2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 花は変わらじ? | トップページ | ちょっと3題 »

2017年5月 1日 (月)

書評から買った本

5月に入りました。和歌山は今日も良い天気です。
今は日本の七十二候の季節でいうと、24節気”穀雨”の中の末候の”牡丹華さく”に当ります。
 そういえば、民家や寺社の庭で牡丹の花がきれいに咲いているのを見掛けますね。
今日、アマゾンから本が2冊届きました。
Photo   1冊は岩波新書です。
 
もう1冊は、ウーンPhoto_2 古語辞典です。
いずれも書評を見て買ってみようと思ったものです。
岩波新書は、日経新聞の夕刊書評欄で、5つ☆のべた褒めだったので興味を持ちました。
もちろん内容分野的にも、しっかり考えるのをサボっていたこともあり、読んでみようと考えたものです。
Photo_3  オモシロ、楽しく読める本ではなさそうで、途中で放り出す懸念はありますが…。
 書評を見て近くの本屋さんに行ったら、置いてなかったのでアマゾンに注文となりました。
岩波新書というお堅いイメージの本では珍しく、良く売れているようです。
もう1冊の古語辞典は、週刊朝日の書評欄にあり、カミさんが、「あなたの好きそうな(要りそうな?)本が書評に出てた」というので目を通してみました。
今更「古語辞典を…」との思いは勿論ありましたが、受験勉強と関係なしに、座右に置いて、時々見る。
Photo_4  新しい視点での編集がされており。
また言葉の意味だけでなく、Photo_5 古典の常識や古事記以来の有名な短歌(万葉集、古今集、百人一首)などが紹介されており、「どこを読む」でなく、パラパラとめくって興味ある内容にぶつかることもありそうで、面白いかな、と思えました。
 ま、この本は一気に読み切るものでなく、殆ど「つんどいて」時々開いてみることがあれば、それで良しですから。  買って損するものじゃないですね。
 
で、ちょっと気分的に今はしんどい感もありますが、ともかく岩波新書をこれから開いてみます。
 
 
 

« 花は変わらじ? | トップページ | ちょっと3題 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65221158

この記事へのトラックバック一覧です: 書評から買った本:

« 花は変わらじ? | トップページ | ちょっと3題 »