2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« もみち 色付く葉っぱ | トップページ | モミジ を詠った万葉歌 »

2016年12月12日 (月)

万葉集の中の”もみち”

”もみち”と万葉集についてブログで触れました。
もう少し調べたので、押し売りで薀蓄します。wink
  (写真無しのテキストだけです   面白くはないですが)
万葉集で、今でいうモミジ、紅葉することの歌は100首以上ありますが、
”紅葉”という文字が記載されているのは1首だけです。殆どは〝黄葉”表記です。
この紅葉表記の1首を紹介します。(巻10-2201)
 黄葉を詠む、という題詞のもとでの40首くらいの歌群の中にあります。
原文:妹許跡  馬鞍置而  射駒山  撃越来者  紅葉散筒
 
読み下し: 妹がりと 馬に鞍置きて 生駒山 うち越え来れば 黄葉散りつつ
 
訳:妻の許へと馬に鞍を置いて生駒の山を越えて行くと 紅葉の葉が止むことなく散り続けていた
  何故か良く分からないですが、原文(万葉仮名)では「紅葉」が読み下しでは「黄葉」となり、解釈では「紅葉」の文字表現となっています。
 これは平安時代の万葉集の写本(原文/読み下し文がある)が、黄葉となっていたのでしょうね。
 
 
紅葉する・黄葉する植物について
【銀杏】
 銀杏について詠われている例はありません。銀杏が日本に伝わったのは平安以降と考えらえています。
ただ、『ちちの実の 父の命(みこと)  ははそ葉の 母の命(みこと)…  巻19-4164 大伴家持』の歌の”ちちの実”のチチが、銀杏である、との説があるようです。主流は、チチはイチジクかイヌビワとされているのですが。
 
【カエデ】  今は紅葉といえば楓とされるくらいですが、
 万葉時代にもこの植物はありまして、「かへるで」と呼ばれていました。子供の手をイメージしていたようです。 蛙の手じゃないと思いますが…。
ただし、楓が赤く色付くというより、黄色になる、と感じられていたとも思われます。
 まっ、万葉集では紅い葉も黄色い葉も原則は全て、”黄葉”と表記されますが。
カエデの歌は、巻8-1623
原文:吾屋戸尓  黄變蝦手  毎見  妹乎懸管  不戀日者無
読み下し:我が宿に もみつ蝦手 見るごとに 妹を懸けつつ 恋ひぬ日はなし 
  カエデはカエルデ(蝦手)と表記され、また黄変と書いて「もみつ」という動詞を表しています。  楓が紅くなるのでなく、黄色に変る、とされていますね。
 
その他モミジするとして詠われている植物
萩、茅、梨、葛などがあります。
例えば、巻10-2186に
原文:秋風之  日異吹者  露重  芽子之下葉者  色付来
読み下し:秋風の 日に異に吹けば 露を重み 萩の下葉は 色づきにけり 
 というのがあり、萩の色付きを詠んでいます。
 
長くなったのでこの辺で。
 
 
 

« もみち 色付く葉っぱ | トップページ | モミジ を詠った万葉歌 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/64613732

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉集の中の”もみち”:

« もみち 色付く葉っぱ | トップページ | モミジ を詠った万葉歌 »