2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 和歌山・京都・大阪 | トップページ | 市場まつりでクエ鍋を »

2013年12月 1日 (日)

防災訓練

30日は和歌山市で津波災害対応の訓練がありました。
海に近い私たちの地区では、避難場所である小学校の3階校舎への避難と、自衛隊ヘリによる負傷者救出訓練、その他避難所の運営等が行なわれました。
(和歌山新報のページから転載)

昨年の訓練では、私は自治会役員として避難所での受付や非常食の配布などの役を担当していましたが、今年は担当地区の人達の避難を概ね確認して自分も避難地に行くということで、実質での作業は何も受け持ってなかったです。
 自分の避難時には、
Photo これを持って行きます。  
   (この袋は昨日記事の、私の持っている”リュック”にはカウントされていません。

訓練概要は、
 学校の教室入り口で受付をします。
Photo_2 その後校舎の上階に上がります。 当初予定は3階へ行くことでしたが、3階が一杯で2階も避難場所となりました。(2階では津波を避け切れるのか分りませんが)

ヘリコプターが到着の時は、皆が窓側に集まるので、
Photo_3 私はヘリの姿を見ることが出来なかったです。
Photo_6
その後体育館に移り、避難関連の展示や体験がありました。
Photo_4 新聞紙で作る簡易スリッパ、トイレの体験です。
こちらは、Photo_5ダンボールの避難区の体験です。あっという間に区画割ができます。でも狭いですね。
この区画で何日も過ごすとなると大変だと思います。 でも災害に会った方は現実に、このスペースで過ごさざるを得ないのですね。
その他の体験や講話があり、非常食を貰って訓練は終了となりました。
Photo_7

« 和歌山・京都・大阪 | トップページ | 市場まつりでクエ鍋を »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防災訓練:

« 和歌山・京都・大阪 | トップページ | 市場まつりでクエ鍋を »