2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 白浜→通天閣へ | トップページ | ニッポンの試合 »

2013年3月 7日 (木)

和歌山市加太

私にとって和歌山市加太、と言えば海水浴場というのが第一に思い浮かびます。ウン十年前子供達を海水浴に連れてきた場所なんです。その後も海を見にドライブしてきたことも何度かはあります。
大阪を始め関西一円から海水客が来ている時期もありました。

今は海水浴用の浜が小さくなり、シーズンに入っても嘗ての賑わいはないようです。他にも釣り人には有名な場所でもあります。

この加太が歴史的にも意味がある地区で、飛鳥時代の官道である”南海道”の陸地の終点であり、万葉集にも歌われている故地でもあります。

この加太の地で、今秋万葉のウォーク&学習会を催そうとの企画があり、主催者のKさんと事前の準備で訪問しました。
 加太の万葉歌碑は2つあります。
Photo 一つは加太地区内の田倉崎というところにある、
”紀伊の国の あくらの浜の 忘れ貝 我は忘れじ 年は経ぬとも (巻11-2795)”の歌碑です。
ここは灯台もあります。
Photo_2 この灯台の管轄は海上保安庁なんです。
詳しくは知らないですが、灯台の管轄って目的によって違っているんでしょうか?
またもう一つの歌碑は、
Photo_3
加太地区内の城が崎にある、
”藻刈り舟 沖漕ぎ来らし 妹が島 形見の浦に 鶴翔る見ゆ (巻7-1199)” の歌碑があります。

万葉ウォークは11月に行う予定ですが、全国の万葉ファンが集まってくる行事で今年が8回目になります。 無事、盛会裏に実施できるために、未だ色々準備することが多いです。

 加太の地では、宿泊施設の選択が少なく、結構費用が掛かり、予算的に苦しい事情があります。

今日は実は旅館を訪れ予算的な相談を持ったのですが、11月で土曜日の宿泊なら値段のサービスは全く出来ないと宣告されてしまいました。

 閑散期で団体の宿泊なら旅館側も欲しいでしょうが、それなりに客が来る時期では団体といえども費用の相談は難しいのですねえ。

 でも旅行社のツアーに組み込まれていると、旅館代も格安になってる筈なんですが…。

何せレギュラーの交通費以下で宿泊・食事付きのツアーが一杯パンフレット等出してますから。

ツアーの旅行料金のメカニズムってどうなっているんでしょうね? 不思議に感じます。

« 白浜→通天閣へ | トップページ | ニッポンの試合 »

コメント

加太の地の万葉のウォーク&学習会、参加してみたいです。

が、私の場合は、夫に要約筆記をしてもらう必要があるため、
必ず行けるというわけではありません。

日程が決まったら、早めこのにブログでお知らせいただけると
夫にも日程の調整をしてもらいやすくなります。

よろしくお願いいたします。m()m

>bikoさん
そうですね、万葉ウォークの日程が決まれば、このブログでも紹介させて戴きます。
細部の決定、パンフレットの完成は結構時間が掛かりますが、日程は早い時期に確定になると思います。
このイベント次回が8回目らしく、私はこれまで2回参加しただけです。ただ、和歌山では殆どの地域をカバーしており、ぼちぼち以前のコースとの重複が生じ始めるようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山市加太:

« 白浜→通天閣へ | トップページ | ニッポンの試合 »