2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神戸散策 | トップページ | この数日 »

2017年12月16日 (土)

川じゃこを釣って、じゃこ寿司を食べる

Photo以前から企画していた【じゃこ寿司】イベント、今日が本番の実施日でした。

小中学生28人の申し込みがありました。(低学年の子供は保護者同伴をお願いしてあります)
釣りが出来るか?お天気の心配がありましたが、幸い雨には降られないですみました。
イベント会場は、Photo_2寿司の調理実習と説明が写真の建物内です。
 いつもは、遺跡などの発掘物の処理・研究を主に行っています。
ここで、朝9:00、本日イベント用にPhoto_3会場準備を行います。Photo_4表では参加者の名札を用意して受付準備です。
さあ9:30過ぎ、ボチボチPhoto_5参加者の受付が始まります。
Photo_6 これが本日のスケジュールです。
ガイダンスを終えると、いよいやじゃこ釣りです。
釣り場までは参加者を班分けしてスタッフの車で移動します。
釣り場は紀の川支流の春日川という川で、Photo_7
岸にはハシゴを使って降りなければなりません。
Photo_8 さあ、釣りの開始です。
 餌を自分で付けられない子供もいます。スタッフが付けるお手伝いをします。
釣り開始がほどなく、Photo_9来ました!第1号の釣果、子どもの長靴の先に見えますか? これがカワジャコ、「オイカワ」という魚らしいです。
Photo_10 直ぐにこちらでも釣れました!
Photo_11 釣り場の風景です
こちらも、Photo_12大人(保護者)も子供も熱中しています。
釣れた子では保護者の方が写真を撮っています。
多く釣った子どもは、「7匹釣った」と言ってました。
残念ながら、一匹も釣れない子供居ましたが…。
でも皆釣りを楽しんだようです。
因みに釣り竿セットは9割が主催者側で用意した、100円ショップのセットに、針を川魚ように付け替えたものを使っています。
じゃこ釣りの時間はあっという間に過ぎて、昼食後はじゃこ寿司の時間となります。
Photo_13 まず釣った魚を捌く(はらわたを除く)作業を実演してもらいます。
その後、Photo_14じゃこ寿司作りの工程の説明、中間品などの呈示があり、子どもたちでの寿司作り体験が始まります。
Photo_15 配られたごはんを、寿司用に分けて、…Photo_16
ご飯を握り、味付けじゃこを載せ、Photo_17さらに、秘伝のタレを塗ります。
これで完成!
この後寿司の味見、感想発表など、賑やかに楽しくイベントを終えました。
紀ノ川の恵みである魚を釣り、その伝統的な食べ方である、じゃこ寿司について、再認識して欲しいとの気持ちのイベントでした。
人数的にはこじんまりとしたものでしたが、中身が濃く、成功裏に終れたと思います。
主担当のFさんを中心に、「子どもの教育になるなら」と
紀の川市の教育委員会、文化財サポーターの方々の協力、それに釣りの講師を受けてくれた方、じゃこ寿司作りの講師を受けてくれた方など、沢山の方の好意で実施することができたものです。
このような協力関係が築けたことも大きな成果と言えると思います。
少し疲れましたが、いやあ良かったです。

« 神戸散策 | トップページ | この数日 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川じゃこを釣って、じゃこ寿司を食べる:

« 神戸散策 | トップページ | この数日 »