2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 万葉ウォークの下見に | トップページ | 木が枯れる »

2017年9月 3日 (日)

北アルプス 花や木

少し日にちが経ちましたが、北アルプス登山の続編です。

アルプスでは色んな植物に出会いました。
高山性のものだけでなく、野山でも見られるものもあるかと思います。
山独自の花ももちろんあります。
Photo_8 チングルマは雪渓周辺の花として知られています。
季節柄始めの内は、Photo_9咲き終わって、実となっているものばかりが見つかっていました。 常念岳に向かう道で、小さな雪渓が未だ残っている部分で、上の未だ咲いているチングルマを見つけた時は嬉しかったですね。
41 コマクサも殆どが咲き終わりで萎れかけているものばかりが見えていました。 この写真は中で、未だきれいに咲いているヤツです。
花の名前は同行の先輩で花に詳しい方に教えて貰うのですが、なかなか覚えられないのです。(出来の悪い生徒で、同じ花を何度も聞き返したりしています)
Photo_10 ムカゴトラノオです。下部にムカゴが(ムカゴみたいなもの)が付いています。
トリカブトも沢山見ました。(種類が違ったものがあるのです)
これも、Photo_11トリカブトの種類で、頭に「なんとかトリカブト」と名前が付くものだと思います。
Photo_12 この紫の花もトリカブトの種類だと思います。
 下の白い花は分かりません。 何でしょう?
あとは、Photo_13ウメバチソウかな?と思っている白い花。
Photo_14 名前が分からない白い花。
Photo_15 トオヤクリンドウと教えて貰った花。
ハクサンボウフウじゃないかな、Photo_16と考えている花などなど、山の花は楽しいです。
 もっと花を知りたいと思いながら、あまり勉強していないです。coldsweats02
133 これはソバナらしいですね。
ソバナトツリガネニンジンとはかなり似ていますね。
さて、花ではないですが、11この木の枝の方向を見ると、この地が常に同じ方向から強い風を受けていることが分かります。
 (基本的に下から吹き上げる風となります)
また、動物では、見ましたよ。 2度も見たんです。
41_2 雷鳥です。
ここでは親子3羽がいました。
別のところでは、親子4羽の家族でした。
 雷鳥は人間を怖がらないので、近付いても逃げません。雷鳥が居なくなるのでなく、雷鳥はその場にいるのに、人間が次に歩くために移動することになります。

« 万葉ウォークの下見に | トップページ | 木が枯れる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65746336

この記事へのトラックバック一覧です: 北アルプス 花や木:

« 万葉ウォークの下見に | トップページ | 木が枯れる »