2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

万葉玉手箱

暑いです、忙しいです、色んな事があります。

Photo ブログタイトルに関係する画像です。

この話は少し後で、暑さが続くので、我が家はPhoto_3 家にヨシズを立てました。Photo_4

昨年は5月では未だこんな状態にはなっていなかったと思います。

ブログをお休みの間、車イス洗いをやったり、某会議を主催して議事内容作成、司会進行、結論導入まで息を抜けない会議をなんとか終え、監督官庁(自治体)の関係者にバトルを仕掛けたり、懲りずに、大阪まで飲みに行ったり、まあ好き勝手で忙しいのですから、しょうがないですけど…。

なーんでブログ続けてるんだろ?ってつい疑問が出たり。 自分がやりたいからなんですね。

で、話は「万葉玉手箱」ですよね。

私の所属する万葉の会で、今回新しい企画として、「万葉玉手箱」なる催しを行うことにして、本日がその第1回でした。

万葉集を身近に楽しもう、万葉の四方山話を語り合おうとか、色々あります。

第1回のメイン話題は酒の話と恋の話でした。

Photo_5  会場風景はこんな感じで、ラウンドテーブルタイプであり、教室タイプの机配置ではありません。

酒と恋、それなりに話題の選択は良かったと思っています。

万葉集と恋の話では、有名な歌では、蒲生野での大海人皇子と額田王のやり取りがあります。

 茜さす紫野行き 標野行き  …

 紫の 匂える妹が 憎くあらば …

この歌を、Photo_6大海人、額田、天智などの人物の背景まで説明して歌の意味を探ります。 さすが中学の先生。

ただ、この歌は教科書には載っていないので、先生が自分で補足して説明するとのことです。中学生は「昼メロみたい」とか「三角関係や」とか、反応するらしいです。

 で、中学生が万葉歌に興味を持ってくれれば良し、なんですが。

これから、もっと万葉を普通の人と楽しめるよう、万葉グループとして企画を練っていきたいと考えています。

イベントなんて、最初に誰かが一言「こんなん」て言い出したことが、「やれる」かどうか、とか「どうやってやる」とか分からない内でも、「面白い」とか周りに乗ってくる人が居ると、なーんか、進んできて実現しちゃうのですねえ。

秋の万葉ウォークと、この玉手箱事業内での「和歌山城で万葉探し」の企画はもう後に引けない、「やるしかない」企画となってきています。

ホンマにやるしかない、のです。  で、なんとかなるでしょう。  きっと。













2015年5月27日 (水)

チェーン店のスクラップ&ビルド

昨日、今日と真夏の暑さです。bearing

このところ、色々な業界でチェーン店を展開している企業が、業績に関連して、新規開店や既存店の閉鎖などのニュースが多いです。

15

マクドナルド、ヤマダ電機などは大幅縮小のようで…。

スタバがとうとう鳥取県にもオープンというのもニュースでした。

私の周辺では、コンビニではサークルKサンクスが急拡大で新規出店が目立っています。

たしかファミリーマートとの合併が行われるとニュースがでていましたが、どうなるのでしょうか?

ヤマダ電機の店舗閉鎖の基準からすると、和歌山市にある「和歌山北店」なんか閉鎖の大本命に思えるのですが、流石にこの店はオープンから未だ1年経っていないですから…。閉鎖はないでしょう。  でもこのお店、入ったことないですが、たまに前の道を通っても、駐車場の車台数が少ないのです。

で、冒頭の写真ですが、工事してる人に聞くと、「セブンイレブン」がオープンするとのことでした。

でもこの土地は、かつて

Photo  セブンイレブンがあり、2年ほど前に閉店して、

Photo_2建物も解体して、更地になっていたところです。

「エエっ、セブンがまたくるの!」って思いました。

詳しくは、ガソリンスタントに併設されるセブンイレブンとのことで、複合店舗になるので、同じものが出来る訳ではないです。

しかし、この地は同じ商圏と思われるところに、ローソン(元から)、ファミマ(2軒)、そしてセブン閉店後比較的近くで新規オープンしたセブンイレブンと競合が激しい地区であり、かつガソリンスタンドも新規開店より店仕舞いがしばしば見られるように、競合が激しくシンドイ業種との印象を持っているのですが、生き残りは大変でしょうね。

私は前の店が閉店するまでは結構このお店は利用していました、しかし今は、この店より近くに新規のセブンがオープンしているので、こちらの利用が思となります。





2015年5月26日 (火)

全国万葉協会総会 その2

タイトルの通り、全国万葉協会総会の続編です。

先ず、全編で文章で紹介しながら、写真添付を忘れていた、アベック揮毫の歌碑を

写真で紹介しておきます。

Photo 木の陰ができてしまい見辛いですが、歌は蒲生野で天智天皇が狩りをしたときに、額田王と大海人皇子とが詠んだ有名な歌です。

額田の歌を、俵万智さんが、大海人皇子の歌は小野寛先生が揮毫されています。

一つの碑で二人が揮毫するのは珍しいことらしいです。

【万葉植物】

街を歩けば、万葉集に縁の植物もあちらこちらに見られます。

Photo_2  花の名前の説明を受けたのですが、忘れちゃいました。(ボケ)

Photo_3 琵琶湖畔では、あふち(せんだん)の大きな木に花が咲いていました。

Photo_4  これはテイカカズラです。なかなか大きく立派な蔓でした。 この花は  Photo_6 弘文天皇陵の近くで見掛けました。  因みに弘文天皇とは壬申の乱で敗れた大友皇子のことで、天皇として即位していたかどうかに議論があり、明治時代になって天皇となっていた、と認められたのです。

Photo_5  これ(バラ)は、万葉集には出て来ないですが…。

【帰路】

JR大津京駅で解散、京都駅、大阪駅、なんば、和歌山市と経由して帰宅しました。

途中京都駅で快速電車待ちしているとき、和歌山へ直通で行く”特急黒潮”のアナウンスがありました。 「あっ、これに乗ったら楽に帰れるな。」とは思いましたが、今更特急券を買って電車を変える気にまではなりませんでした。後で調べると、特急料金は1900円超で、かなり高い料金でした。

特急黒潮には載りませんでしたが、南海電車のサザンは指定席券を買って乗りました。

ハイキングで疲れと、喉の渇きがかなり来ていましたので、

Photo_8  ビールにワンカップ。家に着くのを待ち切れなかったですねえ。wink

帰宅後に歩数計を見ると、Photo_9  2万歩余りでした。  結構歩いたのですね。 少々疲れました。





















2015年5月25日 (月)

全国万葉協会総会

昨日は滋賀県大津市で行われた、「全国万葉協会総会」と万葉ハイキングに参加してきました。

会場は、天智天皇を祀る”近江神宮”内にある近江勧学館。神社の杜は大きな木が生い茂り”神さびた”感のするところです。

Photo

Photo_2  総会は滞りなく進みます。

参加者は私の分かった範囲で、茨城県、富山県、香川県、九州(唐津、大宰府)などから集まっていました。

議事が進んだ後参加者からのコミュニケーションタイムで、私の属する紀伊万葉ネットワークが行うイベントの紹介をさせて貰いました。 

Photo_3同時に昨年イベントへの参加、協力への感謝の言葉も述べています。また、この会の事務局長に就任した挨拶も行いました。前事務局長は協会でも良く知られている存在でしたが、私は”新人”なので、これから人脈作りも必要です。  シンドイなあ。

総会後は、万葉ハイキングです。滋賀県は天智天皇が大津京を作ったこともあり、、万葉歌が沢山詠まれています。私のイメージでは、大津京時代の歌よりも、壬申の乱後に廃れた大津京跡で昔を偲ぶ歌が多いようなんですが。

【万葉歌碑巡り】

ハイキングは大津市内・琵琶湖畔を歩き万葉歌碑を巡る、ということになります。

Photo_4 近江神宮内にある、高市黒人の歌。

Photo_5 琵琶湖畔にある人麻呂歌の碑

Photo_9琵琶湖はやはり「海」に見えますね。”近江の海”なんですよ。ヨットが気持ち良さそうです。

Photo_6  都が廃れただけでなく、歌碑も荒れたる状態にありますねえ。

 2人の揮毫者で一つの碑を書く。通常はしないらしいですが…。

Photo_8 市役所前の球形歌碑。「拓本とるのが難しいねぇ」と言い合っていました。

後半は別途アップします。  万葉協会総会の第一部ここまで。



















2015年5月21日 (木)

久し振りのテニス

今日も快晴です、昨日より気温は下がり平年並み。過ごし易い五月晴れの一日でした。

居間の櫓炬燵、やっと布団を外し和テーブルモードになりました。

さて、膝の故障で一か月以上休んでいたテニス、やっと再開しました。

テニス友達からは、「無理して走らなくて良いからね」と労りの言葉を貰いましたが、格別痛みも違和感もなく、もう大丈夫です。

良かった。

150521 今日の歩数です。すごいですねえ。山行きしたくらいの歩数です。

テニスでは多分3000歩程度だと思われます。 カミさんと朝の散歩を始めてから1万歩超の日も多くなっています。(朝の散歩で5000歩ちょっと歩数を稼いでいます)

膝や腰を傷めないよう、普段から軽い運動、ストレッチなどを励行しないと…。

2015年5月20日 (水)

市役所食堂

いやあ、今日は本年で一番暑い日だったのではないでしょうか。

何をしても、いやじっとしていても暑い、汗ばむ日でした。

天気予報によると、明日は気温はかなり下がるようです。 というか平年並みになるようです。

さて、

14 市役所の最上階(14階)にある食堂がリニューアルオープンというニュースがありました。5月11日から営業再開、とのことでした。

地元の野菜を中心のビュフェ形式のランチが食べられます。食堂の店名は”十四階農園”

です。

実は昨日カミさんと2人でここに行ってみたのですが、入場待ちの行列がすごくて、諦めて帰宅していたのです。bearing

今日は、開店時間(11:30)前から行く、という再チャレンジでした。

開店前に着いたのですが(11:10頃)、既に待ち行列は始まっていました。

Photo  こんだけ並んでいます。

そして実際の開店時間(11:20頃にオープンになりました)には、Photo_2私の後ろに、こんな行列ができていました。

スゴイ人気ですね。

さて、待ち行列はありましたが、行列の人数から予測していたように、開店時の入店はできました。

でも、Photo_3料理を取るにも結構な行列です。

ともかく食事には有りつけます。  席は、

Photo_4  正面に和歌山城を望む好立地です。

そして、Photo_5これが第一次の料理のトレーです。

この他にもカレー、各種野菜料理、デザートを少々頂いて、満足・満腹のランチでした。

でも未だ、食べていないメニューが結構あります。  定番料理制覇のためにもリピーターになることが必要ですね。

 でもこの人気、こjの行列はいつまで続くでしょうか?

行列は大変ですが、この食堂の盛況は続いてほしいです。和歌山のためにも。











2015年5月19日 (火)

スマフォのアプリ(今日の運動)

 今日は歩いて、そしてサイクリングして運動量のアップに努めました。

数か月前に、ガラケーからスマホ(アイフォン)への切り替えで機種代金無料キャンペーンとかがあり、ともかくスマフォ所有者となっていました。

基本的には携帯電話の機能(メール含む)しか使っていなかったですが、最近アプリを使う、さらに新たにインストールすることを憶えました。

始めは標準装備の時計アプリで、タイマーやストップウォッチとして使って結構便利と思っていました。次に数独とかゲームをインストールしてみました。iPadに比べ画面が小さいけど、まっ遊ぼうと思えば遊べます。

そして先日ブログでも記事にしましたが、

19  歩数計のアプリ

これは今日の16:30時点の歩数です。オムロン品とまあ誤差範囲の数字です。

今日のウォークについて1万歩超となっており、歩きは一応充分です。

で、さらに今日は新しいアプリを試してみました。

Photo_6  サイクルアプリです。

これによると、本日の自転車走行は13.93Kmとなっています。消費カロリーも表示され、画面下の方には移動経路が地図に表されています。

Photo_7 平均速度や最高速度も出すことができます。今日のサイクリングでは最高速が29.3Kmとなっています。

他に、Photo_8 2Kmごとのスプリットデータも表示されます。

未だアプリを使いこなせていませんが、なかなかのものです。

今は無料アプリですが、Pro版として500円の有料版だと”優れもの”のようです。

今日は他に高度計アプリも入れました。

 アプリを多く入れると、電池の消耗が早くなるらしいので注意が要りますね。

因みに本日のサイクリングは紀の川河川敷を河口部から紀の川大堰までの平坦地を走りました。 いずれ坂越えして大阪府に出てみようと思っています。

この紀の川自転車道を遡れるだけ上ってみるのも一つです。次は最高時速のアップを考えてみます。(今日は特に最高速の意識はなかったです)







2015年5月18日 (月)

大和葛城山ハイキング

昨日(17日)、良いお天気のもと、会社OB会行事で、大和葛城山にツツジを見るハイキングに行ってきました。

集合地は近鉄富田林駅。集合メンバーは12名。 適度な人数と思います。ウォークイベントとして公開して参加者を募集すると50名くらいにはなり、恙なく終えるためには結構大変ですが、OB会のように見知った仲間と10人前後の人数、これが良いです。

富田林から、バスに乗って35分くらい、山の中腹まで行きます。

Photo  ここから登山開始です。

Photo_2  林の中は涼しいです。ただ、急で段差の高い階段が多いので少々歩き辛いですね。

Photo_3

奈良盆地(大和三山)一望される場所を過ぎて、

Photo_4 ツツジが見えてきます。

そして、Photo_5一面が満開のツツジです!

Photo_6  路傍のツツジもきれいです。

歩いて汗を掻き、花と眺望を得て、ビールの一杯も出来て(山頂に売店がありました、自分ではパウチバックの清酒を持参していましたが、冷えたビールの方が良かったですwink

下山して天王寺まで帰り、反省会としてワイワイとビール飲んで食べて、

Photo_8 アベノハルカスがドームから透けて見えるスポットを通り、帰宅となりました。 歩行数は15,000歩でした。

【人出の多さ】

実は、昨日のハイキングを語るには、人出のことを抜く訳にはいかないのです。

Photo_10 富田林駅前でのバス待ち行列です。

臨時バスが2陣、3陣と出ます。

そして、山頂付近でツツジも沢山でしたが、Photo_11
人も多い、多過ぎですよね。  こういう日は、
Photo_12  女性は大変です。

この行列先頭の左側は男性用施設ですが、行列は全然ないですね。

あと、下山してPhoto_13 またバス待ち行列です。

臨時便が出るので、待ち時間はあまりありませんでしたが。









歩数計アプリ、アマゾンの配送

今日は写真中心に2件の話題を;

 (2つの話題の間に関係はありません)

【歩数計アプリ】

アイホンに歩数計アプリを入れて見ました。で、前から持ってたオムロンの歩数計とカウントを較べてみると;

Photo 少し差がありますね。この程度は歩数計の精度からすると誤差範囲なんでしょうね。

でも、Photo_2  この数字は誤差ではないですね。

どちらを信頼すべきでしょう?

因みに昨日の山と葛城山ウォークでは、アイホンが20,540歩、オムロン歩数計は15,047歩の表示でした。感覚的にはオムロンの方が合ってる感じです。アイホンでは何かノイズをカウントしてるのでしょうか?

この関係で別の話になりますが、ウォークの翌日、かなりな運動量だったし、体重減を期待していたのですが、なんと0.3Kgの増加でした。 ガーン! 悲しかったです。crying

【アマゾンの配送】
日曜日にアマゾンから品物の配送がありました。私が注文したものです。

Photo_3  箱2つが送られてきました。

箱を開けると、Photo_4  小さなものが入っています。

この商品、同じメーカーの同じ範疇の製品で、注文も同一カートに入れ同時注文したのですが、2つで送られて来るのです。  一箱に2つ入れて送れば済むのに無駄ですよねえ。コンピュータ処理でも一括配送は出来ると思うのですが。

因みに商品は、

Photo_5  こんなものです。

”脱メタボ パンツ”と言われているようでうすが、ホンマに効果あるのでしょうか?

期待しておきましょう。









2015年5月16日 (土)

チャリ族に仲間入り




今日は前日の天気予報ほどには雨は降らず、降ったり止んだりの天気、昼間は蒸し暑かったですね。夜に入り気温は結構下がってきているようです。

本日図書館で借りた本;

Photo 

Photo_2そして、

Photo_3   です。

何の為? それはもう、自転車に乗ろう、と思い始めたからです。

思い立ったところで速攻です。

Photo_4 知り合いのモーター&バイクショップへ行き、カタログ写真で、「これなんか良いですよ」って勧められ、その場で注文。

他の店、他のメーカー等一切検討なし。   なんで、もっとじっくり考えないのか?

ウーん、成り行き、勢いですねえ。

Photo_5  写真で見ても、なかなかハンサム・精悍でしょう。

この自転車はサイクリング専用の使い方になります。

おいおいに、付属品を揃えて行かなければなりません。










2015年5月15日 (金)

追加のジャム作り

今日は暑いです。家でじっとしていて汗ばんできます。

イチゴ4パックでジャムを作ったのですが、どうも”需要に対して供給が少ない”恐れが強く、追加して作ることにしました。

 *既に2ビン嫁に出し、2ビンはこれから送る準備、さらにおすそ分けが期待されている常連さんが5,6軒あり、売れ行きが良いです。

で、イチゴ4パックを再度購入。

4 今回は先のイチゴよりサイズは小振りです。重さが違います。前のは1パック250g、4パックで1Kgと計算して作りました。今回は300g/パックで重いのです。良く見るとパックの深さが違っていました。イチゴの値段は同じです。 小振りで少し酸味が感じられる、私のジャム原料として好みのタイプでした。

あとジャムへの定番の工程ですが、

Photo イチゴを洗い、

Photo_2 へたを取り

Photo_3 鍋に入れ

Photo_4砂糖を加え…、  あとは加熱するだけです。

Photo_5  写真は前回完成品と今回製作中のジャム、それに私のエプロン雄姿(?)です。happy01

イチゴ/砂糖比を数パーセント砂糖を増やし、またグラニュー糖/上白糖比でグラニュー糖比を少し高めました。

どうも2度目のジャムの方が私としては出来の良いジャムとなっています。

 どちらも間違いなく美味しいですよ。












2015年5月14日 (木)

遅れたジャム作り

今日は夏日になるようですね。

早朝はすがすがしい感もあり、紀の川沿いの散歩も気持ちよく歩けました。

(歩行数3600歩程度、帰宅すると少し汗ばんでいました。)Photo_3

ここ数年、イチゴジャム作りは私の仕事で、私も美味しさには自信を持っており、おすそ分けを期待している方も多くなっています。

ただ、今年はカミさんの手の骨折や私自身の膝の故障などがあり、丁度加工用イチゴを大量に仕入れる時期に、ジャム作りのゆとりがありませんでした。

 体調、気持ちが準備できて、昨年までイチゴを買っていた、農産物直売所に聞いてみると、「加工用イチゴの時期はもう終わった」、とのことでした。

 今年のジャム作りをどうしよかと、迷っていましたが、カミさんが普通の食用イチゴを買ってきました。   ということで昨日ジャム作りを行いました。

イチゴはまずまずの大きさで見栄えも良いので4パックが材料です。

 (私はジャム用には小振りのサイズの加工用イチゴで味もボケっと甘いだけよりも、少し酸味があり引き締まった甘味のイチゴの方が好みなんです)

Photo_4  イチゴの状態での写真は撮り忘れたので、鍋に入れて砂糖をまぶすところからの写真です。

 砂糖の量は今回はイチゴの45%。(ジャムレシピを見ても、色んな比率が書かれていますね) 砂糖は上白糖/グラニュー糖の4/6のブレントです。

このまま数時間置くと、Photo_5イチゴの果液で砂糖が馴染みます。

あとは、アクを取りながら煮立てます。Photo_6

途中、レモン果汁を加えます。

この煮立ての工程がカミさんの作り方と私の作り方の違いで、カミさんはイチゴとシロップ部分の分離状態になりますし、私は全体がジャム状態になるのです。

 (煮立ての間にジャムテストを入れて、シロップ液の粘性確認をします。)

そして滅菌済の容器にビン詰めして、蓋を軽く締めて再滅菌、熱が取れてから蓋を強く締めると完成です。

Photo_7

ウーン、材料がイチゴ4パックでは、量が少なく、あまりおすそ分け出来ないですねえ。

困ったかな。

Photo_8  今、庭で咲いてる花で盛りなのは、冒頭の写真のチューベローズとこのアルストロメリアです。









2015年5月13日 (水)

シャッター通りが大賑わい

台風の影響も過ぎて、すっきりと五月晴れの今朝(13日早朝)、気温が少し下がり肌寒いくらいです。

10日(日曜日)に和歌山市の”旧繁華街”ぶらくり丁で「ポポロハスマーケット」が開催されていました。Photo  沢山の人出がありました。

数十年前、このアーケード街の休日は常にこのような賑わいがあったのです。

イベントを仕掛けた成果といえ、ぶらくり丁がこのように人で賑わう姿を見るのは久し振りで、驚き・嬉しいことでした。

Photo_2  出店も多いです。

Photo_3
  でも…

Photo_4
良く見ると、シャッター通りが解消された訳ではなく、シャッターの閉じられた店は多いです。

しかし、しかし、いきなり閉めたお店が一斉に開くことなんか有り得ないですね。イベントの仕掛けでも、人が集まり、”ぶらくり丁って楽しい”って思うようだと、リピートして集まるかも…。そうすると商店の開業の魅力になるかも…。シャッター通り解消の好循環が起きる。

  ことの期待が持てます。

この日はぶらくり丁だけでなく、近くの大通りでも、

Photo_5 歩行者天国でイベントが仕掛けられており、ダンスや

Photo_6  沢山の屋台出店があり、

Photo_7 名車の展示、などで多くの人を集めていました。

Photo_8 これがイベントの看板です。

人が集まる、って街が元気になる端緒ですよね。  長期的に退潮気味の和歌山市が元気になるのは容易ではないでしょうけど。
















2015年5月 8日 (金)

今年度のウォークイベント企画




八十八夜、立夏と至り、暦上の季節は春から夏へと移ろってきています。現実にも初夏らしく爽やかな風と新緑が目を楽しませてくれています。(少し暑く感じることもありますが)

膝の不調でウォーキングを考える熱意が弱っていましたが、ボチボチウォークのシーズン到来です。

 昨日(7日)は、7月に行う、古代街道ウォーク(何階道 雄山峠越コース)の下見に、諸先生と一緒に出掛けました。

コースは、JrJR山中渓駅(大阪府)を集合・出発地点として、雄山峠を越えて和歌山に入り、紀の川の渡津であったとされる、布施屋まで至る道です。

駅前の説明板にあるように、

Photo  この道(ルート)は、平安時代には当時の国道に相当する”南海道”だったのです。その後”熊野詣での熊野古道”となりさらに江戸時代では紀州公の参勤交代の道(紀州街道)となっていった道なんです。

話しは少しずれますが、今年のウォークイベントの計画は、

古代街道P/J(文化庁補助事業)で2回、万葉の会で日帰りウォーク、一泊ウォークと2回、さらに万葉の新企画「万葉玉手箱」事業でも和歌山市内でのウォークを企画しています。

 これに、私自身が企画者ではないですが、公民館活動でのウォークが年に2回あり、全国万葉協会でのウォークイベント、紀伊万葉の関連団体でのウォークもあります。

 そして、以前勤めていた会社のOB会でのウォークが毎月行われています。私は今年は参加をサボってきていますが、ボチボチ参加したいです。またこの会で、1度だけ私が担当する月があります。

  こうやって考えると、ウォークイベントに追われてしまうような感じです。

話を雄山峠越ウォーク下見に戻します。

山中渓駅を出るとすぐに、Photo_2に至ります。

Photo_3  関所跡の石標があり、この隣には葛城修験の経塚もあります。

Photo_4  これは、先ほどとは別の経塚の標識です。 このコースは先に説明した、南海道、熊野古道、紀州街道に加え、葛城修験の道でもある訳です。

歩を進めますと、Photo_6 の標識に出会います。

ここは大阪府と和歌山県の境界のようです。そして仇討ちに関して、

 Photo_7 石碑で説明されています。

日本最後の仇討の当事者は土佐藩士だったようです。 知らなかったです。

コースは結構車の交通量の多い道を歩き、峠に至ります。この辺りは阪和高速道が並行して走っています。 「ここが雄山峠」という標識が全くないのが寂しいですが、峠を越えると、和歌山市に入り、

Photo_8 山口王子跡に至り、ここに「紀の関守」を謳った万葉歌碑があります。  (”紀の関”がどこであったかは議論の多いところですが)

この辺りでは、Photo_9  ビルディング群でも出来るのか?というほどの大規模工事が行われています。 京奈和道路の建設工事なんです。

阪和高速も空中高架の部分が多いですが、これは天空の道路かと思われますね。

古代街道なんて趣の景観は全く変わってしまうでしょう。

ウォークコースは、熊野古道をしっかり辿るというより、沿道での歴史スポットを巡ります。

Photo_10  山口神社です。

他に写真紹介はないですが、「山口廃寺跡」にも寄ります。

さらに歩いて、紀の川を越え、JR和歌山線・布施屋駅が終点となります。

Photo_11 布施屋駅前には、分かり易い熊野古道関係の説明・マップが設置されています。

この日のウォーク、最後の部分車で移動しましたが、この日の歩行数は19,000歩ちょっと。

膝の調子は完調ではなく、少し違和感を感じながらでしたが、無事歩き終えて、足は大丈夫と言えます。

 翌日(8日)はお医者さんで膝にヒアルロン酸の注射を受けました。

効くのかなあ? ちょっと楽になる感じはありますが。










2015年5月 6日 (水)

リアルのリアルのリアルの

連休は今日で終わり、明日より通常の日々になりますね。

ゴールデンウィークと言っても毎日が日曜日の私には、特別のウィークという感じは薄かったですね。息子が帰省したのがエポックのようなものです。

自分の旅行は逆に”連休は外して”ということになります。ボチボチ考えよう。

さて、本日記事のタイトル、「リアルのリアルのリアルの」ですが、何のこっちゃ?という感じですね。 

Photo_8

実は、現在和歌山県立近代美術館で開催中の特別企画展のタイトルです。上はそのチラシです。

しかし、「リアルのリアルのリアルの」って意味分からないです。チラシに書いてる文章を読んでも…、分からないですねえ。  哲学的というか抽象的というか、どこにリアルがあるのか。

現実に対する現代人の不信感とか、リアルはネット上の世界に対する現実世界を意味する、とか…、自分だけが分かったようなことを言ってるような気がします。

まっ、でも作品を観て考えれば良いことですよね。ということで作品紹介。

Empty_landscape2 スピーカーが宙釣りになっています

作品名は、「empty landscape#2」とか。  昔、”環境芸術”という言葉がありましたね。そんなこと言うと、古過ぎるのかもしれませんが。

「フーン」って思ったら良いんでしょうか。

Zokin この作品のタイトルは「Zokin」です。

見た目雑巾の形をしている、磁器(焼き物)です。他に掃除機やエアクリーナーを磁器で作っています。

光に着目した作品の一つは、

Photo_9  こういう例もあります。

これは写真ではなくて、画なんです。

そしてこんな作品も

Photo_10
大きな鉄製の造形物です。「ポーレン」という作品名です。


結構圧倒されるのは、

Photo_11 作品サイズも大きいですし、絵の中のストーリーというのが病的というか妄想・錯乱的なんで、なかなかのモノです。

分からないけど楽しめる。  っていい加減かもしれないですが、そんな感じです。

特別展の別の展示からは、

Photo_12  や

Photo_13これは、私のお気に入りになりました。













子供の日

ゴールデンウィーク最後は「こどもの日」です。

  ただ明日6日(水)も振り替え休日で未だ休みは続いています。

美術館に出掛けようとしたのですが、途中の和歌山城付近で交通制限して何かイベントをやっていました。 乗ってた自転車を降りて様子を見ると、

Photo  ということだったようです。

確かに、Photo_2 を始め、

Photo_3 とか

3

Photo_4Photo_5  と続いていきました。

沿道には両親かジジババと思われる観衆が詰めかけていました。

お城の広場では、Photo_6今年の和歌山国体のマスコット「きいちゃん」のでっかい風船(?)が出ています。鯉のぼりはクレーン車が柱の役割をしています。

天守にも、

Photo_7 鯉のぼりが泳いでいます。

子供の日だから何かをする、という感覚はこのところ持ってなかったですが、イベントに出会って、子供が主役の日があるのも良いことだな、って思いました。

ところで、イベントとかと関係なく柏餅を買って食べるのですが、毎年買っている和菓子屋さんの柏餅が今年はえらく小さくなっていました。  ガッカリ

新聞に出ていた柏の葉が高騰していてお菓子屋さんが困っている、という事情の影響なんでしょうか。



















2015年5月 3日 (日)

ゴールデンウイーク2 帰省

ゴールデンウィークも後半に入ってますね。例年より少し気温が高いようですが、まっ過ごし易い季節です。

Photo_10

 ところでリタイアして後はカレンダーに少し疎くなってしまっていて、今年は5月6日(水)が振り替え休日になるのですね。 振替休日って、”日曜と祝日が重なった場合に月曜日が振り替え休日になる”、と思い込んでいました。

 *月曜日以外が振り替え休日になるのは、2008年が最初だったようで、その時はリタイア前だったのに、記憶に残っていないです。

さて連休で我が家のお坊ちゃまが寄生、違った帰省していました。カミさんは野菜を美味しく沢山食べれるように料理を作っていました。農家にお手伝いに行ってる近所の方から貰ったほうれん草をおひたしにしたものをたっぷり。(取れ立てだから本当に美味しい)庭で出来たアスパラを使った野菜サラダとか…。

そしてこれは、Photo_11 庭でできたエンドウを使った豆ごはん、豆の塩茹で、若竹煮、なすびと新玉ねぎの炒め物、枝豆豆腐など用意しています。そして和歌山の海の幸、

Photo_12 地物刺身の盛合せ。

特別に注文して盛って貰いました。これで6K円に消費税。  安くはないです。

でも美味しかった。 シマアジ、たこ、ハモ、カワハギ、赤エビ、シャコ、スズキ、鰹でしたかな。息子も当初「高いんじゃない?」と言っていましたが、食べて見て味とボリューム双方で納得したようです。

結構仕事で疲れていたようで、2泊して帰るまで遊び歩かずに休息と、庭の草引き等家事手伝いをしてしっかり家庭の味を楽しんで東京に帰りました。残りの休日もゆっくり休息するようです。

この息子が今回は

Photo_13こんなオモチャ(カメラ)を持参していました。 オリンバスエアーです。

スマホにアプリをインストールしてWiFiで接続して撮影するようです。30ウン万円の一眼デジは持ち歩きに重いので、毎回の帰省では持ち歩かないようです。(スマホと離しても撮影できますが、スマホを装着することもできます)

記事が長くなりますが、本日は

0503  歩数が1万歩を越えました。

未だ膝に違和感は残っていますが、まあ大丈夫のようです。

もうすぐ今年のウォークシーズンに入ります。 自分で企画するウォークでもかなりの数になります。

 頑張って歩くぞ!








久し振りの公園散歩

良い季節ですね。風薫り、新緑が目に優しく。 花も色とりどりに咲いています。Photo_3

Photo 久し振りに緩衝緑地公園を散歩しました。

カミさんが手の怪我で自転車に乗れなくなっていたので1か月あまり、ここに来ることができなかったのです。

この公園はバイク(bicycle)アンドウォークというコースです。

Photo_2公園では犬の散歩の人、ウォーキングの人、ジョギングの人たちとすれ違います。

数年前から良く出会っていた人も未だお散歩を続けているようです。

Photo_4 藤の花はもう終わりかけでした、盛りの頃は香りも豊でしたが、今は香りは感じなかったです。

春の花が名残惜しげに少しだけ咲き残っています。

Photo_5 辛夷でしょうか。

Photo_6  サトザクラの八重も最後です。

また夏の花のハシリも咲いています。

Photo_7  アジサイですね。

他にも、Photo_8  や

Photo_9  などの白い花も見られました。

今はゴールデンウイーク後半に入ったところ。連休といっても特に変わりないです。

連休明けに少し旅行でもしようか、と思っています。






















2015年5月 1日 (金)

ゴールデンウイーク前半

曜日とか、祝日とかに疎くなってしまっていますが、今はゴールデンウイークの前半時期なんですね。

24節気では春の最後の季節「穀雨」にあたり、もっと季節的な言葉では八十八夜の時期です。 そう、「夏も近付くはーちじゅうハチヤ」の季節。初夏と言えるでしょう。

特に今日は25℃を越え、夏日となっており、外を歩くと汗ばむくらいです。

近くの農家では

Photo  鯉のぼりが泳いでいます。

今は、庭にポールを立てて鯉のぼりを泳がす家は少なくなりましたね。私が茨城県に住み始めた頃、農家さんの家の鯉のぼりの立派さ、数の多さに驚いた記憶があります。どの家もまず10尾(数え方はどうなんでしょうか?)以上は泳いでいましたから。

Photo_2    お城の周りのツツジも今が盛りと咲いています。

ところで、我が家は夫婦揃って障害者状態の時期があったのですが、私の膝は運動するのは未だ恐いですが歩くのは不自由しない程度には回復しました。今日お医者さんでヒアルロン酸の注射を打って楽になっています。来週もう一度注射に行って、薬を投薬して貰えば、後は少しの時間でほぼ元通りになるのでは、と勝手な見通しを持っています。

Photo_3  カミさんの手は、こちらも今日お医者さんに行き、サポーターの着用も不要、ほぼ完治となりました。

 数日前から、サポーターを付けない状態で生活していましたが、医者からOKが出たのは良かったです。  これで外食したときにカミさんをアッシーにして私は酒が飲めるようになりました。

 食器洗いなどの水仕事もカミさん自身でできるようになりました。  ホっ。happy01

私はこの時期、文化庁補助金事業が本年度も採択されたため、具体的な事業計画策定や補助金交付申請の資料作成の仕事があり、

万葉グループでも年間事業計画、に加え今年度から新機軸での事業計画、それを和歌山市の補助金対象事業として応募するための書類作成など、結構しなきゃいけないことが多くあります。 

 あと私自身は格別な作業はしなくて出席するだけですが、自治会関係、保護司関係、などの年次総会が5月まで残っているものがあります。

4月5月って結構忙しい月ですね。








« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »