2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

錦織の試合、読書

【錦織】

ずっと休んでいた錦織がテニスの試合に出るようになりました。
未だ下部大会で調整的な出場です。
Photo  復帰初戦は200位より下の選手に負けてしまい、かなりガッカリでした。  ”試合勘”が戻らない、なんて言い訳は苦しいです。
復帰第2戦も下部大会で、第1シード出場です。
試合の模様は、Photo_2WOWOWのオンデマンドで実況放送があり、私はiPadで観戦していました。
相手は、偶然にも復帰初戦で対戦し負けたノビコフ。
サービスエースを決められ、ポイントは取られますが、落着いて
1set 第1セットを6-3で奪うと、
第2セットもPhoto_3危なげなく取って、まず1勝です。
全豪オープンテニスでフェデラーとかの試合を見ていた目からすると、ハイレベルとは言えないテニスでした。
錦織が調子を取り戻し、メンタル面でも強くなり、大きな大会に出てきて活躍するのを期待しています。
ところで今日はまた、殆ど外出しないで、家の中で過ごしています。
資料作りやメールのやり取り、が適当にありますが。
昨日図書館で借りた本の読書にかなりの時間を費やしています。
新聞以外の活字をしっかり見るのは久し振りの感じです。
本は何となく選んだもので、Photo_4
Photo_5  こんなの、
それに、
   Photo_6   と
もう一冊
Photo_7 です。
「海の見える理髪店」は直木賞受賞作(借りた時は意識してなかったですが)。ただこの作家の本は初めてです。
 本の装丁と題名、書き出しのイメージが、「ふしぎな岬の物語(森沢明夫)」を思い起こさせました。 何となくですが。
他の作家の本は既に何冊か読んでいます。
ただ、瀧羽麻子の本は良く借りる割に読み終えずに返却する例が多かったです。
まあ、私が図書館で借りる本で、完全に読み終えるのは2~3割程度ですけど。
宇江佐真理は、平岩弓枝とイメージが重なります。この「夜鳴きめし屋」は、「お宿かわせみ」と。
今日は、これらの本を同時並行で読み始めています。(乱暴なやり方ですねえ)
で、どこかで、集中して読み終える本を選び出す積りです。
良く考えると、今、家に他に誰も居らず、静かですねえ。
新日鐵住金の工場から出る音が「ガーン」と言うか「ゴ~ん」というか、遠くから聞こえる感じで響いています
 静か…、時間がゆっくり過ぎていくようです。

2018年1月26日 (金)

お座敷天ぷら

寒波襲来! で寒いですね。

Photo 朝起きて、エアコンを入れると、外気温ですがこの温度です。和歌山市では滅多にないくらいの寒さです。
夕食は、カミさんが、「今日はエビが新しかった」と言って、小エビを買ってきて、かき揚げとなりました。
殻剥きの手間も大変だったようです。私は主催するウォークのチラシの配架をお願いに図書館や生涯学習センターなどを回っていたのでお手伝いもなしでした。
で、Photo_2昨年買った家庭用の電気揚げ器でお座敷天ぷらとなります。(お座敷と言っても洋室でテーブルの上ですが)
小海老、玉ネギ、グリーンピース、ユリ根のかき揚げです。
Photo_3 天つゆに大根おろしをたっぷり加えて、(この時期の大根おろしは美味しいんですぅ、大根も貴重品ですけど)揚げ立てをパクリ。
 ウーン、美味い!
となれば、Photo_4酒も旨いですねえ。
いやあ満足でした。

2018年1月24日 (水)

防寒衣料

寒波襲来、寒いですね。

今夜(21:00頃)既に外気温はマイナスになっています。
明日は和歌山でも雪との天気予報です。
以前に比べ、寒さへの耐性も劣ってきているようです。
暖房器具が必須です。
でもエアコンや石油ファンヒーターなどのようにエネルギー消費タイプでなく寒さを防御する方法は色々ありますね。
昔ながらの”厚着”がその一つです。
今日は防寒対策の一つの防寒衣料(インナー)について記事アップします。
セーターやコートで着ぶくれ感を出さずに暖を取ろうというものです。
今、ポピュラーなのは「ヒートテック」素材だと思います。確かに普通の素材より暖かく、既に一世を風靡した感もあります。
私もヒートテックの下着シャツは持ってます。
今日紹介するのは、先ずPhoto「ダマール」のシャツです。これは、ヒートテックが世に出る前に買っていたものです。
最強の暖かさかもしれないです。これを着用するのは年に数回以下、着ない年もありました。
 暖かさに慣れてしまうのも嫌だったからと、生地が厚く少し体を締め付ける感があり、自由さが劣る気がしたからです。
 今冬は、警察年頭式で戸外で過ごす時間が長そうだったときに使いました。
次はUヒートテックの進化版の製品、
ヒートテック・エクストラウォームです。今までのヒートテックより生地が厚く、もこもこ感もある素材です。Photo_2 確かに今までより暖かいです。
下半身は、Photo_3ヒートテックや、
Iheat I-heatのズボン下を着用します。
  (あっ、この写真はズボン下と違ってる! ズボン下もあるのですが)
これも、これまで脛位までのステテコタイプを着用していたのですが、くるぶしまである長いタイプを穿くとこっちが暖かいですね。
 今までは長いと足の自由度が奪われることで、避けていたのですが。
防寒素材のインナーを2枚重ねで着用すると、セーター・コート無しで外出できるくらいです。
ところで、防寒機能が満足できない衣料に手袋があります。
Photo_4 色んな手袋を持ってますが、私てきにはどれも機能的に満足できていません。写真で一番左の手袋は、確かに防寒機能はまずまずですが、手の動きの自由さが制限されます。
手袋におけるヒートテックのような薄くても暖かい材料の製品は無いのでしょうか。
手袋していても手が悴むのは情けないですけど…。
あと、「衣料」とは言わないでしょうが、Photo_5クツ用のカイロは強力な防寒ツールです。

2018年1月20日 (土)

ぶらっと自転車 他

この数日寒さが和らぎ気持ちよいお天気です。

尤も、今日(20日)からは「大寒」に入り、次の「立春」まで一番寒い季節と言われている気候となります。 週明けには寒さが戻るようです。
昨19日も暖かいくらいの好天でした。で、用件もあり、自転車で逍遥(?)していました。
Photo これが昨日の走行軌跡です。
 変則的な軌跡ですが…、そうなんです、道に迷ってアチコチ・ウロウロしたのがバレてしまうのです。
実は2月に歴史街道ウォークの企画があり、その下見等の意味で出掛けたものです。
先ずは、ウォークの主目的地である、Photo_2
府守神社(推定 紀伊国府跡)です。 ここは何度も訪れています。
そして、Photo_3「国指定遺跡 上野廃寺跡」です。
ウーン、見るものが少ないですけど…。
次いで、Photo_4熊野古道・川辺王子跡に行きます。
Photo_5 愛車の写真も上げておきます。
この辺の道は、Photo_6「熊野古道」を表示するタイルが埋め込まれています。道そのものは、Photo_7田んぼの中の小さな道です。
次に大屋都姫神社に向かいます。
前回この神社に来たのは、自転車ブラブラしていて、道に迷って辿り着いたんでした。
 「へえ、こんなところに、この神社があったのか」と思った記憶があります。
今回、ここを目的として向かうと、…やっぱり迷ってしまいました。coldsweats01
 方向音痴は、地図音痴はかなりヒドイのです。
スマホの地図を頼りに、Photo_8辿り着くことは出来ました。
ただウォークの時、この神社で昼食を、との期待を持っていたのですが、どうやら難しそうだと考えられました。
自転車走行のまとめでは;
走行距離:31.76Km
平均速度:14.1Km/時
最高速度:30.25Km/時
獲得標高:640m (そんなに坂道があったとは思わなかったですが)
  となっていました。
自転車で移動していた時間:  (止まっている時間含め)3時間強
   *お尻が痛くなってしまいました。
なお、この日の自転車以外の話題として、
Photo_9 早朝に買い物の必要があって、散歩がてら24時間スーパーまで行ったのですが、流石にこの時間では駐車場はガラガラ、車はまばらです。Photo_10 朝日が昇りかけているところでした。
夜は、地域の団体での新年会で、
Photo_11  
ご馳走でした。Photo_12
これで新年会区切りです。
これから、万葉玉手箱、文化遺産活用地域活性化シンポジウム、歴史街道ウォークなど主催関係のイベントが続きます。
 発表者にもなっているので資料作りが大変です。

家で引き籠り?

大寒に入った今日ですが、寒くなく、良いお天気でした。

どこかに出掛けるのも良いのですが、今日は何故か家に籠っていました。
スポーツ競技のTV実況を見ていたこともあります。
Photo テニスでは、大坂なおみ選手が快進撃しています。連日のシード選手撃破で16強まで進んでいます。
 写真はフォアの強烈なショットを決めた瞬間。サーブも強力です。
Dsc_2356 勝利のインタビューでは未だ若さが表れていました。
今日は全日本の卓球の実況もありました。Photo_2女子ダブルスの決勝は、高校生同士の戦いでした。
世界の一線で戦っている、「ミマヒナ」組が「塩梅」コンビに貫禄勝ちとも言える結果でした。
シングルスは4強までが決まっています。誰がチャンピオンになるのでしょうか?
激しい戦いとなるかと思います。
家での作業も色々あります。
イベントで裏方だけでなく、発表も担当することになっており、
Photo_3 資料の原稿作りに着手しました。
ウーン、Photo_4未だ未だ手を入れないといけないなあ。  喋るのは苦手です。
未だ別の発表もあります。
Photo_5   こんな感じで始まる資料案ですが…。
さて、スライドで40~50枚くらいかなあPhoto_6
パワーポイントでアニメーションも入れたいけど、ソフトを使いこなせない。しばらく(数年)使ってないので…。

2018年1月19日 (金)

宴会シーズン

タイトルと関係ないですが全豪オープンテニス、日本人男子は皆敗退してしまいましたが、女子の大坂なおみ選手が勝ち残っています。今日(18日)は2回戦で16シードのベスニナ選手を破り3回戦に残っています。  応援しなくっちゃ。

さて、宴会ですが、年末年始は忘年会・新年会と宴会が多々あります。
今日は、Photo保護司会の専門部の総会の後で、全体の新年会が催されました。
Photo_2 こんなメニューで、
料理は、Photo_3こんな感じです。
会場は、Photo_4こんな様子です。
で、13日(土)は地域の連合自治会の役員新年会で、
Photo_5 市長の挨拶で始まり、Photo_6 宴会となりました。
明日は、地域の環境対策委員会の新年懇親会です。
加えて、2月に入りますが地元の単一自治会の新年会が残っています。
忘年会の方は、会社OB会(歩こう会)、万葉の会での忘年会に参加しています。
それと、Photo_7高校同級生の忘年会もありました。
この年度は、ライセンス協会の年末研究会と忘年会というのは欠席してしまいました。
振り返ってみると、例年ほどには「飲み潰れて」はいないです。
それほど意識して酒量を減らそうとした訳ではないですが。

2018年1月17日 (水)

全豪オープンテニス 続編

今日は朝、”異様な”くらい寒くなく雨が降っているお天気でした。

いつも通りに朝の暖房を入れたのですが、既に室温は「設定温度」くらいでした。
Photo_9 これは現在(22:50)の室内ですが、確かに暖房設定温度より高い室温です。(暖房はしていません)湿度も高いです。
さて、全豪テニス昨日は、ワクワクする気持ちでスコアやライブTVで見ていたのですが、
今日は…、残念な結果でした。
西岡は、セッピ相手に0-3のストレート負け。試合時間に家に居たので、時々TV実況も見ていました。いいプレーも出ていたのですが、ちょっと力及ばずでした。
杉田の試合は、来客や外出があり、スコアだけは折に触れチェックしていました。
Photo_16 こんなチラシを市民図書館、県立図書館、和歌山大学生涯学習センターなどに配架のお願いに行ってました。
接戦やなあ、と思いながらでした。夕方、結果はどうかな?とスコアを見るとなんと未だ終わっていないじゃないですか!
TVを点けると、Photo_10ええっ、すごい試合ですヨ。
ファイナルセットはタイブレークがなく、2ゲーム差が付くまでやるのですね。
 ずーっと昔のウィンブルドンでの伊達とグラフの試合を思い出しました。
ここからはTVに噛り付いての応援です。
でも…、Photo_11杉田アブナイ、ブレークポイントを握られる。
試合でこのブレークポイントは凌いでジュースになりますが、サーブが調子が良くないです。
で、Photo_12このゲームを落とし、ファイナルセット22ゲーム目は相手(カルロビッチ)のサービングフォアザマッチのゲームに。
Photo_13 マッチポイントとなり、
このままゲームを取られてしまいました。
4時間半に亘る熱戦、死闘でした。杉田にも勝つチャンスはありましたが、残念でした。
Photo_14 熱戦を終えて、互いに相手を称えます。
この写真で分かるように、身長差はかなりあります。
カルロビッチは身長210cm、杉田は173cm。ほぼ40cmの差。
 大人と子供くらいの差ですね。この長身から210kmほどのサーブを繰り出されます。
カルロビッチも今はベテランですが、嘗てはビッグサーバーとして有名だった選手です。
サーブの調子が良いと後略には手こずります。
ファイナルスコアはPhoto_15この通りでした。
よく頑張った、惜しかった。
これで日本人男子選手は残っていません。
女子の大坂なおみ選手に期待です。

全豪テニス ほか

【全豪テニス】

錦織の出ていない全豪オープンでは見る試合が無いのでは、…と思っていましたが、杉田/西岡に期待したいですね。
Photo スコアを追っていると、西岡がシード選手相手にリードしているというニュースがありました。
そして、Sugita_2 杉田もトップ10選手相手にリードしているのでした。
試合結果は、西岡は第27シードのコールシュライバーにフルセットで勝利。
Photo_3 インタビューで「しつこく繋ぐことが出来たので良かった」というようなことを言ってました。
杉田は、第8シードのジャック ソックに3-1で快勝でした。
Photo_4 ガッツポーズです。勝った瞬間はコートに膝を付いて喜びを表していました。
他の選手では、ダニエル太郎は惜しかったけど1回戦敗退。
女子では、大坂なおみが1回戦快勝でスタートでした。
 でも、奈良くるみ、日比野菜緒、江口美沙の選手は1回戦突破が出来なかったです。
でも男子選手で2人もシード選手を撃破するとはよく頑張っています。
確かこの二人、もう少し勝ち進めば、日本人対決となるんだったと思います。
それも見たいですね。
【食卓の上の洗濯バサミ】
全く違う話題で、かつしょうもない話題ですが…
我が家のテーブルの上にある洗濯バサミについて、
Photo_5 こんな風にリーフティ(お茶、紅茶)のパックを開封後の保存に使ったり(お茶の保存には勿論「缶」も使ってますが)
Photo_6 パンも、少し置いておくときに、こうやって留めておくと乾きが違ってきます。
まだ、 Photo_8こんなものも。
他にも、ペットシュガーやスティックコーヒーで使い切らずに残った場合は洗濯バサミで留めます。  クリップを使うこともありますが。

2018年1月15日 (月)

初ウォーク 三輪山登拝

昨日(14日)、会社OB会での初歩き三輪山の登拝に行ってきました。

寒い日でした。 ギックリ腰状態のままでしたので、不安もありました。
Photo 先ずは和歌山駅発7:30のJR阪和線の電車で出発です。
和歌山~天王寺~大和高田~三輪駅へと乗り換えて行きます。
途中、「畝傍」とか「香久山」とか、大和三山の名の駅を過ぎ、古のロマンを感じながらの旅でした。JrJR三輪駅で降りて、そのまま大神神社(オオミワ神社と読みます)に向かいます。
Photo_2 大鳥居の後ろに見える三輪山は神名備らしき山容で、美しい山です。
その昔、都が大和から大津京に移るとき、額田王が万葉集で「いつまでも見ていたい山」と詠ったのも頷けます。
Photo_5 神社に入り、三輪明神(ご神体は「山」そのもの)に参詣します。
そして、Photo_6山登り(登拝と言います)の申込を行い、Photo_7登拝許可のタスキを借りて、山に入ります。
 山域は聖なる地であり、参拝の目的のみでの入山が許可されます。カメラ撮影は不可ですし、水分補給以外の飲食は禁止です。
 ちょっと気が引き締まります。
三輪山って殆ど街中の小さな山程度に思っていましたが、標高467mあれば、それなりの山ですね。大和三山とは違います。
この日気温はかなり低く、手袋をしていても手がかじかむくらいでしたが、登り始めると体は温まり、汗かきの私はかなりの汗で下着もスポーツシャツもビッショリでした。
着替えは勿論用意していたのですが、着換えるチャンスがなくそのままで行くと、下りは汗が引いてきて、冷たくなってしまいました。
三輪山登拝を無事に終え、あと「山の辺の道」を桜井駅方面に向けて歩き始めました。
腰の調子は、登りの間くらいは、身体・筋肉が温まり、やや軽く、いい具合でしたが、山の下りがきつく、腰の骨の蝶番の調子が悪くなり、「そうっと」歩くj状態となってしまってました。
大神神社から、Photo_8「平等寺」、
金屋の石仏、Photo_9
Photo_10 など。 
さらに、Photo_11「つばいち」や
Photo_12 「仏教伝来地」などのスポットを巡り、
ウォークの終点、桜井駅まで辿り着きました。
これでウォークは終わったのですが、参加者の中の「有志」で天王寺まで戻り、
Photo_14 反省会を行って、最終解散となりました
この日は飲み放題でもないし、比較的穏当に反省会を終え、余裕で帰宅できました。
この日の歩行総数は22,707歩、まあまあ良く歩いていますね。

2018年1月13日 (土)

寒い日

昨日の朝、寒かったですが、今朝(1月13日)は更に寒い朝でした。

エアコンのセンサーによる外気温は-2℃と今期の最低温度を示していました。
Photo 家の庭でも氷が見られました(表面に氷が張っていること分かりますか?)
今の時期は、24節気で小寒、72候では次候の「水泉動く」の季節で、寒さが極まる手前と言われます。あと少し寒さが続くようです。
朝の散歩で公園に出ますと、
Photo 桜や、
ムクゲ、Photo_2それにコブシなどの木は
Photo_3 見ての通り、落葉して冬枯れの様相です。
そしてPhoto_4芝生も冬の荒涼感があります。
 (昨日の紀の川河川敷で昼間に太陽が照っている時に感じた長閑感とはえらく違っています。写真的にはあまり差が感じられないですが…)
でも、…でもですネ、よく見ると
Photo_5 桜は既に新芽が用意されていますし、
コブシも同様にPhoto_6芽が見られます。
冬の最中に、春を迎える準備はなされているのですね。
まさに、”冬来たりなば春遠からじ”を実感します。
なお、この公園のPhoto_7ロウバイは我が家の庭のに比べるときれいに咲いていて、香りも馥郁としていました。

2018年1月12日 (金)

寒い朝、ちょっと寒さの緩んだ昼

積雪で被害が出ています。雪国の方にお見舞い申し上げます。

和歌山では雪が珍しいので銀世界になれば、「キレイ」との感動があります。
Resize4704 今日未明の我が家のベランダです。
昨夜、少し降った雪が凍って残っているという感じです。
朝刊を取りに表に出ると、Resize4708玄関外も少しだけ白く残っていました。
外気温は、ほぼ0℃、寒い朝でした。
ただ、お日様の力は大したもので、日中には陽が当たり風のないところは、かなりポカポカ感が得られました。
で、昼間のお散歩に出て見ました。
世の中、長閑とも言える感じでした。
Resize4710 マリーナでは繋留船が昼をゆったりと過ごしているように思えましたし、
紀の川河口部の河川敷もResize4712日向ぼっこでもしたくなるような感じでした。
Resize4714 ドッグランでも数匹のワンちゃんが、今年は自分の干支の年と思っているかどうか知らないですが、気楽に走り回っていました。
気温はそれほど上がった訳でもないので、風が有れば河川敷はかなり寒かったと思います。風が少なく、太陽が当たっていてこそ、穏やかな気候と感じられたのですね。
帰宅すると、Photoカミさんの植えたエンドウ豆も陽を受けてすくすく育っていました。
少々気が早いとは言え、寒さの中にも春の目覚めもを感じた一日でした。

2018年1月11日 (木)

警察年頭視閲式

標題の式典に招待されて参加してきました。

朝から気温が低く、雪もチラつく日でしたが、式典は戸外で行われます。
会場の和歌山マリーナシティ駐車場にPhoto_5 警察官が整列します。
式典に招待されたとはいえ、吹き曝しで立ちっ放しを覚悟していましたが、テントの中でイスが用意されていました。しかもイスにはザブトンがありザブトンには貼るカイロが2枚固定されている、という寒さに配慮されたものでした。
式典は先ず、Photo_6警察旗を先頭の行進から始まります。
警察官諸氏は皆きびきびと動きます。
でも、見て楽しめるのは、Photo_7白バイ隊のパーフォマンスで、本日は狭い会場で、Photo_8スラローム走行を実演してくれました。
和歌山県警の白バイ隊は優秀なようで、近畿地区での競技会で優勝、全国でも上位に入ったとのことでした。
私はこの日、Photo_9式典ということで、苦手なネクタイ・スーツ姿で、受付で付けて貰ったリボンを付けての観覧でした。
式典はこの他に、Photo_10音楽隊の行進、
Photo_11 警察犬の行進などがあり、
訓練パーフォマンスの後は県警本部長や公安委員長などの訓示・謝辞と来賓の祝辞を受けて終了となりました。

寒い日

ここ数日寒いです。

昨夜はみぞれっぽく降っていたので、場合によると朝には白い世界か、と思っていましたが、今朝はその気配なしでした。
庭では、Photo蝋梅が咲き、近付くとやっと微かに香りがしています。
Photo_2 スイセンも咲き始めました。
そして今、白いものがチラついています。積もる程に降る様子は全くありませんが…。
寒いですが、午後には「県警 年頭視閲式」に出席します。
戸外での式典なので、寒いでしょうねえ。下着等で暖かくしていきます。
警察といえば、先程交通事故を見掛けました。(家のすぐ近くです)
Photo_3 事故車が未だ交差点内に置かれていて、事故直後の様子です。この車の相手はどこにあったのか分かりませんでしたが。
所用を済ませて、30分後くらいに、もう一度ここを通り掛かると、
当然のとながら、Photo_4事故車は交差点脇のスペース(麻雀屋さんの駐車場ですが)に移動され、事故処理が行われていました。
怪我人は無かったようで、それは良かったです。
交通事故はいつでもどこでも起こり得ますね。気を付けなくちゃ。
そういえば、来月開催される、「警察署協議会」では、交通安全センターの見学と、交差点システムについての意見交換が予定されているのでした。
交差点・信号システムについてよく勉強させて貰おう。

2018年1月 9日 (火)

宵恵比寿 

今日は1月9日、十日えびすの宵恵比寿です。

例年は十日にお参りするのですが、明日(10日)は色々予定が詰まっていて、今日のお参りとなりました。
Resize4692 戎さんは、水門吹上神社です。
Resize4686 和歌山市内でも戎神社はいくつかあるので、こちらが本家だと主張していますね。
しっかりお参り、商売繁盛(?)Resize4687をお願いしてきました。
で、縁起物の熊手Resize4696も戴いてきました。
昨年と同じ大きさです。
「去年をそのまま使っても良いじゃないか」とか「去年より小さめので良いから安くしよう」とかもチラとは思いますが、やっぱり「縁起」のものですから、セコイことすると気分がネエ。
 そう言えば、初詣の時のResize4699破魔矢も、去年のを使い続けるのは、…出来ませんネ。
戎さんでは、Resize4690出店を見て回り、
Resize4691 たい焼きを買って食べながら帰りました。
夕食までちょっと腹に残っていましたけど…。
Resize4693 帰る頃には紀ノ川が夕暮れ時となっていました。

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »