2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 海南駅前 | トップページ | ある日紀の川の朝 »

2017年10月 9日 (月)

紀伊万葉ウォークを開催・無事終了

暑さが戻ってきてしまいました。室温が30℃を越えたため、冷房を入れています。

10月7日、8日と紀伊万葉ウォークでした。
Photo 一泊二日のウォーク、当グループの年間最大の行事です。
開催日前1週間、毎日天気予報をみて当日のお天気を気にしていました。
二日くらい前から、少々の雨はありそうだな、と言う感じで、「まあ歩ける程度のようだから良しとしよう」と腹を括っていました。
当日は…、良いお天気でした。 この季節としては少し気温が高かったですが。
Photo_2 ウォークの集合場所はJR切目駅です。
今回の参加者は、東京、新潟から沖縄、福岡、福山市鞆の浦からの方々。それに京都府、大阪府、奈良県(愛知県からの方は当日朝、参加できなくなったとの連絡が入りました)など、全国から集まってくれています。
 年齢構成でも、昭和一桁の大先輩から、未だお若い方まで、こちらも多様な方々が見えています。
 駅前で参加受付、開会の儀式を終え、ウォークコースは先ず切目中山王子へと向かいます。 切目中山王子までスグなんですが、ちょっと坂道があります。
まあ、いきなりでは結構キツイ坂道ともいえます。参加者から、驚きと不安の声があがります。「この先歩けるかしら?」、「こんなきついウォークとは思わなかった」、などなど…。
私は、一行の前に行ったり後ろに着いたり、「今日で一番の坂道なんです。短い距離ですからゆっくり登れば無理なく行けます。」とか不安を取り除くために声を掛けます。
Photo_3 王子下の開けた地での説明です。
しんどい思いの歩きが報われるかのように視界が広がります。前方に見える海は見事な景色であり、遠く先には四国(徳島県)の陸地が霞んで見えます。
ご一同、ホッとして王子社の、熊野古道の説明に聞き入ります。人気の植物講座では、目に見える範囲の木を題材に興味あるお話がなされます。
ここから熊野古道の山道を抜けるとPhoto_4いきなり浜に出ます。これが岩代の浜、有間皇子も同じ道をたどり海を見、対岸の白浜での中大兄皇子による詮議(謀反の罪の裁き)を想ったことでしょう。
きれいな景色と我が命の危うさ、暗澹たる気持ちだったでしょうか。
この付近に「結び松の記念碑」があります、
 「磐代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば また還り見む
 松の枝を結び、無事を願った有間皇子の気持ちが表れています。
有間皇子は願いむなしく、白浜からの帰路、海南市あたりで殺されてしまいます。
 結び松記念碑は国道42号線沿いに立っていて、交通量が多いので団体でこの場所に行くのは結構危険です。私は何度も来てることと、ご一行さまの安全管理に気を配っていたため、碑の写真は今回ありません。(以前に撮った写真はいくつか有りますが)
この地での万葉歌碑の場所で説明が行われます。
Photo_5
ここには、澤瀉久孝先生揮毫による、上記の「岩代の 浜松が枝を…」の歌の歌碑と、犬養孝先生の揮毫による、「君が代も 我が代も知るや 岩代の 岡の草根を いざ結びてな 巻1-10」の歌碑が並んで建てられています。沢瀉先生の歌碑は42号線沿いにあったものが移築されたものです。
 この後、岩代八幡宮で飲み物お接待があり、歩きは岩代王子に向かいます。
梅林の中を歩きます。流石にみなべ町です、”至る所梅だらけ”です、梅の花咲く時期ならこの辺りを通れば梅の花と香りを楽しめますよね。

岩代王子でも王子の由来、Photo_6など、この地について興味ある説明を聞きます。
そしてここでは、Photo_7なんと、「海(海は広いな大きいな…)」と「みかんの花咲く丘」の小学唱歌を全員で口ずさむ、という趣向もありました。みんな童心に帰り大きな声で合唱できました。

第一日この後岩代駅にて日帰りウォーク参加者は解散、宿泊参加者は送迎バスにて宿に向かいます。
 で、宿の庭には、Photo_8万葉歌碑があります。「三鍋の浦 潮な満ちそね 鹿島なる 釣りする海人を 見て帰りけむ」
(巻9-1669)
 Photo_12 夕暮れの鹿島の姿は趣があります。
  宿へのチェックイン、部屋確認、宿泊費の徴収等準備で宿のフロントに行ったので、この歌の解説は聞きそびれてしまいました。
で、皆さん温泉でゆっくり疲れを癒し、お食事・交流会となります。
紀伊万葉ネットワークの交流会は、たんなる食事会・宴会ではない、万葉の交流が行われる場なんです。
 まっ、写真で紹介すると、Photo_9
Photo_10
こんな感じになりますが、Photo_11参加者全員が、万葉集について或いは今回のウォークについて語り合います。
景観を楽しみながら歩き、色んな説明を聞き、食べて・語り、参加者の方にも楽しんで頂きながら、第1日は終わりました。
 2日目は岩代からみなべまでのウォークです。
後刻(後日)報告します。
 

« 海南駅前 | トップページ | ある日紀の川の朝 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65896177

この記事へのトラックバック一覧です: 紀伊万葉ウォークを開催・無事終了:

« 海南駅前 | トップページ | ある日紀の川の朝 »