いました、どうも違いそうです。

ハイキングの終着は、Photo_16信貴山下駅です。

ここから天王寺まで出て、反省会という呼び名の宴会があります。Photo_17 もう”夢の跡”状態ですが。

で、この日の歩行数はPhoto_18でした。

ところで数日前から鼻水、鼻詰まり、喉の痛みがありました。

今日はそれが酷くなっています。  寒気(発熱)もあります、これは風邪ですねえ。

薬を飲んで、大人しくしてた方が良いようです








































2018年3月10日 (土)

早春の明日香村を歩く

犬養万葉記念館の行事である、「万葉植物講座」に参加してきました。

ドアツードアの歩行数は19,400歩を数えました。

行程は、阪和線で天王寺まで出て、、Photo_3

阿倍野から近鉄線の吉野行に乗り、Photo_7集合地の飛鳥駅に至ります。

Photo_11この日の会のテキストです。

私の紀伊万葉のお仲間でもある、馬場さんが講師です。

明日香村を散策し、万葉植物と万葉歌の朗誦があり、史跡と万葉歌碑を訪ねるウォークです。

数日前では、天気予報で雨が心配でしたが、当日は全くの好天。早春の飛鳥を楽しめました。

植物は、Photo_12馬酔木や

Photo_13タマボウキ、

それに、スミレ、ホトケノザPhoto_14の他、

Photo_15ヤドリギ、つるばみ(クヌギ)、ウツギ、おみの木、榊、ミツマタなどなどの説明を受けました。

史跡はPhoto_16文武天皇陵、

Photo_17高松塚古墳、天武・持統天皇陵、

中尾山古墳、Photo_18、飛鳥寺、川原寺跡、亀石などなどを巡ります。

万葉歌碑もこの地は多くありました。

最後に犬養万葉記念館Photo_19に到着です。

コーヒーとイチゴをごちそうになりました。

ここから電車の駅まで、バスが1時間に1本なので、それを逃すことはできません。

ところで帰路ですが、往路とは違って、Photo_22近鉄線を来た路線の反対方向に進み、吉野口からJR和歌山線に乗り、五条駅から和歌山まで1本の電車となります。

Ic和歌山線の和歌山駅では、3月17日のダイア改正に合わせてICカードの乗車券に対応した改札の準備がされていました。


































2018年3月 4日 (日)

○○受章祝賀会

今日は知人の藍綬褒章受章の祝賀会があり、出席していました。

(会の発起人に名前が連なっていました)

Photo_9会場入り口の表示です。

世話人は開式の前からPhoto_10準備があります。

Photo_11受賞者・発起人等は会場入り口で来客をお迎えします。

開会後、Photo_12祝舞により、宴を盛り上げます。

乾杯後、料理を食べかかります。Photo_13

洋食のコースです。 最近やっとナイフ・フォークの取っていく順番に迷わなくなりました。

Photo_14

Photo_15   十分お腹は大きくなりました。

参加の方にご挨拶でお酒を注いで各テーブルを回るのが苦手で自席に根を下ろしてしまってました。

どうもお付き合いのある方が、色々な受賞の年恰好になっているということか、お祝いの席が結構あります。










2018年3月 3日 (土)

リンゴ その後のまた後

1.リンゴについて、

Photo3つ置かれて10日以上放置されていたのが…、

春一番の強風で、Photo_23月1日には、落ちて一つだけになったことを既に書いていました。

で、本日(3月3日)には、Photo_3アラっ、リンゴが1個もありません。

さて、どうなったんでしょう?   これは確認が必要ですよね。

近くまで行きました。Photo_4落ちてました。

一昨日で2個落ちていて、それは全く動いた様子がなく、上に残っていた一つが塀のすぐそばに落ちていました。 でも、この2日強い風が吹いた訳でもないので、風で落ちたとは考えられません。

リンゴを最後に落ちたリンゴをよく見ると、Photo_5なんと、齧られているではないですか。

しかも、鳥が齧ったという風には見えません。人間が齧ったのでしょう。

一体誰なんでしょうねえ。10日間以上全く動かずに3個あったものが、2個落ちると残りの1個が齧られるなんて…。

少なくとも、リンゴを置いた人が齧って捨てたとは思えません。

最初に誰が、何の目的で置いたか? 置いて半月以上経った頃に誰が齧って捨てたか?

わかりません。  でもこのリンゴ騒動はこれで終わりですね。

落ちたリンゴが今以降何か特別に処理されるとも思えないし。

2.ついでに「リンゴ皮むき工法」について

ガスタンクの当初のPhoto_6球体が


Photo_7リンゴ皮むき工法での解体作業で、殆ど無くなりかけていることを報告してました。

今日は、Photo_8跡形もなく撤去が完了していました。

ほぼ更地状です。  あと少し経つと、ここに何があったか、思い出しにくくなることでしょう。

リンゴの話題はこれで終わりになります。















2018年3月 1日 (木)

リンゴのその後2件

昨夜は天気予報通り、強い風が吹きました。

 春一番&春の嵐でしょうか。 夜中に結構大きな地震もあり、飛び起きてしまったし。

東南海大地震、現実味を帯びているんでしょうか。

さて、タイトルの話題ですが、

以前に(2月17日)に、Photoこの写真を載せて、

「誰が何のため?」と訝しく思っていました。

その後公園の散歩の都度チェックしていましたが、全く変化はなかったです。

で、昨夜の強風です。今朝のお散歩で、

カミさんは「リンゴ飛んでるんじゃない?」と言い、私は「いやあ残っていると思う」と言いながら、問題の場所に来ました。

読者の方は結果をどう予測されます? もう少し後で報告します

さて、リンゴのもう1件は、「リンゴの皮むき工法」です。

先日球形のガスタンクが「皮むき工法により」

Photo_2写真のように解体されていることを報告しました。 これが今日は、

Photo_3球体部(皮)は完全に剥かれてしまっていました。剥いた皮(タンクの外壁)は、下に置かれていますね。

間もなく、残っている支持柱も撤去されるでしょうね。面白かったです。

さて、放置された3個のリンゴです。

今日は、Photo_4んな状態でした。

1個になってる! 残りの2個は? 誰かが食べた/持ち去ったのでしょうか、

いえいえ、答えはPhoto_5これです。

道に落ちていました。風の仕業ですね。

2個飛んで、1個残り。 どうなってるかの予想では、カミさんの優勢勝ちとなるんでしょうね。

しかしこのリンゴ私が見つけてもう10日以上誰も触っていないということだと思います。

一体誰が何のために置いたのか? これは謎のままです。

この下に落ちたリンゴがこの後どうなるか?

また散歩で通る毎にチェックすることとなるでしょう。













« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »