2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

アメリカンスナイパー

東大寺のお水取りを前に、”水温む”というか、少し寒さが和らいでいます。北の方では雪も多いようですが。

数日前、カミさんに連れられて映画を見に行ってきました。それがタイトルの「アメリカンスナイパー」でした。今回は何せ、連れられて行ったので、どんな映画か知らないままで映画館に着いたような次第です。

Images_3

クリント・イーストウッド監督作品です。 カミさんが行こうと言ったので多分、イーストウッドの新作かなあ、とは思っていました。 アメリカでは大ヒットしている作品らしいです。

 面白かったか?っていうと、間違いなく面白かったですね。

イーストウッドも、最近はこれが最後の作品か…、って言われながら、いつまでも映画作りの情熱が消えないのですね。

この作品に関連するニュースが今日新聞やネットに出ていました。 映画の主人公を射殺した犯人への判決が出た、ということです。

 映画の主人公は現実社会で2013年に心を病んだ退役軍人に射殺されてしまうのですが、その裁判が行われいる最中に映画作りを行っていた訳です。 ”今”、を映画にした感じです。

何と、この映画実話に基いているだけでなく、殆ど現在形での出来事を映画にしているのです。映画への登場人物は、主人公の家族、友人等、今息をしている人たちなんです。未だ歴史上の人物ではありません。

Images

 人物の評価も未だ固定されていない、映画により今生きている人物のイメージが大きく影響されるようなリスクがあると思うのですが、思い切って作るものですねえ。

 まっ、敵役はイスラム過激派(テロリスト)でアメリカ社会での価値観で敵味方は、はっきりしてますけどネ。

この映画、賛否の論が出ているとありましたが、単なるアクション映画で戦争ヒーローの礼賛ではないと思います。戦争の矛盾を突いている映画です。

その意味で、ビンラーディン襲撃の「ゼロ・ダークサーティ」やソマリアで船を乗っ取られた「キャプテン フィリップス」よりも深みがあったと感じました。

因みに映画のモデルの本人写真は、

Chriskyle  これで、

結構役者さんは本物と似てますね。

そういえば「サッチャー元首相」も似てました。  役者選びで、本人に似てるかどうかもポイントとなるのでしょうね。




2015年2月21日 (土)

旧名手宿本陣 重要文化財での展示会

今日は紀の川市にある「国指定史跡・旧名手宿本陣/国指定重要文化財・旧名手陣妹背家住宅」まで行ってきました。(イベントの仲間3人で行きました)

Photo

3月に企画している、シンポジウム・展示会の展示会場として使うための打合せです。

Photo_2このイベント、和歌山市会場で展示とシンポジウム、紀の川市会場では展示と、解説員との質疑会という構成となります。

和歌山市会場は壁面や部屋全体等での展示は問題ないのですが、紀の川市会場は、場所を借りることはOKが取れているが、何せ「重要文化財」、壁を汚す・傷つける、畳に重量物を置いて跡がついてはいけない等制限が多く、壁に模造紙を貼り付けたり、床に展示用衝立式パネルを置いたりすることが出来ない、とのこと。

Photo

Photo_2
 エーっ、「じゃあ、どうやって展示するの?」ということで、現地を見ながら紀の川市の担当の方(教育委員会)と打合せを持ったものです。

 結果、土間部分には展示用パネル台を用いた展示は可能。またパソコンとモニター画面でのスライドショーをエンドレスで流すことも可能。

 畳部分は床置きで展示を行う、などの方法で対応しようと決めた。

文化財を傷付けてはいけないという制限と、施設を有効活用し、客が呼べるのは嬉しい、という揺れの中の妥協点というところですか。

因みにこの旧名手本陣、3月は雛飾りの展示も併設となります。

Photo_3

あと1か月弱、企画をしっかり練って、盛況なイベントとしたい。



2015年2月20日 (金)

紀の川 土手

ちょっと寒かったですが、紀の川土手を歩いてました。

P1030065

2月初めの頃よりはP1030068

P1030069  土筆も大きくなってましたし、生えてる数も少し増えていました。

P1030071 この橋は車は通れず、人・自転車・単車だけが通るのですが、老朽化のため間もなく架け換え工事が行われる予定です。

堤防道のすぐ下には、P1030078 白梅が咲いていました。

P1030080  それから名前を知らない、雑草のような花もありました。P1030082

 

 紀の川散歩は気分転換と運動不足解消に良いです。

















2015年2月19日 (木)

地域コミュニティバス

今日は少し気温が下がっていました。風が冷たかったです。

私の住んでいる地域は2年弱前に、路線バスが赤字のため廃止となっちゃいました。その後1年間、住民ニーズの確認のため市の補助により運行が継続されました。

 地域住民に”積極的にバスを利用しよう”と呼びかけていたのですが、採算ラインには遠かったようで、完全廃止となってしまいました。

 車を保有していて車で移動できる人が多いということでしょうが、お年寄りなんかで車をつかえない人は、交通空白地帯、買い物難民状態になってしまいました。路線バスの採算に乗るほどの数的な乗車は見込めないとはいえ、バス廃止が困る人には致命的なダメージになります。

そこで、交通空白地帯(交通不便地域)の解消の施策として、国交省・自治体が進めている「地域コミュニティバス」の運航の可能性を探るため、地域の連合自治会が行政(市役所)に相談、先ずは制度の説明を受けた。

Photo自治会役員に対し、資料の説明と、このシステムを導入している地域の例が紹介された。

当地区への導入はかなり厳しい感じであったが、連合自治会内に、準備会を立ち上げ、住民意識調査(アンケート)から入ることとなった。

 その準備委員会にて、バス運行コース、やダイヤ案、アンケート案文が作成され、昨日連合会での検討を経て、住民意識調査が行われることとなった。

地域コミュニティバスといえども、地域主体でバスを運行し、採算を考えなくてはならない(行政の補助はあるが)ことから実現は難しいと思う。

それに地域のニーズといっても、地理的条件によっと温度差があるので地域が一枚岩となってはいない。(例えば我が家の辺りは別のバス路線の停留所に比較的近くてそれほど不便していない、旧路線のバスの廃止前でも年に数回バスを使うことがあるかどうか程度であった)

 まっ、自分もいつまでも車・バイクを使える訳ではないし、地域に交通弱者が居ることは地域全体で捉える課題であることは間違いないですけど。

 多分、コミュニティバスのシステムでなく、デマンドタクシーのシステムが適合するのでは、と考えるのですが、和歌山市は現時点でデマンドタクシーの制度は無いといことで、先の長い話となってしまう。


2015年2月18日 (水)

高知県産品

近所のスーパーでポンカンの産地表示を見ると、

Photo 和歌山県産と高知県産が並べてあり、高知産の方が高くなってました。  高知産の方が高級なのかな?なんて思いました。

これをきっかけに本日は、産地表示で私の故郷である高知県産品にどんなものがあるかちょっと気を付けてチェックしました。

Photo_2 土佐文旦(だるま文旦)は高知しか産地がないです。

Photo_3生姜も高知の特産品ですね。和歌山で私の近辺も生姜農家が多いです。ハウス栽培で規模大きくやってます。 和歌山の生姜の苗は殆どが高知産です。

Photo_4 しし唐も高知から来るのが結構多いですね。 

Photo_5  オクラに関しては、嘗てどこのスーパーも高知県産が多く置かれていたのですが、最近は輸入品が多いですね。

他にフルーツトマトも当初高知県品で値段も飛びぬけていたのですが、最近はフルーツトマトという名前でも、それほど高価でなく高知産でなく甘さが大したことのないトマトが売られています。

高知出身ということで、高知産品を応援したくなる気持ちはあります。









2015年2月17日 (火)

コインパーキング事情

高校時代の友人が仕事で和歌山に来ていたので和歌山駅で落ち合って昼を一緒してた。昼といっても、生中各自一杯に、ワインをデカンターで500ml、追加が250ml、さらに500mlを追加と結構飲んでしまってました。

友人と別れて、自転車で自宅まで帰る途中のコインパーキングを見て回ってきました。

多いですねエ、コインパーキング。隣り合って、道を挟んで、など目と鼻の先の距離で複数のコインパーキングが陣取っていますよ。 過当競争に陥っているのじゃないですかねえ。

かつてに比べると料金下がってますね、間違いなく。

P1030038

P1030044など値下げの看板が目に付きます。

P1030053  地域最安と謳っている看板も。

なおこの、コインパーキングの料金体系とか傾向なんですが、

もとは1時間いくら、が基本で長時間の場合12時間とか1日(これが暦日の場合と24時間の場合がある)いくら、というものだった。

 最近は時間帯によって料金が違う方式が増えてますね。それと単位時間の短縮。

1時間300円よりも30分150円の方がユーザーにはお得になり、サービスアップと言える。

数十メートル圏内で複数のパーキングがある場合なんか利用者は料金みて選ぶ筈ですよね、でも結構近くのパーキングで料金変ってるんです。

P1030050

P1030051この2つは道を隔てて向かい合ってるパーキング。料金に差があっても道の反対までは行かないでしょうか。

時間帯料金は地域によって変わりますね。

P1030057

鉄道駅付近、県庁・市役所のオフィス街では、昼間が高く夜は安くなります。ところが、飲食街となると、P1030035 昼間は大幅に安くなります。

あと駅付近ですと駅に近い方が少し離れたところよい高いです。僅か10数メートル違いで1時間当りで100円の差が出たりします。  利用者は便利さと料金を天秤に掛けているのでしょう。

因みに私は料金の安い方を、普通は選びます。時間がない、雨が降ってるような場合、高くても近い方を選ぶことはありますが。













2015年2月15日 (日)

バレンタインデー

今日(いや日付が変わってしまったので昨日ですね)は日本で世の中一般はバレンタインデーでしたね。

 この”世の中一般”という言い方に今の気持ちが籠められているのですが…。

世間並みに私にもチョコレートが届けられていたのは何年前までだったでしょうか。coldsweats02

まあ義理チョコばかりなんですけど、会社リタイア後も少しは来てました。

で、カミさんから義理より低い”憐れみチョコ”もありました。 

そいでもって、今年は完全ゼロです。  ハイハイ。

Luann  ところで、

バレンタインに女性から男性にチョコレートを贈る、というのは基本的に日本独自の習慣です。チョコレート屋さんの仕掛けがポピュラーになったのです。

バレンタイン発祥の外国では、女性からという一方通行でなく、男女相互に愛のメッセージを交換する行事のようです。 引用した漫画では女子学生が捨てるほどバレンタインカードを貰った、という話題になっています。

ところで、バレンタインデーで義理チョコ貰ったら、ホワイトデーにはお返しが要るということでクッキーなどを見繕っていたものです。   この「ホワイトデー」なるものは、日本独自です。 これは、お菓子屋さんが、仕掛けたイベントのようですね。「ホワイトデーにはキャンディをお返しに贈ろう」と言い出したのです。

私の場合、ホワイトデーのお返し選択の手間が要りません。

 という負け惜しみが今日の終わりの言葉です。(泣)weep

2015年2月11日 (水)

梅の花  高齢者ビジネス施設

昨夕から今朝にかけては気温も下がっていましたが、今日の昼間は風もなく良いお天気でした。

最近の私の行動範囲では梅の花を見ていませんでしたが、梅の花情報を見るとボチボチそこここで咲いている様子です。

で、身近な公園に行ってみました。

Photo  うん、しっかり咲いていました。

この、私がいう「お散歩公園」、かつてはカミさんとよく散歩したものですが、最近はずっと行ってなかったです。久し振りに訪問してみました。  この時期、”花”は少ないですね。

山茶花くらいですか…。あと

Photo_2蠟梅もありました。

しっかり梅を見ようと思うと、和歌山なら”南部”か”岩代”梅林でしょうか。 昨年行った大阪城公園の梅林も見応えありました。 いずれも2月末~3月初めが見頃らしいので、そのころにどこか行ってみたいです。

ところで先日の記事で高齢者ビジネスでの事業所がどんどんオープンしている、と書きましたが、今日はお散歩&バイクライドのついでに近くの施設を写してきました。

Photo_3

Photo_4昨年オープンした施設です。

Photo_5  これも確か昨年のオープンです。

次はもう少し前にオープンしてました。

Photo_6

Prそしてこれは、我が家から歩いて1分のところにあります。

Photo_7


Photo_8

介護、デイケアで車で訪問しているのも良く見かけます。元は整形外科とか整骨院だったところですね。  事業拡張で発展しているようです。



















2015年2月 9日 (月)

市政報告会 高齢化社会

寒い1日でした。全国的には明日も寒く、雪が多く積もるところも多いようです。

ここ、和歌山市では多分雪は降らないでしょう。寒いといっても、先日初氷がありましたが、その後は氷が張ることもなく、まあ過ごし易い地域ですね。

さて今日はタイトルに書いたように欲張って2つのテーマがあります。(2日分のブログネタにすれば良いのですが、一気に書いちゃいます)。  関連するテーマです。

Photo 先ずは市政報告会について

これまで知事が各地を回って「県政報告会」なるものをやってましたが、この「市政報告会」は初めてかと思います。市内42地区を10のブロックに分けて報告会を行っている、とのことでした。昨年の選挙で選ばれた新市長は県の部長だったことと関係あるのか、県の施策を参考にしている感もありますね。 市報や市役所ホームページでの広報はあったようですが、多くは自治会の役員での動員だったように思います。

 時間は1時間、市長説明が30分、会場との意見交換が30分という時間配分です。

Photo_2

Photo_3配布資料を基に市政の説明を受けました。やろうとする方向は良いのですが、具体的に実効を挙げられるかが問題かと思いますネ。

さて、この市政報告会の冒頭に、日本全体および和歌山市の将来の人口構成予測があり、要は「超高齢化社会」に入るから大変だということです。

今、「高齢者1人を2.4人で支えているのが、25年後には高齢者1人を1.4人で支えることになる、『若い世代に大きな負担がのしかかる時代が到来』」と説明されます。

 ウーン、日本の中での政策問題としてどこでも使われる情報ですが、私なんかこの”高齢者”に相当する訳で、「あんたらァ、生きていることが他人さまのお荷物なんよ」と言われているようでイヤアな気分ですね。 ”若い世代の負担を軽くするために、高齢者は早く死にましょう”というキャンペーンが起こされるんじゃないか、と僻んでしまいます。

若い世代の迷惑になっているかどうか知らないですが、今高齢者ビジネス市場は急成長していて、日本経済の活性化に繋がっているのですけどね、皮肉なことかもしれないけど。

Photo_4  写真は、我が家から歩いて数分のところに建設中のデイケアセンターです。

今、近辺で事業用の建物の新築があれば殆どが介護・高齢者ビジネス関連です。

デイケア、特養、高専賃、等々、すごい勢いです。この2年くらい、歩いていける範囲で沢山の介護・高齢者用施設がオープンしました。介護施設だらけ、という感想が持たれるほどです。
本当にかつてのボーリング場ブーム以上です。現在介護施設が不足状態で、しかも私たち団塊世代がこれから介護対象者になっていくので、需要は未だ増えるのですが、今の勢いで施設が増えると、間違いなく過剰供給で経営が成り立たなくなる筈です。

でも先の話ですかね。

私としては、要介護となるとしてもできるだけ遅くして、他人さまの負担になるだけだから、早く死ね、と言われなくて、何か生きてて役に立つ老後であるよう、健康に留意して、頭も活性化状態を保てるよう努力していきたいですね。

2015年2月 7日 (土)

往訪

数日前から加湿器を使用しています。

Photo  加湿器を使いだす前は、それほど乾燥を気にしていませんでしたが、使いだすと何故か鼻や喉の乾燥がきになるようになりました。

加湿器作動させていないと、40ウーン湿度40%、やっぱり乾燥気味ですね。ドライアイにも良くないようです。

加湿器作動させると、

60  これくらいになります。

夏だと湿度が上がるとジメジメするといって嫌うのですが、季節によって変わるものですね。

ああ、今日のタイトルは「往訪」でしたね。往訪(オウホウ)なんて言葉、これまであまり使ったこと無かったです。オウホウという音からは、因果応報という言葉が連想されるくらいで…。

この往訪という言葉、実は保護司が対象者を訪問して面接するときに使う用語なんです。対象者が保護司の元にきて面接するのが「来訪」です。通常は来訪により面接を行うのですが、適当な頻度で往訪もすべし、と決められています。

 それで今日は往訪の日でした。対象者の家族とも面接し、家族の眼から見た対象者の生活態度などについてインタビューします。

 私の今の対象者は、今のところ問題の少ない人で家族とも十分コミュニケーションができており、保護司にとってやりやすい相手です。

先輩保護司の話では、家を訪問しても留守されていて、来たことをメッセージで残しておきたいけど、「保護司のだれそれが来た」ということは周りに知られてはいけないことなので、メッセージの残し方にも気を遣うと言ってました。私は今の感じでは面接をすっぽかされることはなさそうで、ラッキーです。

新米保護司は、ガイドブックを見ながら、更生保護活動に頑張っています。

(というほどのことではないです。 適当にやってますけど)







2015年2月 6日 (金)

公民館フェスティバル

Photo_6

今日から和歌山市公民館フェスティバルが始まりました。

実は私、”公民館主事”というのを委嘱されているのですよね。

頼まれた時に、「大して仕事はないから」と言われ、ホイホイと受けてしまったのですが何か公民館職員の身分になるようです。 

これまで、公民館主事の役割等特に気にせず、公民館行事のお手伝いや参加という形で過ごしていました。でも、ネットで調べてみると本当は結構大事な役割を持っているのですね。 どうやら館長さんが、主事に大きな負担を掛けないよう頑張ってくれているようです。

ところで、公民館フェスティバルですが、和歌山市内の各地の公民館が活動として作った作品の展示がされています。

Photo_7  絵画、書、手芸、陶芸、着物、写真、木工、句作等々、なかなかのものです。

Photo_8 これがわが地区の展示物です。私の名前は、陶芸作品の中にあります。

日曜日には”実践発表会”として、歌謡、コーラス、楽器演奏、舞踊(民舞、ダンス)、体操、などの発表もあります。

他地区の発表を見ると、なかなか活発な活動をしている地区がありますねえ。

 私は公民館長さんや他の関係者の方には悪いですが、公民館のお仕事に熱を入れるゆとりがないので、サボリながら適当にやらせて貰います。




春の兆しを探して

Photo  いきなり写真から始まります。

今朝は小雨がしとしとと降り、気温も低かったですが、午後にはお日様が顔を出し、風もなく穏やかな気候の日でした。

 図書館から「予約の本が用意できた」というメールが入ったこともあり、本を受け取りがてら紀の川べりをブラブラしようと、歩いて図書館に向かいました。(徒歩で30分弱。最近ウォーキングも無く、歩くの機会が少ないので丁度良かったです)

 それで、紀の川土手で見つけたのが冒頭の写真です。沢山ある訳じゃないです。もしかしたら、そろそろ出てるかも、と注意して探しながら歩いてやっと見つけた、という感じです。

Photo_2や、Photo_3  芽の状態は数が少し多く見つけました。

立春は、そこから春になるのではなく、冬から春に移り行く時期だと、この前に述べましたが、春の訪れを感じさせる”兆し”は見られるのですね。

そう言えば、今日は紀の川も

Photo_4  決して未だ「水温む」季節ではないのですが、こころなしか穏やかで春っぽい感じでした。

三寒四温の時期ですし、このまま暖かくなる訳でなく、数日後にはこの冬一番の寒さに襲われるとの予報もありますが、ポツポツと春の近付きを感じることができます。

Photo_5
これは通りすがりの家に咲いていた、多分「乙女つばき」の花だと思います。

八重の花びらが華麗ですね。











2015年2月 5日 (木)

節分・立春

s昨日が節分で今日は立春。
本来は節分とは「季節を分ける」で、春・夏・秋・冬それぞれにあったらしいですね。今は冬から春の分け目だけに使われていますが。
昨日の節分、私としては永年続けてきた豆撒きをとうとうサボってしまいました。イワシとヒイラギは用意したのですが、それと恵方巻も食べました。(この恵方巻を食べる習慣、子供の頃の高知県ではやってなかったです)
 節分・立春って季節のポイントであり、春分・秋分、夏至・冬至などと同じように、年によって日付に変動がありそうなものなのに、思いつく限りでは節分は2月3日と決まっているようでした。でも、やっぱり日付固定ではないのですね。調べてみると、節分が2月4日になる年もあるとのことです。
 そうなんだァ、今分かった。(過去にも3日でない年は有ってるのですが、記憶には残っていないです)
 立春について、「暦の上では春になったのに未だ寒い」という表現が良く使われますが、立春は「春になった」という日ではないのですよね。冬から春に移っていく時期ということで、未だ寒いのは当たり前ということになるようです。 立春、東大寺のお水取り、春分、と春へのステップとなっていくということでしょう。
 因みに今日の立春は、私とカミさんの40プラスアルファ回目のアニバーサリーです。金婚までは未だ大分ありますね。

2015年2月 2日 (月)

宿り木

  あしひきの
  山の木末(こぬれ)の
  寄生(ほよ)取りて
  挿頭(かざ)しつらくは
  千年(ちとせ)
  寿(ほ)くとぞ
               万葉集 

Photo


久し振りに連日のブログアップです。

冒頭の歌は、万葉集 巻18-4136 大伴家持の作です。

寄生(ほよ)とは宿り木のことです。 宿り木は俳句では冬の季語となっていますね。

昔の人は、冬枯れの中に常緑で残る宿り木に千年の(永遠の)命を感じたらしいです。

最近気分がすぐれず落ち込み状態であると感じていましたので、今日は保護観察所に報告書提出に行ったついでに”デジイチ”持ってお城のお散歩に寄ってみました。どこかに春の兆しでもないかなァ?  なんて期待もあって…。

Photo_2 でも宿り木では、未だ冬の荒涼としたイメージの方が強いですね。  しかし宿り木の姿は初めて見ると、植木職人さんの仕事か、と思ってしまいます。 (私だけかな)

ところで、宿り木だけでなく、

Photo_3   こんな光景も見られました。

これなら、春を少し感じて貰えますでしょうか。happy01

お城散歩と直接関係ないですが、昼時になって昼食を、外食しようか、家で食べようか、コンビニで弁当買おうか、なんて思いながらブラブラしていたら、

Photo_4   こんな垂れ幕宣伝があり、”2月2日より新発売”とありました。 「フーン、今日から発売か」ということで、昼食は「ほっともっと」の豆腐牛めしになりました。  通常の私の昼食としては、ちょっとカロリー高めです。

 夕食をカスミ食って我慢する程度にしないと、また体重増加に繋がってしまう。

(カロリー消費の方策を考えるべきなんでしょうが、寒くて無精してますcoldsweats01







2015年2月 1日 (日)

タコ足配線

今日から2月に入りました。24節気では”大寒”の時期です。確かに気温が低くなっています。

でも大寒は冬の最後の季節で、3日の”節分”の季節の変わり目を過ぎると”立春”。暦の上では春になります。

未だ寒さは続きますが、春近しを感じる時期でもあります。

さて、ブログ更新もさぼりがちですが、今日のタイトルはタコ足配線、自分の部屋を眺めていて、しみじみ電気器具が多く、部屋付のコンセントの口では全く足りませんネ。

Photo  壁コンセントからタコ足が始まります。

さらにタップコードで接続口を増やします。

Photo_2未だ未だ増やしますPhoto_3

Photo_4 こんなこともやる。

一体いくつくらい電気器具を使用しているのでしょう?

ACアダプターが多いですね。 iPodTouch、iPhone、iPad、というシリーズがあり、デジカメがコンデジと一眼で別にあり、血圧計、電気カミソリ、電子辞書などもアダプター使用。

直接電力使用ではPC関係で、PC本体、モニター2つ、プリンター、スピーカー、外付けHDがある。

他に、照明関係で事務机用電気スタンド、枕元用電気スタンド。暖房関係で石油ファンヒーター、足温器、電気式毛布、がある。さらに、TV、ステレオ、加湿器、電気マッサージもある。 スゴイ数の電気機器!

 ざっと見たところ、こんなところでしょうか。電気器具に囲まれての生活ですね。

電気が来なくなったら大変ですヨ。

Photo_5  未だタップコードがありました、

部屋中が配線だらけになっちゃいます。




« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »