2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 海南市のお祭り | トップページ | この暑さは植物にも過酷 »

2016年8月16日 (火)

核家族・高齢化・独居老人、そして…

お盆になっても猛暑は続きますね。
庭で咲いてた、Photo ユリも暑さで大変そうです。
 
終戦記念日、オリンピック、高校野球、スマップ解散、と世の中色々話題がありますが、私のブログは取敢えずタイトルの話題です。
別に社会的な問題を論じるという程の積りはないですが、身近なところで最近目に付いたことから…。
Photo_2
我が自治会でも独り暮らしの高齢者は増えています。役員でなく、持ち回りで順番がくる班長さんは前記の高齢の方を役から外すので、順番の周りが速くなっています。
で、独り暮らしの高齢の方が、まずまず元気で生活できている間は、地域としても日常での「声掛け、見守り」などの気遣いと災害時での援助等配慮はありますが、共生しています。
でも遠くなく、健康を損ねる、命を失うこととなっていきます。
独居老人に何かが起きても、家族がその家に帰ってくる、ことは殆どありません。
住んでる人が施設に入る、亡くなると、家は空き家になります。
 
そうです、タイトルの「そして…」の後は空き家問題が発生します。
 少し上の写真は、数年前から空き家になっている家で売却しようとしているものです。
  (中々買い手が付かないようです)
私の自治会の中でも、空き家が増えています。
Photo_3  このお宅は、ご主人を失くした女性が独りで住んでいたのですが、その方が健康を損ね、遠くに住んでいた縁者の人が、当人を施設に入ってもらい、空き家となったところです。しばらくは、一定間隔で家を訪れていたようですが、つい先日縁者の方から、「もうこの家に戻ることはない、自治会も退会する。配布物・回覧等はお断りします。」という連絡がありました。
Photo_4 こちらは正月に亡くなった独り暮らしだった方の家について借地上の建物だったので、親類の方が建物の解体撤去を行ったものです。(解体は先月でした)
 
Photo_5  この家も空き家になって数年経ちます。
当初は親族の方が時々訪れていたようですが、誰かが帰ってきて住む、ということにはならないようで、多分売却されるのでは?という感じがします。
Photo_6 こちらは昨年(だったと思うけど)空き家になり自治会に退会届のあった家ですが、現在解体中です。更地にして売却(或は既に売却されており、新所有者が別の用途への利用を図っているのかもしれません)
 
三世代同居家族が少なく、子供も成人すれば親元を離れることが多いこの時代です。
親は子育て後、”Empty Nest”に夫婦で暮らし、その後独居老人となり、子供が居ても空き家を生じさせる、ことになっていくのでしょうか?
私にも、子供が3人居ますが、現在東京に2人、京都に1人住んでいます。
将来、誰も和歌山に帰って来ない、可能性は高いです。
まっ、そのときはその時ですね。  もう少し先になって考えます。
 
 
 
 

« 海南市のお祭り | トップページ | この暑さは植物にも過酷 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/64067189

この記事へのトラックバック一覧です: 核家族・高齢化・独居老人、そして…:

« 海南市のお祭り | トップページ | この暑さは植物にも過酷 »