2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | お正月 »

2017年1月 3日 (火)

コーヒー店の外観争い

和歌山市にマサキ珈琲という喫茶店があります。
Photo  店舗外観はこんなものです。
これが昨年末から話題になっているお店なんです。
この店の外観で、「どこか他の店に似てる」って思われる人もあるでしょう。
そう、コメダ珈琲に似てるようなのです。私自身はマサキにもコメダにも行ったことないし、あまり意識してはなかったです。
ただ、「似てるな」、とか「パクリやんか」という声は結構多かったようです。
Photo_2 こちらはコメダ珈琲の外観です。
 入った人の評では、内装、家具、メニューなどもソックリとの意見もあります。
実際コメダ珈琲は偽物で営業してはいけない、この店は「不正競争防止法」に違反していると、裁判を起こしていたようです。
裁判所(東京地裁)はコメダの言い分を認め、12月に店舗や内装等類似性の高い施設の使用禁止の決定を出したようです。
今日、問題のマサキ珈琲中島店を通ると、Photo_3 店舗改装工事中でした。裁判所命令を出されたので、対応したのでしょうか。
Photo_4 店舗玄関には張り紙がありました。
 17日に裁判所の決定があり、22日から改装工事とは迅速な対応ですけど。
 まあ、裁判ってのは、判決(決定)が出される前に審理の様子で大体は勝つか/負けるか読めることが多いので、負けを覚悟して準備していたのかもしれません。
 
このマサキ珈琲、当初はコメダのフランンチャイズ店の申請をしたらしいですが、コメダに断られたようです。 それでも強行してコメダ似の喫茶店をオープンしてしまった。
ちょっと似てても問題ない、と思ったのでしょうか?
コメダから警告を受けも無視していた結果が裁判所の決定のようです。
ところで冒頭に出した写真は、マサキ珈琲の別の店舗で、まだオープンして1年も経ってない店です。こちらは店舗改修には取り掛かっていません。(オープンしたばかりの新しい店ですから改装はコストが大変だからでしょうか?)
まっ、この新しいお店は裁判で争われておらず、裁判所の営業禁止命令の対象ではないようですが…。
 *コメダが裁判を起こすとき、未だこの店は出来ておらず、裁判の対象とならなかったのでしょう。
 しかし、訴えられたら同じ結果になりますよね。
新しいお店、どうする積りでしょう?
ネットの話題では、「関西人はパクリを平気でやってしまう」とかの意見が出されており、困ってます。 イヤですねえ。
 
 
 

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | お正月 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/64716564

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー店の外観争い:

« 明けましておめでとうございます。 | トップページ | お正月 »