2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 側溝清掃と万葉協会総会 | トップページ | 担々麺 »

2017年5月15日 (月)

全国万葉協会 (総会/バスツアー)

今日は昨日の出来事で3件目のブログアップです。
先の記事でタイトルに上げたものの書かずしまいになっていた記事を書きます。
Photo_6 側溝清掃を終え駆け付けたのは、
全国万葉協会の総会。和歌山を会場として開催するのは初めてのことです。
会場はJR和歌山駅前のJA会館の11F。11f 見晴らしの良い場所です。総会議事終了後のスピーチタイムで、私たち紀伊万葉ネットワークが秋に行う紀伊万葉ウォークのPRをさせて貰いました。また紀伊万葉ネットワークが協力する行事である、海南・万葉の会主催のウォーク、ミュージカルについてもPRがありました。   総会後昼食を摂り、午後は
バスを使ってのツアーで行く先は、Photo_7
万葉ファンなら、どんな所かは分かると思います。 岩代地区です。
Photo_8 これが結び松記念碑です。車の交通量の多い国道わきにあり、団体で訪問・観察するのは結構危ないです。
続いて上の標識にある、0.2Km先の、Photo_9 万葉歌碑を訪ねます。ここにはPhoto_10 もう一つ歌碑があります。
Photo_11 歌碑の建立、移設の背景や歌の解釈の説明を受け、みんなでこの歌を朗誦します。
少し田園地帯を歩きPhoto_12 岩代の海岸に出ます。
遠くには白浜も見えます。中大兄皇子と斉明天皇に尋問される地です。有間皇子のはどんな思いでこの海岸を通ったのでしょう…。
Photo_13 この地での集合写真です。
歩く道すがらの植物についての参加者お互いの会話や主催者の中で植物に詳しい先生からの説明があり、植物の名前、それが謳われている万葉歌などの勉強となります。
 帰ってくると、ウーン、忘れちゃいますねえ。
いくつか記憶と写真にあるものを…。
Photo_14 スイカズラですね。同時に映っている木の花の名前は忘れてしまいました。 しっかり覚えた積りだったのですが。
なお、スイカズラそのものを詠っている万葉歌はありません。葛という一般で出てきます。(たまかずらと美称のタマが頭に付く例が多いです)
ウツギ(卯の花)
Photo_15 これはタニウツギと言っていました。
卯の花は万葉集に24首も詠われています。 一つ紹介します。
霍公鳥来鳴き響もす卯の花の伴にや来しと問はましものを (巻8-1472 石上堅魚)
  卯の花と霍公鳥(ホトトギス)がセットになっている歌が多いです
玉葛 花のみ咲きて 成らざるは 誰が恋にあらめ 吾は恋ひ思ふを
  (巻2-102 巨瀬郎女)  花と実を言うのなら、太田道灌のヤマブキもそうですね。
写真は無くて、話題・説明があったものは;
コウヤボウキ(たまばはき、玉箒)
初春の 初子の今日の 玉箒 手に取るからに 揺らく玉の緒  
     (大伴家持 巻20-4493)
ひさき(アカメガシワ)
ぬばたまの夜の更けゆけば久木生おふる清き川原に千鳥しば鳴く
   巻第 6 - 925 山部赤人
 
万葉植物をもっと知ると、楽しさが倍加しそうです。頑張って覚えていきたいです。
 
 
 

« 側溝清掃と万葉協会総会 | トップページ | 担々麺 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65283398

この記事へのトラックバック一覧です: 全国万葉協会 (総会/バスツアー):

« 側溝清掃と万葉協会総会 | トップページ | 担々麺 »