2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

台風17号

ウーン、これまで台風も「来る、来る」と言われながら、ここ和歌山市は襲われずに済んでいました。
今回の17号もどこかで逸れるか弱るのでは、と楽観していましたがちょっと違いました。

話が少し変りますが、今日は親戚の四十九日の法事の日でした。昨日その家から電話があり、「明日は台風がきそうだけど大丈夫かね?」と聞かれて、「まあ、これまでも大した影響なかったし、行けなくなるほどのことはないと思います。行く積りです。」と答えていた。 ところが、一方で車で同行予定の別の親戚から、「大丈夫やろうか? 警報が出るようやったら止めようか?」というような話が出ていた。
 因みに法事の家は車で40分ほど離れていて、法事への参加は女性血縁者が3人で一台の車で行く、運転は警報でたら止めるという人の予定だった。
 朝起きてみると、出ましたネエ、警報が。大雨・洪水・暴風・波浪警報が。途端に電話が入り、「止めようか」って相談。 ウチのカミさんが、「今日はダンナ(私のこと)が送り迎えするので、車でも大丈夫よ。行こう。」ってケリを付けました。 
 運転が好きではない女性ドライバーが警報の中で運転するのを不安がるのは当然ですし、私は「台風でも行く。」って返事をしているし、丸く治まる方法は私が運転するところに落ち着いて当然ですネ。
台風の影響が酷くなるのは午後からだということで、法事を早目に退席させて貰うことにして送って行った。
 ちょっとずつ風雨が強くなっていて、若干心配な気持ちも生じていました。
 でも皆さんを送り届けるまでは何とか無事に済みました。ただ、如何にも台風が近付いている、という不気味なお天気で、車降りて家に入るだけでも雨に濡れるくらいになってました。
 帰宅して雨戸を閉めましたが昼でも暗くなり、ちょっと変な気持ちでした。
結構吹き荒れました。  嵐の中を出かけて、飛来物にぶつかったり、横風で運転をミスしたりも有り得るような天気でした。 何か事故にあったりすると、「台風の時に出かけたりする」という顰蹙モノだったかもしれませんね。
夕食後の頃から風雨は弱まり、警報も解除されました。 被害は、庭のモノが倒れたり、飛んだりがありそうですが、まっ無事に台風は通り過ぎました。

しかしこの台風、日本列島の南北部分をまさに縦断しそうな感じですね。 雨の被害が未だ出るかもしれません。  

 私の住む地は大きな被害は出ませんでしたが、これから台風が進む地域の方、充分注意して被害の出ないことを願っています。

2012年9月29日 (土)

裏切りのサーカス

朝ドラ、梅ちゃん先生、今日で終りましたね。最近のNHK朝ドラは、ヒロインの老年までを演じているのですが、今回は若いままで終りましたね。 ホロリとなるシーンもあり、終盤は毎朝見ていました。
終り方も明るくて良かったです。

梅ちゃん先生は結構単純なお話でしたが、今日久し振りに見た映画が、ブログタイトルの「裏切りのサーカス」です。
 事前の映画評論家の評判が良かったので、一応気になっていた映画です。近くの映画館では今日から上映が始まりました。
イギリスのスパイもので、2重スパイの話です。前評判でも複雑で分り難い、一度ではダメで二度見ると分る。 二度見る気持ちになる。とかありましたが、確かに複雑ではありました。登城人物の関係が把握できない、(敵か見方か分らない)、時間が過去に時々戻るけどそれがまた分り難い。主役の年恰好は変らないので、死んだ人間が画面に映っていれば、ああ過去に戻っているな、と理解する感じ。

 でもずっと緊張感があり、面白かったことは間違いないです。
 確かにもう一度見てもいいとは思いました。

映画といえば、「英国王のスピーチ」以来ですかね、見に行ったのは。 着きに1度くらいの頻度で行ってもいいかなあ、って思っているのですが。 日々が過ぎていってます。

2012年9月28日 (金)

ミスドの行列

「ミスド」とは「ミスタードーナツ」の略称であることは、若い人から始まったのですが、年配の方でもそこそこはご存知でしょう。
 マクドナルドは「マック」と呼んだり、「マクド」と呼んだりがあるようです。
色々な略称について、それだけもブログネタになりますね。 今日はそれがテーマでなく、タイトル通りミスタードーナツについてです。
家のすぐ近くにミスドのお店があるのです。(徒歩3分くらい。不動産屋さんの広告表現でなく)
未だ子供たちが和歌山に居た頃は度々買いに行き、ポイントを集めて景品グッズを貰うのが楽しみでした。でもここ10年来殆ど買いに行ってないです。少なくともこの1~2年には一度も行ってないです。
ただし、車で出るときはいつも店の前を通るし、お散歩でもよく通るので、客の入り具合は大体分るものです。
Photo (行列のできる店 :ミスタードーナツ)
 通常は通り過ぎる瞬間では客が誰も居ないか、数人程度です。これが時々店内から少し溢れるくらいの客が入っています。
 皆さんのご想像が多分当たっていると思います。
そう、「100円セール」の時です。 普段と100円セールとの客の入りは極端に違います。
  これは、「セールをしないと客が来ない」という経営側としては大変な状況かもしれません。
で、どれくらいの頻度で100円セールがあるかというと、2週間に1度を基準に、もっと多いケースもあるようです。
 私とカミさんの会話でも、「あっ、またドーナツの客が多い、また100円セールやっているのやねえ」という回数が増えてきたような気がします。
 ”ちょっと待てばセールになるから、その時に買おうか”と考える人は居ますよね。或いは”100円だったら買っても言いか”と考える人も。
100円で売っても利益が得られるコスト構造にしないと利益を圧迫しちゃいますね。 
昔、スーパーでサラダ油なんかの品目で特売をしょっちゅうやってると、特売価格でしか買わない客が多くなってたようですし。 今私はマーガリンについては特売価格でしか買ってないです。(1ヶ月で数日特売となるので、使い切る前に1個は予備で買っています。)

ミスドの話に帰ります。 客の入りに波があることを述べましたが、先に挙げた写真は、通常の100円セールではここまでの行列が出来ることは無かったです。
  (正月の初売り、福袋付き  の際は、これくらいの人出もありましたが)

「ウーン、これはいつもの100円せーるよりも、もっと特別なセールだな」と思ってよくみると、
Photo_2   
 垂れ幕や幟が読めますか?  《15品目半額セール!》 なんです。

また安くしたものですね。   安くすれば客は来る。
 普通の値段に戻ったときに、客が引き続いて来るかどうかが問題ですね。

2012年9月26日 (水)

政治ショーが色々ありましたネ。
維新の会の政党結成とそれに合流する議員連中。 民主党と自民党のトップ争い。
まあ、密室で決まっていくのよりはマシなんですが、「誰がやってもナア」という気があるので…。
でも今日の自民党の総裁争い、もしかしたら、次の首相争いかもしれないので注目度はあったんですね。
 で、元首相の安倍さんとの決着。  前に首相のイスを放り出したヒトなんですがネエ。
まだやりたがっている現役の総裁を引き摺り下ろして出てきた石原さんはちょっと惨めな結果ですね。
政党でもトップでも「日本」の危機をしっかり把握して、日本を良くするよう全身全霊を掛けて臨んで欲しいです。

さて、タイトルの「か」、(一音のタイトルだと、音だけからでは全く意味が分らないですね)
 か、カ、化、可、歌、香、価、…  エンドレスみたいにあります。
漢字で「蚊」とかけばそれだけで誰にも分ります。

その蚊ですが、今年の夏は少なかったとよく言われています。確かにそのような感じです。
でもごく最近、やや活発に出現し始めました。 シーズンの最後に卵を産み付けるためとか言われます。(ちょっと弱っているのか、スピードが遅く、ゆっくり飛んでいますが)
夜中に電気蚊取り(リキッド)のスイッチを入れる日が続きます。 先日テニスのときも結構多く、一緒にやってた人で刺されていました。
蚊って、刺され易い人っていますね。私はどちらかというと、刺され難い方ですが。ウチのカミさんは、はっきり刺され易いです。私が蚊がいるかどうかも感じていないときでも、「アっ刺された」と言います。
ムヒは必需品です。
大分前に「探偵ナイトスクープ」で「蚊に刺された経験がない、刺されてみたい」という女性が出ていました。蚊取り線香のメーカーの研究員まで引っ張り出して蚊に刺されるように仕向けてました。

 ええ、中途半端ですが今日はこれまで。 最後まで読まれた方、怒らないで下さい。 (ペコ)

2012年9月25日 (火)

スピーチ・ジャマー

尖閣諸島問題、腹立たしく思っています。でも即効的な解決は難しいでしょうね。
海上保安庁のみでなく、自衛隊も出動して領海侵犯に対し警告と威嚇、悪質なら拿捕くらいの強攻策と、世界に対し日本が正当であることを強く・説得力あるアピールを行わないと…。
 ただ、国民感情ではどの国も自国領土と思い込んでいるようで、これは無視できないですね。
Akai

さて、タイトルの言葉は、このたび「イグ・ノーベル賞」を受賞した日本人の発明品です。
おしゃべりがうるさい人に向けて使うと、喋り難くなり、おしゃべりを遮る効果がある、とか。
Photo

イグ・ノーベル賞は決して冗談ではなく、まともな研究であるがユーモアがあり、社会的意義もある研究成果に贈られる賞。
今回の受賞のスピーチ・ジャマーは、つくばの産業技術総合研究所の研究員の栗原一貴さんらの成果。
話し続ける人に対して、その人の音声をわずかな時間をおいて送り返す仕組み。そうすると、発話者はうまく話すことができなくなるという。
20120921
 自分の話が少しずれて自分の耳に入ってくるので調子狂っちゃうのでしょうね。
衛星放送なんかで会話が数秒遅れますが、あんな感じで自分の声が返ってくるのかなあ、って思ってます。
 今日は、その装置の効果がパソコンで体験できる簡易版のソフトが公開された、とのニュースもありました。 ちょっと調べてダウンロードを考えてみよう。
 これは自分の喋りに対して行われるのですが、この装置が個人で購入できるようなモノになってしまうと、重要な話が遮られるコースが生じて問題かもしれまでんが…。
Photo_2

2012年9月24日 (月)

クルム・伊達公子 選手

WTAツアーである、東レパンパシフィックテニスが行われている。
今日は伊達の試合があり、世界10位のマリオン・バルトリにストレートで敗れた。
10年以上のブランクから劇的な復帰を遂げ、世界のトップ100、日本人トップのランキングまで上ったこともあったが、今は100位外のランクで、WTAの試合では勝ちから遠のいている。
ウィンブルドンではヴィーナス・ウィリアムスとの試合で観衆を沸かせたプレーを披露したが、惜しくも勝てなかった。その後故障もありズッと勝ってない。 ファンとして体力的に限界か、と心配していたが、本人は「勝ててないが、状態は上向いている。勝ちたい気持ちも衰えていない。」という現役続行と思われるコメントが出ている。 チャレンジの気持ちを失わない内は、是非頑張って欲しい。
 今日のTVでは伊達と三浦選手(サッカー ⇒ フットサル)が40代でも世界の舞台目指してチャレンジ中、と紹介していた。 加齢による衰えを、練習でカバーし、豊富な経験を生かして現役を続ける。
 応援したくなりますね。

テニスでは若い選手が世界レベルで活躍できるようになって欲しいです。

森田選手は頑張っていますが、奈良、土居などの若手の伸びが思わしくないですねえ。

ランキング100位内に入ってこないです。  寂しいですね、これは。

2012年9月23日 (日)

網戸  その後

我が家の玄関に網戸を新調してスグに壊してしまったことを以前報告していたと思います。
製品としては、以下の品番のものでした。
Photo  ロール式(横引き)で、玄関ドアの内側に取り付けられる優れものなんですが…。
何せ作って3日目くらいで、壊してしまいカミさんが不機嫌になり壊れたまま放置されていました。
 (優れもの過ぎて網戸が有るかどうかが分り難く、夜に来客があったとき急いで外に出ようとして、網戸に体当たりして壊してしまったのですが…)
 もう網戸の季節も終ろうとするこの時期に「やっぱり修理しよう」ということになり修理しました。(枠だけ残して網戸本体は買い替えですが)
で、同じ過ちを繰り返さないようにカミさんが行った対策が以下です。
店舗の出入り口のガラスの扉(自動ドア)なんかで時々見掛ける注意書きに似せた積りでしょうが、

Photo_2

 張り紙を付けました。 上は家の内側です。  家の外側には

Photo_3    こんな感じです。

網戸があることを強調するものです。 網戸そのものはロール式で格納されますから張り紙はできずに、フレーム部分に張り紙が着けられます。(分り難いですねえ)

ガラスの自動ドアですと、目の高さに色付きの模様を入れてガラスのあることに注意を喚起するタイプも見掛けますが、我が家の方式はスゴ~く”かっこ悪い”です。

網戸にも、目の高さで10cmくらいの幅の目立つ色でストライプを入れておけば良いような気がします。

メーカーに提案しようかな、とも思いますが…。  網戸に体当たりして壊してしまう例がどれだけあるか?  ですけと。

2012年9月22日 (土)

秋分の日 今年は116年ぶり?

昨日のブログ記事で、やっと夏が過ぎた感と書きましたが、今日はもう秋分の日ですね。
なんとかも彼岸まで、と言われている時期なんです。
朝早くの風は心地よいながらも肌寒さを感じるくらいです。 過ごしよい季節になりました。 でも多分この「過ごし易い」期間は長くはないと思います。「気持ち良い」から「ちょっと寒い」、となるのは直ぐのような気がします。
ところでタイトルにあげた、秋分の日で116年ぶりって何のことかご存知でした?
答えは以下です。
******
 今年はきょう22日が秋分の日になる。秋分の日が23日から外れるのは、秋分の日が24日だった1979年以来、33年ぶり。
 22日に早まるのは、1896(明治29)年以来、116年ぶりとなる。
**************
とのことです。

春分の日は3月20日、21日で結構振れるのに秋分の日はホントにブレなかったんですね。
説明は閏年があることと、さらに閏年でも調整できない1年365日からのズレの所為らしいです。
 そのズレのために、今年は3連休にならなかったんですねえ。(23日だったら3連休)

2012年9月21日 (金)

夏過ぎて

実は今、未だ暑いなと感じているのですが、全体的な季節感は、やっと夏が終わり秋が到来したことを感じています。
 昨夜から寝具としてタオルケットだけから、薄いフトンに変えました。そして今朝は「暑くない」、「涼しい」、から「少し肌寒い」くらいになりました。
花では、
Photo
萩がいかにも秋らしく咲き誇っています。また
Photo_2  コムラサキが秋の感を強くする花か知りませんが、最近盛りと咲いています。
明日は秋分の日、秋の彼岸の中日です。 暑さ寒さも彼岸までと昔から言われています。
彼岸過ぎると朝夕など寒さを感じる日が直ぐに来そうな気がします。

過ごし易い秋の季節到来です。 スポーツ、読書、旅…、色んなことに適した季節でもあります。

楽しみたいですね。

オマケの写真はカマキリです。季節感が適しているかどうかは分りません。

Photo_3

この写真、逆さまに置いているのではなく、カマキリが公園の東屋の天井に留まっていたのです。

2012年9月20日 (木)

スケジュール手帳

日本の数学者(京大教授)が数学界の未解決難問とされてきた「ABC予想」を証明できた、というニュースがありましたね。数学の難問なんて内容すら考える気もしないですが、500ページにおよぶ論文をだしているようです。本当に証明できているかどうかのチェックにかなりの期間がかかるらしいですね。 19歳で数学・物理では名門のプリンストン大学に飛び級入学とか、常人ではない人らしいです。 正しければ数学史に日本の研究者の名前が残ることになりそうです。

さて、リタイアしたあとでも、取敢えずスケジュール手帳は持っています。毎日が日曜日の生活では、手帳は殆ど白紙のままで予定が書き込まれることは稀なんです。
ところが今週はなぜか、日程が結構書き込まれています。
チラっとお見せしましょう。(文字は読めない筈です。見たくもないでしょうが…)
0920 今週に集中して「何か予定」が書き込まれていること分るでしょうか?
ビジネスのスケジュールと違って「テニスの日」なんてのも入っているのですが。
そんな中今日は大阪で、3件もの用件がありました。
人から相談されるようなことも2件あり、ちょっと張り切りましたね。

今更宮仕えを再会する積りも仕える先もないですけど、人と接触する用件があるのは刺激があって良いですね。

雨後の○○

日付が変ってしまいましたが、これは19日夜の分の積りです。

久し振り(2ヶ月余り)に仲間とテニスをしました。
しっかり汗をかきました。気持ち良かったです。happy01 
普通ならこれで明朝の体重測定で少し減っている筈ですが、今日はテニス後の飲み食いがいつもより多かったのでダメかも知れません。coldsweats02
何といってももう直ぐお彼岸です、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われてきたように、ボチボチ真夏の暑さは去っているようで、テニスにも良い季節がくると思います。

で、タイトルの「雨後の○○」ですが、先ずは今日のテニスの途中でiPadで写した写真をご覧下さい。
Blog_1  キノコです。
日本語では、「雨後の○○」といえば当然、「タケノコ、筍、竹の子」ですよね。
でも英語表現は、” mushrooms  after a rain”となり、これを日本語訳すると、「雨後のキノコ」ですよね。
この数日雨が降ったので、テニスコートに行くまでの、いつものお散歩公園でキノコがあちらこちらで生えてきていました。
Blog_2   とか
Blogkinoko3 これもそうです。
最後は
Blog   ちょっとしつこいですか?
どうみても食べられるキノコとは思えないので取って帰るようなことはしませんでした。



2012年9月18日 (火)

おつかれさま

今日車に乗っていたときにラジオが喋っていたことですが、
人と人の出会いの挨拶で「オツカレサマ」と発声する人が60%以上いるらしいです。
またメールの冒頭のあいさつで、「おつかれさま」と書く人もやはり60%以上居るとのことです。
驚いてしまいました。「お早う」、や「コンニチハ」の代りに「おつかれさま」が使われているというのです。60%以上も!
 でも私の生活圏ではそんな人に出会った憶えは無いのですけど…。
もう既にガラパゴス状態で生活しているのでしょうか?
 因みに年代別の使用率では中高年ではグっと下がって10%台でした。それでも同年代で10数%も挨拶に「おつかれさま」を使っている、というデータはショックです。

会社勤めの頃に、仕事を終えて帰る人が、残っている人に「お疲れさまデシタ。」と声を掛けて帰るのに違和感を感じたものでした。私の感覚では、先に帰る人は残っている人に「お先に帰ります(お先に失礼します)」と挨拶し、残っている人が帰る人に言う言葉が「お疲れさまデシタ」なんですけどネエ。
  帰る人に「おつかれさまデシタ」と過去形で言われても、「オイラは未だ”デシタ”と疲れる仕事が終った訳ではないのに」と心の中で毒付いていたことを思い出しました。

 言葉への感覚って変わっていくものですね。

2012年9月17日 (月)

領土問題

台風の間接的な影響らしく、今現在(17日 23:00)雨が降っています。気温は30度を切っているのですが湿度が高く蒸し暑いです。

ブログで政治ネタはあまり取り上げないですが、今日はどうしても最近気になる話題として領土問題を考えて見ます。
尖閣諸島、竹島問題、腹が立つというか、頭が痛いですね。
中国の反日暴動、日本企業は大きな被害ですね。私の元の会社も中国に複数の合弁会社があり心配です。
中国に、尖閣諸島(日本名)は中国の領土だと信じており、今回の日本政府の島を買取るというパーフォーマンスはけしからん、と思う大衆は現実にかなり居るのでしょうね。
 それらの人間を適当に煽る裏の人間が居て、適当に暴れさせれば、中国政府への不満のガス抜きになると考え、ターゲットが反日、日本企業である間は見せかけの規制で鎮圧まではしないでおく、というストーリーを実行していると推測することもできます。
また尖閣には1000隻もの漁船団が中国政府の監視船と一緒に向っていると言われています。これに対する日本政府の対応が見えないです。台風が来てるから海が荒れて島には近付けないだろう、言ってるらしいですが、的外れで無責任な対応と思います。

 話は少し飛びますが、日本は周辺諸国から「殴られても何もしない、何も出来ない国」と思われてしまっているのでないでしょうか?
 韓国も言いたい放題、やりたい放題に思えます。(北朝鮮は言うまでも無いですが)

こんなことが最近急に起きだした裏には、「日本の国力の低下」があると思い悔しいですね。 経済力、国内での政治の内紛・バラバラ感、周辺国に取って日本は「恐くない国、影響力のない国」に成り下がってしまったようなんです。 中国の暴動でも、日本企業の撤退や日本からの中国投資が減少しても「大したことでない」と判断されているのでしょう。

でも領土問題は日本の主権の問題であり、「引けない」ことをもっと強く示すべきと思います。負け犬の遠吠え程度のことを言うだけでなく、国土を守ることは戦争放棄の憲法にも反しないとして抑止力を発揮する姿勢も必要でしょう。 国際的にも「冷静な対応」を求められますが、「日本だけは、殴られても絶対に殴り返さない国」を続けるのでは国益は守れないですよね。
 一旦アップします  もう少し書き足しますが

ところで、尖閣諸島でも竹島でもそれぞれ関係国が自国の領土であることを主張している根拠というのを、実は私は詳しくは知らないのです。

 自国の根拠に絶対的な自信があり、相手国の根拠が不当であることをはっきりと理論付けできるなら、もっとそこを主張して、政府間での応酬はもちろん、相手国人民への広報教宣活動に力を入れるべきです。

韓国が国際司法裁判所への提訴を拒否しているのも、「逃げられた」、「逃げ得」を許さずに、自国(韓国)の主張が正当でないとの自覚があるから裁判の場に出てこられない、というプロパガンダをもっと活発にすべきと思うのです。

政府が直接に言わなくても、プロパガンダの方法はいくらでもあると思います。

この話題では思いが尽きることがなく、話はあちこちしてまとまりがなくなるので、この辺で終ります。 

2012年9月16日 (日)

外国で認められない店名

世間は3連休の中日なんですね。毎日が日曜日の私にはピンときませんが。ただ、明日の月曜日が平日でないことはなんとなく通常ではないなと感じています。

今日は実はネットのニュースからの軽い話題です。
カナダのすし店が、裁判所から店名の変更を命じられた、ということです。
その名前は、「普及」という日本語を英語綴りとした「Fukyu」という名なんです。
日本人としては「何が悪いの?」って気がしますが、英語では下品な言葉を連想させる、というのです。
なるほど、この綴りを英語で考えると、確かに下品な言葉に近いですねえ。
そういえばかなり昔、何かのコラムに北海道拓殖銀行の欧米支店の駐在が、自分の銀行を英語で言うのに躊躇いがあって困った、という話もありました。

上記とは直接関係ない話ですが、食品企業にいて製品のネーミングの時、日本では「サワー感」というのは好ましいイメージなので、外国にも出す製品で英名に「sour なんとか」と命名しようとしたら、アメリカ生活の経験のあるメンバーが、「sour」は向こうでは酸味でも腐敗によるイメージであり、悪いイメージの言葉だ、と言われたこともある。
 言葉や発音による言語で受ける感覚は国民性があり、表面だけでは理解できないものですね。

2012年9月15日 (土)

電話ファクス機

夜中の時間帯での更新ですと、飲んで寝てしまうことがしばしばあり、更新が抜かることになってしまいます。昨日・一昨日のブログお休みは実は、そういった事情でした。
問題出しておいて答えが未だでした。
   (今日は少し長いですがブログの最後に解答をお示しします)

ところで未だ「不安定なお天気」なんですね。
昨日、IPアドバイザーのバイトで大阪まで出たのですが、電車に乗っているとき豪雨に襲われ、電車が減速・停止(停止そのものが雨の影響かは分らなかったですが)ほどでした。
 電車降りた時も降ってたら大変やナア、って心配しながら地下鉄に乗り換えましたが、地下鉄を降りた時点では小降りとなっており助かりました。

タイトルの電話ファクス機なんですが、我が家の電話機(ファクス機能あり)は10年選手でして、まあ電話機能は問題なく使えていました。それが最近誰かと話をする度に相手方から、「聞き取り難い」と「電話機がおかしいのでないか」という苦情が出されるようになってました。電話機買い換えろとまで注文する人も居て、ちょっと対策が必要だと考えていました。 自分の携帯から自宅へ電話して確認すると確かに、ガリガリというノイズが入り音声は非常に聞き辛いものでした。 ただ、電話の音声が悪いといっても、必ずしも電話機本体が悪いとは限らないですよね。特に我が家の場合、回線がNTTと直接繋がっている訳でなく、eo光のネットと電話を使用しており、光モデムや無線LANルーター、さらにホームセキュリティ用に分配器が付いていたりで、どこかで不調が生じると電話音声の品質が低下することが考えられます。 
 で、我が家の電話機をお隣の家で電話線に繋いでどうなるかチェックしたんです。ところが電話が掛かるとベルは鳴るのですが、通話がさっぱり出来ません。音質の判断が出来なかったです。 ただ、電話機そのものが何か調子悪いような気がしました。
 この電話機、ファクス機能で記録紙のインクリポンをしょっちゅう変えろというメッセージが出て受信できなくなることや、掛かってきた相手の番号表示ができないとか、不満もあったので、思い切って買い換えることにしました。
120915_new_fax  これがNew Tel&Faxです。

ところがです。 この買ったばかりの電話機を繋いでテストしてみますと、やっぱり音が悪い。  ガーン! ショックでした。  エライ失敗してしもうた!
ちょっと冷静さを取り戻して、eo光のサポートに電話しました。「只今電話が非常に混み合っています。恐れ入りますがこのまましばらくお待ち下さい」のテープ案内を聞くこと10分余り、やっと担当に繋がりました。で症状説明などしていると、「モデムのリセットが効果あるかも」ということで、電源を一度落とす必要があります。ただ電源を落とすとこの電話が切れてしまう…」という、最後の方は聞き取れなかったが、「とにかく電源を落とすのですね」と言ってモデムの電源プラグを抜きました。 で電源を入れなおしたのですが、当然電話は繋がっていません。  どうすんのや~。と情けないながら、再度サポートセンターに電話を入れることに…。 やはり待つこと10分余、繋がったときに出た相手は先ほどと別人です。最初から本人確認、症状説明のやり直しです。
 今度の担当もモデムのリセットを試すようにいう。ただリセットするとまた電話は切れるから、先方から私の携帯に電話を掛け直すという。これなら待たずに済む。
 などという操作をつらつらとやって、音声は大幅に改善されました。 未だクリアな音声ではないような気がするのですが、一応苦情が出るほどではない程度です。

  じゃあ、今の状態で元の電話機を繋いで見たら、という確認はしません。
 したくもありません。 とにかくFax.でイライラすることがなくなり、ファクスデータや留守電話がSDカードに記憶させることができるようになり、表示も大きく見易く、ナンバーディスプレイ機能で着信履歴も確認できるようになり、新しい機種に満足なんです。 プンっ。

ここまでお付き合い頂いた方有難うございます。
先日地名クイズの答えは以下です。

①永穂  「なんご」  ナガホの音韻変化でしょうか
②小豆島 「あずしま」  アズキ・しま から なお「小豆」は 崖の意の崩岸(アズ)から
③新内  「あろち」  和歌山市の繁華街、飲み屋さんが一杯です。
④岩橋  「いわせ」    ⑤四箇郷 「しかご」  
  ⑥吐前  「はんざき」            以上です。

2012年9月12日 (水)

地名について

今朝の公園で見た酔芙蓉です。
Photo_2
朝で未だ素面の白い花と、昨夜飲み過ぎて未だ二日酔い(wink)でグロッキーの赤くしぼんでいる花とが隣り合っていました。

さて県立図書館の隣に和歌山大学のサテライト施設があり、今日ブラっと寄ってみたら、「ふるさと再発見 ほうぼわかやま」という月刊の冊子がり、”地名を語る、地名が語る”という特集号があったのでとってきた。Photo

内容の一部を紹介すると、和歌山の地名の由来が載ってました。実は私は今住んでいる和歌山の地名の由来、いつから和歌山だったのか知らなかったです。昔「紀の国・木の国」であったことは間違いないのですが…。
記録として歴史に最初に出てくるのは、天正13年(1585年)に羽柴秀吉が使ったとのことです。和歌の浦の近くで山のある場所程度のことだったらしいです。
その後、和歌山/若山が混在して使われ、一旦は若山が統一表記となっていたのが、明治以降に和歌山と戻ったという歴史があると書いてありました。
私にすれば、意外と新しい地名なんだなあ、と思いました。紀伊とか和歌の浦とか熊野とか万葉時代からの地名が沢山あるのに、地名としては新参者なんですね。
 そういえば私の出身地の高知の場合、土佐は昔からの地名ですが、「高知」の由来ってどんなものなんでしょう? どなたか教えて頂けると有り難いですね。

ところでこの冊子に和歌山の難読地名として以下6問がありました。
①永穂    ②小豆島  ③新内  ④岩橋  ⑤四箇郷   ⑥吐前

です、地名なんて地元の人間・知ってるひとしか絶対読めない地名ってありますよね。

②は「ショウドシマ」ではありません、 ④は「イワハシ」ではありません。
 ③は和歌山の人間なら読み(発音)聞けば誰でも知っている筈ですが、この字を読めない人もかなり居るのでは、と思います。

 *答えは次のブログで示します。

2012年9月11日 (火)

目から喉に抜ける?

サッカー、イラクに勝ちましたネ! もう少し点が取れても良かったようにも思います。でもとにかく勝ち点3を稼いでWカップ出場に大きく前進です。 ホっ。

目から鼻へ抜ける、って言葉はありますね。すばしこい、とか抜け目がないとかいう意味です。 じゃ今日のタイトルの「目から喉に抜ける」って何でしょう?
奈良の大仏様でなくても、目と鼻/目と喉とは繋がっているのですね。
先日眼科医で貰った目薬の注意事項に、「目薬が喉に流れ込んでお薬の苦味を感じることがあります」と書いてあるのです。 最初は目薬が顔の表面を伝って口に入ることをイメージしました。でも口に入るほど目薬を溢れさせることはないのにナア。と訝しく思ってました。ところが注意書きの意味は実際に目薬を点眼したら直ぐ分りました。
目に差して少しすると何故か喉がニガ~ク感じるのです。アっ、これのことか!と思い当たりました。そうか目に差した薬が喉に至ってしまうのだー、ってことなんですね。
目と鼻、目と喉は繋がっていることを実体験しました。

ウチのカミさんが、鼻血を止めたら目から血が出始めた、知り合いのことを例に出して、鼻、喉、目が繋がっていることを強調してました。

薬の注意書きにあるとはいえ、目薬で苦味を感じるとは驚きでした。


2012年9月10日 (月)

電波ウォッチが狂った!

今日の話の前段として、ぶどうの直売所の話を少し。
京都の娘(と孫)のところへお土産にしようと金曜日に以前このブログでも取り上げたぶどうの直売所に行きました。もう3度目でした。お気に入りになってしまいました。
この場所は和歌山電鉄貴志川線の吉礼駅の直ぐ近くです。TVも吉礼駅周辺と紹介していました。 貴志川線はネコのタマ駅長で有名になった私鉄の線です。
Photo_4  吉礼を「キレ」とは読み辛いと思いますが。
Photo_5 この線では、イチゴ、タマ、オモチャという変り種電車を走らせています。 そしてその電車の時刻表も特別に掲示されています。
 私が行ったとき待ってる間にくるようなら写真に収めて来たかったのですが、直ぐに来るようなタイミングでは有りませんでした。
ぶどうの直売所では「デラウェア」は既に終了したとのことで買えませんでした。通常8月終わりまでのようです。巨峰ももう最後で、「売れる分があるやろうか?」と心配しながら探してくれました。 すごく甘くて美味しく、値段も安かったので、もう終わりかと思うと残念でした。

さてまた前置きが長くなりましたが、電波ウォッチの話です。
私の持ってるウォッチは既に10年以上使ってます。買ったときは薄型ウォッチ、エコドライブのメンテフリー品として最先端のものでした。
Photo_6
時刻は自分で電波をキャッチして補正できる、駆動はソーラー電池で電池交換不要。
ホントに何もすることがない、という不精過ぎるものでした。
 クォーツ時計でも1ヶ月~数ヶ月毎に時間合せが必要で2年くらい経つと電池交換も必要でしたから、全く何もしないのは手持ち無沙汰でした。

 海外に出るときは時差を補正する必要はありましたが、これは稀なことです。
ところがその電波ウォッチが3日前に1時間遅れていたのです。 ショックでした。
取敢えず手動で時刻を合わせ、その日は終りました。
 ところが翌日朝に見るとまた1時間狂っているのです。 ガアァ~ん!って感じでした。
何じゃこれは、何があったんだ?と焦りました。 夜中の0時を越えるとき何か異変が起きるのか、と思い次の日は時計を眺めて午前0時を迎えました。 
  何も変化は起きませんでした。 でも朝には1時間遅れていました。 ダメだぁ。
分らない。と悩みました。
取り扱い説明書は、もうどこにあるか分らないです。
ネット関連する情報がないか、と一生懸命検索してみました。
 そしたら…。 いやああるものですネエ。メーカーのページで時刻の合せ方、ズレのチェックと修正法が載ってました。
面倒な説明を気持ちを集中させて読み、時間の補正ができました。 良かった!
何か基準時間というのが1時間ズレていたのです。だから昼間に手動で時刻を合わせても、夜中(午前2時頃、0時じゃないんですね)に電波で修正する機構になっていて、朝になると狂っていたのです。
こういうのは時計屋さんに持って行ってもなかなか直せないだろうと思い、本当に弱っていたのですが、良かったです。

2012年9月 9日 (日)

運動会

孫の運動会がある、ということで京都まで行ってきました。
朝は5時起きでした。

(その積りでしたが、5時に起きたのはカミさんだけで、私は5時半に起きました、夜中の2時、3時くらいまでなかなか寝付けなかったので…)

最近京都へ行くとき、行きはカミさん、帰りは私が運転というパターンが定着しかけていたのに、今日はカミさんが「到着時間が気になるので私は運転しない」と言い出して行きは私の運転になりました。私は決して無茶な運転をする訳ではないですが、最初にカーナビが予測した到着時刻より30分ほど早くに京都まで到着しました。(カミさんの運転ならナビの予測と見合った到着だったろう、と思います)

運動会といっても保育園の一部クラスの行事であり、位置付けは

Photo  「ふれあい日曜参観」とのことで、室内で行われます。

その様子は例えば、

Photo_2 かけっこの「位置に着いて」状態です。

かけっこは長目のローカ(?)を走ります。

また、Photo_3 親子での玉入れもあります。

他に、体操や親子でのゲームなどが繰り広げられました。

今日は教室でのミニ運動会で、2時間弱のプログラムでしたが、多分10月には小学校の運動場を借りての、保育園全体の本格的な運動会が開催されるはずです。娘から日程を知らされたら、しっかり予定に入れて見に行こうと思っています。

 さて、行きの運転をパスしたカミさんですが、帰りは「私は帰りは運転しない」とかいって、今回は帰りも私の運転でした。

 ゲリラ豪雨に会う恐れもあったのですが、幸いにしてホンの少し雨に出会っただけで無事に帰ってきました、

2012年9月 8日 (土)

カバン バッグ類

ブログネタに窮してしまい、身近なものの写真を撮って何とか話を繋ごうと努めています「。coldsweats02

カバン類といっても、現役で宮仕えしている時期と、リタイア後では変って来ますネ。
最初にご紹介するのは、
Photo
ショルダータイプのバッグです。会社への通勤で標準的に使っていました。
カバンとして未だ現役で、会社OB会のHP作成委員会に行く時、万葉ネットワークの会合の時によく使います。
Photo_2
リモワ(RIMOWA)、ブランド品ハードケースです。
退職前の昇格の時に子供からプレゼントされました。出張時に多く使いました。
持ってるだけで何となく気が引き締まる、チョット良い物持ってるという、満足感を与えてくれるグッズです。先日のアルバイトで大阪に出たときに使いました。ビジネスパースンの道具ですね。
Photo_3
リュックですねえ。 最近はスーツ着てリュックを背負って居る人も珍しくはなく、ビジネスの場でも使えますね。私は右の小さめのリュックは図書館の自習室に行く時に主に使いました。知財六法と過去問、参考書などを詰め込んで、自転車で通いました。
左の赤いリュックは基本的にハイキング用のモノです。他にテニス用のリュックもあり、バイクor自転車でコートに行くときにラケットを入れて、背負っていきます。
Photo_4
最後はポーチと布バッグです。ポーチは荷物は少ないがポケットには入りきらないような外出で使います。(携帯電話、デジカメ、文庫本、iPodナノくらいが入る)、布バッグは書籍や紙資料などを入れるのに使います。図書館で本を借りるとき、上記のカバン類にプラスして入れ物が必要な時などに使っています。

ということでネタが苦しい中、一日分を何とかカバーしました。wink   ホっ

最後までお付き合いして読んで下さった方、有難うございます。

2012年9月 7日 (金)

ツクツクボーシ

もう家に居て蝉の鳴き声が聞こえることは殆どなくなりました。
朝の散歩で公園に行くとまだまだ聞こえます。主流派「つくつくぼうし」の鳴き声です。
未だ少しはクマゼミやミンミンゼミの声も聞こえます。クマゼミなんかの蝉時雨ではホントに暑苦しくなったものですが、今のクマゼミの声は「未だ夏も残っているよ」と過ぎ行く夏に対して抵抗している感もあり、かぼそく聞こえます。
120906tukutukubo
ところで上の写真はツクツクボーシですが、最近私はあの蝉は「ホーシツクツク」と鳴いているように聞こえて仕方がないので、カミさんに尋ねてみました。
「私にはホーシツクツクと聞こえるが貴方はどう聞こえますか?」とね。(口語体でいうと、”俺には…と聞こえるがオマエはどうや?”ですけど)coldsweats01
カミさんは、「普通にツクツクボーシと聞こえる」とノタマウのでした。まあ鳴き声を途中から聞けば、ツクツクが先かホーシが先かは分らないですねえ。それで、私は鳴き始めとと鳴き終わりをしっかり聞けば答えが出るはず、としばし集中して蝉の鳴き声を聞いていました。 すると、私の理解では、ツクツクボーシの鳴き始めは「ジジっ、ホーシツクツク…」であり、鳴き終わりは「…ツクツク、ウィヨーエスッ、ウィース」と聞こえるのですね。これは間違いない、と思いカミさんに「注意して始めから終りまで聞いていたら分るよ」といって聞くことを進めたのですが…。真剣に聞こうとせずに「分らない」と言うだけでした。
 ウーン、これだから女は真理の探究心がない、と心に思っても口には出さずにいました。bleah
 漫才みたいな話ですが、蝉の鳴き声についてネットで調べると、ツククツボーシについてはツクツクが先か後かは結構話題になっているのですね。地方によって鳴き方が違う、という説まであるらしいです。
 私と同じように鳴き方を始めから終わりまで聞いて、判断しようとした人もいます。
http://homepage2.nifty.com/tnt-lab/nat/tsukutsuku/tsukutsuku.htm
 実験の結果私と反対の結論を出しています。 ウーン、私の実証実験もその程度だったのか~。  アカンわ。

 ところで皆さんには、ツクツクボーシの鳴き声、どのように聞こえますか?

*今日はお笑いネタのようなものでスミマセンでした。最後まで読んで頂き有難うございます。

2012年9月 6日 (木)

アルバイト

今日のサッカー、日本は1:0でUAEに勝ちましたね。後半1点取るところまではTV応援していましたが、終了前にTVの前で居眠り状態になってました。

さて私の「アルバイト」といえば、大阪の某財団のアドバイザーとして契約書のチェックを行うものですが、開店休業みたいな状況です。タマにメールで契約書案が送られてきて、これにコメントする形で細々と続いています。
 今回、ちょっとややこしい文書が持ち込まれたのでメールだけでなく面談で背景や、文書の意味合い等を把握するため当該財団を訪れ、担当の方と面談で検討しました。
 詳しい話は出来ないですが、担当の方は大分悩んでいたようですが、面談後は「ああ、こんな対応もあるんですね。」というように感心され、かなり明るくなっていた。
私としても有効・有益なアドバイスが出来たと思う。

 この財団からもう少し相談が増えても対応できるし、他のバイトの口を探すことも考えたい。
 バイト料の額は大して問題でなく、ボランティアでも良い位なんですけど。頭の刺激になれば面白いですから。
 (因みにここ数ヶ月の報酬は数千円程度で経済的意味合いは乏しいです。)

2012年9月 5日 (水)

南海トラフ大地震

先日の南海トラフ大地震の被害想定発表から、未だこの関連の話題は続いていますね。今日は大阪で880万人大訓練、とかがあったようです。

大阪府の全携帯電話に緊急メールのメッセージが送られるシステムの試験だったのですね。他府県から大阪に出向いていた人なんかはマナーモードにしているにも関わらずメール着信が音で知らされて驚いた人も居たんでしょうね。 私はニュースで知っただけですが。

今や携帯電話はTV・ラジオよりも緊急連絡のツールとして重要なんですね。確かに殆どの人が持っていて、しかも常に受信できる状態になっているのが普通でしょうから。

ただ、この緊急連絡システムは機種依存性があるようで、適応機種はドコモでは大半の機種が対応しているのに対し、au、ソフトバンクは未だ対応機種は僅からしいです。

南海トラフ大地震といえば、和歌山の想定被害について詳しく知りたいのですが、ニュースなどでは、「和歌山市の津波高」について触れているものを見つけられません。

2291761   という資料はありました。

 和歌山県内で、和歌山市はあまり大きな津波は来ないということらしいですが、(10mは越さない)それでも市域の1割強は浸水するとされています。海岸に近い我が家の地域は間違いなく浸水地区となるはずです。

 また地震発生から津波来襲までの時間が短いことが想定されており、避難が大変です。

ウーン、助からないかも~。  走って行ける範囲では高台なんてないですしネー。

2012年9月 4日 (火)

スーパーの駐車場

昨日夕立に会い医院の軒先に乗り捨てた自転車、今日はチャンと取ってきました。

自転車を取りにだけ行くのは、やっぱり面倒ですね。カミさんが車で送っても良いけど、というのを断り、散歩がてら歩いていったものの、昼日中徒歩30分は結構汗をかきました。coldsweats01

 

さてタイトルの駐車場についてです。

我が家から歩いて行けるところに24時間営業の総合スーパー(ショッピングセンターですかね)があります。

ここの駐車場、オープン時に1200台収容とされていましたが、オープン後まもなく拡張されたので、概ね15001600台の収容力はあるのでしょう。 立体はなく全て地上ですので、かなり広い、と感じます。

 

駐車場の端の方に、停めると店内までかなり歩かざるを得ないです。 でも土日なんかは、

店に近い場所はなかなか空きがないので苦労します。

 

この駐車場でちょっと面白いと感じたことを写真付きで紹介します。

Photo 野外ステージです。
スーパーのオープン当事は、アマチュアバンドやプロの卵と思われる方の演奏会などが時々開かれていましたが、最近使われる機会が少ないようです。

Photo_2  「閉鎖中の出口」を示してどうなるんでしょう?
 実際は閉鎖されていなくて、チャンと出られる出口があるのですが。

Ev Ev_2  無料のEV充電設備。
 以前も触れたかもしれません。  ここで充電している電気自動車を見たことがありません。  この和歌山の田舎では、電気自動車って殆ど走っていないでしょうね。

Photo_4  無断駐車お断りの張り紙
このスーパーは24時間営業で広いので、買い物以外で駐車場を利用する人が居るようです。 店から離れた地点に早朝(未明)の時間帯に留まっている車は大半がスーパーに用がなくて、駐車だけのために来ている人と思われます。客でも「おかしな車だ」と思うのですから、店側はチャンとチェックしているのですね。 店にとって迷惑な話です。ただ張り紙の表示内容は丁寧で失礼にならないよう工夫しています。

Photo_3  警告の看板です。

この駐車場ですが夜間に、若いドライバーが集まってきて、暴走行為に近いことを起こさないよう、ガードマンの駐車場パトロールがあったり、通路を一部塞いだり、駐車スペースも車止めのある部分、ない部分がジグザクになっていたり、広くても自由に走れないようになっています。  意外な苦労・配慮をしているのですね。



2012年9月 3日 (月)

スコール

とうとう出会ってしまいました。 夕立/スコール/局地的豪雨と。
最近の地域的に被害が出るようなゲリラ豪雨に関しては、私の住んでる付近では幸いにして被災してなかったですし、夕立レベルでは同じ市内でもちょっと別の地区では「スゴイ雨だったネエ」という話が、「えっ、雨なんか降ったの?」というくらい局地的で私自身は降られていなかったです。
 一昨日のミニ同窓会の日も、他のメンバーは会場に入る直前に降られ、「50m先まで進めず、雨宿り&傘の購入が必要だった」と言われ、自分は道中のどこでも雨は経験しなかった。ひょっとしたら地下鉄に乗ってる間に降ったのかな?」なんて言ったものでした。

 でも今日はとうとう雨に捕まってしまいました。
夕方お医者さんに自転車で出掛けました。(自転車に乗るのはお気に入りなのと、車はカミさんに使われていたこともあり)
 診察が終わり、出ようとしたとき待合のTVで、「京都の全域に大雨洪水注意報が出されました」とニュースでやっており、「ほう、また京都は雨に降られるのか」なんて思いながら、医院の外に出ると、「エっ、ウソ~」って思うほどのドシャ降りの夕立でした。

とうとう「雨知らず」を返上です。

そういえば、昨日は近くのスーパーまで歩いて買い物に行ったとき、晴れてたのに急に黒雲(雨雲)が発達しだし恐くなった経験しました。(この時は家に帰るまではゴク僅かに顔に水滴が落ちる程度で済みましたが)

 今日は数分程度の雨宿りで上がりそうにもなかったので、自転車は医院に乗り捨て状態にして、カミさんハイヤーに連絡して迎えにきてもらいました。 明日、お天気の間に自転車を取りに行かなきゃならないです。

今年のゲリラ豪雨は天候の異変ですね。 自然が人間に怒りを感じているのでしょうか?

2012年9月 2日 (日)

ミニ同窓会

昨夜は高校の同級生で関西在住者のミニ同窓会がありました。
きっかけは誰かが、ちょっと集まろうか?と声をかけたということです。

ドタキャン、どた参ありの懇親会です。
会場は関西同窓会定番の梅田阪神百貨店のB2Fにある、「スーパードライ阪神」です。
Photo

集まる人数が不明の場合は席の予約を入れずに来た者が適当に席を取り、人数が増えるとアメーバ状に隣のテーブルをくっ付けて広い場所にする、など適当にやることもあります。 基本的に何処の席を取る、という「お気に入りの席」もあることはあります。
 昨日は予約なしだったようですが、席が混んでいて席の確保が大変だったようです。
常連風を吹かせて、結構強引に席を用意してもらいました。
 4,5人の会になるかな? ということで話が進んでいましたが、直前では6,7人にはなるな、という見通しとなり、当日蓋を開けると延べ人数ですが9人が集まりました。

料理は予約でなく、その場でメニューから選びます。ただ私たちの会では必ず注文する定番料理が以下です。
Photo_2
 サイズの標準としてタバコの箱や、チラっと見えている手のひらから判断して、バカでかいオムレツということがお分かりでしょう。「モンサンミッシェル」という名のメニューで、この店のビックリ品です。一人や二人では食べきれません!

この会は毎回、6時頃に始まり、閉店まで延々と皆で喋りまくります。話の内容は種々で、終ってみたら何を話したか記憶に残っていなかったり…。wink  なんですけど。
還暦過ぎたおじさんと淑女が、若かりし頃のこと、世界情勢、今の体調、子供のこと、南海トラフの大地震のこと、等々話の幅も深さもたっぷりです。
今回は二次会は不成立だったようです。 (私は二次会まで行くと帰れなくなってしまいます)
 メンバーの一部(大部分ですが)の集合写真を載せます
個人情報保護のガードを甘くして、顔写真にモザイクなしで強行します。
41   (被写体の人、問題あれば削除しますので連絡下さい。  てなこと言っても免罪符にはならないですが。coldsweats01

ところでこの日、自宅に帰る電車を乗り間違える、という信じられない大チョンボをやってしまいました。
南海電車で、関西空港行きの急行に次は和歌山市行きがくる、と思い込んでしまい、空港行きを一電車やりすごして次の電車に乗ったのですが、これも続いて空港行きだったのですね。 (エーっ、和歌山市行きってそんなに本数少なかったのだった?)
しかも何故か乗ってからでも行き先について車内放送があるはずなのに全く気に留めておらず、突然「次はりんくうタウンです」という車内放送で突然気が付いて、「アっ、行き先が違う!」と焦ってしまいました。
 車でのお迎えを予約していた、うちのカミさんに、「ちょっと遅くなる」と時間変更を告げ、電車を少し引き返して、何とか帰り着きました。
 ウーン、これもボケの始まりでしょうか?  
 朝起きると二日酔い感がタップリ(?)でした。   反省中sad

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »