2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 腰痛 その対策体操 | トップページ | 海南駅前 »

2017年10月 2日 (月)

何故かこの時期には真土山へ

もう10月に入ったのですね。夜明けは遅くなり、日暮れが早まり、秋も深まってきています。

尤も朝は肌寒く、昼間は暑い、という日も結構多いですが。
昨日(10月1日)、橋本市の真土山付近に行ってました。
Photo 紀の国と大和の国を分ける落合川のあるところ、万葉の歌枕としても知られている地です。
国道26号、真土の信号のところには、P1020035犬養孝先生の揮毫になる万葉歌碑があります。
ところで、今日フェイスブックのお節介機能で、「3年前に私がこんなとこに行ってました」というお知らせ記事があり、それがこの真土山だったのです。
その時の写真の一つが、Photo_2これです。
同じ万葉歌碑を撮っています。  ただ、少し違っていることが分かりますか?
刻み文字の白色部が上塗りされているのです。上の写真(今年)が白がくっきりと出ているでしょう。昨日見た時、正直「あれっ」と思ったのですが、FBのお知らせで3年前(正確には’14年9月30日)の写真を再度見ると変わっていることが分かりました。
なんか、同じ時期にここへ来るものだなあ、と思ってしまいました。
さらに言えば、昨年の9月30日もここに来ているのです。
この地には「飛び越え石」と言って、県境の落合川が狭くなり、二つの石で飛び越えられる状態となっているのです。ここではP1020022良くこういう写真を撮ります、左足が奈良県、右足は和歌山県になっています。
これが昨年は、1014こんな風な写真を撮っていました。
ここに来ると、歌碑、飛び越え石、とPhoto_3コスモス畑の写真を撮るのが定番ですね。
Photo_4 3年前はこの写真でした。
なぜか、P1020032 彼岸花は以前は撮っていなかったですね。 もう終っていたのかもしれません。今年も咲き終わっている彼岸花が多かったですから。
橋本までのちょっとしたドライブと万葉気分を味わいました。

« 腰痛 その対策体操 | トップページ | 海南駅前 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65866854

この記事へのトラックバック一覧です: 何故かこの時期には真土山へ:

« 腰痛 その対策体操 | トップページ | 海南駅前 »