2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

花は変わらじ?

良いお天気です。少し暑く感じるほどです。
世の中、ゴールデンウィークなんですね。  私は、だからと言って格別の予定はありませんが…。
歳々年々人同じからず。(年々歳々花相似たり)と言われるように、
人は(私は)、寄る年波で毎年毎年、体力の衰え、髪の白髪化、何にも増してボケの進行の恐怖と、同じを願っても叶いません。
一方の「花が変化せずにある」というのもどうでしょうか?
昨年の今頃と比べてみますと;
Photo_14 一年前にアップして名前を教えて貰った、「ナルコユリ」、今年も咲いています。
しかし、Not 同じく去年咲いていた、「ワトソニア」は今年は見当たりません。
 ウーン草引きで抜いてしまったかも。
今庭では、Photo_15 鉢植えの花、名前は何だったかな?
Photo_16 一応花ですが勝手に生えてきたもので、あまりきれいとも言い難し、の花。Photo_17 殆ど咲き終わり、僅かに残っていたシモクレン、などがあります。
Photo_18 イチハツも昨年は咲いていましたが、今年はどうしたのでしょう?未だ見ていません。 他にバラも咲いていたのですが、今年は未だ一輪も咲いていないです。
草花の場合、人為的に植えたり/抜いたりするので、年々同じか違うかが自然でないこともありますね。 木の花は簡単には変わらないですが。(だから年々相似たりとされるんですね)
ところで今日は、Photo_19 エンドウ豆の収穫を行いました。今年は少し育ちが悪い感じです。それと先日の強風で茎が傾いて(折れてはない筈ですが)その後栄養が回り難くなった感もあります。
ボチボチ、豆ごはんをカミさんに頼みましょう。
Photo_20 玉ネギも地上に顔を出して、「そろそろ収穫してよ」と言ってるようで、また掘り出して食卓に乗せましょう。
 
 

2017年4月29日 (土)

紀の川サイクリング

紀の川サイクリングロードといって、良い道がある、と聞いたので自転車を走らせてみました。
Photo  紀の川河口部(家のすぐ近く)がスタート地点
 
 河川敷等で部分的に自転車道があることは知っていましたが、途切れ途切れになっており、一般道を走らないといけないことが多いので未だ魅力は少ないと思っていました。
 それが橋本市まで開通しているらしいのです。 どんなものか試してみたくなりました。
橋本市まで50Km弱です。 全部がサイクリングロードなんでしょうか?
Photo_2 河川敷のサイクリングロードは快適です。
舗装はきれい。車は通らない、信号は無い。時折ウォークやジョギングの人とすれ違う。もちろん自転車を走らせている人も居る。
Photo_3 河川敷から堤防の道に変わります。
このブルーのラインがサイクリングロードを表しています。
Photo_4 紀の川もちょっと上流っぽくなってきました。
景色も楽しめますね。Photo_5 井堰もあります。
確かに途中、一般道に出て車の通る道を走る部分もありますが、それは僅かでした。
31km 結構快調に走れて、もうこんな地点です。
帰りにあと30Km走らないといけないってことで、帰りが大変そうです。
道が良くて信号が無いと、自転車走行も平均時速20Kmを超えます。概ね、10分で4Km、つまり時速24Kmというところです。 もっとも、途中止まって風景を楽しんだり、写真を撮ったり、それに休憩したりするので、全走行では20Km/時を少し切るくらいですね。
この辺で引き返すことにしました。午前10時頃に出発して、お昼に近くなっています。
お腹も空いてきました。飲み物・軽食(お菓子の類)は用意していますが、やはり食事が欲しいです。  それでサイクリング道から一般道に移り、集落のありそうな方向に自転車を勧めました。
ところで、ここがどの辺なのか不案内だったのですが、途中に「荒見」という地名があり、「聞いたことある地名」と思っていたら、
 Photo_6 ここに至りました。
そうか龍門山の登山口だったのです。 龍門山温泉には以前、軽食を食べられた、と寄ってみたのですが、営業していませんでした。
 この辺りでは他に食堂らしきものはなく、個人のコンビニ風ストアで、弁当でもと期待して寄ったのですが、「今日は祝日だから弁当は入ってこない」とのこと…。残念。
で、国道24号に出れば、、Photo_7 店は色々ある筈と龍門山橋を渡り、国道に向かいました。
で、Photo_8 食堂を見つけ、
Photo_9 こんなメニューで昼食をとりました。
ここで、食後元の道に戻れば良かったのですが、しばし24号を走って適当にもとに戻ろうと考えました。
紀の川に出られるだろう道を曲がるのですが、畑地を通っていくと、
なんと、Photo_10 行き止りです。bearing
畦道を歩くだけなら先へ進めますが、自転車は無理でした。
 バックしてまた24号に戻ります。
さらに、Photo_11 打田町(紀の川市)の運動公園の上の道で、Photo_12 こんな距離標識のある道が、この少し先で行き止まりになっていて…。
この時はバックする距離もかなりあり、ガッカリでした。
疲れが出始めました…。
Photo_13 そうこうする内に、見覚えのある地点と、ブルーのラインの道に復帰できたときは、ホッとしました。
この頃は自転車の速度は、時速15Km も出ないくらいになっていました。
午後3時頃には雲行きが怪しくなり、ポツポツ雨も落ちてきて、辛いものがありました。
 (雨は小雨がパラついたくらいで収まりました)
3時半くらいに、無事家に帰り着きました。
60Km弱の走行、”ちょっと試しに走ってみる”、ということでは結構頑張りましたねえ。
お尻も痛く、また腰痛も出てしまいました。
 (尻の部分が分厚いサイクリングパンツを穿くのを忘れていました、次に自転車で走るときは忘れないでおこう)
さて今回は橋本までの途中で引き返しましたが、ずっといい道のようなので、次は走り通せるよう出掛けます。
さらに奈良県までもサイクリングで行ってみようと思います。
 
 
 

2017年4月28日 (金)

マネーゲーム

今日は良いお天気でしたが、私自身は家の中でゴロゴロしていました。coldsweats02
で、PCでPhoto_2 こんな画面を見つめていました。
写真は円/米ドルの為替レートの毎日の変動を表したものです。
画面右端に近いところで、かなり急激に凹んでいますが、これは確か、トランプ米大統領が、「ドルは強過ぎる」と発言したことにマーケットが反応したものです。
この時、ドルを買って持っていた私は急激なドル安に襲われ、どこまでドルが下がるか分からないので損をした状態で売ってしましました。 その後ドルは反騰しています。
 今ドルを再度買ったので、未だしばらくドル高(円安)の傾向が続いて欲しいです。
Photo_3 こちらはユーロ/円の日足チャート(日毎の変動jを表す)です。 右の方で谷から急上昇しているのは、確かフランス大統領選でマクロンがルペンを抑えて1位となり、3位以下の候補がマクロン支持を表明したことで、EU/ユーロへの不安感が和らいだ影響かと思われます。
なお、5 ユーロの本日の5分足は左の通りで、急上昇があります。 これは反落しそうなんですが…。
ユーロは選挙後の大幅上昇のとき、これは反落があるだろう、と思い「売り」建てしたんですが、期待外れで値動きは停滞、さらに上昇することも考えらえたので処分しました。
今、買いか/売りか?  どうすべきか分からないので様子見です。
FXはヘソクリの範囲で細々と扱っていますが、リバレッジが掛かっているので、僅かな動きでも損益への影響は結構出ます。
 そのバクチ性が気に入ってます。 はまらないよう、扱う額の制限は掛けていますし、損が出た場合追加投資を請求される場合がありますが、その時は追加投資で頑張る、なんてことはせずに、「これまでか」と諦めます。
今日はじっと相場を見ていた割には、取引の決断できずにいました。
今日の傾向はやや円安で、今は外貨を買いで持っているので、私の持ってる外貨の価値は上がりました。  (今日だけホクホクhappy01)
家に居たことで、Photo_5 今日はこの本を1冊読み切りました。山本一力、高知県出身の作家です。 
なんか、山本一力のいつもの文体・構成やなあ、と感じながら読みました。
 
 

2017年4月26日 (水)

玉ネギの初収穫

昨日の晴天から変わり、今日はしとしとと雨が降っています。
 
まあ、この時期は24節気でいう「穀雨」で、穀物をうるおす雨が降るとされています。
確かに、穀物・植物には惠のあめですね。
こうして、私の家の庭でも育っている作物がいくつかあります。エンドウは時々収穫して食卓に上がっています。
Photo そしてタイトルにしてある、玉ネギも育ってきました。  カミさんと、「もうそろそろやねえ」と言っていたのですが、今朝「収穫したよ!」ってと、掘ってきました。Photo_2 鮮やかに白くて、大きな「新玉ねぎ」です。
因みに、この玉ネギは昨年11月、知人から苗を分けて貰い、
庭を耕し、畝を作り、施肥をしてPhoto_4 苗を植えていたものです。(耕して畝を作る作業は私が、その後はカミさんの作業でした)
 
収穫した玉ネギは
Photo_3 スライスして…、
朝食のパンに乗っけます。Photo_5 写真では、玉ネギの上にチーズ、ベーコン、アスパラ、卵が乗っかっています。
トースターで焼き、Photo_6 自家製ビッツァトーストとなります。
 美味しかったです。
あっ、少しだけですが玉ネギのスライスも味見しています。甘味があり、ピリっと苦みもあり、土から出たばかり、の味を感じました。 (大地の恵み とは大袈裟かも)
夜にはサラダとして玉ネギが食卓に上がります。

2017年4月25日 (火)

総会の季節/イチゴジャム続編

昨日・今日と良いお天気でした。
新緑が目に映え、風は爽やかで、花咲く春から”風薫る初夏”へと季節の移ろいを少し感じました。
 
ところで、Photo_3 写真のように;
この4月、5月の季節は、”総会の季節”でもあります。
実は今日も、Photo_4 こんな総会がありました。
そして、明日も、明後日も別の地域団体の総会があります。
「株主総会」は通常6月に”総会の季節”となりますが、一般団体は年度の変わり目のこの時期に総会が集中します。
5月に入っても未だ、3件くらいの総会に出席します。
団体内の役割によっては、総会前の会計監査、総会後の役員会などへの出席が必要な場合もあります。  
ウーン、結構忙しいですね。
【イチゴジャム】
先日ジャム作りの記事をアップしましたが、例年通りにご近所・知人におすそ分けするには、量が足りません。
で、追加のジャム作りとなります。
24_2 これは昨日買ったイチゴです。
250円/パックでした。  もう200円代のイチゴは終わりになるようです。
作り方は前回記事と同じですので、ここでは略します。 
もうレシピを見ないで作れます。  
で、今日はイチゴジャム作り3Lot目でした。
Photo_5 イチゴは4パック買いです。
イチゴ種類の「さがほのか」というのは初めてかと思います。
 イチゴそのものの味は、少し酸味もあり引き締まった味かと思いました。
ジャムとしても引き締まった味になるでしょう。
このイチゴは、Photo_6 洗って、現在鍋の中で砂糖をまぶして馴染ませ中です。
明朝に加熱、ビン詰めとなります。
ジャム用のビンが結構必要で、ジャム用ビンをわざわざ買っています。
今年のジャム作りはこれで終わりです。
 
イチゴジャム以外では;
リンゴジャム作りは昨年初めて挑戦したのでした。
でも、カミさんの作ったジャムに比べて「こっちの方が美味しい」と言えるものにはならなかったような記憶です。
イチジクジャムは、私はあまり作りたいと思わないです。
みかんを使ってジャムかマーマレード作りが良いかな。
 高知の小夏みかんを材料として。
 
 

2017年4月24日 (月)

熊野古道 果無峠越えウォーク

4月20日、タイトルのウォークに行ってきました。行ってから日数が経っていますが
、ブログ記事として報告します。 
万葉の会の仲間が主宰する「熊野古道を歩く会」という、企画への参加でした。
 
Resize3438_2  今回はバスを仕立てて登り口まで行きます。
果無峠というのは、熊野古道・小辺路にあります。
で、小辺路というのは、高野山から熊野(本宮)に至る道で、基本的に紀伊半島の尾根部分を通っており、標高1000m程度の山地が続きます。
鉄道から遠く、アクセスにはバスを使うしかありません。
和歌山駅を7:00に出発。途中のResize3439 熊野本宮大社を出たのが10:00。(ここで少し時間調整しましたが)
和歌山県を抜け、奈良県戸津川村に入ります。
Resize3445 峠への登り口を出発したのは11:00となっていました。  遠いですねえ。
 なお案内の語り部さんの話では、十津川村というのは村としては日本一広い面積を有し、村域が琵琶湖位の広さがある、大きな村ということでした。
 
標識は、 Resize3440_2 こんなものがあります。
結構登りはキツイです。峠までの標高差は700m以上あるようです。
 
実は、これまで良く歩いていた、熊野古道・紀伊路では峠越えと言っても300m程度だったので、なんかその延長で熊野古道は標高的には高くない、歩き易いところ、と思い込んでいました。今回の標高は1000mを超えます。 山登りという感じです。
Resize3446 峠までの 路傍には、三十三観音が置かれています。西国三十三個所にお参りした効果が得られるとか…。
 
峠までの登り道をゆっくり歩きます。Resize3452
ガイドマップ等の標準歩行時間よりもかなりゆっくりです。
三十三観音の番号や、iPadの高度計をチェックしながら、「あと、どれくらい」と励ましながら登ります。
最近低い山しか行ってなかった身には、700m以上の高度差を一気に登るのは少々キツイです。
 
Resize3455 ゆっくりでも着実に進めば、峠には辿り着きます。  ホッ。  この標識ではこの地の標高が1,060mとなっています。 紀伊山地の尾根なんですね。(ここは奈良県ですが)
当初は峠付近で昼食か、と思っていましたが、ゆっくりの行程のため、大分下の方で昼食でした。  いやあ、このペースでは帰りが遅くなるな、と心配になってきました。
 
ところで今回昼食時に大失敗をやらかしてしまいました。
Resize3441 お昼は私として定番の”助六寿司”なんですが、弁当を置いたところが傾いていて、地面に転がり落ちてしまいました。
いなり寿司の方は、汚れを払って食べちゃいましたが…、この巻き寿司はねえ…。
周りの方が気の毒がって、おにぎり等のおすそ分けを申し出てくれました。
 始めは「大丈夫です」、と言ってましたが、好意に甘え、おにぎり1個を貰って足しにしました。
 ウーン、不注意でした。
いつものように、アルミワンカップで日本酒持って行ってましたが、会社OB会の時と違い、誰もアルコール摂取者はいないし、お寿司落として目立っているし、酒は控えてしまいました。
標高的には果無峠が今回ウォークの最高地点ですが、このコースは下りが長いのが特徴で未だ未だシンドさは続きます。
峠から下り方面を眺めると、下り稜線が延々と続くのが分かります。”果てがないくらい遠くまで続いている”というのが、「果無峠」の名前の由来とか。
 
下りとは言え、膝が笑わぬよう気を付けてゆっくり進みます。
Resize3458 途中見晴らしの良いスポットもあります。
夕方5時過ぎ、Resize3460 やっと歩きのゴール(バス道)の見えるところまで下りてきました。  
全員無事に完歩。 良かったです。
熊野古道、和歌山市から遠いところでは、未だ未だ訪れていないコースが一杯あります。
また別のコースでの歩きも行ってみたいです。
適度な疲れもあり、ウォークを楽しめました。
 
 
 
 
 

2017年4月21日 (金)

桜は散っても庭には色んな花が

ブログを小休止している間に、
お花見に行き(お弁当持参で)、その後散る花を惜しみ…。
 
でも未だ、「時は春」ですね。
Resize3409_2 庭には色とりどりに花が咲いています。
カミさんが世話している花も、殆ど勝手に生えてきている花もありますが。
また、Resize3404 マーガレットのように花の名前を知っている花もあれば、Resize3403 名前を知らない花もあります。
以下、4月15日時点での庭の花を表示します。
Resize3401
Resize3419 黄色も白も多分オキザリスだと思います。
Resize3418 (ポピー)
(タンポポ)Resize3421 は勝手に生えています。
他に、
Resize3396 イリスが咲き始めています。
Resize3414 フリージアは今年カミさんが植えたものです。
鑑賞用ではないですが、Resize3407 エンドウも白い花を付けています。(ボチボチ豆の収穫期ともなっていますが)
Resize3416 これも花なんですね。 雑草ですが。
花があり、小鳥がさえずり、春は心が華やぎますね。
 (数日前は、心が華やぐなんて言えないでしたが)
 

2017年4月19日 (水)

(恒例の)イチゴジャム作り

ブログ更新、結構サボッていました。
桜の話題や庭の花など、写真撮ってネタにしようと思っていましたが、記事アップしないままで日にちが経っていました。
今日はイチゴジャム作りを記事とします。
 
イチゴジャム作りはこの数年私の定番作業となっています。
今年もその時期がやってきました。
Resize3425  原料いちごは、ご覧の4パック。イチゴ品種は「さちのか」と「まりひめ」が2パックずつです。
ジャム用には、あまり大粒でないイチゴが出盛りで安くなったところを使います。
今回、カミさんがお店に電話して、「今日はイチゴはいくらですか?」って聞くと、
「今、198円。時間が経って数が少なくなると298円になる」との返事でした。
「4パック取り置いといて」とお願いして、直ぐに買いに出掛けました。
イチゴの値段って、日によって変わるのです。 だいたい、1パックが200円台でジャム用として購入します。
ジャム作りは毎年同じことの繰り返すですが、
Resize3427 イチゴを洗い、ヘタを取り、
鍋に入れ、砂糖をまぶします。Resize3428
私は通常グラニュー糖に上白糖を少し混ぜるのですが、今回上白糖を切らしていてグラニュー糖のみとなりました。  今回の砂糖量はイチゴに対し45%としました。
Resize3432 数時間置いて、砂糖をイチゴになじませます。
あとは、Resize3433 煮詰めます。アク取りは何度も行います。
Resize3435 この間で、容器滅菌はカミさんが担当してくれます。
Resize3436 火を止める直前にレモン果汁を加え、ジャムテストで硬さを確認し、ジャムとなります。
Resize3437 ビン詰め、熱取り、再滅菌で 完成です。
近隣・知人への配布には、未だ別ロットで作ることが必要です。
 
安いイチゴが出ている間に、次を作ることになるでしょう。
 

2017年4月 9日 (日)

夜桜見物

昨日(日曜日→土曜日の間違いでした)はお天気も気分もイマイチで、家に引き籠っていました。
夕食を終え(晩酌も済ませ)、「一日家から一歩も出ないというのもイヤだな」と思い、
ともかく家を出ました。
Resize3362 (お城のライトアップと桜が一部 )
和歌山城が桜の見頃になっているはずで、そこに行きました。
Resize3367 市の橋から城に入ったところの枝垂れ桜3本くらいあり、ライトアップされています。  桜がくっきり浮かび上がりますね。
一番大きな枝垂れ桜は、Resize3370 撮影スポットとして人気があり、グループや個人、それに自撮りの人が絶えません。
Resize3354 ボンボリも満開、下では宴会のグループも複数。 昼間は雨がパラパラだったので宴会はつらかったでしょうが、ともかく雨が止んだので盛り上がっています。
 
 
Resize3357 お城をバックに桜を撮るのは、露出の加減で結構難しいです。Resize3356 花をアップすると露出は合せ易いですね。(バックがお城かどうか分からないですが)
今回は花を見る、撮るだけ、「ダンゴ」の部分は全くなしでした。
帰宅して、お酒を再開していたら、カミさんに「何度も飲むのは止めといたら」とたしなめられたので、その通りだと思いました。 
2度目の家飲みを始めると、お酒を味わうというより、水代りに液体を口に入れる、ように際限なくなってしまうことがあります。
 
気を付けなくちゃ。
 

2017年4月 6日 (木)

ボチボチお花見の季節

例年に比べ遅れていた桜の開花も宣言され、和歌山でもお花見のシーズンとなってきました。 和歌山城も5分くらいは咲いています。
で昨日、近場ですがいつものお散歩の公園と、その先の河西公園の桜の様子を見てきました。
散歩公園では、木によって咲き加減に差がありますが;
この公園で早く咲く種としてResize3338 オオシマザクラが満開に近く咲いていました。
Resize3341 花のクローズアップです。
このオオシマザクラ、緑の葉と白い花が同時に出ますが、私の好きな桜の種類です。
ソメイヨシノは木によってバラバラですが、比較的咲いている方は
Resize3335 こんな感じです。未だ5分までも咲いていないですね。Resize3336 花のアップは、結構きれいですね。
 
なお、このほぼ同じ地点で昨年の同時期、Photo はこんなものでしたから、差は歴然ですね。去年はもう満開を過ぎて散り始めていました。
今年の他の桜では、 Resize3351 ここでは山桜は未だ未だ咲くのが遅そうです。また
Resize3349 サトザクラは元々八重で遅咲きですので、これも未だ未だです。
また河西公園はソメイヨシノが主体で、Resize3344 この程度でした。
 
で、我が家のお花見ですが、カミさんとも相談して 花見の場所は和歌山城ではなく、河西公園とする。
その時期は、来週前半くらい。 で計画します。
最後にお弁当ですが、流石に弁当を作って、という手間は掛けられません。
スーパーの花見弁当はちょっとがっかりした経験もあり、お弁当やさんに注文することになるでしょう。
 ちょっとだけ贅沢しようかな。happy01
お天気も調べておかないといけないですね。
 

2017年4月 1日 (土)

桜の様子、スケート

4月に入りました。 新年度ですね、(あまり関係ない生活してますが)
先日和歌山でも開花宣言がありました。それで今日、和歌山城の桜の様子を見に行って来ました。
Photo_6 大手門を入ってスグの枝垂桜は見事に咲いていて、見頃となっていました。
花のアップでは、Photo_7 こんな感じです。
ソメイヨシノは、Photo_8 1~2分咲きという具合でしょうか。ところどころに花が見られます。 でも、
Photo_9 屋台の出店はしっかり開いていますし、この写真でも左後方ではシートを敷いての席取り、いやすでに宴会に入っているグループもあります。  まっ、花より団子ですしネ。bleah
何とかスポットを探し、Photo_10 お城と桜のテーマでの写真も試みています。
 
夕食後には、スケートの実況放送を見てました。
羽生、やりましたネ。
Photo_11 逆転優勝です! 完璧演技!
圧巻でした。
 
宇野も頑張り、ワンツーフィニッシュです。 レベルの高い戦いでした。
Photo_12 表彰台の高いところに日本人が二人。
そして、Photo_13 日の丸がワンツーで上がります。
女子は惜しかったですが。  また時間が掛かっても世界のトップ選手が育って欲しいです。
 

和歌山城

今日から4月、新年度・新学期です。
 
和歌山でも桜の開花宣言が出されたことですし、市中心部に出る用件があったので、和歌山城の様子を見てきました。
Photo 大手門を入ってすぐにある枝垂桜は見頃でした。  アップで撮ると、Photo_2 こんな感じです。
Photo_3 出店もズラっと店を開いていますし、桜の木の下で「花より団子」と宴会の始まっているグループや、夜のためにビニールシートで花見の席取りをしているグループもあります。
ただ、ソメイヨシノの咲き具合は…、
Dsc_1815 全体では1~2分咲きというところでしょうか。Photo_4
とにもかくにもお城と桜を結び付けると、Photo_5 こんな写真となりました。
あと1週間が見頃でしょうね。
 

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »