2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ウィンブルドン始まる | トップページ | ペットボトル飲料の容量 »

2017年7月 8日 (土)

和歌山市内寺社巡り

七夕の昨日、歴史の観点から興味ある和歌山市内の寺社を巡って歩きました。

紀伊万葉ネットワークのメンバーであり、海南万葉の会を主宰する東さんが企画している秋のウォークの下見です。
朝起きた頃は雨、集合・出発の頃は上がっていて、お昼前に本降りの雨、午後は一転、「カッ」と陽が射す暑いお天気…、と梅雨の一日を実感しました。
歩いたのは、Photo「水攻めにあった太田城」の城址碑のある、来迎寺。
それとやはり太田城関連の、Photo_2毘沙門天。
縁起に関して説明板がありましたが、なかなか複雑です。道路からは路地を入る感覚で進むと、本尊がおわせられます。
Photo_3 次は大立寺の山門。太田城の大門が移設された、との説もあるようです。
お城近くの神社で、これまで前を通ったことはあっただけの、刺田比古神社。
Photo_4 吉宗が一旦捨てられ・拾われるという儀式が行われたことで知られているようです。”拾い親の神社”と謳われています。
しかしこの神社、なんと、万葉と関係があるのです。
Photo_5 神社縁起にある、祭神が、道臣と大伴佐デ比古となっています。
この大伴狭手彦(サデヒコの表記はいくつかある)とは、万葉集の中で、松浦佐用姫伝説の歌群の主役なんです。佐用姫を置いて任地に赴く際、別れを嘆く姫の物語、狭手彦は歌の序文に出てくるのです。
佐用姫伝説歌群のトップは、
遠つ人 松浦佐用比売 夫恋に 領巾振りしより 負える山の名 (巻5-871)  です
この大伴狭手彦は大伴旅人・家持の先祖筋にあたる人物です。
この日は七夕でもあり、Photo_6家持作の七夕歌が掲示されていました。
丁度外で七夕祭の準備をされていた宮司さんとお話ができ、万葉集や大伴家の興味ある話が聞けました。
今まで余り興味のなかったこの神社が、急に親しみ深くなりました。
その後、Photo_7首大仏の無量光寺、
Photo_8 怪談・番町皿屋敷のお菊さん地蔵を見たり、…。  ただ、お菊伝説は全国で何十か所もあるようですし、お菊が奉公したとされる、青山主膳という侍(旗本?、紀州藩江戸詰め侍?)は架空の人物という説明もあり(ウィキペディア他)真相は不明ですね。
以前から思っていましたが和歌山市ってお寺が多いです。「寺町」といって、本当にお寺が集まっている地域もありますし、それ以外で我が家の檀家寺の辺りもお寺が集合してあります。
そんな寺の中、徳川家女性の菩提寺Photo_9報恩寺、珊瑚寺、禅林寺、などのお寺を訪ね、それぞれ歴史的な意義の説明を受けました。
少しディープに和歌山市内の寺社について学びました。
案内してくれた東さんに感謝です。
オマケの写真は、Photo_10耳の大きなコンコン様(耳だけだとウサギに似てる)。
Photo_11 こんなところも通りました。(今まで知らなかったです)
オマケじゃなくて、最後の記事は、帰宅後シャワー浴びて、待望の
Photo_12 一杯ですね。プハーっ。
流した汗の量からすると、一杯では足りません。
直ぐに、Photo_132杯目となります。
この後、蔵元直売の無濾過原酒も冷蔵庫から出してきます。
旨い、美味いです。
でも、未だ未だ足りない、と思っていましたが、うちのカミサンが
「ちょっと飲み過ぎヨ。」で、水入り。
確かに、酒は一日2合相当、という生活目標からすると、かなりオーバーしています。
その後、錦織のテニスを、精彩を欠いているなあ、って思いながら見てたら眠り込んでしまっており、目が覚めたら試合は終わっていました。 
もう少し勝ち上がって欲しいのに…。
そしたら、大阪なおみ選手の試合が始まり、夜中だけど(体内時計が狂っているので、時間の感覚はありませんが…)TV観戦を始めました。第一セットはヴィーナス相手に食い下がり、タイブレークにもつれこみ、スコア3-0とリードしたんですが、そこまででした。
杉田、錦織、大阪、応援する選手がウィンブルドンから消えました。
夜中にTVを見なくて済むので、睡眠パターンの正常化に努めよう。

« ウィンブルドン始まる | トップページ | ペットボトル飲料の容量 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65508531

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山市内寺社巡り:

« ウィンブルドン始まる | トップページ | ペットボトル飲料の容量 »