2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ATPテニス | トップページ | 松山 優勝! »

2017年8月 5日 (土)

ダルビッシュと錦織 TVスポーツ観戦

午前中はTVの前に居る時間が多かったです。

MLBダルビッシュのドジャーズ移籍後の初登板試合と(BS1)
ATPシティオープン 錦織の準々決勝(GAOLA)がほぼ同時に実況放送されていたので
まず野球から、
Resize4093 ドジャーズユニフォームのダルビッシュ、風格が感じられます。Resize4096 回は既に7回、これまで無失点。自信を持って、試合を支配できています。
Resize4088 指名打者がないので打席にも入ります。
バッティングは嫌いじゃなかった思うけど、急なことで3三振だったけど、それは良い。
Resize4091 5回までの投球内容。
この後7回まで投げるのですが、無失点のまま、特に7回は圧巻の3者連続3振の快挙。
結局10奪三振。  見事な移籍デビューでした。
因みにメディアの記事では、”ダルビッシュがド軍移籍初登板で圧巻の7回3安打10奪三振無失点”の見出しで速報されていました。
さて、続いて錦織のテニスです。結果を先に言えば、メディアの見出しでは
”錦織、逆転で4強進出!世界225位に大苦戦、マッチポイント3度しのいだ”という試合でした。
ランキング200位より下、20才というポールを相手に
Resize4074 第1セットリードされています。
で、Resize4077このセットを落とします。
錦織が調子が悪いというより、相手が思い切りよく攻めてくるプレーに難儀している、感じでしたが。 錦織は自分のテニスのペースがつかみ辛いというような。
相手のトミー、Resize4079若いです。ダウンザラインのウィナーを何本も決められました。
第2セットも思うようなプレーが出来ません、
Resize4094 こんな格好や、
Resize4097 こんな姿がどうしても増えます。
相手は、Resize4098イケイケで押してきます。
Resize4101 そしてマッチポイントを握られてしまいます。
このゲームをしのぎ、次の相手サーブをブレーク。 生き返りました。
その後互いにキープして、試合はタイブレークに。
Resize4107
タイブレーク中に、Resize41102度目のマッチポイントがくる。 これもしのいで、Resize411310-8でタイブレークをものにしてセットカウントをイーブンに、ファイナルセットに入ります。
ファイナルセットはResize4116先に相手サーブをブレークして先行。Resize4117表情にも自信・集中を感じます。
そして迎えた、Resize4123錦織のマッチポイント。
Resize4124 勝った瞬間!
Resize4126 ガッツポーズは背中向きが撮れてしまいましたが。
ランキングの低い選手に負ける、苦戦する、という悪い癖は未だ残っているようですが、
ともかく勝ちました。  調子が上向くことに期待です。

« ATPテニス | トップページ | 松山 優勝! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65623327

この記事へのトラックバック一覧です: ダルビッシュと錦織 TVスポーツ観戦:

« ATPテニス | トップページ | 松山 優勝! »