2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 虫歯が… | トップページ | 歴史講演会 »

2017年9月17日 (日)

台風接近 和歌山は未だ平穏

台風18号、九州・四国では猛威を振るっていますね。

影響を受けている地域の方にお見舞い申し上げます。
和歌山市では、午前中に「暴風警報」、午後になり「大雨・洪水警報」の発令がありましたが、16:00現在、未だ平穏です。お昼過ぎまでは太陽も顔を出していました。
今は曇りで風が強くなっています。「ビューっ」っという風の音が不気味といえば不気味です。  今夜は台風の影響が出るでしょう。 
Photo (クヌギの実・どんぐりが出来ています。)
今朝、未だ雨が降りそうになかったので、お散歩に出ました。
すでに数日前から、セミの声は全く聞こえなくなっていました。夏は過ぎましたね。
公園の樹木は、ドングリの実や、Photo_2 ナンキンハゼが実を着けており、実り・収穫の秋の前段階となっています。
一方で桜の木では、Photo_3通常の桜は、この写真のように未だ緑の葉で覆われています。でも、
Photo_4 中に何本かは、落葉してしまって裸になっている木が見られます。 何が原因なのでしょう?
もしかして今落葉すると、秋の間にもう一度花を咲かせるのかもしれません。この公園では毎年秋の狂い咲き桜が見られますから。 花が咲く条件として落葉することがある、と聞いたことがあります。  注目していよう。
また、桜とは関係ないでしょうが、Photo_5この落葉して裸になっている木は何か分かりますか?
公園にある同じ種類の別の木は、Photo_6こんな感じです。これは常緑樹の「クロガネモチ」なんです。この公園は何年も通っているのですが、クロガネモチが裸になってしまったのは見た覚えがないです。
 斑点病とか黒斑病とかう植物の病気になると落葉する、と説明されていますが。
ウーん、自然って年々同じようで、想定外の変化もありますねえ。
ところで明日は私の関係する団体が主催して行う講演会が予定されています。お天気に関して和歌山について言えば、明日は台風は通過してしまう、と思われるのですが、気象警報が解除されないと、会場が閉館されてしまいます。
 講演会が出来なくなります。
 ちょっと落ち着きません。
講師先生、主催側役員、会場担当者、それに講演会への参加予定者、への連絡・通知など、お天気次第ではエライことになります。
 無事に早めに通過して欲しいです。

« 虫歯が… | トップページ | 歴史講演会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65801830

この記事へのトラックバック一覧です: 台風接近 和歌山は未だ平穏:

« 虫歯が… | トップページ | 歴史講演会 »