2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

雑賀崎・和歌浦・高津子山

12月3日に、歴史街道ウォーク「名称和歌の浦-聖武天皇行幸の地-を歩く」と題するウォークイベントを主催します。
Photo (高津子山から和歌浦・片男波方向)
7月9日に予定していたのが雨で中止になり、今回再企画となったものです。
コースの中で高津子山に登るかどうか、は当初から悩んでいて、時間的に難しい感じもあり、案内では出さずに当日の進み具合で行けそうなら行く、という結構いい加減な計画でした。
ただ、高津子山からの360度の眺望は魅力的だし、水軒浜(昔の吹上浜)、玉津島島嶼群(万葉時代玉津島は海の中だった)をイメージするには高津子山から眺めることが一番良い、ことから、何とか山頂に行くのをコースとして取り入れようと考えています。
で昨日(28日)下見的に、ともかく登ってみました。
コースとして、スタート後西浜地区の養翠園・湊御殿を過ぎ、水軒堤防のレプリカを見て、雑賀崎へと向かいますが途中、水軒浜が見下ろせる場所で説明が入ります。
トンガの鼻は、そこが何であるかは説明しますが、現地にまではいきません。
ここには、Photo_2 海防の地であったことを示す、堤跡や、Photo_3 海に向かって砲座があったと思われる台場跡があります。
次の説明スポットは
Photo_4 雑賀崎灯台です。(チラと写っている緑の自転車が我が愛機です。昨年これでケガしたのですが…泣)
この地はかつて、鷹ノ巣城があったところです。少し前まではここから崖を岸まで 降りられたようですが、今は道が崩れて危険なため通行止めとなっています。
見晴らしの良いところで、Photo_5 番所の鼻・番所庭園がきれいに見晴らせます。
Photo_6 眼前に雑賀崎の島々が、遠くは淡路島、四国も見ることができます。
ここから雑賀崎に下ります。Photo_7 雑賀崎集落は、風景としては”エーゲ海のよう”とも言われます。
ちょっと途中を飛ばして、高津子山に上りました。頂上への道を山すそを巻いて進ルートでなく、直登のようなルートを取れば時間は節約できそうです。
山頂からは、冒頭の眺めの他、
Photo_8 水軒、和歌山港、遠く加太方面や;
市内中央部方向も遮るものもなく見晴らせます。
また、Photo_9 眼下の小山が、万葉の時代に「玉津島山」とされる島嶼群であったこともはっきりとイメージされます。
やっぱりここ(高津子山頂上)に来ることは和歌浦の理解に必須ですね。
おまけの写真は、Photo_10 空をゆっくりと舞うトンビ、とPhoto_11 夕方、雲間から注ぐ太陽光の線とそれを受けて進む船影で、海の静かさを感じました。
 

登校指導、教育講演会

地域(中学校区)の”子供を育てる協議会”の委員を今春から受けている。
年に数回、会議がある程度、と言われていたが色んな行事等にお声が掛かる。
日程の都合で参加できないこともあるが、最近表記の件で参加要請があった。
〇登校指導
Dsc_1361一言で言えば、 校門前にて、朝登校してくる生徒に、「お早う」という声掛けをする行事。Dsc_1359
「お早うございます」と挨拶を返す生徒が多いが、黙って通り過ぎる子も居る。
名札を着けてない子には厳しく指摘される。ボタンを外している子も指摘される。1割弱の子が該当する。始業5分前のチャイムが鳴ってからも未だ未だ生徒は続いて入ってくる。先生が「早くせよ、走れ!」と言うが、結構ペースは変えないで来る。
 30分くらい校門前で立っていた。
〇教育講演会
Dsc_1377 写真の案内状が来たので、参加したが、協議会委員の中で、自治会や団体の役員で年配の委員はあまり出席していなかった。
Dsc_1374 「子育て」は終わっている世代だし、…。
話の内容は、子どもとのコミュニケーションの取り方についてであった。
まっ、保護司の場合、少年の対象者との接触もあるし、関係ない訳ではなかった。
この協議会、私の前任者は行事への出席率が低かった、ということをチラと聞いていたが、ウーン、まっお呼びが掛かったら何としても参加しなきゃいけない、というほどではないなあ。
自分の都合と、用件内容を考えて出欠を決めても問題なかろう、と感じたものです。

2016年11月28日 (月)

奈良少年刑務所 

バス旅行で奈良少年刑務所に行きその後亀岡市/京都と行ってきました。
 (保護司の研修旅行でした。)
Photo_3 これが奈良少年刑務所です。
明治時代の建物で、建築物としての価値も高いものです。
 
門を入ってからは写真撮影は許されませんので、内部を写真でお知らせすることはできません。Photo_2 これは上空から見た施設全景です。
ネットから拝借しています。中心に管理棟があり、収容者棟が放射状に5棟配置されています。
内部について、お知らせできる範囲と思われることを紹介しますと、施設中心部(扇の要部)2Fに立つと、各棟の様子が見渡せます。(廊下にスリットがあるので1F部分監視できます
 収容者の部屋は全て一人部屋で、畳が2枚、便器、テレビなどが置かれています。入り口扉には窓があり、看守さんが廊下から室内の様子が見えるようになっています。作業場棟は別棟です。
 
ところで、私は保護司の職にありながら「少年刑務所」って何か? よく知らなかったです。
刑務所とどう違うの、少年院とどう違うの? 
 今回勉強しました。(優しく説明するのは難しいです)
 ま、少年と名がついていても、やはり刑務所ですね。
あっ、少年院と刑務所との違いも詳しく知っている人は少ないでしょうね。
刑務所は罪に対して刑罰を与え、償わせるのですが、少年院は社会復帰(更生)のための矯正教育を行うところなんです。
 保護司が関わる場合(これら施設を期日未満で出た人の社会復帰を支援する)、少年院を出た人は「2号対象者」と呼ばれ、少年刑務所・刑務所を出た方は、「3号対象者」と呼ばれます。
 
ところでこの施設は今年度限りで閉鎖されることが決まっています。でどうやらホテルとして再生・再利用されるようです。雰囲気の良い建物ですし、現在の収容室が丁度ホテルとした場合のシングルルームくらいの広さかもしれません。格子窓が残ったホテルとなるとすれば、宿泊者はどんな気分になるでしょうかねえ。(まっ、刑務所の雰囲気が残るホテルにはしないでしょうけど)
 
この刑務所、多いときは700人くらいを収容していたようですが、現在は200人を割っているとのことでした。犯罪者の数は昔からだとかなり減少となっています。
ただ、再犯率は下がらないようで、刑事警察、保護行政においても、再犯を抑えることは重要な課題です。
 
 
 
 

2016年11月27日 (日)

玉ねぎ畑作り

我が家では庭の土いじり(野菜作り、花作り)は、カミさんの仕事で、無精者の私は収穫を手伝うくらいでした。
今回、知人から玉ねぎの苗を頂き、これを植えるにちょっと作業が必要となりました。
そこで、箱入りジイサンで箸より重いものと言えばテニスラケットくらいしか持ったことない私が鍬を持ち。
Photo 庭で空いていたスペースを耕し、玉ねぎ畑の用意を…。
しっかり鍬を入れ、畝を作り、Photo_2 公園で集めた落ち葉を置いて、
Photo_3 オガクズとか
Photo_4 腐葉土を重ね、
苗を植えます。Photo_6
 
Photo_5  (苗植えです)
 
ということで、 Photo_7 玉ねぎ畑となりました。
2畝作っています。収穫が楽しみです。(早生は来春には食べられそうです)
因みに私の作業は、畑の素(耕して畝にする)部分で、他はカミさんがやってます。
他に野菜はエンドウを植えて。これは毎年で、取れたての豆は美味しいです。
 

2016年11月23日 (水)

京都へ

今日は昨日に比べると結構寒くなっていました。今夜からは更に冷え込むようです。
ストーブを入れています。
Photo_14  (今日の行先でのお土産です)
さて本日京都まで行ってきました。一部始終をアップします。
最近京都までは電車で行くことが多かったのですが、今日は車利用で、
Sa 阪和道の岸和田SAでトイレ休憩です。
ここには、Photo_2 人気のパン屋さんがあり、今日も行列ができていました。
Dsc_1351 これが、この店名物の「みかんパン」です。
以前は買っていたのですが、値段が高くなってしまい、…コスパが合わない気がします。
 (最近は買わなくなっています)
車は門真で阪和道から、第二京阪道へと移り、宇治方面に向かいます。
で、なぜかPhoto_3 JRおうばく駅を経て、
Photo_4 宇治駅で降ります。
宇治では、Photo_5 平等院に赴き、
Photo_6 紅葉見物です。
車は途中、六地蔵駅付近へ置いています。
平等院・鳳凰堂内の見学は2時間待ちとかで、行ってません。
紅葉は、Photo_7 落ち葉絨毯も、
Photo_8 カエデの色付きも良い具合で、
Photo_9 見ごろでした。
平等院前通りで、Photo_10 ちょっと際物的ですが、
抹茶ラーメンというのを食べました。宇治以外では食べられないかもしれないので…。
いや、結構美味しかったです。
ところで、京都行の本来の目的は、
Photo_11 孫の誕生会だったのです。
上のケーキで大きめのローソクがありますが、このロウソク、火をつけて温まると「ハッピ-バースデー」の音楽を奏でるのです。 ハイテクですねえ。
 
孫には、バースデーケーキと、Photo_12 ピザなどのごちそう。
それになにより、Photo_13 お誕生日プレゼントを、爺や婆、パパママ、他から貰い大嬉しでした。
 
 
 

2016年11月22日 (火)

ディスカウントドラグストアのオープン

また暖かい日になっています。着るものを少し薄目にしました。
 
10月終わり頃に予告がありましたが、
Dsc_1271 私の家のすぐ近くで、 ディスカウントドラグストアがオープンしました。Photo_2
Dsc_1333 一応買い物にも行ってみました。
この店と道を挟んだ向かいには、地元スーパーO社の総合ショッピングセンター(シネコン、グルメ、医療機関等もある)もあります。
 この新店舗で扱っている商品は殆どスーパーにもあります。
 
ここから”小売り戦国時代”とかいうことでの素人ながら、自説を述べます。
和歌山で小売り(スーパー)業に危機感が走ったのは、「イオン和歌山店」の進出が決まった頃から顕著でした。
地元O社は業容を変更するなど、イオンを意識した店舗対応を始めていました。
確かにイオンの開店は人の流れ・車の流れに影響が出てきました。
そして、昨年地元スーパーUは破産してしまいました。多店舗展開していたのを、1店舗だけ残して閉店しました。
直近で元気なお店は、E・Gのように感じます。未だ積極的に新店舗展開を行っています。
実際、印象として”安い”、”生鮮品の鮮度が良い”、との評判があり、自分でもそう思います。
 我が家の場合、歩いて行ける距離のスーパーOよりも車が必要となるけども、新規開店のE・Gでの買い物が増えています。 このE・Gの新店舗というのが、旧店舗と同じ買い物圏内といえるくらい店舗間は近くなのです。品揃えは新店舗の方が充実しています。
 その意味ではE・Gの旧店舗は同じE・Gに客を喰われていますね。そういう経営をするのですね。
スーパー業界での競合では、客の奪い合いがあり、どこかは経営が成り立たなくなっても不思議ではありません。
 先のU社だけでなく、巷のスズメから「危ないのでないか?」と噂されるお店も出ています。 和歌山県庁に近いところにお店を持っていたスーパーは、我が家では久しくここに買い物に行ってないですが、ちょっと客の入りが少ないのでは?  と気になります。
他にも古くからの地元スーパーMなどもあります。Mは積極展開はしていませんが、堅実な経営ともいわれています。
消費者としては、適当に競合・競争して、サービスアップするのは嬉しいですが、過剰な競合で体力消耗、経営破たんとなると、好ましいこととは言えません。
 
健全に発展して欲しいです。
ところで、スーパーではないですが、家から歩いて数分のところに
Photo_3 整体院がオープンしました。
写真をもう1枚。Photo_4 横からの外観です。
最近、整体院の新規オープンに結構出会います。それほど需要が増えているのでしょうかね?
因みにこの整体院の場所は、ずっと前20年くらい(?)は、ガソリンスタンドでした、
その後コンビニ(ローソン)になり、釣り道具やさんになり、…、他にも何かの店になっていたかもしれませんが…。
お店を(事業を)長く続けることは大変なんですね。
 
 
 
 
 
 

2016年11月21日 (月)

万葉玉手箱

本日(20日)は、万葉玉手箱が開催されました。
Photo 昨年から始めた企画で、講話、フィールドワーク、ウォークなど多彩に活動してきています。
今回会長が紹介する紀伊万葉一首は、
Photo_2 この歌でした。
橡の 衣解き洗ひ 真土山 本つ人には なほしかずけり(巻12-3009)
 歌意として、滅茶苦茶アバウトにいうと、「いろいろあっても、やっぱり古女房(或は古亭主)がエエンよねえ」のような感じになりますかね。
この歌の解釈、背景、関連歌などが紹介されましたが、それだけでなく、次の写真に見える赤い包みが、Photo_3 ホントに”玉手箱”で、中身は会長から参加者へのプレゼント、 橡(つるばみ:クヌギ、ドングリ)の実の団子がはいっていました。「えっ、ドングリ団子?」、「食べられるの?」、「美味しい!」、「どうやって作るの?」と、嬉しいサプライズでした。
 (私自身は、既に前日の”こども歴史探訪ウォーク”の際にごちそうになっていましたが)
Photo_4
続いて唐津麻講師(紀伊万葉ネットワーク副会長、読売新聞和歌山版歌壇の選者)から、短歌の時代変遷、現代短歌の特長などのお話 を聞きます。
この頃、Photo_5 会場は満席、予備の机・イスも出しました。
唐津麻さんの講話の最後は、短歌を作ってみようということで、俵万智さんの「サラダ記念日」の歌を参照に本歌取の形でも良いから各自作ってみてと、作歌実習でした。
Photo_6 参加者は積極的に自作の歌を選者に見てもらい、また参加者の歌のPhoto_7 発表・講評などをいただきました。愉快な作品、なるほどという作品、感性的にキラリと光る作品など、沢山の作品が短時間で生まれました。
楽しく、内容のあるお話と、話者/参加者のコミュニケーションも活発で、意義ある午後を過ごせました。

2016年11月20日 (日)

こども歴史探訪ウォーク

タイトルは、子どもたちが、歩いて体験しながら、歴史や文化、また自然について楽しみ・学ぶ、ことを目指した企画です。  
 ”海”関連は既に和歌山市加太地区で行っており、今回”山”関連としてかつらぎ町地区で行われました。
昨日の天気予報で雨の確率が高く、中止も危惧されたのですが、今日の早朝、「決行する」との連絡を受けました。
JR大谷駅近くの公民館前に集合し、ウォークを開始します。
Photo 出発後スグにある、大谷神社境内は落ち葉の絨毯がきれいでした。カヤの木や椋の木について説明を受けます。
この神社を出たところで、Photo_2 虹が出ていました。
写真は少し分かり難いでしょうか?家の屋根のすぐ上に横に広い形の虹が見えています。
お寺の境内では、Photo_3 榎木やヤドリギ、ネズミサシ(ムロノ木)、などの説明を受け、ノートします。
榎木は木の名前として、「え」の一文字でも呼ばれること、実や若葉は食べられることなど、を教わります。
Photo_4 途中の農家さんからミカンを沢山差し入れとして頂いたり、Photo_5 民家の庭の槙の木の実を食べてみたり、楽しく歩きます。
Photo_6 笹舟を作って流すのは、江戸時代に作られた、”小田井用水”です。
 他にも”文覚井”などの古い灌漑用水について、作られた背景や用水の恩恵などもしっかり学習しました。(皇太子殿下もご視察に来られたところです)
 
蓬莱山神社では神主さんから神社の由来や特色などを教えて頂きました。
そして神社裏の山で、文覚井の姿を見、Photo_7
羊歯の葉飛行機飛ばしにチャレンジしました。
JR笠田駅で休憩し、Photo_8 ドングリ団子と椎の実入りケーキのおやつを頂きました。どんぐり団子の美味しかったことには、皆驚きでした。
ドングリって食べられるのですねえ。”あく抜き”手間が掛かるようですが。
 ほかに、道沿いにあった、椋の実も美味しいと言って皆で食べました。
ウォークの最後は、多羅葉への文字書きです。
出来れば短歌を、その他お手紙風でも何か書いてみることです。
Photo_9
多羅の葉に爪楊枝なんかで文字を書くとPhoto_10 、はっきり読めますよね。
最後にPhoto_11 皆で写真を撮って今日の行程は終了です。
結構な距離のコースでしたが、子どもたち元気に歩き通しました。
疲れたでしょうけど、楽しみながら学んで貰えたかと思います。
 
 
 

2016年11月17日 (木)

りんごジャム作り

テニスの錦織選手、マレー選手と死闘と言えるくらいの接戦でしたが、敗れました。
ずっと実況TVで応援していましたが、残念でした。
Photo
 いい試合をしても負けてはしょうがない、と錦織も言ってるようです。
でも未だ決勝シリーズ(準決勝)への進出の可能性は十分あります。
期待しています。
さて、タイトルの話題です。
手作りのジャムで、イチゴジャムを作るのはこの数年私が担当しています。
イチゴの他に、うちのカミさんはりんごジャムやイチジクジャムを作ってきています。
で、りんごジャムについて、私に作ってみないか?とカミさんから振られてしまいました。
「ちょっとやってみようか」という気になってチャレンジしてみました。
原材料は、りんご(紅玉)6個、砂糖、レモン1個だけです。
私が少々バタバタ忙しかったので、
Photo_2 リンゴの下拵え(りんご5個分に皮むき・カット)はカミさんがやってくれました。
残り1個のリンゴと、1 レモンとは私が独自に使います。
ジャム作りの作業は簡単で、カットしたリンゴをを鍋に入れ加熱します。
Photo_3 アクが出るので除きます。
少し加熱が進んだところで、Photo_4 摩り下ろしたリンゴとレモン汁を加えます。(おろしリンゴを使うというのは殆どのレシピには載っていないので邪道かもしれません)
Photo_5 ほぼ煮詰まってきて、リンゴは透明になっており、柔らかいです。 少しリンゴの皮を残しているのと、煮詰めるのが強いこともあり、やや赤く色が付いています。一方で、Photo_6 容器(ビン)は煮沸滅菌しておきます。  (これもカミさんに作業してもらってます)
さて、Photo_7 ジャムつくり作業(加熱)終了です。
ビンに入れて、再加熱して完成です。
Photo_8   出来上がりました。
味見は?  すごく美味しいです。
シナモンを入れるとか、応用・バラエティも挑戦してみようかな。
最後の写真は、Photo_9 カミさんの通常品(左側)
と並べてみました。 色が薄い方が天然っぽい、品があるような気もします。
因みにカミさんの作品も、シナモン・ラム酒入りの場合は、赤味が入り、今回の私の作とほぼ同じ色合いとなってました。

2016年11月16日 (水)

季節の花木 他

Resize1683  家のリコリス(彼岸花の園芸種)が満開です。路地ものの彼岸花より開花期が遅いのですね。
 
タイトルと関係ないですが、今日は久し振りのテニスをプレーしました。ATPファイナルズで錦織の試合だけでなく、ジョコビッチやマレーの試合をTV観戦していたので、”イメージトレーニング”はしっかり出来ていたのですが、…。
現実はイメージ通りにいかないもので、「あれっ」、「こんな筈では…」というプレーを多く出してしまい、ちょっと落ち込みそうです。
さて今咲いている花として、少し早いですが山茶花があります。
Resize1681 この山茶花は、
今年春までは高齢で一人暮らしの方が居た家の庭に咲いていたものです。
この方、今は施設に入っていて、家は無人となっています。
主が居なくなっても花は咲くのですね。
こういう状況での歌があったと思うのですが、頭に浮かぶのは、
「東風吹かば匂い起こせよ梅の花 主なしとて春な忘れそ」(菅原道真)です。
 シチュエーションはちょっと違っていますけど。
 
散歩してて、木の葉の色付きが目に入ってきます。紅葉の名所でもなんでもないですが。
Resize1674  落ち葉の絨毯風です。
 
木々では、 Resize1678   とか、
Resize1679 とかの感じです。
楓やカイノキの紅葉はこれからです。
どこか、紅葉の名所へ行ってみようかな。
23日には京都へ行くし、京都の紅葉を見に行くことを考えよう。
で、また上と関係ないけど、今夜11時から錦織とマレーのテニスの試合、ライブで見て応援しよう。  相手は強いけどねえ…。  勝つチャンスはあると思う。
 
 
 

2016年11月15日 (火)

ATPテニス(ツアーファイナルズ)

テニスのシーズン最後を飾る試合、ツアーファイナルズが始まりました。
世界のトップ8人の争いです。
これに出場するだけでも立派です。錦織は3年連続の出場。
錦織のゾーンは、マレー、バブリンカ、チリッチと錦織。タフなメンバーです。
で、今日はバブリンカとの試合。
第1セットを6-2で取り、第2セットになっても先に相手のサーブをブレークしてリードします。
そして、Resize1649 ついにマッチポイント。
これをしっかり取って、Resize1655
Resize1653   6-2、6-3のストレート勝ち。
良かったァ!
Photo 握手して、
勝利のサイン。Photo_2
大きな1勝です。
試合を振り返ると、
開始後の最初のゲームでバブリンカサーブで15-40とブレークチャンス。
ちょっとバブリンカが精彩を欠いている感もあり。
 ただ、このブレークチャンスをものにできず、次のゲームを錦織は無難にキープ。
ゲームカウント2-2のイーブンで進みます。
第5ゲームで試合が動き、バブリンカのサーブをブレーク。その後連続でゲームを取り、6-2でセットを奪う。
第2セットに入り、やはり第5ゲームで錦織が相手サーブをブレークしてリード。
そのリードを守ったまま勝ちに繋げてゲームセット。
TV実況のアナウンサーは、しきりに「錦織、強い!バブリンカを圧倒!」と叫んでいたが、錦織の調子はまずまずで、バブリンカの方が精彩を欠いていたのが私の印象だけど。
まっ、何にしても難敵バブリンカを倒したことは素晴らしく、準決勝に進出できる可能性もあるなあ、と思えるようになった。
チリッチ戦では、私が見る試合ではよく負けているけど、対戦成績は悪くないし、調子を上げていけば勝てない相手ではないし。
 

2016年11月13日 (日)

子ども歴史ウォークの下見

子どもを対象の歴史ウォークの企画に関与していています。
加太ウォークは古代の塩作り体験なども含め、豊富な内容で実施しています。
次はかつらぎ町でのウォークを実施します。
ウォークのちらしは以下のようです。
Photo チラシ裏面に詳細な情報が記されています。
10日の日に関係者でコースの下見を行いました。
かつらぎ町近辺で、古い寺社、歴史スポットの訪問、境内や沿道の植物についての解説、歴史的な水利施設の見学と生活における水利の重要さの理解等の内容です。
【遺跡】では
Photo_2 佐野寺跡にて、白鳳時代のこの地の有力な寺院であり、日本霊異記にも載せられています。今は本堂の心礎(石)のみが残っているのみですが、重要な歴史スポットです。
Photo_3 こちらは「蓬莱山神社」。昨年正遷宮してきれいになっています。
この近くにはは、Photo_4 万葉歌碑があります。
歌は、「我妹子に 我が恋ひ行けば 羨しくも 並び居るかも 妹と背の山」というものです。
 
またこの地は昨年皇太子殿下が来訪され、蓬莱山神社や昔からの用水についてご覧になっていかれたところなんです。
ここには「文覚井」とか「小田井用水」とか戦国時代や江戸時代に構築された用水があり,
Photo_5 水路の水分け(分岐)について興味をもって調査されたとのことです。
これらの紀ノ國の水利技術は江戸時代、関東にも伝えられ水路建設に貢献しています。
単に用水路を通すだけでなく、Photo_6 渡井と呼ばれる、水路の立体交差も工事されています。
植物についても専門の方から説明を受けます。
椋の木、かやの木、えのき、たら葉、なぎ、などの木。
よめな、あかね、ノビル、よもぎ、ドクダミなどの草、…
植物の名前、特性、雌雄の見分け、植物にかかるエピソードなど、興味の尽きない話が聞けました。
Photo_7 寺社境内の大きな銀杏。
ピラカンサスの真っ赤な木。Photo_8
Photo_9 カラスウリはこれまで赤く熟したものばかりを見ていましたが、青い状態ではカボチャにそっくりですね。
そして、食べられると説明された植物も色々ありました。
Photo_10 これは「むくの実」、食べてみるとおいしかったですね。
本ウォークの本番は19日(土)です。
私は一応、【講師・案内人】として載せられていますが、案内は無理ですネ。
講師は沢山居るので、そっと着いて行くことにしましょう。(そっとですね)
 
 

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »