2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高島屋和歌山店の閉店 | トップページ | 高知の牛乳  失せモノちょこっと »

2014年8月27日 (水)

学会葬

葬祭産業って拡大しているのでしょうか。

葬祭場(セレモニーホール)は新しく建築されていますし、家族葬専門ホールとか特殊葬祭場も出来ています。

 そう言えばお葬式テーマの映画もありましたね。

Photo 葬祭場の営業活動も活発で、新聞折り込み、ミニコミ誌での出稿は当たり前で、写真のように、”見学会”まであるようです。

さて、地域の方が亡くなり、自治会役員として葬儀での受付・粗供養配布などの役割があり、昨日のお通夜、今日の告別式と出ていました。

この方の葬儀は、”学会葬”で執り行われました。

学会って別にアカデミックな科学会とか医学会ではなく、創価学会の学会なんですね。

初めてでしたので少し興味がありました。

ちょっと感想を述べます。(学会葬一般なのか、今回の葬儀が特別かは分かりませんが)

祭壇はややシンプルでした。飾りや花は緑と白が基調で、カラーは少ないです。

剃髪した僧侶は居ません、スーツ姿の導師さん(?)が経文の先導します。

お経を皆で合唱し、また「南無妙法蓮華経」をずっと口誦します。(式の間静かな時間が少ない)

参列者は、遺族・親族、知人・一般、学会関係者と3分類されます。学会関係者の数(比率)はかなり多いです。

焼香順は、一般→親族→学会関係となってました。(留め焼香は自治会長)

ところで、創価学会について殆ど知らずに、日蓮上人を拝んでいるので、日蓮宗なのだろう、程度に考えていましたが、ここの宗教はややこしいのですね。

先ず、元の宗派は日蓮宗ではなく、日蓮正宗だったんですね、その日蓮正宗とも袂を分かち(正宗から破門された)、創価学会そのものが独立した宗教法人になっているのですね、現在は。

 この辺世間の常識かもしれませんが、私自身は今回の勉強で知りました。

因みに今回の葬祭場は、

Photo_2  セレモ平安・紀の川  です。

この葬祭場、和歌山市内に数多くのホールを有しています。流行っているのですねえ。

« 高島屋和歌山店の閉店 | トップページ | 高知の牛乳  失せモノちょこっと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/60220589

この記事へのトラックバック一覧です: 学会葬:

« 高島屋和歌山店の閉店 | トップページ | 高知の牛乳  失せモノちょこっと »