2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

蓮の花を見に

岩出市にある和歌山県の「植物公園緑花センター」の蓮が見頃になっています。

Photo

蓮を見る、蓮の写真を撮るファンのため、この時期、土日は早朝開場となり、通常9:00始まりが、6:30始まりのサービスがあります。

ということで出掛けました。5時起き、5:40出発で、6:20頃に目的地到着でした。

早朝ゆえに涼しいか?というと残念ながら、もう既に蒸し暑い気候でした。

入口は入場待ちの人が行列をなす、とまではいかないですが、かなりの人が集まってました。

Photo_2 駐車場にも車が停められいます。

入場する人は殆ど皆、カメラ持参です。それも高級一眼、大口径、超望遠、三脚持ち、という人たちがズラリです。実は 私もコンデジ、一眼デジ(Wズームレンズ)、三脚セットでした。

では蓮の写真をご覧ください。

Resize0444

Resize0442ピンク、白、ピンクの入った白などが咲いています。

Resize0451

Resize0449

Photo_3  カメラを構えている人たち。(三脚用意の方達は別の場所で狙っています)

Photo_4 白い蓮が前後しています、

それと、Photo_5
これはミスシャッターなんですが(コンデジ不調で勝手にシャッターが下りる)、ちょっと面白いイメージになってました。

ここは緑花センターですから、蓮以外の花も勿論あります。

Photo_6 サイズ比較できないですが、かなり大きな酔芙蓉です。外国の品種のようです。

Resize0473

Resize0474ヒマワリやルドベキアも咲き誇っていました。

少ししつこいですが、もう少し蓮の写真を紹介して記事を終わりにします。

Resize0465

Resize0438帰る頃(7:00過ぎ)は駐車場の車も増えていました。

Photo_7

早朝で、花が開く瞬間まで見られるかと期待もありましたが、残念ながらそれはダメでした。でも、納得の蓮見学でした。



























2014年7月26日 (土)

朝の散歩

夏前の長期予報では、今年の夏はエルニーニョの影響もあり”冷夏”になる、と言ってたような記憶があるのですが…。

 最高温度の記録が書き換えられ、日本一暑い場所としての名乗りを狙っている自治体もあるような、情勢です。 40℃を超える暑さはもう沢山なんですけど。

猛暑日が続き、何もしなくても体力の消耗がある感じです。

カミさんが夏休みに入ったので、早朝散歩を始めています。数年前は毎日のように散歩していたのですが、休止状態でした。 散歩コースはテニスコート途中の、自分の呼び方では「お散歩公園」と紀の川河口部の河川敷の2つです。

前回記事に書いた、新設された船の繋留地の写真は、紀の川コースの散歩時に撮ったものでした。

お散歩公園では花や虫・鳥が撮影対象となります。

今は、花は少ないです。

目を引くのは、

Photo  槿ですね。 少し種類が違って、あちらこちらで見掛けます。

散歩してみると、かつて当方も常連だった時期に顔馴染だった人たちが、朝散歩を続けていたようで、再会します。

 挨拶は交わしても名前までは名乗り合わないので、カミさん二人で勝手にあだ名をつけていました。 曰く、ジョギングおじさん。消防か自衛隊のオジサン、住金のヒト、ニコニコおばさん、…など。 懐かしく笑顔で挨拶を交わしました。

花では、

Photo_2 百日紅です。文字に合った紅色の花と、

紅とは言えない、Photo_3白でも、”百日紅”って書くのですよね。

そして、Photo_4
酔芙蓉がボチボチ咲き始めました。これから秋口まで目を楽しませて呉れると思います。この花、酔っ払って色が変わる花と、色の変化がない花(酔芙蓉でなく単なる芙蓉?)とがありますね。

散歩道は林の中を通りますが、この時期セミの鳴き声がすごいですね。

普通は”蝉時雨”って言いますが、ウーン、”蝉 集中豪雨”って言いたいくらいスゴイ音量ですよ。 クマゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、大合唱ですわ。

蝉が多いことは、Photo_5
抜け殻も多いですよ。 親子亀みたいにダブってるのも沢山だし、木に抜け殻が生っているような感じもしますね。

昼日中の散歩はとても無理ですが、早朝散歩でも決して涼しくはないです。

暑さに負けないよう、過ごし方を考えないといけないですね。







2014年7月23日 (水)

不法繋留船 ビフォア/アフター

今日のテニスは30分時間を残して切り上げてしまいました。暑かったし、体力の消耗を、メンバーが感じたからです。  まっ、オジサン/オバサンは無理しないことです。

さて、タイトルの記事について;

家の近くの紀の川河口部で海に近いところの川での不法繋留船のことを話題にしたことがあります。

Photo  こんな状態で川は船で一杯でした。

Photo_2こういう警告書も数年前から掲示していても効果は上がっていなかったのです。

で、最近和歌山県の事業として、

Photo_3 新たに船の繋留地の工事を行い、その後は不法繋留船を厳しく取り締まる方針がでていました。

そして、先日

Photo_4   繋留地が完成し、船が入るようになりました。

そうすると、川の現状は;

Photo_5
Hune  すごくきれいになってます。

未だ、桟橋が残されており、これの撤去が必須です。本来は船を繋いでいた人が自分の責任で撤去するのが当然なんですが。

 放置して逃げた場合、犯人を特定できるか、ちょっと心配です。

誰の責任か分からない状態となれば、県が費用を掛けて撤去する、という声も聞こえます。

もう少しで、スッキリした川になります。

 嬉しいですね。
















2014年7月22日 (火)

トマト入りビール?

夜中に暑くて目が覚め、エアコンを入れています。外気温26℃、室内29℃となっていました。換気で良い訳ですけど。

食品の新製品には結構興味を持つ方ですが、今回は;

Photo_3 トマト入りビール(発泡酒)が眼を惹きました。

”世界初!缶入りトマトのビアカクテル”と書かれています。そして、アサヒビール×カゴメの共同開発とも。   トマトの絵が入った真っ赤なパッケージも目立っています。

そして、まさかの炭酸飲料を”振って飲む”と見まがってしまう、

Photo_4
飲む前に回転させるとの表示。

やっぱり興味津々です。

プシューっと開けて、グラスに注いでみると、

Photo_5 おお、赤っぽい色でトマトが入っているのを実感します。

で、お味は?  そこが問題です。 あくまで私個人の感想ですよ。

最初の一口は、「あっ、確かにトマトの味がする。やや酸味があって面白い」というものでした。 

トマトとビールか、健康にも良いかも、なんて思って飲んでました。

でも、…、1缶を飲み干す頃には、「ウーン、変った味だけど、自分には普通の味のビールで良いや、という感じでした。

2014年7月20日 (日)

子供御輿

夏祭りの季節になりましたね。

今日は地区の”子供御輿”の日でした。地区の親子クラブの主催行事です。

自治会の役員として御輿について回りました。

Photo 御輿の用意が出来ました。

このところ毎日真夏日で暑いですが、雨に降られなくて良かったですね。

Photo_2 さあ、お御輿出発です。 元気に行くぞっ!

 ン? 大人の数の方が多いかな?

Photo_3ご祝儀頂いたら家の前で御輿を持ち上げ”ワッショイ”します。

Photo_4 さあ、未だ未だこれかわ回るところ多いよ。ちょっと暑いねえ。

Photo_5  このお家でもワッショイ! (この家は…)

この家が終わったら休憩やから頑張れ。

休憩地点では飲み物を補給し、アイスクリームの差入も頂きました。  ウン、元気回復。

Photo_6

 さあ、ここが最後のワッショイや。みんなお疲れさま。 来年も頑張ろうネ。

それなりの参加者が居るような写真を撮っていますが、実は子供は確か6人で、かつてに比べると少なく、寂しくなっています。

親子クラブの役員さんも、子供の減少と役員の後継が居ないため、来年は何とかできるが、それ以降は消滅の危機に瀕している、との悩みを述べていました。

少子化と、アパート・マンション住人の参加が得られないようで、大変です。

自治会としても、自治会への参加は任意なんですが、行政の末端機能を自治会が行っており、回覧配布や地域行事(祭り、防災訓練)などの連絡が自治会非会員には届かないという問題があるのです。










2014年7月19日 (土)

虫の子供?

暑いですね。

午前中、総合スーパーの店頭で、「社会を明るくする運動」PRのグッズ配布、(団扇、ティッシュ、ウェットティッシュ、絆創膏など)前回の和歌山駅前より、人通りが多く、分担のグッズはすぐはけた。

最近庭で、ミニ昆虫というか、小さな品種ではなく、未だ子供の昆虫と思われる虫を見掛けている。

Photo  数日前に玄関先の紫陽花の葉に乗ってたカマキリです。 ミニでも鎌は持っていますね。

そして、その後に今度は百日紅の葉っぱの上でも見かけました。

Photo_2 紫陽花に居たのより更に小さい、可愛いカマキリでした。 カミさんに手伝ってもらい、サイズ標準としてマッチ棒を写し込みました。

カマキリの姿勢が今一つですが、

1これは一応正面を向いています。

そして今朝もミニ昆虫がいました。

Photo_4  分かりますか? ミニバッタです。

挿し木している紫陽花の葉乗っかっていました。  これもサイズ比較で、

Photo_5マッチ棒を重ねてみました。  可愛いでしょう。

これらの虫、見掛けた翌日はもう居なくなってます。 当たり前ですが。

今日、紀の川河川敷を散歩しましたが、ミニバッタが足元から沢山飛び立っていきます。

虫もこれからが季節なんでしょうね。





Photo_3










2014年7月16日 (水)

夏本番 生き物色々

暑くなりました。

33  今日の昼間の私の部屋の記録です。

気温33.1℃、湿度61%。  これじゃ、家の中で熱中症になっちゃいます。  エアコンのお世話になることにしました。

さて、昨日の朝から急にセミが鳴き始めました。しかも色んな蝉の鳴き声が一時に聞こえ始めたのです。普通夏の始めはミンミンゼミやニイニイゼミが鳴き始めると思っていましたが、真夏に鳴くイメージのクマゼミの声も聞こえました。

蝉を表す画像をと思いましたが、家の木では姿が見えず、代わりに

Photo抜け殻が見つかりました。まっ、抜け殻があることは、成虫になって鳴いている訳ですよね。

でも今日、テニスで公園を通ると、

2 居ました、蝉2匹。  クマゼミですね。

もういきなり夏本番です。  ウーン、梅雨明け宣言あったっけ?

公園では何とツクツクボウシの声も聞こえました。 エッ、蝉からだけだと、いきなり真夏が来て、もう夏の終わりの気配もある、ということになりますケド…。

今日見た生き物のハイライトは、実は

Photo_2
これ、分かります?   玉虫なんです。  この公園では初めてみました。

昨年、かつらぎ町・背山で万葉グループの方に見せて貰って以来です。この玉虫は地上に降りていて、どの辺の木に住んでいるか不明です。榎や椚に住むとか聞いていますが。

 これから夏の間この辺を通るとき、榎の木がないか、玉虫が飛んでいないか?注視します。玉虫の飛行は、身体を立てて羽を拡げ、十字型で飛ぶんです、これを見たいですね。

 ネットからの引用ですが、飛び方の例は、Photo_5


こんな感じです

玉虫に比べると何のインパクトもないですが、今日は

Photo_3 チョウチョの写真も撮れました。

そして公園を外れて川沿いの道からは、

Photo_4 亀さん軍団(家族)の甲羅干しも見掛けました。 カメラを構えると警戒されて2匹ほど水中に飛び込まれてしまいました。水面が波立っているのは亀のダイビングの跡です。

 実は3年ほど前、この場所で10数匹の亀の甲羅干しを見たことあるのですが、それ以降では今回が結構沢山の数の亀が居る光景でした。

生き物でも夏を感じます。








2014年7月14日 (月)

愛宕山登山

台風後、蒸し暑い日が続いています。肌がじとじとして不快です。家の床も湿った感じです。

さて、昨日は京都の愛宕山登山でした。

 愛宕山:標高924m。山頂の愛宕神社は、”全国に約900社ある愛宕神社の総本社”とか。有難~い神様です。

Photo  (嵐山渡月橋の先に見える山が愛宕山です)

 標高924mは普通の山ですが、歩行の標高差が800m余りあり、これは関西の日帰り登山では結構あります。 例えば金剛山(1125m)でも標準の千早登山道では歩行標高差は660m程度でここより少ないです。

さて、当日(昨日)の天気予報での降水確率は80%、かなりヤバイ天気概況です。

朝5時起きで、南海電車/地下鉄/阪急電車を乗り継いで集合地の嵐山駅に着きます。この時点では未だ雨は降っていません。駅に集合したのは勤務していた会社のOB会のハイキンググループ。12名が集まっていました。

嵐山駅からバスで”清滝”まで行きます。途中のトンネルは1車線しかなく、信号制御により交互通行となっています。

清滝のバス停から登山開始ですが…、

Photo_2 降ってきましたね。地面を叩く水滴が分かるでしょうか?  (写真は難しい)

雨ゆえに、通常歩行前に行う準備体操は省かれました。雨の中行軍開始です。

Photo_3 同時に若い人のグループも出発でした。

山道への入り口での清滝川に掛かる橋は、「渡猿橋」、「渡月橋」とは違いますね。

Photo_4この辺り、下の渓と合せ紅葉の頃は見事な風景のようです。この日は川で釣りをしている人が見掛けられました。

レインウエアを着て、傘を指しての歩行は、片手が塞がる、蒸せる(多少通気性があるウェアでもサウナスーツと似たようなものですbearing)、中から汗が噴き出してきます。

 通常よりスピードが落ち、疲労は増します。 休憩も立ったままとなります。

それでも途中から雨は小降り~止んだ状態となり、レインウェアを脱ぎ少し楽に歩けるようになりました。

Photo_5 途中にあった「大杉大神」の小社です。

京都市内が見張らせる場所がある筈でしたが、雲で遠くは見渡せません。ただ、雨が止み、雲が上る(ガスが走る?)光景は、神秘的というと大袈裟ですが、ちょっと感動モノでした。

Photo_6 (写真で再現するのは難しいです)

頂上の愛宕神社も、Photo_7 雨に煙っていました。

Photo_8 本殿です。

予定時間より少し遅れましたが、無事山頂神社まで到着。昼食後帰路に着きました。

なお、昼食には私としては前回のハイキングから始めた「缶ビールを冷凍して持参する」を実行しており、丁度の程度に解凍され美味しいビールが飲めました。wink

帰路(下り)は足取りも軽く、雨も殆ど降らない状態で問題なくバス停まで帰り着きました。汗びっしょりの服を着替え、バス・電車を乗り継ぎ、梅田まで帰り、そこで反省会となりました。

 反省会では美味しく飲み、美味しく食べましたが、”飲み過ぎに注意”、家でレッドカードを貰わないよう帰りました。

 帰宅後風呂に入り、少しだけ独り2次会で、アルコールが追加されましたが、事なきを得ました。

昨日、歩数計を忘れたため、歩数が分からないですが、2万歩は超えていますね。

ところで、昨日の飲料の量は;

持参した飲料:生茶(ペット,500ml)、コーンひげ茶(500ml)、グリーンDaKaRa(500ml)

         アクェリアス(冷凍用ハンディパック300g)

         アサヒスーパードライ(レギュラー缶)、ワンカップ大関ミニ(100ml)でした。

 これに愛宕山頂の自動販売で生茶)(555ml)を購入

梅田の反省会で  生中 2杯、 焼酎(芋 ロック)1杯

帰宅後: 冷酒コップで少々。 焼酎 ロック少々  でしたね。

  ただし、ワンカップと山頂自販機での生茶は飲まずに持ち帰りました。

オマケ

 愛宕山での里程表示です。 実は”丁目石”という50分割での丁目を記載した古い表示と、木製の地元消防団作成の40分割里程があります。それぞれ起点と終点が分からないので比較できないのですが、25丁目と20/40表示にかなりの差があり(25丁目付近は16/40だったと記憶しています)  半分来たか未だか、の判断が全然狂ってしまいます。

40分割表示の例をいくつか紹介します。  セリフ的なものが入っているのが面白いです。

4013  自己PRですね。4031 そうです。 この辺り、疲れを感じるのです。

4037 ホンマにあと少しやあ!

それから、4041
41/40?  そんなの違反や! 因みに、「火迺要慎」は「火の用心」の意味のようです。

愛宕神社は防災(火事から守る)のが第一のご利益のようですから。





2014年7月11日 (金)

ベネッセの情報流出と営業秘密

ベネッセの顧客情報流出が大きなニュースになっていますね。

突然ダイレクトメールを受け取った方、自分の個人情報が漏れたと心配な方など不安でしょうね。

Photo  今日の記事内容は基本的に文字情報ばかりですから、眼を休めるために所々で画像を挿入します(話と関係ありません)

ベネッセの件ですが、これな基本的に「営業秘密の保持」に関わる問題です、もう一つ「個人情報の保護」にも当然関わりますが。

 どちらも私が頑張って勉強してきた「知的財産関連」の話題ともいえます。参考書を見直しながら少し説明してみたいと思います。

先ず営業秘密の保護に関しては、「不正競争防止法」という法律の規制があります。昔の”産業スパイ”対策で法制化されたものです。

最近は営業秘密とは技術情報で日本技術が韓国や中国に流出している、ことが問題視されています。(新日鉄や東芝などでの具体例が思い浮かびますが) もう一つが”顧客情報”の流出が典型例となります。

昔産業スパイ、今”退職者”が犯人の例が圧倒的です。

Photo_3
この技術・ノウハウや、顧客情報・個人情報の漏洩を防ぐため、不正競争防止法では罰則を添えて秘密情報に関して、不正取得(情報泥棒)、情報開示・保持(盗品販売者、所有)、情報利用(盗品利用者)を禁止し、それを行ったものに罰則を決めています。

今回のベネッセの場合、情報を盗んだのは、ベネッセのグループ会社から委託を受けた会社の社員のようです。それを買って使ったのはジャストシステムなんですが、情報を盗んだものからジャストシステムまでは複数の関係者(名簿業者)が絡んでいるようです。

ジャストシステムは、「ベネッセの情報という認識はなく使った」と言い訳をしているようですが、ベネッセからの流出情報と知っていようとなかろうと、名簿業者から買った情報が、適法に得られたものでない、と気付くのが普通なのにそれを無視したとすれば、ジャストシステムの違法性は明らかです。  私には多量の顧客情報が適法に得られる訳はない、というのが常識かと思われますけど。  ジャストシステムもやばい橋を渡っちゃいましたね。

 なお営業秘密は秘密として管理されていなければならない、とされていますが、今回の場合、情報にアクセスできる人間の制限他、秘密を守るための施策は行われているので秘密情報との扱いは問題ないでしょう。

 ジャストシステムはベネッセからの損害賠償請求を受け、また刑事的にも罰金・懲役の刑の可能性があります。

一法ベネッセは秘密情報流出に関しては被害者ですが、出た情報が顧客に個人情報であり、個人に対して責任があります。 個人情報保護法に基づき、個人から損害賠償や慰謝料請求を受けることは必須でしょう。

ウーン、やさしく解説の積りでしたが、易しいとか分かり易い、ものにならなかったですね。

ゴメンナサイ。



2014年7月10日 (木)

台風8号

超大型の台風で、沖縄地方には”特別警報”なるものも発令されましたが、直接台風の影響では大きな被害を出さずに西日本からは過ぎて行ったようです。

Photo   (台風一過の空です)

ホッとしました。  私の故郷高知県でも、強い雨や河川の増水の様子はニュースやFB仲間から伝わっていましたが、結果としては”大したことなかった”との感想のようでした。

我が和歌山市も、風はいかにも台風らしい吹き方がしましたが、雨は、ウーンお湿り程度で終わりました。 上の写真は台風が紀南に再上陸して少しですが、和歌山市ではキレイな青空がでていました。(その後深夜になり、また雨が降っていますが)

雨上がりの青空で、庭の植物も生き生きと光っている感じでした。

Photo_2 とか

Photo_3など。 花びらや葉っぱの水玉が眩しく見えます。

ところで、まことに不謹慎な話なのですが、子供の頃高知県でしょっちゅう台風を経験し、今和歌山県でもよく台風進路に入っている状況では、今回の台風は肩透かしを食った感じです。 もっと言えば、物足りなかったという感じです。勿論被害がでるほど強い影響を受けた方が良いなんてことは全く思っていませんし、今回の台風で実際に被害を受けた方の怒りを買う言い方であることは認識していますが。

本質的には、良かったと思っています。

Photo_4  全然違う話題ですが、我が家でカミさんが育てたカボチャです。 雌花が少ない、受粉を忘れていた、などで着果が少なかったので、これが唯一の大きく育ったカボチャとなりそうです。 さてお味はどうでしょう?

少し台風の話に戻ります。今回気象庁が鳴り物入りで導入した”特別警報”ですが、どんなものでしょうねえ。

”「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。”とありますが、沖縄で”避難指示”を出された対象の1%未満しか避難した人は居なかったようです。 結果として「避難しなかったために」被災した例はなかったんでしょう、多分。

 リスクが大きいと予測されれば、リスクに対し万全の対策を講じるのは基本であり、リスクが現実にならなければそれを喜べば良い訳ですが…。

 次回「特別警報」がどこかで出ても、住民の行動が「特別」になるかは疑問です。

 反社会的な意見でしょうか?




2014年7月 8日 (火)

小話題 いくつか

大型台風は沖縄を襲っていますね。 特別警報が発令されていますが、大きな被害が出なければいいですが。

 和歌山市への影響は少なさそうなので、やや安心です。(未だコースは分からない点もありますが)

さて写真と簡単なコメントで記事にします。

1)何の工事?

Photo 医者への通院の途中で工事現場に出会いました。 結構敷地が大きく、工場/会社か大型店舗かな、って思ってたのですが…。

Photo_2何と、コンビニが1店なんです。 そうなんです、この辺りのコンビニは駐車場用地が半端じゃないくらい広いのです。 こんな広い土地を借地したら、借地料の負担が大変じゃないかと思うのですが、やっていけるのですね。 借地料は安いのでしょうね。

2)ドライブでの燃費

 先日橋本市まで往復ほぼ100Kmを走ってきました。記録では

6 走行距離93.6Km、平均時速34Km/h、燃費28.9Km/l となっています。  ハイブリッドカーで燃費が良いとは言われていますが、100Km走ってこの燃費はかなり高効率です。カミさんが街中を走っている分には20Kmを超えないですし。高速走行だと24,5Km程度ですから。一般道で100Kmの走行を平均時速34Kmで走れるのも燃費のよい要因でしょうね。

3)瘡蓋/痂 (カサブタ ワープロだから平気で打てますが、手書きで「書け」と言われても書けない漢字ですね。

Photo_3  かなりお見苦しいものを載せてしまいますが、現在の私のスネです。pout

 先日テニスのボールを追い掛けて、上半身の気持ちと足の動きのバランスが合わずに
coldsweats01  転んじゃいました。  痛くも何もないのですが、傷が残りました。

今は治りかけで、ご覧のようにカサブタになっています。 

これが痒いんです。  瘡蓋を一挙に剥がしてしまいたいのです。

でもそれをやると、未だ乾いてない部分が露出され、傷が残ります。

周辺部を掻きながら「そうっとカサブタを崩しています」  

痛くはないですが、早く瘡蓋も完全に取れて欲しいですね。 ホント

以上   どうってことない話題3件でした。









2014年7月 7日 (月)

募金

雨が降ったり止んだり、蒸し暑い1日でした。超大型の台風が近づいているようですね。

未だ実感は湧かないですが、沖縄は明日にも影響を受けるようで、大きな被害が出なければ良いですが。

Photo アストロメリアの花も結構開花時期が長いですね。 この花の名をカミさんに聞いたとき、「アストロメディア」と聞き違えてしまいました。「宇宙とメディア」、現代的な名前やなあ、と思ったのですが…。メリアでした。

さて、募金の話です。

地域や団体に関わっていると、募金が必要となることがあります。 実は私はこれが苦手なんです。

Photo_2 自治会での募金の一つです。これは毎年やってることで、募金される方も「いつも通り」で対応されて楽な部類です。

Photo_3助成依頼の趣意書を作成し、配布することもあります。 写真は団体メンバーで他の方が担当してくれたものですが。

また、

Photo_4 このような趣意書を持って新規な賛同者を開拓することを要請される場合もあります。

 本筋では、小企業などへ飛び込みで賛助金貰いに行くという役割ですが、…なかなかですよね。coldsweats01

 新規な賛同者の開拓がやり辛いから、自分の身内等を賛同者に仕立て、自らが費用負担する例もあるとか。

 景気の底は打っているとはいえ、突然飛び込みで来られて、「寄付OKです」と言って呉れる会社が楽に見つかるとは思えないですね。

 今日の最後は昨日家の紫陽花の花の中で見つけたミニ蟷螂をお見せします。

2

一寸の虫にも五分の”蟷螂の斧”?










2014年7月 6日 (日)

読もうとしている本

Photo庭のアガパンサスも終わりが近づいてきました。手前はフウセントウワタです。

タイトルの話題ですが、今手元にあり、読もう/読まなくちゃ、と思ってる本として、

Photo_2 とか

Photo_3とかあります。

「紀の川流域文化遺産活用地域活性化協議会」という長ったらしい名前の集まりの事務局を担当するハメになってしまい、勉強が必要なんです。7月は、1日、4日、5日そして今日(6日)と、この関連で会議や人を訪問したりしています。

アップアップですね。  

本の続きです。

J とか

Photo_4さらに、Photo_5


Photo_6 も持ち
「歴史の道調査報告書III 高野参詣の道」というのもあります。

何か、いかにも並べておくだけで終わりそうなきがします。みなさんも、そう思われているでしょう?

いやいや、全部読めなくても、ここにある内容について理解できるようにならないと、事務局が務まらないのです。coldsweats01














2014年7月 4日 (金)

お地蔵さん

今日、会議で市内に出掛けていましたが、途中で民家の隣のお地蔵さんを見掛けました。

Resize0430 お社はこんな感じ。近くで見ると;

Resize0429こうです。 お水も花も供えられています。

そこで道すがら、お地蔵さん探しして帰ってきました。 思っていたほどアチコチにあるものでもないですね。神社の方が多いです。

一応見つけたものをアップします。

Resize0434

Resize0433

防空壕のように、コンクリートで囲われています。

それから、  Resize0436小振りですけど

Resize0435 ちゃんと世話されています。

電車の踏切付近でも、

Resize0432ありました。

これらのお地蔵さんは誰か個人で管理しているようですね。きれいに整備されています。




2014年7月 2日 (水)

下を見て歩いています

水曜日は標準的にはテニスの日です。

最近の暑さで急にプレー中水分の摂取量が増えてきました。熱中症対策には良いんでしょうけど。今日は、家から水筒に入れて持って行った麦茶を飲み、次は自販機で500mlのペット飲料(スーパーH2O)を飲み、もう一度自販機から「青ゆずレモン」を買って飲みました。

Photo 
コートへ行く途中にある庚申さんは、無人社ですが、いつも誰かがきれいに掃除して花が供えられています。

さて、タイトルにあるように、最近「下を向いて歩く」ことが多くなりました。

決して、「お天道様が眩しくて、上を向いていられない」訳ではなく、(少しは気落ちして下向き加減な気持ちではありますが…coldsweats01

また、お金が落ちてないか、との期待で地面を見ている訳でもありません。

実は以前記事にした、マンホール蓋が気になっているのです。家の周りはもう、新しいタイプの、マンホールに出会うことはないですが、どこか普段行かない場所、遠くに行ったときなんか必ず、「変ったマンホールはないか?」と探しているのです。

 マンホールに限らず、地面に蓋してるものが興味の対象となってしまってます。(゚ー゚;

先日、宇治の娘のところに行った時も、

Photo_2  こんなのや、

Photo_3こんなの。

Photo_4  こんな写真まで撮りました。

宇治市と書いてあるだけで、デザイン的には何の変哲もないものですが。

その内、

Photo_5 絵が描かれているのを見つけました。

この絵ですが、宇治市のランドマーク的なものだろうとは思ったのですが、当初は何か分からなかったです。平等院とは違いますし、…。

帰宅して調べると、これは「宇治橋」であることが判明しました。

大阪でも下を見て歩くと、

Photo_6

大阪城と桜の花が描かれたものや、

Photo_7道頓堀川とOBPビル、大阪城がデザインされているものがありました。

そして、ちょっとレアものかもしれませんが、

100

 大阪市制100周年記念、と書かれたものを見つけました。 これ、あまり沢山は無いと思います。

まあ、あんまりこんなことに嵌ってしまってもいけないですが、ちょっと注意を引いています。
















2014年7月 1日 (火)

結構忙しい1日

暑いです、昨日から私の部屋に居る時にエアコンを入れるようになりました。

今日はタイトルにあるように、結構忙しい1日でした。(毎日が日曜日の筈なんですが…)

朝早くは、”社会を明るくする運動”の強化月間の初めの日に当たり、和歌山駅での啓蒙・PR活動への参加でした。

関係諸団体のメンバーや県・市の一部の職員の方などが駅前に集合し、

Photo 駅を通る人に団扇とボールペンを配るのです。

Photo_2 PR・配布側の人の数が多く、駅の通行人はギョっとするくらい、タスキと配布物を持った連中に取り囲まれる雰囲気もあります。

 通る人の反応も様々で、普通に受け取る人、受け取らずに黙って通り過ぎる人、などです。この日は特にJRに遅れが出ていたため、駅から出る人はわき目も振らず先を急ぐ雰囲気で物を受け取るに足を止めるのを嫌がる感じもありました。

物の配布が終わってから、大臣・知事のメッセージ伝達式なるものが開かれます。メッセージの代読、和歌山市長の挨拶などで、更生保護を進めることの重要さが語られました。

Photo_3

これが終わった後、和歌山県庁を訪問、この秋に私の属する万葉の会が催す「全国万葉フォーラム」に関しての相談を持ちました。

 なお、上記万葉の行事は、

http://www.geocities.jp/kiimanyounet/new261115.html

にも紹介されていますが、現在参加申込みの受付中です。

そうして午後は、文化庁の「文化遺産を活用した地域活性化事業」とかいうプロジェクトの会議です。なぜか、このP/Jの事務局を今年は仰せつかっており、結構エライ先生方の会議を司会する羽目になっています。みんなの意見をうまく出して貰い、集約する役目なのに、自分の考えでリードしようとしたり、自分の発言が多くなり、うまくまとめられない結果に陥って反省してます。この会議3時間ほど続き、頭も口も疲れました。

他、手間は掛かっていないですが、自治会関係での集金処理や、行事への参加確認など、目まぐるしく色んなことが重なった日でした。





« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »