2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夜桜見物 | トップページ | 桜は散っても庭には色んな花が »

2017年4月19日 (水)

(恒例の)イチゴジャム作り

ブログ更新、結構サボッていました。
桜の話題や庭の花など、写真撮ってネタにしようと思っていましたが、記事アップしないままで日にちが経っていました。
今日はイチゴジャム作りを記事とします。
 
イチゴジャム作りはこの数年私の定番作業となっています。
今年もその時期がやってきました。
Resize3425  原料いちごは、ご覧の4パック。イチゴ品種は「さちのか」と「まりひめ」が2パックずつです。
ジャム用には、あまり大粒でないイチゴが出盛りで安くなったところを使います。
今回、カミさんがお店に電話して、「今日はイチゴはいくらですか?」って聞くと、
「今、198円。時間が経って数が少なくなると298円になる」との返事でした。
「4パック取り置いといて」とお願いして、直ぐに買いに出掛けました。
イチゴの値段って、日によって変わるのです。 だいたい、1パックが200円台でジャム用として購入します。
ジャム作りは毎年同じことの繰り返すですが、
Resize3427 イチゴを洗い、ヘタを取り、
鍋に入れ、砂糖をまぶします。Resize3428
私は通常グラニュー糖に上白糖を少し混ぜるのですが、今回上白糖を切らしていてグラニュー糖のみとなりました。  今回の砂糖量はイチゴに対し45%としました。
Resize3432 数時間置いて、砂糖をイチゴになじませます。
あとは、Resize3433 煮詰めます。アク取りは何度も行います。
Resize3435 この間で、容器滅菌はカミさんが担当してくれます。
Resize3436 火を止める直前にレモン果汁を加え、ジャムテストで硬さを確認し、ジャムとなります。
Resize3437 ビン詰め、熱取り、再滅菌で 完成です。
近隣・知人への配布には、未だ別ロットで作ることが必要です。
 
安いイチゴが出ている間に、次を作ることになるでしょう。
 

« 夜桜見物 | トップページ | 桜は散っても庭には色んな花が »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/65172097

この記事へのトラックバック一覧です: (恒例の)イチゴジャム作り:

« 夜桜見物 | トップページ | 桜は散っても庭には色んな花が »