2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« りんごジャム作り | トップページ | 万葉玉手箱 »

2016年11月20日 (日)

こども歴史探訪ウォーク

タイトルは、子どもたちが、歩いて体験しながら、歴史や文化、また自然について楽しみ・学ぶ、ことを目指した企画です。  
 ”海”関連は既に和歌山市加太地区で行っており、今回”山”関連としてかつらぎ町地区で行われました。
昨日の天気予報で雨の確率が高く、中止も危惧されたのですが、今日の早朝、「決行する」との連絡を受けました。
JR大谷駅近くの公民館前に集合し、ウォークを開始します。
Photo 出発後スグにある、大谷神社境内は落ち葉の絨毯がきれいでした。カヤの木や椋の木について説明を受けます。
この神社を出たところで、Photo_2 虹が出ていました。
写真は少し分かり難いでしょうか?家の屋根のすぐ上に横に広い形の虹が見えています。
お寺の境内では、Photo_3 榎木やヤドリギ、ネズミサシ(ムロノ木)、などの説明を受け、ノートします。
榎木は木の名前として、「え」の一文字でも呼ばれること、実や若葉は食べられることなど、を教わります。
Photo_4 途中の農家さんからミカンを沢山差し入れとして頂いたり、Photo_5 民家の庭の槙の木の実を食べてみたり、楽しく歩きます。
Photo_6 笹舟を作って流すのは、江戸時代に作られた、”小田井用水”です。
 他にも”文覚井”などの古い灌漑用水について、作られた背景や用水の恩恵などもしっかり学習しました。(皇太子殿下もご視察に来られたところです)
 
蓬莱山神社では神主さんから神社の由来や特色などを教えて頂きました。
そして神社裏の山で、文覚井の姿を見、Photo_7
羊歯の葉飛行機飛ばしにチャレンジしました。
JR笠田駅で休憩し、Photo_8 ドングリ団子と椎の実入りケーキのおやつを頂きました。どんぐり団子の美味しかったことには、皆驚きでした。
ドングリって食べられるのですねえ。”あく抜き”手間が掛かるようですが。
 ほかに、道沿いにあった、椋の実も美味しいと言って皆で食べました。
ウォークの最後は、多羅葉への文字書きです。
出来れば短歌を、その他お手紙風でも何か書いてみることです。
Photo_9
多羅の葉に爪楊枝なんかで文字を書くとPhoto_10 、はっきり読めますよね。
最後にPhoto_11 皆で写真を撮って今日の行程は終了です。
結構な距離のコースでしたが、子どもたち元気に歩き通しました。
疲れたでしょうけど、楽しみながら学んで貰えたかと思います。
 
 
 

« りんごジャム作り | トップページ | 万葉玉手箱 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/64516680

この記事へのトラックバック一覧です: こども歴史探訪ウォーク:

« りんごジャム作り | トップページ | 万葉玉手箱 »