2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

一眼カメラ

もう大晦日ですね。 今”紅白歌合戦”をやってますね。 時々テレビを見ます。
大晦日と関係ないですが、息子が高級カメラを持ってきました。
Photoかなり 昔、「隣の車が小さく見えま~す」というコマーシャルがありましたが、息子のカメラと比べると私のニコンがほんとに小さく見えますネ。息子のカメラはEOS5D-MKIII、プロ級なんですよカメラは。
息子に刺激されて私も久しぶりに一眼カメラを持って街中に出掛けました。
Photo_2 取り敢えず和歌山城まで歩いていきました。
Photo_3  石垣に根を張った木です。 石垣の垂直性が分からないですねえ。難しい。
Photo_4 堀に架かる廊下橋と後ろの市役所ビルです。
Photo_5 ぱっと見には普通に緑のある木、かと思われますが、なんと”ヤドリ木”だらけになってるんですね。
また、
Photo_6 忘れ物ですねえ。

あと、ブラブラ歩きでちょっとシャッター向けてみました。
Photo_7

Photo_8 幾何模様ですね。

今年も、もうすぐ終わります。 来る年が幸多き年でありますように。



2013年12月30日 (月)

国産紅茶

年末ですねえ。お正月準備で慌しいです。
Photo             (玄関の活花も正月モードです)
もっともおせち料理等で忙しくカリカリしてるのはカミさんで、私は身の回りの整理や、家の片付けを少々でウロウロ、オロオロと落ち着かないだけですが。coldsweats01

《国産紅茶》って、普通には食料品売り場やお茶屋さんには置いていません。でもネットで見ると以外に多くの産地がありますね。
今年1年を、買った国産紅茶で振り返ってみます。
○4月
Photo_2 伊勢紅茶です。  味に深みを感じました。

ゴルフトーナメント観戦、伊勢神宮参詣という招待旅行で行った時に買いました。
私は紅茶は基本的に”リーフティー”を買うのですが、これはティーバッグです。
 お店の人に聞くと、「リーフで販売できる程の量が生産できていない、」とのことでした。
○5月
Photo_3 屋久島の紅茶です。 素朴・荒削りな感じです。
会社OB仲間で屋久島・縄文杉を尋ねて行ってきました。縄文杉・屋久杉、それに途中の「もののけ姫」の舞台かと思われる太古の自然の森、には感動しました。機会があればまた行きたいですネェ。
○6月
Photo_4
 和歌山・川添紅茶です。 スッキリ感があります。

熊野に近いのですが、白浜紅茶とも呼ばれます。

南紀の万葉歌碑を尋ねる1泊旅行の時に買ったものです。








○10月
Photo_5 浜松(浜名湖)紅茶です。それなりに美味しい。
自治会の研修旅行で、浜名湖・天竜鉄道(SLの旅)の際に購入しました。

○その他
Photo_6 宮崎紅茶(リーフティ)です。 気分が落ち着きます。
世界中の紅茶を扱っている”Gclef”さんからネット通販で買ったものです。
そして、
Photo_7 知覧紅茶(鹿児島)です。 先月「なんば高島屋」の食品売り場で見つけ、即購入しました。未だ開封されていません。

どこかへ出かけると、必ずその土地の紅茶が無いか?と探しています。
来年はどこに行って、どこの紅茶を手に入れることができるかなあ、って楽しみです。wink

2013年12月29日 (日)

寒い!

寒いです。
2箇所の温度を計れる温度計で、室内(IN:居間)、室外(OUT:庭)の温度をみています。
昨夜は、
131228 こんなものでした。
今朝(29日6時)では、
1329temp こうなってました。

居間で過ごすには、コタツ・ホットカーペット、石油ストーブを併用します。
ここで表示の温度は居間を離れて暖房無しの状態です。

2013年12月28日 (土)

年賀状

今日は急に冷え込みましたね。寒かったです。
夕方バイクで外出したのですが、薄手の手袋では手がカジカミ、冷たい風に会い顔がシバレル感じでした。

 さて年賀状ですが、例年今頃から書き始めて、年内に一部は出すものの年が明けてから出す数の方が多かったです。書初め代わりに、初日の出や初詣の写真を取り込んだ賀状にしたりで遅くなる言い訳にしていたりでした。
 今年は何故か昨日から年賀状書きの作業に入り、それなりに集中したのか文案・デザイン等完成してしまいました。
 今では多分何方も同じかと思いますが、作成にはパソコンを使います。私は基本的に、3パターンの賀状を作成します。 それは差出人の種類差によるのです。
 つまり差出人が、私単独名、私とカミさんの連名、カミさんの単独名の3種です。
 連名は親戚関係が殆どで僅かに家族でのお付き合いの相手です。
これのそれぞれが文章・イラスト・レイアウトが異なります。私単独の場合さらに細部でバリエーションが変る年もありました。

 ともかく、今年は3パターンの基本が出来たので、昨日プリンターで印刷しようとしました。
ところがプリンターでの連続印刷をしようとすると、紙詰まりエラーが頻発して思うように印刷が進まなかったです。

 お友達から、対処法についてアドバイスも貰ったのですが、今日は”力ずく”、つまり殆ど1枚毎の印刷で手間と時間を掛けて遂行しました。
 半日プリンターに付きっ切りでしたが何とか当初の印刷分を終りました。

年賀状を書くに当たって、今年頂いた賀状を見返したのですが、「アラ、あの人こんなことを書いてきてたのだ」と再認識することも多いです。
やっぱり一年に一度の挨拶、定型分だけでも元気にやってる印にはなりますが、何か動静を語る言葉が加えられている方が良いですね。

 主な方への賀状は完成できました。 こんなことは、ここ10年来珍しいことです。
取敢えず一旦賀状の作業を終了し、残りは例年とおり新年になってから、新年らしさを加えた賀状として出すことになるかと思います。 年末が楽に過ごせます。happy01


2013年12月26日 (木)

二上山ハイキング

12月8日といえばかなり前になりますが、この日会社OB会行事として二上山まで行ってきました。
 二上山、この山の名は、今は”にじょうさん”ですよね。でも私には、”ふたかみやま”という呼び名がぴったりです。
 そう、万葉集ではこの山は”フタカミヤマ”と呼ばれているのです。そしてこの山には、天武天皇の皇子であった「大津皇子」が葬られています。
 万葉集の中で2大悲劇とも言われる、有間皇子事件、大津皇子事件という二人の謀反の罪で処刑された皇子の一人のゆかりの地です。

 この山に、大津皇子が葬られてから姉の 大来皇女が詠った、
うつそみの人にあるわれや明日よりは 二上山を弟背(いろせ)とわが見む
 (宇都曾見乃 人尓有吾哉 從明日者 二上山乎 弟世登吾將見) 巻2-165
 は有名な歌です。

一度は行きたい山でした。
近鉄阿倍野から南大阪線で、”二上神社口”駅まで行き、登り始めです。
17 途中の池から山を望みます。
左が雌岳、右が雄岳です。
12月初めの日曜日、紅葉も見頃でハイキング客も沢山でした。
 途中には
Size 傘堂という珍しい形の堂があり、
落ち葉がきれいなところもありました。
Size_2
実は今回のハイキングでは当初予定は雌岳にのみ登り雄岳はパスすることになっていました。 私はこれが残念に思っていました。
でも雌岳まで短時間で進み時間にゆとりがあったので、「雄岳にも行きたい」と要望を出して、希望者は雄岳に行って良し、行かない人は雌岳で休憩して待っている、という計画変更が認められたので、喜んで雄岳まで行きました。
Size_3 雄岳には大津皇子の墓があり、宮内庁管轄になっていました。
無事二上山の両峰に登り、後は下山です。山の麓には万葉歌碑がありました。
Asihikino_taima_11
歌碑には
足日木乃 山之四付二 妹待跡 吾立所沾 山之四附二   
  と歌が原文で記されています。
これを私が、
  あしひきの 山のしづくに 妹待つと 我れ立ち濡れぬ 山のしづくに
と、スラスラと読んだら同行の皆に驚かれてしまいました。私にしてみれば有名な歌なので知っていて当然くらいの感覚だったのですが…。 何か万葉オタクに思われてしまったようで…。
下ってから当麻寺を訪問しました。
この寺の庭園の牡丹は有名なようですが、その季節ではありませんでした。紅葉の名所でもあるようですが、ここは盛りを過ぎていました。
Size_4   三重塔です。

当麻の街並みで目を惹いたのは、
Size_5  多くの家の軒に掛かっている注連飾りです。
 伊勢の街では注連飾りを年中飾っておく、ということを聞いていましたが、ここでもそのようです。しかも飾りがちょっと変っていました。

 この後”反省会”という名目の宴会を繰り広げ、かなりのアルコールを摂取して帰宅しました。

いつもなら、行事の当日か翌日にブログアップするのですが、今回全く”ひだけた”報告となりました。  感動も薄れてしまってますが…。coldsweats01

2013年12月25日 (水)

陶芸教室(作品)

以前に公民館行事として行なわれた”陶芸教室”での作品を受け取ってきました。
Photo
お皿です。 なかなか良い感じに仕上がっています。
 私が手掛けたのは形だけで、色付けは教室(先生)にお任せだったので、色合いが良いのは全く私のセンスではありませんが。coldsweats01
作品はもう一点。
Photo_2 湯飲みです。
これはロクロを使って形を整えたものです。
これも自分としては、なかなか良く出来たと思います。

 ただこの湯飲み、すごく重たいです。

また何か作ってみたいなあ、って思います。

2013年12月24日 (火)

X'mas

長いことブログサボっていたので今日は一日に2通書きます。

Photo_3 先日息子から貰ったスクラッチバグです。
BEAMS WISCE 品。何でも息子がデジカメのデザインでコラボして知り合いになったデザイナーの作品とか。 こ洒落た感覚で私のお気に入りです。 最も、私は外出時は殆どiPad持参のため、このバッグには入らないので困りますが。

さて 最近、お店のイルミネーションやデコがX’masモードになっていたので、その時期であることは認識していましたが、実は今日がX'masイヴであることは、朝には特に意識していませんでした。
でも、よく訪問しているブログやFBの記事で、「そうか今日はイブなんだ」って再認識しました。自分の子供の頃はX'masって今ほど特別な日ではありませんでした。中学生時代くらいからだったでしょうか、イブにはケーキを食べることが習慣になってました。
 以来子供を持ってからケーキとプレゼントが定番になっていました。
でも、子供が巣立ち、カミさんと二人だけになり、また食も細ってくるとクリスマスケーキが食べきれなくなってきました。
 それで、
Photo_4
ショートケーキをクリスマスに食べるようにしています。

そんな訳で今日は、ケーキと紅茶を頂きました。 美味しかったです。

お誕生会

ブログ更新をサボるのが長く続いていました。書かない日常に馴れてしまって…。
でも、ブログも続けているとそれなりに気持ちの緊張感が維持されるのですね。特に忙しい訳でもなくブログ休止していると気持ちも”空っぽ”になってきてしまって(ちょっと大袈裟かも)。 色んな張り合いを無くしてしまったような状態でした。

Photo

で、取敢えずブログ再開を試みます。
昨日、京都まで孫の”お誕生会”に行ってました。京都の娘のとこは、今や孫が3人います。 そのお誕生日は10月、12月、それに今年11月に生まれたばかりの赤ちゃんとお誕生日は接近しています。また10月は運動会もあり、このころ頻繁に京都に出掛けることになります。
Photo_2 娘の連れ合い側のおばあちゃんと和歌山のおばあちゃん、おじいちゃん(私たち夫婦)が集まり誕生会となります。
 お昼を食べたのち、ケーキを切り、誕生日プレゼントが渡されます。
子供は大ハシャギになります。
 生まれて1ヶ月の赤ちゃんは良く寝てました。時々目を開けていましたが、ひどく泣くこともなくやり易い赤ちゃんのようでした。
 三連休の最後の日だったせいか、京都までの高速はいつもより少しだけ混んでいました。渋滞で動かない、というほどではありませんでしたが。

 ブログ作成のリハビリ的な記事更新を終ります。
明日以降、どれくらいのペースで更新できるかは分りませんが、まあ頑張ってみようと思っています。

2013年12月 6日 (金)

ゴルフ

ゴルフはあまりに下手なので嫌気がさして、2年ちょっと前から止めていました。
再開することはない、と思っていたのですが、文楽友達が「やろう」と言い出して、なんとなく付き合うことになっちゃいました。
長い間やってないし、道具も放置状態で、大丈夫かな?と不安です。
今日は練習場に行ってみました。
ところが、ゴルフのことは殆ど忘れていて、練習場に行くのにクラブは持ったけどシューズを忘れて途中で引き返したり…。coldsweats01
Photo 練習場の打席です。分る人は分るのでしょうが、レフティです。 練習場の中でレフティの打席は1割もなく、不便です。
Photo_2 クラブも古いですねえ。  道具を選んでも腕はダメだし…。

もっと大変なことは、ゴルフバッグがボロボロになってしまってました。納屋に2年以上放置されていたので、ゴム部分が劣化していたのです。
Photo_3

困りました。 これではゴルフ場に持っていけないです。

練習場のショップでバッグを見ると、結構なお値段ですねえ。

で、どうしよう? 1回だけの復帰でバッグまで買うと大変ですし。








ちょうど、今日テニスがあったので、テニス仲間にバッグを借りられないか相談してみました。 残念ながらその人もゴルフの予定が入っているとのこと。
でも2つ持っているので貸しても良いということで、ハッピーエンド。
Photo_4 これが借りバッグです。
因みに私のバッグからは、
Photo_5 古い手袋が一杯出てきました。 なんか気分転換にしょっちゅう手袋を買っていたようです。

2013年12月 5日 (木)

晩秋

晩秋といっても朝晩の寒さはもう冬のものですし、日本の季節の呼び名でも、今は24節気では冬の季節の2番目の小雪であり、七十二候ではその中で末候「橘始めて黄なり」となっています。常緑の橘に黄色の実が着く時候なんですね。
でも秋の終わりという気配も多いですね。
木々が紅葉・黄葉と色付いていましたが、今;
Photo

Photo_2 Photo_3


色付いた葉は落ち葉になっています。








そして、木をみると、「最後の一葉」
Photo_4 が残っています。
この木、明日はハダカになってしまっているでしょうか?

花も、Photo_5 山茶花が咲いており、冬の入り口を感じます。

2013年12月 1日 (日)

市場まつりでクエ鍋を

今日から12月です。個人的には服装としてコートを着ることが解禁されます。
会社勤めの時代から、寒くなっても12月の声を聞くまではコートは我慢して中を着込んでやり過ごしていました。
 今日は別にコートが要るような気温ではなく、普通にジャンパー姿でOKでした。
ところで今日、出掛けたのは;
Resize0399 結構な人出でしょう?
Resize0400 舞台に”市場まつり”って書いてますね。和歌山市中央卸売市場の「市場まつり」です。
各種鍋料理を大鍋で提供する、鍋まつりと、魚・野菜の即売会とがあります。
鍋は、”クエ鍋、ちゃんこ鍋、カニ鍋、石狩鍋、ふぐ鍋、マグロ鍋、など”が用意されています。 クエ鍋は1杯が500円、ちゃんこ鍋は200円と料金は差があります。
Resize0392 (クエ鍋の準備中です)

これを食べるためには皆、
Resize0395 長い 行列で並びます。
特にクエ鍋は、
Resize0394延々と続く行列です。

私の前に並んでいた人は、「こんな後ろで売り切れにならないでしょうか?」と不安を口にしていました。 それに対し、こちらはクエ鍋に並ぶのも3年目、「大丈夫ですよ、この行列の倍くらいの供給量はあります」と安心させてあげました。
そうして、
Resize0397 ゲットしたのがクエ鍋です。
写真では分かり難いですが、かなりたっぷりクエが入っていました。happy01
  美味しかったです。
折角色んな鍋や、海鮮丼などの食べ物があるので、クエ鍋で打ち止めにはできません。
Resize0406 カニ鍋とマグロ丼、しらす丼もゲットしました。実はこれだけでなく、フグ鍋もゲットして、ジャーポッドに入れてお持ち帰りにしました。
食後には、
Resize0413 完熟のパインの1/4カットも食べました。

市場まつりは、主催の和歌山市長の挨拶や、県知事、県選出の国会議員の挨拶などもあり、またカラオケ大会、マグロの解体ショーや、Resize0407 白バイで子供を遊ばせたり、
再来年の国体のマスコットキャラが参加していたり、Resize0409









賑やかでした。

即売会での買い物は、(主婦みたいにリストすると)、
 鍋用クエ、数の子、たづくり、塩さば、イカ一夜干、エリンギ、長芋、小芋、ジャガイモ、大根・白菜、白ねぎ、百合根、完熟パイン、でした。

年々参加者が増えているように思われました。

防災訓練

30日は和歌山市で津波災害対応の訓練がありました。
海に近い私たちの地区では、避難場所である小学校の3階校舎への避難と、自衛隊ヘリによる負傷者救出訓練、その他避難所の運営等が行なわれました。
(和歌山新報のページから転載)

昨年の訓練では、私は自治会役員として避難所での受付や非常食の配布などの役を担当していましたが、今年は担当地区の人達の避難を概ね確認して自分も避難地に行くということで、実質での作業は何も受け持ってなかったです。
 自分の避難時には、
Photo これを持って行きます。  
   (この袋は昨日記事の、私の持っている”リュック”にはカウントされていません。wink

訓練概要は、
 学校の教室入り口で受付をします。
Photo_2 その後校舎の上階に上がります。 当初予定は3階へ行くことでしたが、3階が一杯で2階も避難場所となりました。(2階では津波を避け切れるのか分りませんが)

ヘリコプターが到着の時は、皆が窓側に集まるので、
Photo_3 私はヘリの姿を見ることが出来なかったです。coldsweats02
Photo_6
その後体育館に移り、避難関連の展示や体験がありました。
Photo_4 新聞紙で作る簡易スリッパ、トイレの体験です。
こちらは、Photo_5ダンボールの避難区の体験です。あっという間に区画割ができます。でも狭いですね。
この区画で何日も過ごすとなると大変だと思います。 でも災害に会った方は現実に、このスペースで過ごさざるを得ないのですね。
その他の体験や講話があり、非常食を貰って訓練は終了となりました。
Photo_7

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »