2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 橋本地区万葉ウォークの下見 3度目 | トップページ | 加太ウォークの下見 »

2016年10月14日 (金)

高野山に泊まる

高野山には、それなりに何度か行ってます。
行く方法として、数年前までは車使用でしたが、ここ2年くらい、歩いて登ることも増えてきました。(いずれ自転車で登ることにも挑戦したいところです)
ただ、これまでは全て日帰りで、山上で宿泊したことはありませんでした。
で、一昨日(11日)に高野山宿坊に泊まっての参詣・散策を行いました。
インターネットで予約した宿坊は、「金剛三昧院」。どんなところかの予備知識はありませんでした。
Photo これが宿坊の山門です。(宿坊というのは、それぞれお寺なんです)
入ると、Photo_2 このお寺の多宝塔があります。
これは国宝とのことです。 自然に古びた、年代を感じます。
他にこのお寺には重要文化財の襖絵があります。(写真撮影は不可です)
狩野派の始祖の師匠筋にあたる画家の作とのことです。墨絵から彩色画への転換期に当る時期の作品らしいです。
 
部屋には、Photo_3 掛軸があります。(実は読めないですcoldsweats01)
料理は勿論、精進料理です。
Photo_4 ただ、ウチのカミさんによると、彼女が泊まった別の宿坊に比べ、この料理はかなり粗末な感じらしいです。
朝のお勤め(読経を聞く)の時集まった宿泊者を見ると、殆どが外人さんでした。日本人居ないじゃないか、と思っちゃいました。
 それと、ここでは部屋に鍵がないです。貴重品金庫も無いです。「盗られることはない」という寺の説明がありました。「心配なら貴重品は持ち歩け」ということです。
 そういわれてみると、私が若い頃の旅館なんて、フスマ仕切りで部屋の鍵が無い、のは普通でしたネ。 そんなものなんですよ。 おおらかで良いんです。
翌日、高野山の定番のスポットを巡りました。
Photo_5 金剛峯寺。
Photo_6多宝塔。(壇上伽藍)
Photo_7 大門  などです。
それから、奥の院のお墓群を散策します。
高野山登山で町石道ではこの大門下が1番町石があり、参詣道の起点となっています。最後の180番町石は慈尊院から丹生官省符神社への石段の途中ですが。
ただ、町石は、大門から奥の院に向かってもあります。これも大門が起点で36本あるということです。
19 確かに、高野山の街中にも町石はあるし、奥の院参道にも建てられています。写真は19番町石です。
車&歩きで山内を散策し、土産に、ごま豆腐、生麩饅頭、みろく石などを買って帰りました。
 
 

« 橋本地区万葉ウォークの下見 3度目 | トップページ | 加太ウォークの下見 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/64344941

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山に泊まる:

« 橋本地区万葉ウォークの下見 3度目 | トップページ | 加太ウォークの下見 »