2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 核家族・高齢化・独居老人、そして… | トップページ | 市政報告会 »

2016年8月17日 (水)

この暑さは植物にも過酷

お盆過ぎても、暑さは衰えないですね。
エアコンや車の温度センサーが示す外気温の高さに驚いています。
 この数年では経験したことないような気温です。
しかも和歌山市は、かなり長い間雨が降っていません。お湿りが欲しいです。
昨夜、車で出た時に、フロントガラスに雨滴が少し落ちてきました。「あっ、これでやっと雨になるかな」と期待したのですが、その数滴フロントガラスを濡らしただけで終ってしましました。
 
庭の植物、公園の植物も暑さでバテて、ぐったりしてしまっています。
公園の木々は、未だ秋には遠い時期なのに、葉っぱが着色し、落葉している木が色々見られます。
Photo 桜の木は、葉っぱが紅葉でなく少し、黄色に着色し、かなり落葉しています。
またこちらでは、Photo_2 クロガネモチが、未だきれいな緑色の葉っぱを大量に落葉させています。
歩いていくと葉っぱの着色(枯れ色化?)と落葉は色々な木で見られます。
Photo_3 コブシの木は殆ど裸になるくらい落葉しています。
こちらでは、Photo_4 サンシュユの木の葉っぱは、
病気に罹って枯れ始めているかのようです。
Photo_5 これは、もう葉っぱは枯れてしまっていますよね。
これらは、普通ではないことですが、格別な異常現象という程のことではなく、植物の生理的落葉ということらしく;
植物が暑さ、水(雨)不足になった場合、木の本体を守るために、葉っぱを育てるための栄養補給や、葉っぱからの水分蒸発を防ぐために、葉っぱを落とすことをするメカニズムがあるようなんです。
 
葉っぱは犠牲にしても木は守る、んですね。
でも、一雨降ってくれて、もう少し涼しくなり、植物も生き生きできるようになって欲しいですね。
 
なお公園では植物の様子だけでなく、セミの鳴き声も大きく変化が起きています。
土砂降りのごとく降り注いでいたクマゼミの鳴き声が少なくなり、ツクツクボウシの声がよく聞こえるになっています。ミンミンゼミの鳴き声もお出迎えしてくれます。
姿を見掛けるのはアブラゼミが多いです。
ツクツクボウシの鳴き声は、夏が終わるイメージがありますが、ウーン…、未だ夏が終わってくれそうにないです。
 

« 核家族・高齢化・独居老人、そして… | トップページ | 市政報告会 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/64072781

この記事へのトラックバック一覧です: この暑さは植物にも過酷:

« 核家族・高齢化・独居老人、そして… | トップページ | 市政報告会 »