2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 正露丸の裁判 | トップページ | 高野山黒河道ウォーク(道普請 等) »

2014年10月20日 (月)

高野山ウォーク(黒河道コース) その1

昨日の朝は結構寒かったですね。

Photo  和歌山線、6:49発の王子行きに乗ります。

乗客は一様に冬っぽい服装、セーター・ジャンパーなどを羽織っていました。(私は夏冬、合兼用のシャツとベストの恰好です)

また、高野山ウォークです。今度は黒河道コース、一般的には先日行った町石道コースよりは健脚向き、つまり初心者にはシンドいコースと言われており、実際周りから「あんた、大丈夫?途中でヘタってしまうんじゃない?」と心配されていました。 私が主催側でのウォークイベントが26日にあり、昨日はその下見でした。Photo_2  和歌山線は万葉電車が多く走っています。

JR橋本駅に集合し、ウォークの段取り、案内などを行ってもらう、「高野七口再生保存会」の方に混じってウォーク開始です。

 ただ橋本駅から黒河道への登り口までは、何の標識・案内板もなく、地元の道を知ってる人と一緒でないと大変です。(前回の町石道は道案内関係はやたら充実していました)

Photo_3  この標識を見て、ほっとしました。

これ以降は山道で要所では標識がありました。行程をいくつかの写真で紹介します。

Photo_4 五軒畑といって、少し登って見晴らしの良い場所です。お地蔵様があります。かつて5軒の家の小集落があったらしいです。

Photo_5 弘法大師の井戸Photo_6 棚田跡です。復活できればキレイな棚田光景が見られると思いますが、手間が掛りますからネエ。

Photo_7なかなか見栄えのする滝もあります。(名前が付けられていない、名付けて売り出したら良いと思う)

Photo_8  休校中の小学校。校庭はクローバーが一面の植わっています。 ここが昼食・トイレ休憩の場所となります。

Photo_9  一本杉 樹齢推定500~600年

Photo_10子継地蔵。 有難い、お地蔵さんとか。

Photo_11

高野山の寺院、坊までくると、緑の残った紅葉が錦(二色)でキレイでした。

ということで、無事黒河道ウォークを終えることができました。

山道として感じの良い歩きができました。

 

 次回は「道の保全、補修」などの活動を含んで高野山ウォークの続編をアップの予定です。

持参した飲料は、ほぼ1.5リットル。夏場ほどには飲まないだろうとの判断でしたが、ちょっと不足気味でした。でも2リットルを持つと重くなるし、悩んでしまいます。

また歩くとどうしても汗を掻きます。下着のシャツの着替え、ポロシャツの替えを用意していました。ポロシャツは半そでで、着替えたあと、周りの服装とは季節感がズレていました。(ちっとも寒くはなかったですが)



















« 正露丸の裁判 | トップページ | 高野山黒河道ウォーク(道普請 等) »

コメント

高野山ウォークの記事と写真を楽しませていただきました。

お天気にも恵まれて、気持ちのよい登山だったことでしょう。

季節柄、緑に紅葉の混じった二色(錦?)が綺麗ですね。

私も関西在住で行こうと思えば行ける距離なので、行って登ってみたいと思いますが、徒歩ではとても無理でしょうね。

私は、7年前に所属している短歌結社の全国大会が和歌山市であり、そのオプショナルツアーが高野山だったので、山頂の賑わいは楽しんだのですが、願わくば、今回のkiwattiさんのような、徒歩登山の醍醐味(苦しみ?)をこそ味わってみたいと思います。

>bikoさん ほんとにお天気は丁度という感じでした。 高野山徒歩登山は、ほとんど登山が目的になりますよ。朝早く出て、夕方に金剛峰寺あたりについて、山内を見学する間もなく下山する訳ですから。高野山観光とは別物ですね。ご近所での散歩から始めて高野山ハイキングに挑戦してみて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/60515679

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山ウォーク(黒河道コース) その1:

« 正露丸の裁判 | トップページ | 高野山黒河道ウォーク(道普請 等) »