2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ニュースから | トップページ | 小原庄助さん? »

2012年7月 3日 (火)

消費税表示

小沢さんの一派もこれから苦労するでしょうね。どう考えても「落ち目の小沢」さんとしか思えないですし。
でも離党届を預けていたが勝手に出されたので撤回とか、出してしまったけど一日考えて止めたとかの政治家も先は明るくないでしょうね。

 ただ小沢さんが「消費税増税には反対だ」と声を高く言って、それが国民からソッポを向かれて、ということの関連で「何か消費税増税もしょうがないか」という流れになってしまうとすれば、政府の思う壺かもしれませんね。

 ところで今日は増税の話ではなく、小売の価格表示のことです。
消費税制度の導入時期は外税表示や内税表示が混在してややこしかったのですが、'04年に小売品は総額表示(内税/税込み額)が義務化されたのでした。
その後物品については税込み価格への一本化が進んでいますが、なぜか外食産業は本体価格/税込み価格の併記方式のお店がかなりあります。
 メニューの目に付くところ、字の大きさも大きい字で書いてあるのは本体価格でカッコ書きで税込み価格が書かれています。 最初に目に付く価格を念頭にオーダーすると、現実の支払額は予想より高くなってしまいます。
今日は昼前に用があって出掛けたので、昼食は軽く外食にしました。そのレストランで価格表示で自分の目に付いた価格でレジに行って精算価格でアレって思ってしまいました。どこかに税込み価格の表示もあった筈ですが見逃していました。

 どうして外食関係では総額一本或いは総額が前に書かれる表示をしないお店があるのでしょう?
 私の気持ちでは本体価格を前面に出されて、その積りで計算して、税込みでの計算を後からし直すと、「高くなってしまった」との気持ちが起きて、イヤ~なものですが…。
 自分の計算法が悪いのは棚に上げ、「損をした」気分にすらなってしまいます。

これで消費税が上がると、税込み価格/本体価格のギャップが増加する訳で、一瞬でも客に対し、本体価格のみをイメージさせるのは得策でない、ように考えます。

 外食産業の方、どう思われますか?

« ニュースから | トップページ | 小原庄助さん? »

コメント

こんばんは。

最近はスーパーなどは税込価格で表示されていますね。
ずっと以前は本体価格で表示されていまして
レジに行った時に5パーセントの消費税が加算されていましたから
余分なお金を取られるような感覚はありましたが。
外食した時は確かにレジで消費税を加算される事がありますね。
やっぱり、見える表示価格が印象にありますので
それにプラスされると嬉しくないですね。
多分少しでも安い価格を提示して、高くないイメージに持って行こうと
しているのでしょうか。(笑)結局は払わなきゃならないですから
同じなんですよね。数字のマジックにしたいのかも知れないとも思ってしまいます。
それにしても今度増税なんですよね。
(^-^)

>カモミールさん
 そうですよねえ、私たち消費者は本体価格と消費税との内訳を知りたい訳ではなく、要は「財布からいくら払うのか」が関心事ですから、その額を前面に出すような表示があるべきですよねェ。
 増税の時に、お店側は「支払額の中で本体価格は変っていません、税金アップの分でお客様から多くお支払い頂くのです。」という言い訳的な説明をしたい気持ちになるかもしれませんけど。
 増税時に便乗値上げする例も出る恐れもありますし…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78667/55114498

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税表示:

« ニュースから | トップページ | 小原庄助さん? »