2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 家族忘年会 | トップページ | 宵恵比寿  »

2017年12月31日 (日)

ゆく年くる年 おせち料理

今年もあと3時間もありません。

あっという間に過ぎたようでもあるし、何か一杯色んなことが有って長~い1年だったようにも思えます。
体調の悪い時期もありましたが、概ね健康で無事に過ごせました。
我が家の正月準備・おせち料理について書きます。
伝統的なお正月の風習について段々さぼってきています。
門松を立てること、鏡餅を供えること、は数年前から止めています。
玄関の注連飾りは昨年(未だ今年か)の正月から止めました。
でもおせち料理は外から買うようなことはしていません。
カミさんが頑張って作ります。
Photo_2 こんな感じで色々料理を用意します。
一人で忙しくやってます。男はウロウロ、オロオロ見てるだけで…。カミさんのカミナリをビクビクとしています。
 ウーン、何か手伝わないといけない、との気持ちはありますし、出来る用事はやるのですが。
おせち料理は写真の他に「黒豆」があります。私も子供たちも大好物です。
それと買ったもので使うのですが、蒲鉾(紅白)、お多福豆などもあります。
今回は、これを重箱に盛るのを長男と2人で受け待ちました。
Photo_3 お重は4段です。
1の重、2の重は、Photo_4こんな内容にしました。
そして、
Photo_5 3の重、4の重はこんな形です。
まあ、男の盛り付けですし…。別に悪くはない、と思っていますが。
なお、前回の盛り付けは、Photo_6こんなものだったです。
お正月が特別な日であることの「特別さ」は弱ってきていますが、特別な日であることは間違いないです。
気持を新たに2018年を迎えたいと思います。
今年を振り返り、来年を想いながらあと数時間を過ごします。

« 家族忘年会 | トップページ | 宵恵比寿  »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆく年くる年 おせち料理:

« 家族忘年会 | トップページ | 宵恵比寿  »