2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 低山縦走トレッキング 高森山~四国山 | トップページ | 色々ってタイトルです。 »

2016年12月29日 (木)

古墳を見に

来年春の歴史ウォークとして企画しているコースに古墳巡りがあり、私は未だ一度も行ったことないところなので、どんな場所か調べに行ってきました。
Resize2003_2
利用した「足」は動きが自由な自転車でした。
Photo_11 バス道で見えるように標識があり、目的の 車駕之古址古墳は迷うことなく簡単に見つけられました。
私は自転車でここまで来たのですが、ウォークの参加者は、バスの利用以外に来るのが難しそうで、Photo_12 最寄りのバス停と、バスダイアはしっかりと調べておきました。
Photo_13 バスの本数は少なく、ウォークを考えると 参加者が使えるのは一本のバスだけで、これに合わせた集合時刻とすることが必要となります。
で、この車駕之古址古墳ですが、冒頭の写真にあるように、発掘後埋め戻して現在は公園地となっています。
全景としては、Photo_14 こんな感じで、小高い丘の公園ですね。
Photo_15 説明板が建てられています。
出土物はここでは保存されていません。
参加者にはこの地に立って、古墳のあった時代を想起してもらいましょう。wink
この駕之古址古墳のすぐ近くに、もう一つ「釜山古墳」があります。
Photo_16 ここは住宅地の中にポツンとある、小さな盛土という感じです。
ここを出たあとコース途中のスポットとして、Photo_17 大年神社があります。 まずまず由緒がありそうな神社です。
今回私は、ここまでで帰りました。ウォークコースとしてはこの後、大谷古墳、鳴滝遺跡(倉庫群跡:現在は高等学校敷地)と進みます。
この歴史ウォークコース、風光明媚な地を巡るというものでなく、山川草木自然がいっぱいというものでなく、歴史を思い起こすということになります。
直接目で見て楽しむではなく、見たものからイメージを膨らませてもらうことになります。
案内先生方の説明に期待が掛かります。
鉄道の駅を出発地・解散地にできないのは、少々不便感がありますが…。
 
ウォークファンよりも歴史ファンの興味を引くコースと思われます。
 
 

« 低山縦走トレッキング 高森山~四国山 | トップページ | 色々ってタイトルです。 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/64688942

この記事へのトラックバック一覧です: 古墳を見に:

« 低山縦走トレッキング 高森山~四国山 | トップページ | 色々ってタイトルです。 »