2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月22日 (火)

一喜一憂

ちょっと気温が下がり、肘が神経痛的に痛みます。 なかなか治りません。

今日は整形外科で注射と内服薬の投与を受けました。でも即効とはいかないですね。

Photo 季節感では、春から初夏の様子ですね。

街路樹なども新緑の柔らかい色合いが気持ち良いですね。庭に咲いている花も入れ替わってきています。   上の菖蒲や、

サツキなどが咲き始めました。Photo_2

あっ、今日のタイトルは庭の花でなく、”一喜一憂”でしたね。このタイトルに関する記事では写真がないので、つい余計に花をお見せしました。

さて何に一喜一憂かというと、次の数字をご覧ください。

 12日:-1.0

 14日:+0.5

 15日:+0.5

 17日:-0.7

 18日:+0.8

 19日:-0.6    という感じです。

何の数字かって?  毎朝量っている体重の前日比(Kg)なんです。

 12日は前日のテニスの効果なんでしょうね。気温も上がっていて、かなり汗を掻きましたから。14日は前日飛鳥ウォークで2万数千歩歩いたにも拘わらず、「何?これは」、ビール腹ですね、きっと。

 17日はテニスの翌日です。 ウーン、テニス効果は期待できますね。

 18日は何なんでしょう? 自覚する原因は分からないです。リバウンドでしょうか。

 19日 昼を極端に軽く、夕は2千円会費の懇親会で軽い食事だったのでやや減少ですかね。

 因みに、毎日少しでも体重を低下させたいと思い、食は抑えている積もりの生活でこれが結果です。  ダイエットは難しい…。

 朝、前日比マイナスなら喜び、プラスならガッカリ、でも長期的には…、減少してないです。   努力はしてる積もりなのに…。

Photo_3 最後の写真は花ではなく、カミさんが植えているアスパラです。初めの年はヒョロヒョロでしたが、やっとこの頃食べれる大きさになっています。 これは何故か曲がってしまってますが。

 

 

2014年4月21日 (月)

iPad3台目(3代目)に突入

何か気温が下がってしまいましたね。 肘痛が悪化してしまいます。

写真は先ず、少し前の庭の花をいくつかお見せします。

勝手に生えてきたものもかなりあります。

Resize0258

Resize0244

Resize0260

さてタイトルのiPadについてです。 これも写真があります。

Ipad3  我が家の現役iPadです。

左から、1台目のiPad2(WiFi)、2台目はiPadレティナディスプレー(3G)、そして昨日GetのiPadAirです。

もうiPadオタクですねえ。 (^_^;

買った事情を説明していくと、1台目はiPad2発売直後で殆どが入荷待ち1か月以上の状態のとき、アップルストアに触りに行って話をしていると、「今日入荷して、あと1台だけ現物が有る」と説明を受け、”衝動買い”したものです。

Resize0267   ちょっと花の写真を挿入します。

次は、iPad2の次期機種である、iPadレティナディスプレー(発売前まではiPad3かと言われていましたが、3とは呼ばれなかったです。)については、WiFiでなく3Gタイプを購入しました。それは、それまで使っていたポケットWiFiを解約すれば、通信料が月額1000円程度のアップで新iPadがGetできたからです。そしてiPad2はカミさんに譲ることにして、高いものを買う、という意識なしに2台目導入でした。3Gタイプとなってからは、どこに行くにもiPad持参の生活になってしまいました。仕事、ドライブ、旅行、山歩き、本当にどこでもです。

山歩きでリュックの中に入れると、結構重いなと、思いながらでした。

Resize0247

そんな中iPadAirと、iPadminiの発売では心が動いていました。miniはやはり画面の小さいことがネックで私の興味は失せました。Airについても、「そんなに買い替えばかり出来ないよネ」と思っていたのですが、レティナ3Gの契約2年縛りが切れると、ソフトバンクの新規契約で本体価格割引の制度が使える訳です。 たまたま昨日、契約状況のチェックをしてみると、4月で2年経過、4,5月で解除しないと自動継続(さらに2年)となっています。

これは今がチャンスとソフトバンクショップで話を聞くと、通信料月額1000円アップで、iPadAir4G(LTE)がゲットできます。

 で、どっちが得かゆっくり考えよう! とは出来なかったのが、

「今日の在庫は2台あります、これが売り切れて新規入荷待ちとなれば1か月以上掛かることも考えられます」という店員のオドシ文句。 さらに話している途中で、「あ、あと1台になっちゃいました、どうします?」という”魔のささやき”。 これで、”衝動”に走りました。

 いいのかなあ…。

今のiPadレティナは、通信契約解約後もWiFi機としては使えるので、誰かに売れれば、お得な機種変更となるのですがネエ。

家に3台は要らないですから。

2014年4月16日 (水)

飛鳥ウォーク

日曜日は飛鳥ウォークでした。

Photo_2

談山神社(多武峰)~御破裂山~石舞台 というコースです。

近鉄桜井駅に集合して、バスで談山神社まで。 この日は行楽日和だったか、バスはすし詰め状態でした。(観光客ばかりでしたね)

談山神社とは中大兄皇子と藤原鎌足が蘇我氏暗殺の密議を行った場所として知られているところなんですね。(行ってみて知りました)

 ここは桜が盛りでした。

Photo_3

また、ちょうどこの日、神幸祭とかのお祭りが行われていました。

Photo_4

Photo_5

神社から御破裂山に登ります。 同行に山野草に詳しい人が居て、説明を聞けます。

花の名前も教えて貰えます。

Photo_6 ショウジョウバカマです

ほかに、ミヤマカタバミやPhoto

忘れな草もありました。エンレイソウは花が終わってました。

また、Photo_7マムシ草もありました。 ちょっと蛇の胴体にも似てますね。

この山に万葉展望台と呼ばれる見通しの良い場所がありますが、そこからは、

25 大和三山が手前に、その先に二上山が見晴らせます。

山を下りると、石舞台に至ります。

Photo_8 ここは近くまで行くと200円要りますので無料の場所から眺めただけにしました。

春の大和・飛鳥路はのどかで、里山歩きの気分でした。

2014年4月15日 (火)

ジャム作り 2回目

今年はジャム作りのペースが速いです。

農産物直売所に、「加工用の安いイチゴが出たら連絡欲しい」と頼んであるのですが、今朝電話が掛かってきました。

 実はイチゴあり、の電話は今日で3度目なんです。過去2回は都合が合わずキャンセルとなっていました。 3回キャンセルすると悪いかな、と思い3パックだけ購入しました。

Photo

例によってジャム作りです。写真はパック状態、水洗中、ヘタを取った状態です。

サイズは小さめで不揃いですが、ジャムには問題ありません。味は甘味と酸味のBalanceが良く、私としてはお好みの品質でした。 大きくて甘いのは店頭販売での商品価値は高いのでしょうが、私は少し酸味がある方が好みです。ジャムの味もしっかりします。

ジャム作りの工程は前回と同じ、砂糖をまぶす、時間を置く、加熱する、だけです。

  写真も略してしまってます。

前回少し加熱時間が短かったので今回は、その点を少しだけ加減しました。

家で食べるには前回のジャムが未だ残っているのですが、おすそ分けする先が未だ何軒かあるので、在庫過剰にはなりません。

 今年は未だ何回かはジャム作りすることになるでしょう。

だんだんレシピを見ないでやるようになりつつあります。

2014年4月11日 (金)

アマゾン & リハビリの2題

昨日は暑いくらいでしたね。今日は少々気温は下がったのですが、寒いほどではなかったです。

前回カミさんネタを出して、実はカミさんからクレームを受けてしまいました。

で、引き続いてカミさんも絡むネタを出すのはやばいですが、写真撮影に応じたので大丈夫でしょう。(^_^;

《リハビリ:同病相憐れむ?》

Photo これはカミさんのリハビリです。

黄色いゴムベルトを広げる運動をするのです。症名は「50肩」です。(60過ぎても50肩なんですねえ) 鎮痛剤の服用と肩の関節周りの筋肉を強化して治療するようです。私も40肩、50肩とやってきましたが、痛むからといって腕・肩を動かさないと”固まってしまって良くない”と言われましたね。

次は、私のリハビリです。

Photo_3

私はテニス肘との診断です。(私は左利きでテニスで右肘は使わないですが、それでも「テニス肘」なんです)

 湿布薬と肘の部分のストレッチが療法です。

夫婦で同じ整形外科に通っています。 (>_<;   診察日は別々です。

 それに診察といっても2週間に一度くらい様子窺い的に行く程度ですが

 いずれも速効で直るのは難しく、まっ気長にやらなきゃしょうがないですね。(泣)

《アマゾンパワー》

カミさんが剣山が欲しいというので、近くのホームセンターに行ったのですが、丁度欲しいサイズが欠品でした。そこで帰宅してアマゾンで調べると…、ありました。

Photo_4

その値段がスゴイのですよ。

ホームセンターで923円の価格表示だったのが、全く同じ商品が、アマゾンでは

751円で送料込み。   昨日注文したら、今日郵メールで配達されました。

 もう、ホームセンターなんかに行ってられない、って感じです。

 アマゾンの送料ってすごく安くやってるんでしょうね。確かヤマトがアマゾンの配送を断るとか話がありましたね。  量で値段を下げられるのに耐えられなくなった、とか。

でも、恐るべしアマゾンパワー、と感じますね。

2014年4月10日 (木)

大腸ポリープ切除

Xp

今日のWinXPマシンです。ネットにもプリンターにも繋がっておらず、スタンドアロンになりました。

 「ネットに繋がった状態で作業してはいけない 」と言われている文書作成などの作業を行う予定です。 それにこれまでに作成した資料も未だこのマシンから引っ越しが終わっていないものがあるので時々これを使うことはあると思います。

さてタイトルの記事についてです。

先日の大腸がん検査(内視鏡)でポリープが発見され、組織検査でグループ3、1cm以上の判定。切除が必要と宣告されていました。  (>_<;
で、昨日その切除手術を受けました。

消化器の専門でやたら流行っている医院で、毎日胃と大腸の内視鏡検査で多数の患者さんが来ているし(2桁になってると思われる)、それに加えポリープ切除手術も連日複数の患者が居るようです。
検査も手術も、並べられたベッドに横になって安定剤(睡眠剤)を飲んで寝てる間に終わってしまうのです。

検査の時は事前の食事制限と腸内洗浄飲料のようなものを飲まなきゃいけないですが、検査が終わると通常の食生活でした。

手術前も検査の時と同様の食事制限があり、手術当日の経口腸内洗浄剤を飲んだ後は、てき面の下痢が始まります。
そうなっても2リットルくらいの液を飲み続けます。 数分おきにトイレに駆け込みます。結構しんどくなりますね。

この日は患者さんが特に多かったのか、手術開始の時間は予定が大分遅れました。手術そのものは既述の通り、眠ってる間に終わっていました。

 開腹手術と違い、術後に麻酔が切れて痛み出す、ということもありません。

ただ、検査の時と違って、術後の食事制限がかなり厳しいです。当日は絶食。水・茶となぜか飴玉のみを口に入れます。次はおかゆ。あと1週間掛かって徐々に消化の良い食品から食べ始めることができます。

 痛みは無くても、大腸の一部を切り取っている訳ですから、謂わば傷跡が残っていて、それが癒えるまでは刺激を少なくする必要があるということですね。
 入浴や腹部に力を入れることにも制限があります。

「ああ、早くトンカツか鰻のかば焼きが食べたい」と言いながらおかゆを食べている

カミサンを横目に見て、私は勝手に好きな食べ物を食べているのです。  m(_ _)m

 料理の用意くらいは自分でやってますけど、一緒におかゆだけで我慢するようなことはしていません。
  うらめしそうに見られていますが…。

えっ、大腸ポリープ切除は、ウチのカミさんの話ですよ。(^_^;

私は胃の内視鏡検査で無罪放免されたばかりですから。
カミさんからの「手術終わった」という連絡がなかなか来ないので、何かトラブルあったのでは?と少し心配になりかけていましたが、無事でした。

私も大腸内視鏡検査を受けるべきかな、と思ってます。

 

2014年4月 8日 (火)

ジャム作りの季節

寒さが和らいで昼間は暑いくらいでした。

またジャム作りの季節が巡ってきました。

私のジャムはうちのカミさんはもとより、ご近所、東京・京都の子供たちに好評で、毎年期待されているのですよ。  (いやホントなんです)

ジャム作りには”安いイチゴ”(加工用とか大きさ不揃い、小さいとか)を使うのですが、これは通常5月頃に出回ります。

ところが昨日スーパーで、

4 安売りしてました。 特に傷んでいる訳でもなく、夜まで売れ残ったので値下げとなったようです。  見ての通り4パック買いました。

これを、

Photo 水で洗って、ヘタを取り、水切りします。

ホーロー鍋に入れ、Photo_2 砂糖をまぶします。

 砂糖はレシピではグラニュー糖がお薦めですが、私はグラニュー糖・上白糖のブレンドで使います。

 砂糖の量はレシピ本でもマチマチで、イチゴの3割~6割程度が書かれています。

 私は今回5割弱程度の砂糖を用いました。

これでしばらく置くと

Photo_3 砂糖が浸透してきます。

後は加熱するだけです。  でも加熱の具合で、イチゴのシロップ漬けみたいになったり、ペースト状になったりで、丁度具合の良い、プリザーブタイプに仕上がるには、それなりに注意して加熱します。 (アク抜き、一部イチゴは潰す、煮詰める度合いの調整)

ところで、話が少し逸れますが、 弘法筆を選ぶ(選ばずではないです)、という言葉もあるのですが、私もジャム作りで少し道具を選びました。 (^o^)

Photo_4 ガスレンジを買い替えました。

Photo_7新しい道具は気持ち良いですね。 (^-^)v

ジャムを加熱 し、Photo_10 アクは取ります。

 

Photo_8 煮詰まってきました。

ジャム容器の煮沸消毒は、カミさんがやってくれました。

Photo_12

火を止める直前にレモン果汁を加え 、 Photo_14

容器に詰めて完成です。

Photo_15 ちょっとサンプル程度取って、食パンに塗ってみましたが、 

 ウン  美味しかったです。

 

2014年4月 7日 (月)

銘菓がいっぱい!

Photo

未だ今日も寒いですね。気温が下がったせいか、1月末から感じていた肘の痛みが少し酷くなり、お医者さんに行ってきました。

 診断は”上腕骨外側上顆炎”、少し平たく言えば「テニス肘」、さらに言えば、50肩の親戚みたいな、50肘のようです。

 テニスはするのですが、左利きの私が右肘がテニス肘になるのは、おかしいなと思うのですが、取敢えずテニス肘らしいです。

 治療はストレッチと湿布で、これまで自分で素人療法でやってきたことと変わらない。

 ということは即効的な回復は難しそう。(>_<;

で、タイトルの銘菓ですが、

 私、辛党で酒はよく飲むのですが、甘党でもあって、お菓子類には目が無い状態なんです。数年前に比べると、カロリー摂取/体重増加の強迫観念から、涙を飲んでお菓子の量を減らそうと苦労しているところです。

 ところが、この数日お菓子の頂き物が重なり、もう気持ちは天国とその後の怖さで地獄の予感の苦しみの狭間で行ったり来たりをしています。

例えば本日の冒頭の写真は、

Photo_2 この袋のお店の

Photo_3こんな名前のケーキです。 大阪で結構有名です。 最近は関東にも進出しているようです。

他には

Photo 日本のカステラ発祥の地、長崎の老舗のカステラです。 卵をしっかり使っていて、これぞカステーラ、というお菓子です。

他に、京都「鼓月」の和菓子セット、(下の写真はその一部)

Photo_2とか

足利名物、香雪堂の最中、Photo_3

良質の小豆を使った餡がたっぷり入った最中です。しっかりお腹に応えます。

また、甘いお菓子ではないですが、

Photo_4 えびせん、も頂き物です。

それぞれ賞味期限もあることですし、どういう順番でどのお菓子を食べるか、その時のお茶は何に(紅茶、日本茶、中国茶のそれぞれどんな種類)するか、を必死で考えているところです。 (ホントに考えているのですよ)

 いやあ幸せですねえ。  でも、「お菓子食べたからご飯食べない 」というものでもないので、ウーン体重増加は気になります。  

  ”まんじゅう怖い”の心境でしょうか  (全然意味違うかな   (^_^;

2014年4月 5日 (土)

お花見

今日は”花冷え”ともいえる、昨日に続いて気温は下がってしまいましたが、お弁当とカメラをを持ってお花見に出かけました。

Photo

Photo_2満開ですね。

 実はカミさんの友達が大阪から花見がてら来訪していたのですが、同じ花見会場へ私は別行動として行ったんです。(途中適当に出会ったりはしますが)

花見らしきものとして今年は、近くの公園でテニスの帰り、とか市内に用で出かけた際に和歌山城の桜見物とか、ホントに近所の数本の桜が見事で、それを見るとか、桜そのものは結構楽しんでいるのですが、所謂「弁当持参でお花見」は今日が初めてです。

 残念なのは、バイク使って行ったのでアルコール無しにならざるを得なかったことです。(>_<;

Photo_3  桜のトンネルとなってます。

ここは和歌山市の”河西緩衝緑地(河西公園)”という所で、広い地域にかなりの数の桜があります。でも桜の名所として「一般に有名」とはなっていないので、人出は多くありません。Photo_5

Photo_4 桜の子供と言いたくなる花(枝)です。

そして、撮影が難しく、良いショットにはなっていませんが、

Photo_6

Photo_8舞う花びらです。 ウーンそう説明しないと分からないですね。

多少の肌寒さはありましたが、雨には降られず、それなりに花見を満喫できました。

 

 あまり遠くへの花見は面倒ですが、造幣局の通り抜けには行こうかどうしようか、今のところ未定です。

 京都(ここなら未だ近い方)や東北の桜というのもいつか行ってみたいと思ってます。

2014年4月 2日 (水)

児童文学書

プハーっ! テニスの後シャワーして缶ビールを開けて…一杯飲んでの一息です。 (^-^)v

汗を流して飲むビールがたまらない季節になってきました。

タイトルの内容ですが、昨日以下の本を購入しました。

Photo

本の帯に、朝日学生新聞社児童文学賞を受賞作とあるのが読めますか?

この本の著者”嘉成 晴香”さんは先日この作品で、「第43回児童文芸新人賞」に選ばれたのです。児童文学の芥川賞と言われているような賞で、これを受賞するとはスゴイことらしいです。

そしてこの嘉成さんは和歌山市出身、私の高校の友人の大学での教え子、さらに私の親戚であるドクターの絵のお弟子さんという関係があります。

 そんな関係もあり、受賞のご祝儀に著書を購入しました。(図書館で読むのではなく)

児童文学といっても大人でも読み応えのある作品です。 

私としては、梨木果歩の「西の魔女が死んだ」をなぜか思い浮かべました。ストーリーも文体も違っているのですが感覚的に通じるところがあるようで…。

梨木果歩は大人の小説も書いています。嘉成さんもいずれ大人の分野の作品が書かれるかもしれません。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »