2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月26日 (土)

今日の活動(運動量)

メタボ指導を受けてから、運動量のアップを気に掛けている。
今日は、
Photo 歩数がこの程度。取敢えず1万歩は超えた。
 
で、それに加えて、 Photo_2 サイクリングにより23Kmを走行。紀三井寺の知人ところに行く用件で自転車を使い、帰路は和歌浦海岸を回ってきました。 やっぱりママチャリと違いクロスバイクでは平地で走り易い道があると、30Km/hはすぐに出る。
サイクリングでの写真は、
Photo_3 妹背山・片男波方面。
Photo_4三段橋   
 Photo_6 和歌浦でシャッターチャンスを待つカメラファン。そして、
Photo_5   田の浦の橋。
今日は筋トレはしなかったけど、まっエクササイズ量は足りているでしょう。
 
 
オマケにマンホール写真
Photo_7   「漁集」ってあるでしょう。
これは「 漁業集落排水 処理施設」のことで、田の浦漁港で見つけました。

2015年12月25日 (金)

自治会広報紙

地元の自治会で広報紙が創刊されました。
Photo_3 連合自治会長が自治会誌を創りたいと発案し私にも編集に携わるよう要請され、編集委員として活動を始め数か月、 ここに発刊にこぎつけることができました。  
 創刊号は(連合)自治会組織や役員の紹介が記事の主体となっているし、自治会幹部が主な作業を進めて呉れた。
Photo_4 編集後記は私の筆であるが、内容は編集委員全体のことを書いている(私が作業してなくても編集会でやったことは書いてある)。記名記事となる予定だったが筆者が消えている。まっ、個人の名前を載せるのには、少し抵抗・気恥ずかしさがあったから、これでいいけど。
さて第2号以降を継続的に発行していくことは大変な作業になるだろう。
出来れば、お手伝い的な作業で済ませて欲しい。と思っている。
 (色々やることは多く、あまり作業量と責任が増えることは望まない。前向きと言えないけど…)

この数日間

ブログ数日お休みしてました。
何となくでした。 ネタ不足も要因ですが。
で、この数日のことを簡単に書いておきますネ。
【県政報告会 by 仁坂知事】
151221  自治会役員ゆえ出席要請がありますが、自分からでも行く気になります。 知事さん話が上手で、県の政策(計画や実績)を分かり易く説明してくれました。 防災関連、人口減対策、産業振興・農業振興、教育などが政策の主体です。  「野良ネコに餌をやっちゃいけない」条例も話にありました。
【歩行数の激変】
私の1日歩行数は通常5000歩から1万歩近くまでは行きます。ところがある日(23日)の記録は、
151223   こんなものでした。雨で朝の散歩が行けなかった。その後なぜか家から出なかった。 それにしてもこの数字は年に数回あるかないかの少ない歩数です。殆ど寝たきり状態のときのようです。
これにショックを受け、翌日は散歩と買い物に歩いていくことで、
24   15000歩とかなり頑張りました。
 
【1日遅れで行う】
毎日が日曜日の生活はカレンダー感覚も鈍ってきます。
先日からPhoto 柚子を買って用意していたのに、
お風呂に使ったのは冬至の翌日でした。coldsweats02
また、ケーキも昨日のイブに買おうと思っていたのに忘れて…
Photo_2  今日食べることに。  まっ、今日は未だクリスマスだから良いんですけど。
 
あと、年賀状のシーズンなんですね。 やっと書かなくては、という気持ちにはなってきています。
 

2015年12月20日 (日)

お誕生会

 孫のお誕生会で京都まで行ってました。
Photo 今回のケーキはアイスクリームケーキでした。
しっかり冷凍されていたので、固くてナイフが入り難いくらいでした。
ケーキの後は、子供にはお楽しみの プレゼント贈呈となります。
Photo_2  お父さんお母さんからのプレゼントは勿論、お父さんのお祖母ちゃん、お母さんのお祖母ちゃん、それにお姉さん(伯母ちゃん)からもプレゼントがもらえます。
Photo_3 開けてみると、こんなものや、
また、Photo_4 こんな楽しいプレゼントでした。
 
という一日でした。
おじいちゃんとおばあちゃん(私とカミさん)は帰路、大阪のデパ地下でお弁当を買って帰り、夕食としました。
ところで南海電車和歌山市駅付近の駐車場では、
駅からスグが、
1100  これくらいの料金で、
駅から数分歩いたところでは、400 こんな料金です。
私は、数分歩いて400円のパーキングに車を預けました。
値段の差が大きいですねえ。

2015年12月14日 (月)

パンを買いに行ってTVに写ってた

     (本日2度目のブログ記事アップです)
今日は夕食の時NHKのニュース番組を見ていたら、カミさんが「あら、貴男が映ってる!」っていうのでTV画面を見ると、”ビックリポン!”, 何と確かに私が出ていました。
TVの話の続きは最後に回して、先ずはタイトルと関係ないことを少し。
今日は双子座流星群がピークの夜なんですね。数年前はこの日に少々寒かったけど、自転車でできるだけ暗いところを目指して出掛け、シートで仰向けになって星の観察をしたのものです。
でも今日はもう不精になって、「寒いし、電気の照明が広がり、暗いところが見つからないし」とかを理由に流れ星観察にでることはしないです。  (何かロマンがないですか?)
話を戻しましょう。 パンの話から、
今日、保護観察所に書類を届けに行き、ついでにパン屋さんでパンを買おうとしていました。
途中にNHKの前を通ると、
Photo_6 こんな展示会をやってたので、立ち寄ってみました。 木工(古木工芸)、書、さをり織りの3作家が独自の作品、3人での共同作品と展示しており、見て楽しめるものでした。
この近くのパン屋さんでは食パンが既に全ての種類が売り切れていました。
そこでぶらくり丁のパン屋に店を変えたのですが、ここでは気に入ったパンがありませんでした。
ただ、このフォルテワジマビルでは、
Photo_7   こんな展覧会をやってました。
Photo_8こちらは陶芸、漆工芸、石絵、ビーズ工芸の4人の作家さんがそれぞれの作品を展示していました。私には漆工芸の作品が見応えありました。
ここでは気に入ったパンがなく、 さらに別のお店に向いました。
結局今日パンを買ったお店は、
Photo_9 パン屋さんの入り口に幟が立ってます。
店の玄関は、Photo_10 こんな感じ。
お見せの名前は次の看板で読めますが、
Photo_11 マハロ・ターキーというお店です。
食パンとクリーム餡パンを買いました。
あっ、そうだNHKTVについて未だ説明してなかった。
ニュースで出たのは、NHKを会場とする展覧会《3人展》の様子が写されていたのです。
今日が初日だったようで、確かにビデオカメラで撮影していたことは憶えています。ただ、出展者の記録で録っているくらいに思ってました。
それと確かに私が映っていたのですが、後ろ斜めから少し出ていただけで、カミさんと私なら自分と確認できても、私の知り合いが見ても、私だと認識するのはちょっと難しそうです。
それでも映ると分かっていたら録画くらいしたのですが。
そういえば、土曜日の健康ウォークの時も和歌山放送TVが取材にきていて、「その日の6時のニュースで流す」、と言っていたのですが、その時間のTVを見るのを忘れていました。
ひょっとして写っていたかのかなあ?
 多分この時は写っていなかったと思います。
 
 

腕時計が…  続編

腕時計が狂いだした、という昨日の記事の続きです。
今朝、メーカー(シチズン)のお客様時計相談室というところに電話しました。
電話対応において担当の方から、先ずどんな時計か機種を特定したいので、時計裏面の記載事項を読んで欲しいと言われる。
当方もそれは予測していたことなんですが、裏面は;
Photo_4  こんな状態。なにせ10年以上腕に 嵌めて使ってきたので、ステンレスへの刻印といえどもすり減ってしまって文字が読み辛いのです。写真の中央付近で大きな文字でEXCEEDとあるのは辛うじて読めるでしょうか?
実はこの下の方で、DURATECT CITIZEN WATCHCo.,とかWATER RESIST、 ST.STEELとかは読めるのですが、そこから数字とアルファベット記号があるのが読み辛い。
 H430 ?5675-TA    580250
らしいのがある、と伝えたところで、先方は「機種はほぼ特定できました」とのこと。
そこから電話でのリモート操作が始まります。
「どのボタンを押して、どうなるか?」というのが続きます。
Photo_5 操作するのは、竜頭(上部中央)、と電波受信確認ボタン(竜頭の右)、時刻補正ボタン(竜頭左に小さく凹んでいるボタン)です。
ところが、電波受信確認ボタンを押してもオペレータさんのいう変化が起きないんですよ。
というかボタンが押せている感覚がない。先方さんの言うには、「かなり古いし、パッキンの劣化や長期間触っていないのでボタンがバカになってる可能性がある」とのこと。
それで、別操作に移り、時刻補正ボタンを精密ドライバーの先で突いて時計の針を強制的に基準点に動かします。 これで12:00からズレている分を竜頭で補正します。
現実には、スマホを片手で電話を受け、もう一方の手で時計を操作するという結構不便な作業でしたので、なかなか指示通りにできず、手間はかなり掛かりました。
今は電話指示による時刻補正を行ってから12時間は経っています。
どうやら時刻に狂いは生じていないようです。
”スゴイ!”助かった。  嬉し~い。  happy01ですよ。
これで、直らないようなら、
時計をサービス宛て送れば、無料で診断してくれて、有償修理の場合修理費の見積りをしてくれる、とのこと。
サービスしっかりしてますねえ。  流石、シチズン時計、一流企業、とヨイショしておこう。wink

2015年12月13日 (日)

腕時計が…

Photo 私が10年あまり愛用している腕時計です。
Photo_2
 
エコドライブ(ソーラー自動巻き)、電波時計という訳でメンテナンスフリーです。
Photo_3  もう1枚写真を付けます。
お気に入りなんです。買った当時は世界最薄の電波ウォッチで高級品でした。
 (今でも薄さは最高レベルのようです)
カレンダー表示がなく、シンプルで精悍な顔付、でしょう?
10年以上”時刻を直す”ことをしたことなかったです。
(厳密には海外に出た際に時差調整はしましたが)
通常のクオーツ時計は数か月も経てば時刻のズレの補正が必要となりますが、この時計は本当に何もすることがなかったです。
”人間味がない”、”面白くもない”、”可愛げのない”時計でした。
でも本当に信頼できて、この時計と違う時刻を示している時計があれば、「そっちが間違っている」と確信してました。
ところがです…、今朝はこの時計の指す時刻が狂っていたのです。
朝ドラ「あさがきた」を見ようとしたら、時計の時刻より早くにドラマが始まっていました。
いくら正確と信じている時計でも、NHKに「おい番組放送が早過ぎるゾ」という訳にもいくまいと思い、時報を確かめると、アアッ私の時計が狂っているのです。
10年以上、正確に時を刻んできたこの時計に何があったのでしょう?
驚き、困りました。
機械ですから、寿命かな?とも思います。
太陽電池の寿命(耐用年数)もそろそろかもしれません。
取敢えず、しっかり陽に当てて、充電して使っています。
明朝で1分以上の狂いがなければ、そのまま数日様子を見ます。
本当に良く働いてくれたので、少し休憩を与えてやりたいですが、ご臨終にはならないで欲しいです。
でも機械には寿命がありますしねえ。
 

2015年12月12日 (土)

健康ウォークと公民館学会

良いお天気でした。ウォーキング日和と言えます。
ところで、「健康ウォーク」と「公民館学会」?  何の関係があるのかな?
PhotoPhoto_2  この2つのイベントです。
実はこれらイベントはそれぞれは何の関係もありません。
単に私が今日の午前は健康ウォークに午後は公民館学会に参加しただけです。
まず健康ウォーク、私の万葉での友人が語り部としてこのウォークのガイドをしていたので私も参加しました。和歌浦・高津子山半日ウォークコースです。
Photo_3 集合場所は片男波公園の野外ステージです。 参加者は100人程度です。市役所が主催でイベントとして広報もしっかりしているからか、かなりの人数が集まりますね。
ウォークは公園を出発して、
Photo_4 史蹟である不老橋を 渡ります。
そして、Photo_5 御手洗池を通り、(天満宮が見えます)
Photo_6  天満宮の石段を見上げ、
Photo_7登ります。
Photo_8   本殿の佇まいはおごそかな感じです。
ここで参拝して、Photo_9 高津子山への山道を歩きます。手頃なお散歩道ですね。
標高は136mと高くないですが、この山の山頂からの眺めは360℃が展望され、いつ来ても気持ち良いです。
Photo_10  和歌浦方面を望みます。 だいたいこのスポットからの写真になってしまいます。
Photo_11  和歌山港・加太方面です。加太の先は淡路島です。 和歌山市内・和歌山城方面もきれいに見えます。(今回写真は省略)
ここから海岸に降りると、Photo_12  蓬莱岩、和歌浦遊歩道となります。
私は午後のスケジュールがタイトなので、この辺で一行を離脱して急いで帰ることとしました。
丁度時間が昼時だったので、
Photo_13 和歌浦漁港のおっとっと市場で、シラス丼にしらす天ぷらをさらに乗っけた丼を食べました。
で、午後は和歌山大学生涯学習へと急ぎ(単車で)、公民館学会のPhoto_14  「今なぜ公民館か」というシンポジウムの聴講です。
全国大会なのですが、このシンポジウムは和歌山県内の公民館での活動報告とそれに関する討論となっていました。
私自身は公民館主事という、まっ公民館職員を委嘱されている訳ですが、公民館の建物を持たないもので館長さんはともかく、私は大した活動をしていません。
でも、こういう公民館の活動について聞くと、「フーン、公民館も意義あるんやなあ」と思い始めます。
会場では、先の海南万葉でのウォークで会った方を見掛け、公民館主事の方だと分かったり、隣の席に居た方が、紀伊万葉ウォークでお世話になった大崎公民館を管轄する地区の区長さんであることが分かったり、公民館関係での人の繋がりの縁の不思議さを実感したところもあります。
ちなみに、この日の歩数は、
Photo_15  でした。
 
 
 
 
 

2015年12月10日 (木)

商標について最近の話題

私は会社時代は知的財産分野での仕事が長く、専門と言えば”知財”と言っていましたし、今でも”知財”についての興味は持っています。そして、仕事として報酬を得るのは知的財産のアドバイザーということを職業としています。
 まっ、形だけの職業で開店休業、仕事ゼロの月も結構ある状態です。
でもって、久し振りに今日は知的財産に掛かる話題を上げてみます。
文字ばかりになりそうなので、目を休めるために写真でも…。
Photo  庭でスイセンが咲き始めました。
本題の商標の話に戻ります。
商標とは、”しるし(マーク)”であり、製品やサービスを他のものと区別するためのものです。
(分かり難い?)例えば、”トヨタ”、”TOYOTA”というマークが付いた車は、トヨタ自動車の製品を表しており、どこか訳の分からない会社の製品に勝手に付けて良いものではありません。
 で、商標はマークですが、商標権というのは、そのマークを自分だけが使えるように、特許庁に登録申請して認められた場合に与えられます。
 この商標権の対象は従来、紙に書けるものつまり平面的なマーク(文字・図形)に対し与えられていました、それが、ある時期から”立体”も対象となりました、コカ・コーラのビン、ヤクルトの容器などです。 容器の形が同じなら違う名前を付けた製品でも販売してはいけない、ケースがでてきたのです。(権利を得るまでにその形をみた多くの人が特定の製品をイメージするくらい有名になっていることが必要ですが)
ヤクルトの包装用容器  ヤクルトの容器(商標権が認めらています)
ペコちゃん人形 ペコちゃんやケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダース人形も登録されています。
立体を書類で申請するには描き方のルールが別に定められました。
そんな商標の最近の動きが、『動き、音、ホログラム、色彩のみ、位置』に対しても商標権が与えられるようになったことです。
 
音の例では
 これが登録されました。
TVのCMなんかでも聞いた覚えがあるのでないでしょうか
「♪ヒ・サ・ミ・ツ♪」  と聞こえてくるでしょう。   この「ひさみつ」のリズムでたとえば「♪ヨ・シ・ミ・ツ♪」というような製品をPRしたら権利侵害となります。
他に、「アジノモト」や「ファイトーイッパーツ」も権利化されています。
 ファイトーイッパーツ”ビタ元気” というような製品宣伝は出来ません。
動きやホログラムについては説明が難しいので止めておきます。
将来は”匂い”も権利化の対象となる可能性があります。
あまり面白くなかったですね。 説明が下手になってしまい。
なお商標権の続編として、オリンピックエンブレムのデザイン盗用問題で、マスコミがいい加減な、法的に間違えた説明をしていたのを正すことを書きたいですが、書けるか分かりません。

2015年12月 9日 (水)

メタボ対策教室を受講

 私の健康もかなり危ういようです。bearing
少し前に認知症が真剣に気掛かりで、ボケ外来で問題回答型のテストと脳のX線CT検査を行い、取敢えずは正常範囲の老化であると診断され、落ち着いてはいるんですが、未だ問題は有るんですねえ。
 市の補助による健康診断(特定健診)で、メタボに関してイエローカードを出されていました。 引っ掛かっている項目は、『腹囲、血圧、LDL、』でほんの僅かに基準から外れている程度なんですがねぇ。
 そんでもって、市役所から「特定保健指導」を受けるようにとの指示が出されていました。任意とはいえ、かなりきつく参加を促されました。
Photo  昨日、行って来ました。
市役所内の会議室に10人が集められていました。ほぼ同年代、体型的にそんなに肥満体ということでもない方たちです。(私にしても決して見掛けで肥満体には見えない筈ですし…)
 先ず、血管年齢というものを測定されます。(測定して呉れます)装置に薬指を入れて数秒で計算します。
結果は、Photo_2 こんな感じ。
ええっ、実年齢より測定年齢が高いじゃない! 予想外ですよ。
 こういう測定では、実年齢より若く出るはず、と勝手に思い込んでいたのでショックです。
歩くことでの体力なら、実年齢(年齢者の平均)よりは若いと出るのは間違いないでしょうが、身体の中の見えない部分で老化が進んでいる、…怖いですねえ。coldsweats02
 
 管理栄養士さんから、健診項目とその数字の意味や、健康維持には体重減が大切です、という説明を受ける。
 説明を聞くと、私自身の生活がこのままではいけない、やっぱり生活を変えないと、と思われて来るんですねえ。
 で、講習の後で、今から6カ月掛けて、最低でも体重3Kg減 を達成すべく、生活の目標設定を各自で考えさせられ、皆の前で宣言することとなります。 (摂取カロリーを減らす:食事制限、と消費カロリーを増やす:運動する)のいずれかの方法を選ぶ、或はこの両方を組合すことを考えるのです。
 私はカロリー制限として毎日の酒の量を減らすこと、(よく考えると、最近では、毎日日本酒換算で2.5合以上飲んでいたようです。これを、一日0.5合減らす、こと一つの目標としました。また摂取カロリー制限のもう一つの方法として、「間食・おやつを減らす」ことを挙げました。 カミさんから「口の休まる時がない」と言われるくらい少しでも何かおやつ・スナックをボリボリ食べていました。これを基本、いわゆる”おやつタイム”以外は控えるべく努力するのです。
 カロリー消費では運動・筋トレを行い、カロリー消費に加え、基礎代謝アップを目指すことを目標として設定しました。
ウーン、6カ月継続して出来るかナア? ちょっと甘いかも…。
ただ、昨夜は丁度、夕方保護司としての面接、夕食をさっさと済ませて、自治会の広報紙編集会議と忙しく、晩酌をする暇がありませんでした。 
 
第1日は、酒量を0.5合減らすというより、いきなり断酒でj始まりました。
酒を飲まず、豆類やチーたら等も食べずに、夜のおやつのお菓子もなしです。
 そんなことからか、今朝は短歌の会は半分くらいの参加になりそう。
少し完成度が低い文章ですが、これでアップします。
 

2015年12月 7日 (月)

歴史・文化の講演会を実施

Photo これはタイトルと関係ない写真ですが、朝の公園で日が当たる部分と影の部分が出来て、明るい部分が特に輝いて見えたのでスマホで撮影。
さて講演会です。
Photo_2 チラシ はこんなものでした。
主催および共催団体の事務局を担当しており、講演会のタイトル決め、講師の依頼、チラシ作成、参加受付の連絡先となる等、ドップリと関与しており、会の成否はずっと気掛かりでした。
 講師の方が一人前々日から高熱を出し風邪、(もしかしたらインフルエンザでは)と心配しましたが、当日熱が残っているのを押して出てきて下さり、助かりました。
内容は結構多くの方に興味を持たれるものである、と確信していました。
参加者は予定定員の70名には少し及びませんでしたが、まずまずの盛況でした。
Photo_3 会場の様子と
講師の一人村瀬先生(万葉の第一人者)の講演の様子です。Photo_4
講演会後のアンケートでは、「良かった、大変良かった」 の数が多かったという解析結果を聞かされており、嬉しく思っています。また私自身、閉会後に「今日はホンマに良かった」という声を直接聞いており、まっ好評だったかな、と感じています。
 ただ、コメント欄の記載には、「時間が少なかった、難しかった」などの声も結構ありました。反省は必要です。
ところで、これまで何回かの講演会で、開会宣言、事務連絡、司会紹介などは行ってきましたが、
今回は色々あって私自身が司会をする羽目になったしまいました。
始まるまでかなり緊張していました。
 始まってしまうと、特に”あがる”こともなく、大きな失敗なしに終えられた、かと自分では思っています。
 でも無事終わってホッとしました。結構疲れていました。
例によって夕食の晩酌でそのまま眠り込んで、12時前に目が覚め、それからは眠りに付けないという風でした。
 

2015年12月 6日 (日)

市場まつり

Photo
今日は和歌山市中央卸売市場での恒例の市場まつり。
各種の鍋料理が大鍋で調理され安くふるまわれます。この行事に行き始めて4年目くらいでしょうか、毎年楽しみにしています。
鍋料理、用意されているのは、クエ、フグ、アンコウ、カニ、まぐろ、ホルモンなどです。
私たち夫婦の目的ば何と言っても”くえ鍋”です。
色んな鍋の中でもクエ鍋の人気はぶっちぎりで、時間前から、
Photo_2  既に長蛇の列です。 この列は未だ後ろがあり、列は建物を飛び出して、Photo_4 折れ曲がって続きます。
建物内でも実は、
Photo_5  先頭までにはもう一度折れ曲がっています。
さて、私たちが少しずつ前に移動し始める時期には、Photo_6  もうこんなに沢山の人が食べ始めています。並ぶことウン分、
私たちにもやっとPhoto_7 列の先頭が見えるところまできました。クエ鍋の札が下がっているので見えますか?
そして、
Photo_8  クエ鍋ゲット!です。ちゃんとクエの身がいく切れかしっかり入っています。  1杯¥500-。
次にアンコウ鍋をゲットして、これは用意していったジャーに入れて持ち帰りです。
 (昨年他の人がジャー持参なのを見て、ジャーを購入、今日が使い染めでした)
調理側も
Photo_10 沢山の人が大忙しで準備しています。
 
さて、次は
Photo_9 また別の行列に並びました。何でしょう?
実は、Photo_11 どんぶりでした。
マグロ丼(¥500-)とシラス丼(¥400-)です。
こうこれで十分お腹は膨れました。
デザートに、Photo_12 パイナップルを1カット買ってカミさんと2人で食べました。
あとの買い物は、
Photo_13  りんご に 百合根
Photo_14
Photo_15
金時ニンジンに白菜Photo_16 などを購入。
普通に小売りで買うのよりはかなり安い感じです。
で、今夜は持ち帰ったあんこう鍋が夕食の食卓に上ります。
 

2015年12月 3日 (木)

プリンターのインクを買いに行って…

うーん、寒さに対する耐性が弱ったことが顕著に表れているのが、暖房具の使用です。
去年まで、とは言えないですが数年前までは冬で寒くても寝るときに電気毛布は使わなかったです、電気アンカまででした。ところがこの冬は、未だ寒さが始まったばかりですが今夜から電気毛布を使うようにしました。  軟弱になったものです、情けないと思いつつ…。
あっ、タイトルの話題についてですね。
カミさんのパソコンに繋がっているプリンターがまともに印字しなくなってしまいました。
インク切れかなと思い電気店にインクカートリッジを買いに行くことにしました。
カミさんのパソコンに繋がっているプリンターはHP製でインク寿命が長く、私のプリンター(キャノン製)のインク交換の数倍はインクが持つ感じです(印刷頻度も違いますが)。
で、電気製品の量販店に行ったのですが…。
使用インクは、
Photo_5 こんなものでした。
この価格は、標準価格で、が¥ 4,536 、カラーで¥5,104となっていました。
ウーン、大容量で長持ちしたからこんなものか、とは思いましたが、
お見せでプリンターを、見ると
Photo こんなプリンターが何と、¥3,980-で売られているのです。
インク代より安くプリンターが買えるのです。しかもWiFiで無線Lanを使うことによりコードレス化もできます。
コピー機能もあります。
Photo_2
どっちが得か考えてみて、プリンターの新品を買うことにしました。
プリンターってインクが切れると本体を買い替えるような製品なんでしょうか?
そんな時代になって(いや、して)いるのでしょうか。
 

2015年12月 2日 (水)

自転車の通行ルール、信号機事情

師走に入り2日目。寒くなったし、色々イベントに関連していたり、慌ただしくなってきて、年末やなあと感じています。
先日、警察署協議会というのに出席していて、「道路事情等、警察ではなく行政の問題もあるが、信号機の種類・場所などでも和歌山は自転車通行者に優しくない。」と発言した。その日会議終了後、個別に道路・通行・信号などの現状・在り方について話を聞ける機会が持てた。
 自転車通行と信号の関係で私が提起したのは、
Photo  この、市民会館とと市民図書館の場所にある信号機です。交差点で横断歩道がロの字の1ケ所が空いて、コの字型になっていますね。写真の左下から左上への通行は歩道がありません。自転車に関しても左下から右へ渡る歩道の信号は「歩行者自転車専用」となっており、一般の説明では、自転車もこの信号に従って通行せねばならない、とされています。
私は現実に写真左下から左上へと道路を横断する行き方が多いです。
その際、歩行者自転車専用信号に従うと、先ず右へと狭い道を渡り、次に大きな道を横断し、最後にもう一度狭い道を右から左へと横断する、というコの字の全部を通る手間が掛ります。
一般の人のこの交差点の通り方を観察していると、画面左下から右へ渡ります。(これはその方向が通常青信号であることも関係しますが)、次に右側から大きな道を横断する際に、右上でなく左上に至るように通行します。つまり交差点を斜め横断することとなります(或は広い道路を渡り切って、狭い道路で右側から左側へ斜めに移ります)。結構危険な渡り方になってしまいます。
横断歩道の描かれていない部分を横断するのは、何か通行違反のような気がして後ろめたさがあります。
しかし、今回聞いた話では、この横断歩道の無い部分を自転車通行するのは道交法違反とはならないようです。
別の写真を紹介しましょう。
Photo_2  これは実は私の言いたいことにぴったり合っている信号ではないですが、代用できると思います。この信号で注意して頂きたいのは、今交差点を渡っている自転車ではなく、交差点と横断歩道の位置関係です。
交差点から奥に入って横断歩道と自転車横断レーン、歩行者自転車専用信号があります。
自転車が歩道でなく車道の左端を通行している場合、この横断歩道の隣の自転車横断レーンを通るには交差点を直進できないでかなり左へ入るように迂回しなければなりません。それは自転車運転者にとって不便で面倒です。
しかも車道を走っていて車用の信号と、歩行者自転車専用信号では、信号の変わるタイミングが異なります。自転車はどちらの信号に従うのでしょう?
答は、自転車は原則的に「車」であり、歩行者ではない、ということです。
自転車の通行は車道の左端を通り、信号等も車の信号に従う、ことが原則です。
例外的に歩道内を自転車が通行することが許される場合があり、その場合は歩行者自転車専用信号に従う、との考えで良いようです。
先の図書館の信号は横断歩道の無い部分を自転車で渡ることは違反ではないのです。(車としてですからあくまで道路の左側通行となるように渡る必要はあります)
このとき初めて聞いたことですが、「歩行者自転車専用信号」というのは無くしていく方向らしいです。
信号の種類をいくつかアップします。
Photo_3  家の近くの国道での「歩行者自転車専用信号」です、同じ場所でも別の方向だと、Photo_4 歩行者用信号となっています。
また、Photo_5 これは紀の川大橋の信号ですが、歩行者自転車専用信号があるだけでなく、その左上の赤い標識は「橋の上は リヤカー、自転車の通行禁止」です。こうなると自転車では明らかに車道を走ることができなくなりますネ。
自転車の通行では、和歌山市内で本当に特殊な例ですが、
Photo_6 歩道内に自転車用レーンが設けられています。これだけ歩道が広いと出来ますが、他にはなかなかこの例は見られません。
さらに言えば、今の方向としては、自転車を歩道から追い出す考えが主流みたいで、歩行者と自転車の事故から歩行者を守ることが優先されているようです。ただ今のままで自転車を歩道から追い出しても自動車と自転車の事故を防ぐ方策を考えないと、 事故は増えますよね。
自転車通行のみでなく、信号一般についても色々と興味ある話が聞けました。
3年くらい前にこのブログで「視覚制限灯器」というのを題材にしたことありますが、結構見え難いと不評が多いようです。角度によって見え方を制限するというだけでなく、単に信号に近付くまで見え難い、見えないからスピードを出せない、という効果の期待もあるようで、早くに信号を把握して対応した運転をするという、予知・予測運転を進めるような考えはあまりないようです。(もう少しで信号が変わる、と予測したらスピードを上げて交差点を通過しようとする、それは事故の原因になる、という考えですね。多分)
信号の変化の間隔などは、交通量に応じて変えるのですが、時刻と併せてプルグラムによる設定となる訳です。信号によっては、制限時速で走れば青が続くような設定もあるようです。また和歌山で1ケ所だけ、交通量のセンサーと連動して自己コントロールできる信号もあるらしいです。非常に高価なために1ケ所だけ設置してその後増設はできていないとか。
さらに信号機では最近「歩車分離」型が増えていること、分離でなくても歩行者と車の信号変わり目のタイミングをずらせたり、市役所近くの交通量の多い信号で、「青信号」を一切無くし、直進・左右折の青矢印信号のみにしたり、事故防止、渋滞緩和のため、信号機の種類、運用について警察関係者は工夫、努力をしていることが良く分かりました。

引き籠り

寒さに対する耐性が落ちてきています。(暑さにも弱いのですが)
朝、布団から出るのがイヤ、洗面・歯磨きは冷たい水はダメ、朝食時から暖房を入れないといけない、…。
朝の散歩も億劫になってきているところ、カミさんに「行くよ」と言われしぶしぶ出掛けました。(以前なら私の方が誘っていたのに)
で、今日は朝の散歩では家を出ましたが、その後は引き籠り状態で家から出ないままでした。結構珍しいことです。
 家に居たなら、やるべきことの筆頭格は”部屋の片付け、書類の整理”なんですが、今日はそれには手付かずで、何となく過ごしていました。
 時間は経つものです。一応読書の時間は持ちました。
対象は、
Photo  この作者の本は初めてです。
とか、
Photo_3
この作者も初めてです。  それと、
Photo_4 これ。
いずれも短編集です。何の脈絡もなく、あっちの本から1篇、こっちの本で1篇とバラバラと読んでいます。
気分転換にはなります。
ところで家で一日ぶらぶらしてると、口が寂しくて、パクパクとおやつ、スナックを口に入れていました。  アカン!体重増加してしまった。coldsweats02
 

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »